■プロフィール

K-NO

Author:K-NO
千葉県在住の30代。色々と体を動かさないとムズムズしてくる性分です。主に30歳から始めた登山についてつらつらと書いていきます。

●現在の日本百名山:完登!(2017.7.20 幌尻岳)

■訪問者数

■最新記事一覧

2017/10/07
【日本百名山完登!】日高幌尻岳日帰り登山 [額平川コース] (2017.7.20) 2017/09/08
【99座目】7月 快晴のトムラウシ日帰り登山 [短縮コースより] (2017.7.19) 2017/08/15
丹沢の美渓 小川谷廊下遡行 (2017.6.3) 2017/07/21
沢登りデビュー!三ツ峠 四十八滝沢 で滝登り(2017.5.18) 2017/07/03

■カテゴリ

■最新コメント
■最新トラックバック

■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



スポンサーサイト
■その他 | 10:09:42 | トラックバック(0) | コメント(0)
4月 北アルプス 白馬主稜 [撤退] (2017.4.13-14)
DSC04599_201705250035550d3.jpg
山頂へと続く白馬主稜


今回は残雪期アルパインクライミング。日頃お世話になっているONDYさんと白馬岳の主稜へ行ってきました。

結果は雪の状態や時間を考慮して残念ながら2,350m地点付近で撤退。
ロープワークやルートファインディング、削られるメンタル・・・と色々と勉強になる山行でした。

==============================================================
■登山ルート&時間(休憩含む)※かなりざっくりです
[1日目]二股ゲート(10:00)→猿倉(11:00-11:30)→白馬尻(13:00-14:00)→幕営地点(16:20)
[2日目]幕営地点(7:30)→撤退地点2,350m(12:00-13:00)→二股ゲート(22:00)
==============================================================

猿倉への道路は冬期通行止めのため二股のゲートからスタート。※例年GW頃に開通するそうな。
DSC04372_201705250034374f7.jpg

GWに向けて除雪車が頑張っています。
DSC04375.jpg

DSC04376.jpg

途中から雪道を歩いて猿倉へ。
DSC04384.jpg

白馬尻を目指して緩やかな道をてくてくと。
DSC04394.jpg

白馬尻周辺は広い雪原。視界が悪いと迷いやすそうなので注意かな。
DSC04401.jpg

白馬尻手前で北西に進路を取り主稜方面へ。写真中央の稜線へ上がっていきます。
DSC04418.jpg

大雪渓にはかなり大規模な雪崩跡。末端までデブリが流れてきています。
※この後、GWに雪崩死亡事故があったそうです。
DSC04424.jpg

主稜を目指して斜面に取り付き。遠目から見るとそうでもないですが傾斜はそこそこ急だったり。
DSC04425.jpg

DSC04426.jpg

大雪渓の雪崩跡。
DSC04436.jpg

東側はだいぶ天気が良くなってきました。
DSC04453.jpg

小蓮華岳。
DSC04478.jpg

小蓮華尾根も冬に良く登られるバリエーションルートだそう。稜線直下の岩場には注意が必要みたい。
DSC04481.jpg

急斜面を登って・・・
DSC04477.jpg

1,900m地点くらいの風の当たりにくそうな木の下を幕営地点とする!
ソーでブロックを作る建築職人のONDYさん。
DSC04487_20170525003501c17.jpg

本日のお宿!
DSC04503_2017052500350262e.jpg


寝心地は上々♪夜は強風が吹き荒れていましたが頑張って積み上げたブロックのおかげで快適に寝られました。


二日目は相変わらずの強風&天気も良くなかったので撤退も視野に入れつつの行程。
徐々に天気は回復してくる予報だったので出発を予定より遅らせます。

強風の中、耐風姿勢を取りながら高度を上げていきます。
DSC04516_2017052500350365d.jpg

主稜へ上がってきました(2,000mくらい)。
DSC04533_20170525003528776.jpg

小蓮華とONDY先輩。
DSC04535_20170525003529be0.jpg

晴れ間は見えてきましたが稜線上は相変わらずの強風。
ここから先に進むと撤退も容易ではなくなるのでしばし作戦会議。ちなみに北側に発達した雪庇には要注意ね。
DSC04536_20170525003531c49.jpg

