■プロフィール

K-NO

Author:K-NO
千葉県在住の30代。色々と体を動かさないとムズムズしてくる性分です。主に30歳から始めた登山についてつらつらと書いていきます。

●現在の日本百名山:完登!(2017.7.20 幌尻岳)

■訪問者数

■最新記事一覧

2017/10/07
【日本百名山完登!】日高幌尻岳日帰り登山 [額平川コース] (2017.7.20) 2017/09/08
【99座目】7月 快晴のトムラウシ日帰り登山 [短縮コースより] (2017.7.19) 2017/08/15
丹沢の美渓 小川谷廊下遡行 (2017.6.3) 2017/07/21
沢登りデビュー!三ツ峠 四十八滝沢 で滝登り(2017.5.18) 2017/07/03

■カテゴリ

■最新コメント
■最新トラックバック

■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

3月 積雪の谷川岳登山 -天神尾根ピストン- (2015.3.21)
DSC06122.jpg
オキの耳から望む万太郎山方面。まるでアルプスのような絶景! ※クリックで拡大

==============================================================
■登山ルート&時間(休憩含む)
ロープウェイ天神平(10:10)→熊穴沢避難小屋(11:00)→肩ノ小屋(11:55-12:00)→トマの耳&オキの耳(12:15-12:50)→肩ノ小屋(12:55-13:25)→熊穴沢避難小屋(13:55)→ロープウェイ天神平(14:30)
■所要時間:4時間20分
■歩行時間:3時間45分
==============================================================

【登山ルート】※クリックで拡大
20150321_route.jpg
定番の天神尾根のピストンです


今回は雪山の定番人気コース、谷川岳の天神尾根をピストンしてきました!
厳冬期は豪雪でラッセル必須のこの山も3月以降は雪が締まって歩きやすくなるということなのでそこを狙ってのチョイスです。
天気が良く景色が素晴らしかったのでちょっと写真多めになっちゃいましたが・・・スタートです♪

ロープウェイで天神平に到着!向かいには白毛門や朝日岳がそびえています。
DSC06007.jpg

中央奥には目的地のトマ&オキの耳。これから行くよー!(^^)/
DSC06008.jpg

まずはブナの樹林帯をトラバースして行きます。
DSC06017_201504012041519d8.jpg

ちなみに・・・10月に登った時は上の写真の道はこんな↓感じでした。ブナ以外は完全に雪に埋もれて面影がないですね・・・
DSC06018.jpg

遠くに山頂を見つつ緩やかなアップダウンを超えると・・・
DSC06029.jpg

熊穴沢の避難小屋に到着。とはいっても完全に埋まっちゃってます さすが豪雪地帯!Σ(・ω・ノ)ノ
入口部分は掘り下げられていてかろうじて入れる状態でした。
DSC06034.jpg

小屋から先がいよいよ登りの本番、一気に傾斜がキツくなってきますよー!
DSC06037.jpg

景色の開けた気持ちのいい尾根道をひーこらいいながら登ります。
ちなみに雪は水分を含んで締まっていてとても登りやすい感じです。人が多くてトレースもバッチリ!
DSC06042.jpg

ちなみにこの道、10月はこんな↓感じ。低木が完全に埋まっちゃって山は丸裸
DSC06043.jpg

山頂まではもう一踏ん張り!
DSC06051.jpg

10月はこんな感じ↓ 笹で覆われた山肌の面影は一切ありません。
DSC06052.jpg

振り返ると天神平から続く尾根が一望
DSC06053.jpg

トレース一つない綺麗な山肌。風によって作られた縦縞がとても綺麗 おや、でもどこかで見たような光景・・・
DSC06057.jpg

と思ったら前年に登った浅間山にそっくりでした あれ、似てない・・・!?
DSC06058.jpg

左手には豪雪地帯らしい豪快な雪景色!
DSC06059.jpg

最後は広い雪原を登ります。
DSC06060.jpg

肩ノ小屋に到着です!ここまでくれば山頂まであと少し。たくさんの人が休憩していました。
DSC06064.jpg

またまた10月の写真↓ 周囲の笹やベンチはすっかり埋もれています。というか小屋自体半分以上埋もれちゃってますね
DSC06065_20150401204302346.jpg

小屋から上信越方面を望みます。
DSC06068_201504012043206d8.jpg

笹に囲まれていた指導標もだいぶ埋もれてきております!
DSC06082.jpg

小屋から約5分、山頂の一つ、トマの耳に到着ですーー!
DSC06085.jpg

天気も良く山頂からは一面の絶景

雪たっぷりの西黒尾根。
DSC06086.jpg

万太郎山方面。谷川岳といえばこの景色ですね!標高2,000m程とはいえ豪雪地帯ならではの素晴らしい景色ヾ(*´∀`*)ノ
DSC06087.jpg

ちなみに10月の景色↓ 一面笹で緑色に輝いていた景色は白く輝いています
DSC06088.jpg

さて、ここからはもう一方の山頂、オキの耳に向かいます!東面にすごい雪屁ができています
DSC06089.jpg

10月はこんな感じだったよ↓
DSC06090.jpg

振り返り見上げるトマの耳。雪たっぷりでとても綺麗♪
DSC06103.jpg

雪屁を踏み抜かないよう注意しながらオキの耳を目指します。
DSC06115.jpg

到着ー!両耳をもつ双耳峰の山、ということでネコのポーズ!!にゃん! (可愛くない・・・)
DSC06117.jpg

オキの耳から望む万太郎山方面。絶景すぎて言葉にならない・・・
DSC06122.jpg

DSC06123.jpg

こちらは東方面。中央奥にそびえるのは上州武尊山。左に見えるのは尾瀬の至仏山
DSC06129.jpg

天に向かってそびえるトマの耳。
DSC06130.jpg


さて、絶景を堪能した後は肩ノ小屋横で少し休憩して下山です。目指すは写真中央左にあるロープウェイ山頂駅!
DSC06140.jpg

シリセードしたり楽しい下り!
DSC06167.jpg

無事にロープウェイ天神平駅に到着です!お疲れ様でしたー(*´∀`*)
DSC06174.jpg


ということで雪の谷川岳登山でしたー!短い行程で絶景が楽しめ、相変わらずとてもいい山でした 3月には天気も安定し雪も締まって歩きやすくなるのでおすすめの雪山です

【参考】
6月の谷川岳(こちら
10月紅葉の谷川岳(こちら

【おまけ】軽快に下山中に突然僕を襲う罠・・・!いきなり視界が1.5m下がってびっくりしたよ・・・( ´Д`)
DSC06175.jpg

スポンサーサイト
谷川岳(冬) | 22:16:04 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad

まとめ