■プロフィール

K-NO

Author:K-NO
千葉県在住の30代。色々と体を動かさないとムズムズしてくる性分です。主に30歳から始めた登山についてつらつらと書いていきます。

●現在の日本百名山:完登!(2017.7.20 幌尻岳)

■訪問者数

■最新記事一覧

【99座目】7月 快晴のトムラウシ日帰り登山 [短縮コースより] (2017.7.19) 2017/08/15
丹沢の美渓 小川谷廊下遡行 (2017.6.3) 2017/07/21
沢登りデビュー!三ツ峠 四十八滝沢 で滝登り(2017.5.18) 2017/07/03
4月 北アルプス 白馬主稜 [撤退] (2017.4.13-14) 2017/06/19
4月 爺ヶ岳・鹿島槍ヶ岳日帰り登山 [爺ヶ岳東尾根→赤岩尾根] (2016.4.5) 2017/04/26

■カテゴリ

■最新コメント
■最新トラックバック

■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

快晴の屋久島三岳(宮之浦岳・永田岳・黒味岳)登山 [後編] (2016.4.19-20)
DSC07926.jpg
屋久島のシンボル、縄文杉!

前編[淀川登山口~屋久島三岳~鹿之沢小屋]はこちら


【2日目】 [鹿之沢小屋~縄文杉~白谷雲水峡]

さてさて、前編では屋久島三岳を無事登頂したので、後編ではその続き、山岳部から下り縄文杉、ウィルソン株といった屋久杉を見ながら白谷雲水峡へと下山します


AM6:30 鹿之沢小屋を出発し永田岳へと標高差約300mを登り返します。

あの岩の上が山頂。
DSC07810.jpg

ヤクシカちゃん発見!こんな高いところまで来るんですね
DSC07815.jpg

チラッ
DSC07821_20160511224956448.jpg

昨日は気づきませんでしたが岩の間に人の通れそうな隙間が。。。
DSC07825.jpg

社を発見!なんだかちょっと得した気分
DSC07826.jpg

再び永田岳の山頂から宮之浦岳を望みます。
こちらのお兄さんは神奈川県からいらっしゃったそう。
DSC07838_20160511225007595.jpg

眼下には永田の市街地が遠く見えます。
永田岳は奥岳※ですが例外的に永田からは見えるそうなのですよ。
DSC07839.jpg
※屋久島では麓より見える山を「前岳」、見えない山を「奥岳」と呼びます

緑の道を渡り宮之浦岳の肩の分岐へと向かいますー。
DSC07840_20160511225010df4.jpg

振り返る永田岳。なんだか強烈な圧力を感じるのは僕だけ・・・?
DSC07852.jpg

分岐まで戻り永田岳にお別れを~
DSC07859.jpg

そこからしばらく笹に囲まれた緑の稜線歩き。
景色もよくとっても気持ちいい
DSC07865.jpg

DSC07866_20160511225024b4f.jpg

振り返り見上げる宮之浦岳は穏やかで優しい山容。
DSC07874.jpg

永田岳とはここでお別れ。2日間素敵な景色をありがとー!
DSC07876.jpg

徐々に高度を下げて樹林帯の中へ。
DSC07888.jpg

宮之浦岳とも最後のお別れ。寂しいけどまたいつか来るよー!
DSC07900.jpg
左の尖ったピークは翁岳。とっても目立ちます。
ちなみに翁岳とは後ほど再会しますよ!

樹林帯に入ると一気に高度を下げていきますよー。
DSC07906.jpg

新高塚小屋に到着ー。昨日泊まった鹿之沢小屋と違ってとても綺麗!
DSC07909.jpg

屋久島の小屋は夜になるとこいつらが現れるんで注意!
食料は外に出しっぱなしにしてちゃダメですよー。
DSC07911.jpg
ちなみに昨夜は体の上を何かがちょろちょろ這い回っていた感触が・・・こいつらか!

この辺りから巨大な屋久杉がちらほら現れます。すごい迫力!
DSC07913.jpg

相変わらず景色もとっていいです
DSC07918_20160511225055863.jpg

高塚小屋に到着ー。こちらは3階建ての綺麗な建物。
中を覗いて見ましたが30人くらいは泊まれそうな感じでした。
DSC07925.jpg

そして新高塚小屋から10分程下ると・・・

いよいよ屋久島のシンボル、縄文杉が登場です・・・!!
DSC07926.jpg

DSC07927.jpg

DSC07930_201605112251126c6.jpg

DSC07931.jpg

樹齢は2000~7000年と推定される(幅が広いな・・・)屋久島最大の巨木!