迷いどころでしたが天気も徐々に回復してくる予報だったこともあり進む判断をします。

急斜面をよじ登る。
DSC04538_20170525003532144.jpg

DSC04544.jpg

少しずつ雲が晴れて主稜が姿を見せます。
DSC04546_201705250035359ea.jpg

急斜面をトラバース。メンタルがガシガシ削られていきます。
DSC04549.jpg
ちなみにここで緩んだ雪にピッケルとアイゼンが刺さりきっておらず数mずるずる下降しました。無事停止したものの命の危険を感じました。。。

広い斜面を登る。緩やかに見えますが転倒は許されません。
DSC04558_20170525003540b20.jpg

クラックを越える。雪の下に穴が空いていてヒヤリとする場面も。
DSC04568_201705250035413cb.jpg

急斜面を確実に慎重に登るONDY先輩。
DSC04570.jpg

雲が晴れてきて山頂が見えてきました。が、相変わらずの強風。そして待ち受ける目の前の痩せた稜線。
DSC04573_20170525003544101.jpg

楽しそうに(?)微笑むONDYさん。
DSC04575.jpg

1パーティ先行しているらしく一筋の足跡が付いています。
DSC04577_201705250035483b4.jpg

振り返り。
DSC04580_20170525003549062.jpg

小蓮華をバックにホッと一息。
DSC04586.jpg

痩せた稜線歩きが続きます。
DSC04588.jpg

DSC04593.jpg

振り返る主稜。
DSC04597.jpg

山頂が少しずつ近づいてはきましたがまだまだ先は長い。写真中央で先行の二人組が停滞していますが?
DSC04599_201705250035550d3.jpg

稜線の南側をトラバース。
DSC04600.jpg

鋭いピークは杓子岳。白馬岳から見ると平らな印象のピークですが、こちらからだととても鋭い。
DSC04601_201705250036052e0.jpg

先行パーティが撤退中。話を聞いてみるとこの先の雪の付き方が悪く雪庇が崩れたので撤退を決めたそう。
DSC04609.jpg

というわけでそのポイントまで登ってきましたが・・・
DSC04613_20170525003608cab.jpg

確かに雪の付き方が。。。
DSC04618.jpg

ここでしばらく作戦会議。
登る場合のルートを確認したりしましたが、結局コンディション(雪、風など)や時間等諸々を考慮して撤退することにしました。
(正直なところ僕のメンタルもかなりやられていましたし・・・)


ということで撤退戦。主稜の取り付きまではロープを出しながら下降しました。
DSC04615_20170525003609882.jpg

かなり難儀しましたが無事ゲートまでヘッデン下山(白馬尻からが長かった・・・)。
時刻は22時を回っていました(^^;)


というわけで白馬主稜でした。
登頂はできませんでしたが、ロープワークにルート選択などなど、ものすごく勉強に山行になりました。

とは言え主稜に上がってからは気を休めるポイントもなくひたすらメンタルを削られたぞ・・・
登攀力やロープワークのスキル向上もさることながら精神力を鍛えなければと強く感じたのでした。


無雪期にトレーニングしてまた挑戦しようかな!


■その他 | 14:15:25 | トラックバック(0) | コメント(0)
憧れの日本百名山へ! -関東近辺で日帰り登山できる日本百名山 [初心者~中級者向け]-

さてさて、登山を始めて早2年とちょっと。まだまだ若輩者ではありますが、登った山も70を越えました。
そんなこんなでそろそろ一旦歩みを止めて、過去の振り返りもしてみようかな、と思う今日この頃・・・

でもせっかく振り返るなら総集編という形よりオススメの山を紹介、という形にしたい!



