■プロフィール

K-NO

Author:K-NO
千葉県在住の30代。色々と体を動かさないとムズムズしてくる性分です。主に30歳から始めた登山についてつらつらと書いていきます。

●現在の日本百名山:完登!(2017.7.20 幌尻岳)

■訪問者数

■最新記事一覧

2017/10/07
【日本百名山完登!】日高幌尻岳日帰り登山 [額平川コース] (2017.7.20) 2017/09/08
【99座目】7月 快晴のトムラウシ日帰り登山 [短縮コースより] (2017.7.19) 2017/08/15
丹沢の美渓 小川谷廊下遡行 (2017.6.3) 2017/07/21
沢登りデビュー!三ツ峠 四十八滝沢 で滝登り(2017.5.18) 2017/07/03

■カテゴリ

■最新コメント
■最新トラックバック

■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

【冬の東北遠征その2】圧巻の樹氷群!冬の八幡平登山 (2016.2.12)
DSC04938_201610102221011b7.jpg
樹氷群と雪に埋もれた八幡沼を見下ろす


前日の岩手山(こちら)に続く冬の東北遠征第二弾は秋田・岩手にまたがる台地、八幡平です!


八幡平は日本百名山にも選定されていて、春~秋は山頂まで通じる道路が通い観光客でにぎわう名所。
冬はそれとは裏腹に訪れる人も少なくとっても静かな山となるのです!

だがしかし・・・実はここは八甲田や蔵王に代表される樹氷(スノーモンスター)の名所なのです!

ロープウェイで快適に樹氷が見られる前者と比べて八幡平は雪道をかなり歩かないと樹氷にたどり着かないので人の少ないレアな場所。

そんなこんなでこれは是非この目で見ないと!と思いこの時期にやってきましたー

もう一つの理由としては、日本百名山にはここの他にも岩木山や伊吹山などなど山頂付近まで車で行ける山がいくつかありますが、山ノボラーとしてはそれじゃちょっと面白くない・・・
ということで車だけでは登頂できない冬の時期を選んだわけです!


・・・と、前置きが長くなりましたが、いざ、圧巻の樹氷が待つ冬の八幡平へ!!


【登山ルート】※クリックで拡大
20160212_route.jpg
秋田八幡平スキー場からのピストンです(登山口から先は夏道と同じ)

==============================================================
■登山ルート&時間(休憩含む)
スキー場駐車場(7:55)→登山口(8:50)→八幡平山頂(11:00)→八幡沼(11:10)→登山口(12:55)→スキー場駐車場(13:35)
■所要時間:5時間40分
■歩行時間:5時間40分
==============================================================


冬の八幡平の登山のメインルートは色々と調べたところ、どうやら秋田側からの模様。
(岩手側からも入山者はいるみたいでした)

そんなわけで盛岡から高速道路をぐるっと回って秋田八幡平スキー場の駐車場に到着!
※ちなみにここから先の道路は冬期通行止めですよー。

前日とこの日は冬の東北には珍しい連日の好天そんなこともあり、先行の車が数台
DSC04781_20161010221946653.jpg

まずはゲレンデをひーこら登っていきます
※休日であればスキー場の上までリフトが使えるんですが、残念ながらこの日は平日でスキー場が閉まっていたのです・・・
DSC04783_2016101022194726e.jpg

リフト終点のゲレンデ最上部に到着ー。
DSC04785_20161010221948ef9.jpg

そこからしばらくは樹林帯歩き。
トレースがしっかりと付いていたんでありがたく従って進みます!
(特に目印はなかったんでトレースがなかったらかなり苦戦してたぜ・・・
DSC04786_20161010221950107.jpg

高度100m程樹林を下って道路に合流ー。
DSC04789_20161010221951558.jpg

除雪された道をてくてくと。。。
DSC04790_201610102219587a5.jpg

蒸ノ湯休憩所へ!
どうやら道路みたいだけどそんな面影は全くないぜ!\(^o^)/
DSC04794_2016101022195998b.jpg

道の脇にはガスが吹き上がってます
DSC04795_201610102220010e0.jpg

車道(と思われる)の上を歩いて行きまーす
DSC04796_2016101022200208a.jpg

しばらく歩くとそこが登山口。
左手の山道へ進みますー。ここからようやく登山開始!
DSC04798_20161010222004d0a.jpg
ちなみに登山口の標識やらは一切なかったので要注意!
左を注意深く見ながら歩くと写真のようなテープが見えるので見落とさないように。。。


登山開始!と意気込んだものの基本的にひたすら平坦な道&緩ーい登りがずっと続くので雪上散歩みたいな感じ
DSC04804_2016101022201171c.jpg

時折数字の書いた看板があって進み具合を教えてくれます。
ちなみに山頂が300ございます
DSC04805_20161010222012f51.jpg

ふかふかの雪の上をテクテクと
この辺りの樹氷はまだモンスターとは言えないレベル。
DSC04810_20161010222014fb9.jpg

すっかり雪に埋もれた田代沼。
DSC04815_20161010222015ec1.jpg

よーく見ると木の上に看板が!田代沼が250地点。
DSC04816_20161010222017dc8.jpg


そしてさらに進んでいくと・・・

バアーーンッ!!
DSC04872_20161010222034b5f.jpg

スノーモンスターが姿を現します!!