・・・ということで今回は特別編!関東近辺で日帰りで登れるオススメ日本百名山を10座(+おまけ1座)ピックアップしてみました。

もちろん日本百名山以外にも素敵な山はいーっぱい!ありますが、せっかく登るのなら有名な山登ってみたいじゃない!という方々はぜひ参考にしてみてください。


こんな景色や
DSC02608_20160727183112469.jpg

こんな景色
DSC03665_201607271831295db.jpg

こんな景色も見られるよ!
1434113595932_20160727182849ca9.jpg



ちなみに今回は初心者~中級者向け、ということでできるだけ優しいルートを紹介します。

体力度や危険度もそのルートで登った場合のもの(あくまで個人的な感想です!)ですのでご利用の際にはご注意を







①筑波山   茨城県:877m

DSC00865_201607271830568ea.jpg
女体山山頂からの景色は爽快!

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
おすすめ度:★★★  (3)
 景  色 :★★★  (3)
体 力 度 :★★   (2)
危 険 度 :★★   (2)
-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

◆アクセス◆
・車
 常磐道土浦北IC →(約40分)→ つつじヶ丘駐車場
・公共交通機関
 つくばエクスプレス つくば駅 →(バス:1時間)→ つつじヶ丘

◆推奨ルート◆
つつじヶ丘 → 女体山 → 男体山  の往復

tsukuba.jpg

参考タイム:3時間15分(休憩除く)


◆山の紹介◆

言わずと知れた有名どころの筑波山。実は全国で標高が一番低い日本百名山なのです。

山頂手前までロープウェイやケーブルカーが整備されていることもあってほぼ観光名所化している山ですが、それでも山頂から見下ろす関東平野はなかなかの景色

都心からのアクセスも良く、登山入門にも最適ですので一度は行ってみてくださいな

今回はつつじヶ丘からの往復コースを紹介しましたが、バス利用であれば筑波山神社から登りつつじヶ丘へ降りるコースもオススメ

あ、ロープウェイ使っちゃうと観光になっちゃうんで登りは歩いていきましょう!(笑)

DSC00889_20160727183059974.jpg
男体山山頂より。

DSC00858_2016072718305419d.jpg
登山道はこんな岩がいっぱい!


[参考記事]つつじヶ丘からの筑波山登山

紹介するコースで7月に登りました。暑かった…!







②大菩薩嶺(だいぼさつれい)   山梨県:2,057m

DSC00974_20160727183059ddf.jpg
大菩薩峠からの稜線歩きは気持ちいい!

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
おすすめ度:★★★★ (4)
 景  色 :★★★★ (4)
体 力 度 :★★   (2)
危 険 度 :★    (1)
-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

◆アクセス◆
・車
 中央道勝沼IC →(24km)→ 上日川峠駐車場
・公共交通機関
 JR甲斐大和駅 →(バス:40分)→ 上日川峠

◆推奨ルート◆
上日川峠 → 大菩薩峠 → 大菩薩嶺 → 上日川峠 の周回コース

daibosatsu.jpg

参考タイム:3時間5分(休憩除く)


◆山の紹介◆

この山の魅力は何と言っても気持ちのいい稜線歩き♪

大菩薩峠~大菩薩嶺間稜線は天気が良ければ富士山を見ながらの好展望の稜線散歩が楽しめます!

標高2,000m超えですが上日川峠からなら手軽に登れるのも魅力の一つ

人気の山で週末の上日川峠の駐車場は混雑するのでマイカー組は朝はお早目に!

DSC01007_20160727183100a5d.jpg
夏雲のわく登山道

DSC01061_20160727183111dfc.jpg
大菩薩湖を眺めながら。天気が良ければ向こうに富士山が・・・!


[参考記事]上日川峠からの大菩薩嶺登山

紹介するルートで登った記事です。天気がイマイチ・・・





③赤城山   群馬県:1,821m

1434113595932_20160727182849ca9.jpg
山が真っ赤に染まる美しい紅葉

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
おすすめ度:★★★★ (4)
 景  色 :★★★★ (4)
体 力 度 :★★   (2)
危 険 度 :★    (1)
-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

◆アクセス◆
・車
 中央道勝沼IC →(30km)→ 赤城神社周辺に駐車場有り
・公共交通機関
 JR前橋駅 → (バス:50分) → あかぎ広場前

◆推奨ルート◆
大沼 → 黒檜山 → 駒ヶ岳 → 大沼 の周回コース
20140112_route_2015061222001889f.jpg

参考タイム:3時間40分


◆山の紹介◆

赤城山は複数の山の総称なのですが、今回はその中でも最高峰の黒檜山に登る+それだけだときっと物足りないのでお隣の駒ヶ岳も歩くコースを紹介します!

縦走と言っても高低差もそこまでなく時間も4時間と短いので初心者にもオススメのコースです。

割と簡単に登れる割には景色も素晴らしく周囲の有名な山がぐるっと見渡せますよ

ちなみに雪もたっぷりあるので本格的雪山入門コースとしても良いかと!実は僕も本格的な雪山入門はこの山でした

ツツジの季節が人気ですが、秋に登った友人によると紅葉もかなり綺麗だとか

トップの写真はその友人にもらったものです。

DSC08365_201607271832073f0.jpg
冬の大沼から見上げる黒檜山。一面真っ白。

DSC08425_20160727183210f70.jpg
山頂からの景色はとても良いです!

DSC08379_2016072718320946d.jpg
冬の黒檜山から凍りついた大沼を見下ろします。


[参考記事]雪の赤城山登山(黒檜山→駒ヶ岳)

紹介するコースを冬に歩いた日記です。ものすごい絶景でした





④天城山   静岡県:1,405m

DSC00641_201607271829118e1.jpg
アマギシャクナゲが咲き乱れている景色は圧巻です!

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
おすすめ度:★★★  (3)
 景  色 :★★   (2)
体 力 度 :★★   (2)
危 険 度 :★    (1)
-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

◆アクセス◆
・車
 伊豆スカイライン天城高原IC →(約7.8km)→ 天城高原ゴルフ場の駐車場
・公共交通機関
 JR伊東駅 → (有料シャトルバス:約50分) → 天城高原ゴルフ場

◆推奨ルート◆
天城高原ゴルフ場 → 万二郎岳 → 万三郎岳 → 天城高原ゴルフ場 の周回コース
amagi.jpg

参考タイム:4時間30分


◆山の紹介◆

伊豆半島最高峰の万三郎岳を擁する天城山。展望はほとんどないのですが、その分森林歩きの気持ちよさを味わえます

特に伊豆固有のアマギシャクナゲが咲き乱れる5月は登山道がとても綺麗に彩られて感動
ブナの新緑もとっても綺麗で気持ちよく歩けますよ!

紅葉の季節も素敵らしいです。

ちなみにシャクナゲ目当ての場合、年によって当たり外れが大きいらしいので事前に開花状況を調べておくとよいですよー。


車で来る場合は、登山口まで伊豆スカイラインで気持ちのいいドライブが楽しめるのもポイントの一つかな、と。


DSC00567_20160727182910b40.jpg
光が差しこんで幻想的な景色

DSC00561_20160727182909817.jpg
4月下旬頃にはここはアセビのトンネルなんですよ

DSC00656_201607271829133d4.jpg
新緑の中の登山がとても気持ちがいいです!


[参考記事]アマギシャクナゲが満開の天城山登山(万二郎・万三郎岳)

アマギシャクナゲが見頃の5月下旬に登りました。当たり年だったらしく満開のシャクナゲがとっても綺麗だった!





⑤日光白根山   栃木県/群馬県(2,578m)

DSC07406_20160727183151c44.jpg
山頂と雲海

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
おすすめ度:★★★★ (4)
 景  色 :★★★★ (4)
体 力 度 :★★★  (3)
危 険 度 :★★   (2)
-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

◆アクセス◆
・車
 関越道沼田IC →(約50分)→ 丸沼高原の駐車場
 日光宇都宮道路清滝IC →(約60分)→ 丸沼高原の駐車

・公共交通機関
 JR沼田駅 or 上毛高原駅 → (バス:乗り換えあり、約2時間) → 丸沼高原


◆推奨ルート◆
ロープウェイ山頂駅 → 白根山山頂 → ロープウェイ山頂駅 の周回コース
shirane.jpg

参考タイム:4時間15分


◆山の紹介◆

この日光白根山は北関東以北で一番高い山!ということで山頂からは360度の展望が広がります!
とりわけ山頂付近からの中禅寺湖や男体山の眺めは見事です。

一番高い山!と大々的に言っちゃったので、厳しいの!?と心配した人もいるかもですが、
そこは安心のロープウェイが2,000m地点まで運んでくれますので初心者でもちょっと頑張ればOKです

今回紹介するコースは山頂までですが、余裕があれば少し足を伸ばして五色沼に行ってみると良いかもです。
静かでとても綺麗な湖ですので

ちなみにお隣の日光男体山も日帰りできる日本百名山なんですが、初~中級にしてはかなりハードなので今回は紹介を見送りました。

DSC07432_2016072718315371e.jpg
男体山と中禅寺湖が近い!