おおお、これが噂に聞く八幡平の樹氷・・・!!
まるで木とは思えない異形・・・そんな大量の樹氷が屹立する姿は圧巻の光景!
DSC04875_20161010222036c4f.jpg

目の前には一面に広がるモンスターの群れ・・・!
ふおぉぉぉ・・・ものすごい!!
DSC04885_201610102220375c5.jpg

見渡す限り一面の樹氷!
DSC04891_20161010222039ba9.jpg

樹氷の間を縫うように進んでいきます。
ずっとキョロキョロして写真を撮りまくっていたんで全然先に進まず(笑)
DSC04895_20161010222040838.jpg

あぁすごい・・・ウットリ
DSC04905_201610102220499f6.jpg

一際背の高い樹氷の間を抜けて・・・
DSC04914_20161010222051906.jpg

八幡平山頂に到着ー!
まぁ山頂と言っても周囲とほとんど高さは変わらないんであまり達成感はないですが
DSC04915_2016101022205258d.jpg
ちなみに例年だと写真右の展望台が埋まるくらいの雪らしいんですが、今年は暖冬の影響で積雪がかなり少なかった模様

山頂周辺の樹氷も例年だと雪に埋もれて頭がぽこっと出てるだけらしいんですが、今年はやたら背が高く見える!と山頂でご一緒したおじちゃんが言ってました。


さて、ピークハントは達成しましたがこの先に八幡沼という素敵スポットがあるらしいので向かうことに!

モンスターの群れの合間を縫っていきます。
DSC04919_20161010222054a4c.jpg

一面に広がる雪原と白いオブジェの素敵な光景ー(*´ω`*)
DSC04926_201610102220557ad.jpg

陵雲荘とその前に広がる八幡沼!(もちろん埋もれてるよ)
その奥の源太森には樹氷が敷き詰められていて、もうなんというかね、おじさん感動・・・(´;ω;`)
DSC04938_201610102221011b7.jpg

さて、目的も果たしたので帰路へつきます。

青い空と白い雪原、そして背の低い可愛い樹氷・・・うん、控えめに言って最高だぜ!
DSC04941_20161010222103079.jpg

DSC04971_20161010222104a77.jpg

DSC04977_20161010222106691.jpg

向かいにはこれまた立派そうな白い峰々
かの有名な森吉山かな?と思ってましたがどうやら違かった模様。
DSC04982_20161010222107663.jpg

樹氷原を進む。
DSC04985_20161010222114892.jpg

(無言で写真をパラパラと・・・
DSC04987_20161010222115fce.jpg

DSC04992_20161010222117e8c.jpg

DSC05002_20161010222118918.jpg

そんなこんなでゲレンデ最上部へ到着ー!
DSC05017_20161010222120c39.jpg

最後はここのためだけに用意した秘密兵器・ヒップソリを投入!
DSC05018_20161010222127e34.jpg


下山後は近くに営業している温泉もなかったんでそそくさと盛岡へ
登山バッジはかなりめんどうでしたが高速道路をぐるっと回って松尾八幡平のビジターセンターで購入しましたー。


と、そんなわけで冬の八幡平でしたー。

うん、控えめに言って最高だったぜーーー!!\(^o^)/
初めて見る樹氷に感動しまくってもうずっとキョロキョロしてた記憶しかない・・・

冒頭に書いた通り、八甲田や蔵王に比べて樹氷を見るのに労力のかかる場所ですが、その分人も少なく静かな山なのでゆったりとしたい人にはオススメです
(とは言いつつ冬の蔵王や八甲田には行った事ないですけどね


ルートについてですが、今回は前日に人が入っていたおかげでトレースもしっかり付いていて迷うことはなかったですが、ほぼ平坦で開けた道なのでトレースがなかったり視界が悪いとかなーり迷うと思います!要注意ですな!

装備については最低でもわかんは携行してくださいね!
ほとんどの人はスノーシュー or 山スキーでした。


ではでは続いての山行は関東へ戻り、中央アルプス最南端の恵那山にアタック!
地味で静かな山でしたが南アルプスの大展望が待っているのでした!
こちら



【関連記事】

ラッセル天国・・・!2月 厳冬期の岩手山へ(馬返しより)

5月 早池峰山登山(河原の坊→小田越)

3月 冬の岩木山(嶽温泉より)

3月 快晴の冬の八甲田山へ!

【GW】 残雪の鳥海山登山-鉾立より-

快晴の絶景!11月 初冬の月山

【GW】 残雪の朝日連峰(大朝日岳)日帰り登山

5月 残雪期飯豊連峰(飯豊本山、大日岳)登山(川入より)

快晴の蔵王登山 -ロープウェイで熊野岳&お釜へ-






スポンサーサイト
八幡平(冬) | 15:39:57 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad

まとめ