DSC07428_20160727183152e9b.jpg
見下ろす五色沼は深いブルー色

DSC07398_20160727183142dec.jpg
山頂付近はこんな岩々した感じです


[参考記事]雲海の日光白根山
紹介したコースから少し足を延ばして五色沼まで行ってきました。雲海がとても見事でした!





⑥那須岳(茶臼岳)   栃木県:1,915m

DSC03485_201607271831241af.jpg
茶臼岳はまさに火山!という感じの景観です

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
おすすめ度:★★★★(4)
 景  色 :★★★★(4)
体 力 度 :★    (1)
危 険 度 :★★  (2)
-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

◆アクセス◆
・車
 東北道那須IC →(30分)→ 那須ロープウェイ山麓駅駐車場
・公共交通機関
 那須塩原駅 →(バス:1時間10分)→ 那須ロープウェイ山麓駅

◆推奨ルート◆
ロープウェイ山頂 → 茶臼岳 → 峰の茶屋 → ロープウェイ山麓駅
nasu.jpg

参考タイム:2時間


◆山の紹介◆

栃木県北部、ぎりぎり関東にある活火山です。この山の魅力は何と言っても迫力のある火山風景でしょう!

かと思えば笹に覆われて緑色に染まった平原も見られたりと、なかなかバラエティに富んだ景色を楽しめます。紅葉も綺麗です。


ここもロープウェイを使えば山頂駅から1時間もかからず山頂へ登れるので初心者でも余裕をもって登れるよ!
茶臼岳だけじゃ物足りない!という人はお隣の朝日岳やさらにお隣の三本槍岳まで足を延ばせば火山、岩山、笹の山と色々な山歩きが楽しめると思います。
(ただし朝日岳への道は岩場があるので慎重に歩いてね!)


ちなみに独立峰なので強風の日が多いです。装備が飛ばされないように注意して!

DSC03438_2016072718311536f.jpg
こちらはアルペン的雰囲気満載の朝日岳

DSC03496_20160727183126e28.jpg
対照的に笹に覆われた穏やかな山容の三本槍岳

DSC03477_20160727183123cd3.jpg
紅葉と笹のコントラストがとても綺麗です!


[参考記事]紅葉の那須岳登山(茶臼岳・朝日岳・三本槍岳)

紅葉の時期に登ってきました。強風に苦戦しましたが笹の緑や紅葉の赤がとても鮮やかでした





⑦谷川岳   群馬県:1,977m

DSC03665_201607271831295db.jpg
笹の葉が輝く谷川連峰は圧巻の景色です!

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
おすすめ度:★★★★★(5)
 景  色 :★★★★★(5)
体 力 度 :★★★★ (4)
危 険 度 :★★★  (3)
-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

◆アクセス◆
・車
 関越道水上IC →(約30分)→ 谷川岳ロープウェイ駅
・公共交通機関
 上毛高原駅 →(バス:45分)→ 谷川岳ロープウェイ駅

◆推奨ルート◆
ロープウェイ天神平駅 → 山頂(トマの耳) → 山頂(オキの耳)  の往復コース
CCF20150611_0000.jpg

参考タイム:4時間40分


◆山の紹介◆

近くてよい山のキャッチフレーズでおなじみ(?)の谷川岳、フレーズの通り首都圏からのアクセスがよく人気の山です。

山頂からはアルプスを思わせる素晴らしい景観が広がります♪ ですがこの山の魅力はそれだけにあらず!

夏は高山植物のお花畑が広がり、秋は真っ赤な紅葉、冬は美しい雪景色と1年を通して楽しめるとても素敵なところなのです。

僕も夏・秋・冬と3回登ってます

ただしその分登り応えもそれなりで、ロープウェイを使っても今回紹介する山の中ではトップレベルのキツさです。

ですが疲れた分山頂から見る谷川連峰の景色はとても感動的ですので、ぜひぜひ体力をつけてチャレンジしてみてください


ちなみにロープウェイを使わない場合、スリリングな岩場の日本三大急登、西黒尾根からも登れます。

いつか自信ができたらこちらもチャレンジ!あ、初心者の方は危険なのでやめておいた方がよいです!

DSC03605_20160727183127b93.jpg
見上げる山頂。近そうで遠い道のりなんです。。。

DSC06122_20160727183137096.jpg
冬の景色も素晴らしいんですよ!思わず息を飲んじゃいます。

DSC06130_2016072718313992b.jpg
山頂の一つ、トマの耳。


[参考記事]
秋の谷川岳: 紅葉が見頃!
冬の谷川岳: 絶景の連続でした!
夏の谷川岳: ちょっときついルートで頑張りました・・・
おまけ: 伝統の谷川連峰馬蹄形縦走!






⑧瑞牆山(みずがきやま)   山梨県:2,230m

DSC00425_20160727182852564.jpg
山頂は一面の岩場

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
おすすめ度:★★★★ (4)
 景  色 :★★★★ (4)
体 力 度 :★★★★ (4)
危 険 度 :★★★★ (4)
-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

◆アクセス◆
・車
 中央道須玉IC →(約50分)→ みずがき山荘駐車場
・公共交通機関
 JR韮崎駅 →(バス:70分)→ みずがき山荘駐車場


◆推奨ルート◆
瑞牆山荘 → 富士見平 → 瑞牆山 の往復コース
CCF20140517_0000.jpg

参考タイム:5時間


◆山の紹介◆

周囲が穏やかな山で囲まれた奥秩父の中で一際目立ちまくる岩の山。通称日本のヨセミテ。

その名の通り岩峰の景色は圧巻ですが、山頂からの展望もこれまた抜群

間近に八ヶ岳、少し遠くには富士山や南アルプスも見えるんです!


岩場や鎖が多くて多少技術が必要ですが、アスレチックのような登山を楽しめるのでオススメです

山慣れしてから是非チャレンジを!


DSC00498_20160727182910bf4.jpg
下から見上げるとすごい岩です。どうやって登るんだろう・・・という感じ。(実際はほとんどが木の部分を登ります)

DSC00429_20160727182854c15.jpg
山頂からの景色も抜群!富士山も見えるよ!

DSC00427_20160727182853d5d.jpg
名物の大ヤスリ岩。


[参考記事]5月の瑞牆山登山

快晴の空の下、気持ちのいい登山でした!





⑨金峰山(きんぷさん)   山梨県:2,599m

DSC08719_20160727183212104.jpg
山頂へと続く稜線。ぽこっと突き出ているのがシンボルの五丈岩です

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
おすすめ度:★★★★ (4)
 景  色 :★★★★ (4)
体 力 度 :★★★  (3)
危 険 度 :★★★  (3)
-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

◆アクセス◆
・車
 中央道勝沼IC →(約44km)→ 大弛峠駐車場
・公共交通機関
 JR塩山駅 →(バス&乗合タクシー※:80分)→ 大弛峠駐車場 ※土日祝日限定(要予約)なので注意!
 
◆推奨ルート◆
大弛峠 → 朝日岳 → 金峰山 の往復コース
kinpu.jpg

参考タイム:4時間40分


◆山の紹介◆

奥秩父の盟主と呼ばれる山です。この山の魅力はなんと言っても山頂からの展望とアルプスのような稜線の景観です

ハイマツに覆われた山頂付近を歩いているとなんだかアルプスを歩いているような気持ちになります。

山頂からは富士山もしっかりと見えますよ


瑞牆山で紹介した瑞牆山荘から登るルートだと体力的にきついですが、標高2,360m(車道の日本最高所!)の大弛峠からなら初心者でもOKです!

ちなみに大弛峠までの道路はかなり長い山道なので酔い止めがあった方がよいかもです!僕が行った時はメンバーが一人やられました・・・

あ、峠の駐車場は休日はすぐいっぱいになるのでできるだけ早い時間に到着してね。


DSC08775_20160727183219bfc.jpg
シンボルの五丈岩は存在感抜群!山頂に登ったら是非立ち寄ってみてね。

DSC08778_201607271832218e1.jpg
山頂付近にて

DSC05259_201607271831360f6.jpg
山頂付近は岩とハイマツに覆われた高山ならではの景観


[参考記事]2月 冬の金峰山登山

推奨ルートとは別のルートで冬に登った記事です。深い雪に足を取られとてもキツかった・・・!






⑩蓼科山   長野県:2,531m

DSC07500_2016072718315754e.jpg
山頂は見渡す限り一面の岩場!

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
おすすめ度:★★★★ (4)
 景  色 :★★★★ (4)
体 力 度 :★★★  (3)
危 険 度 :★★★  (3)
-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

◆アクセス◆
・車
 中央道諏訪IC →(約32km)→ 七合目登山口駐車場
・公共交通機関
 JR茅野駅 →(バス:60分)→ 蓼科山登山口
 ※ただしバスだと推奨コースより1時間長いコースになります

◆推奨ルート◆
七合目登山口 → 将軍平 → 山頂 の往復コース
20150523_route_201506122148586c7.jpg

参考タイム:2時間50分


◆山の紹介◆

八ヶ岳の最北端、別名諏訪富士とも呼ばれる綺麗でカッコイイ(というより美しいかな?)山です。

長野県ということで都心からはかなり距離があり今回掲載するかどうか迷ったんですが、ぎりぎり日帰り大丈夫だろ!ってことで載せちゃいました(笑)


割と手軽に登れるんですが、山頂の展望は素敵です!360度です!大展望です!

八ヶ岳全域はもちろん、北・南・中央のアルプスまで見えちゃいます


ルートについてはいくつかあるんですが、一番短い七合目登山口からなら山頂まで2時間くらいなので初心者でも安心して登れると思います♪
僕が登った時はここが山デビューの若いグループもいましたよ。


ちなみに山頂はものすごーく広くて一面岩なのでちょっと驚くかもです



DSC07474_20160727183155d6e.jpg
山頂直下は景色が開けて気持ちがいいです

DSC07516_201607271832062cd.jpg
山頂からの景色も360度で抜群!有名なアルプスの山々が見渡せます。


[参考記事]5月の蓼科山登山

推奨ルートで登りました。5月ということで雪が多少残っていましたが山頂からの景色はGOODでした!






◆◆おまけ◆◆

日帰りはなかなか大変なのでおまけという形で最後にもうひと山・・・


木曽駒ヶ岳   長野県:2,956m

DSC02608_20160727183112469.jpg
夏の千畳敷カール。ロープウェイを降りるとすぐにこんな景色が広がるんですよ!

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
おすすめ度:★★★★★(5)
 景  色 :★★★★★(5)
体 力 度 :★★★  (3)
危 険 度 :★★   (2)
-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

◆アクセス◆
・車
 中央道駒ヶ根IC →(約15分)→ 駒ヶ根駅駐車場 →(バス:70分)→ロープウェイしらび平駅
 ※↑こっちをオススメ!
 中央道駒ヶ根IC →(約 5分)→ 菅の台駐車場  →(バス:50分)→ロープウェイしらび平駅

・公共交通機関
 JR駒ヶ根駅 →(バス:70分)→ロープウェイしらび平駅
 ※駒ヶ根駅までは新宿から高速バスが出ています


◆推奨ルート◆
ロープウェイ千畳敷駅 → 山頂 の往復コース
kisokoma.jpg

参考タイム:3時間20分


◆山の紹介◆

中央アルプスの最高峰。日帰り特集ということでおまけにしたんですが、実は実は今回僕が一番オススメしたかった山なんです!!(力説)

え、そんなところ初心者でも登れるの!?と思うかもしれませんが、大丈夫、なんとロープウェイが整備されているのです!!

人で溢れ返るロープウェイ山麓駅からロープウェイに揺られること約10分・・・標高2,650mの山頂駅を出た瞬間に広がるアルプスの絶景・・・!息を飲むこと間違いなしです!
大げさではなくてあまりの景色にホントにびっくりしますよ!

目の前に広がる千畳敷カールの雄大な景観も素晴らしいですし、そこを登ってから歩く3,000m級の稜線の景観もとーっても素敵です。

だまされたと思って是非一度行ってみてください!これをきっかけに登山にもっとハマるはず・・・!


あ、ちなみに稜線上に見える宝剣岳はかなり危険なところなので初心者は登っちゃダメですよ。


◇アクセスについてですが、マイカー規制によりロープウェイ駅まではバスに乗らないといけません。
ところがこれがものすごい人気 週末は恐ろしいくらいに混雑します。早朝のバスに乗り込まないと行列待ちが確実なので要注意です。
日帰りなら始発バス前に駒ヶ根駅に到着してそこからバスに乗るのが個人的にはよいかと。菅の台駐車場もめっちゃ混むので!
※なお、時間的に車じゃないと日帰りは厳しいです


DSC02691_20160727183112b12.jpg
尖った宝剣岳がすごくカッコイイです

DSC02712_20160727183113718.jpg
広々とした山頂。展望も抜群だよ!

DSC07352_201607271842276de.jpg
秋色に染まる千畳敷カールも素敵です(激混みですけど・・・)

DSC07325_20160727183140d21.jpg


20151207_125220_20160727182847e6d.jpg
[おまけ]冬の宝剣岳 ※冬の千畳敷は雪崩の巣窟なので十分な経験を積んでから!

[参考記事]
夏の木曽駒ヶ岳
秋の木曽駒ヶ岳
[おまけ]冬の木曽駒ヶ岳

夏と秋で全く違う景色が見られます!記事では宝剣岳にも登っていますが初心者の方は危険なんで登らないでね!






というわけで関東の日帰りで登れる日本百名山(初~中級編)でした!

山に登りたいけどどこがいいかなあと悩んでる方に参考にしていただけたら嬉しいです


いつか中~上級編や一泊編も記事にしたいなあと思います。



■その他 | 01:21:20 | トラックバック(0) | コメント(0)
山に登れないので今シーズンの目標を
ここのところ関東は2週続けての大雪で山に登れない日々が続いてます。ということで山の本を読みあさり今年の登山目標を立ててみました!(要するに暇なのです・・・

ということで登山2年目の目標発表

【冬シーズン】
■西穂独標
冬のアルプスはとても登れませんが西穂高の独標までなら・・・ということで今シーズンの最終目標!雪山装備を購入したときからここと八ヶ岳の赤岳には登りたいなと思っていました。独標から眺める穂高連峰・・・楽しみです。
■浅間山
1月に赤城山から見た浅間山がすごく印象的だったので是非是非登ってみたい!最近はライブカメラを眺める日々が続いています。早く実物を見てみたい

【通常シーズン】
■槍ヶ岳(表銀座縦走コース)
1年目は遠目から眺めるだけだった北アルプスの槍ヶ岳ですが、今年はいよいよ登ってやるぞ!せっかく登るからには2泊、3泊して表銀座コースにしようかと 穂高⇔槍は大キレットが恐ろしくて無理です・・・
■甲斐駒ケ岳&仙丈ケ岳
こちらも他の山から眺めることが多かった南アルプスの甲斐駒ケ岳と仙丈ケ岳。今年は登る!できれば2ついっぺんに!駒ケ岳のツンツンした容姿、対照的な仙丈ケ岳のなだらかな容姿、ゾクゾク・・・じゃなくてワクワクしますね(^^)

ということで今年はこんな感じの目標でいこうかな、と。もちろん他の山にもたくさん登るぞ!

■その他 | 14:23:57 | トラックバック(0) | コメント(2)
ブログ始めました~
登山を始めて半年、バイクに乗り始めて1年、気づけば色々なところに行って写真もたまってきたので、ブログを始めることにしました!

当面はこれからの出来事と並行して、これまでに行ってきたところもアップしようと思いますのでよろしくお願いします!

■その他 | 21:41:05 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad

まとめ