その圧倒的な存在感に息を飲むばかり・・・と言いたいところですが、実際は展望台から距離もありそれほど大きく感じなかったり・・・
期待度もものすごかったので、あれ、こんなもんなの?という感じでした
※あくまで個人の感想ですよ!


縄文杉から先はこれまでと比べて格段に人が増えます。
木道もこれまで以上にしっかりと整備されていて、まさに観光地という感じです。
DSC07933_20160511225114655.jpg

こちらは夫婦杉。2本の杉が枝を繋がらせてイチャコラしてます。
くそ・・・くそぅ・・・
DSC07939_2016051122511650e.jpg

こちらは大王杉。縄文杉が見つかるまでは屋久島最大の杉とされていたそうですよ
DSC07943.jpg

緑の森林歩きがとっても気持ちいい
山岳部歩きもすごく気持ちよかったですが、樹林帯歩きもこれぞ屋久島!という感じがしますね
DSC07953.jpg

こちらがウィルソン株!なんでも400年前に伐採された一番古い切り株なのだとか。。。
中に入ることができますよー。
DSC07957.jpg

というわけでもちろん中にお邪魔します!
泉が湧いていたり祠が祀られていたりする不思議な空間。
見上げるとかの有名なハートも見られますよー
DSC07958.jpg

マイナスイオンを感じながら木道の上をてくてくと。
DSC07961.jpg

ふと木の隙間から空を見上げると。。。翁岳が見える!(中央奥の尖ったピークね)
DSC07971.jpg

歩道入口から先はトロッコ道をひたすら歩きます。
DSC07974.jpg

スポットライトを浴びた苔の舞台に立つ木の芽ちゃん。
DSC07982.jpg

DSC07983.jpg

楠川分れまで来ました。ここを真っ直ぐ行くと荒川登山口方面。
白谷雲水峡は左の登山道へと入ります。
DSC07999.jpg

ここからは辻峠目指してしばらくの登り返し!
完全に気持ちが下りモードなので辛いところ
DSC08001_20160511225157565.jpg

辻峠に到着ー。ザックをデポして奥岳の展望台、太鼓岩へと向かってる人が多いみたい。
DSC08008_20160511225159e42.jpg
僕は十分山頂からの景色を堪能したんでここはスルーで!

苔むす森を歩きます。
DSC08017.jpg

DSC08021.jpg

ちなみにこの苔むす森、もののけ姫のロケ地なんですよー。
以前はもののけ姫の森という看板があったそうですが、写真撮影等で森が荒れた等の理由で外されたそうです。。。


白谷小屋。中に入ってみたんですが・・・トイレが併設されていて臭いがちょっとキツかったです
バスの時間に間に合いそうになかったらここで一泊しようと思ってたんですがしなくて良かったかも
DSC08022_20160511225203c71.jpg

さて、ここから白谷雲水峡まではあと少し!

くぐり杉の股の間をくぐって・・・
DSC08023.jpg

苔の森を通り・・・
DSC08026.jpg

吊橋もわたるよー!
DSC08036.jpg

透き通った水がとても綺麗です
DSC08038.jpg

白谷雲水峡に到着ー!16:10の最終バスに間に合えばいいかなーなんて思ってましたが予想以上に歩きやすく、14:40のバスに乗れちゃいました
DSC08043.jpg


バスで宮之浦港に着いた後は観光センターに隣接したレストランで鹿のお肉を食べるのでした
DSC08045_2016051122522644c.jpg
くせがなくて美味しかったんだけど、あのちっちゃくて可愛いヤクシカちゃんの肉だと思うとちょっと複雑な気分・・・


その後は宮之浦市街地の民宿を急遽予約して一泊して翌日に高速船→飛行機で帰京するのでしたー。
ちなみに民宿だと一泊¥3,000程度でした。うむ、安い!


ということで屋久島トレッキングでしたー!
山岳部は素晴らしい景観に爽快な笹の稜線歩き、樹林帯は気持ちのいい緑の中のトレッキングとどこを取っても大満足の2日間でした(^^)

天気にも恵まれてもう言うことなしです・・・うん、屋久島最高!!\(^^)/

関東からだとアクセスはなかなか大変ですが、すごくいいところなんで是非是非皆さん来て下さいー!!

あ、雨対策は万全でね・・・


では続いては関西遠征、紀伊半島の日本百名山、大台ヶ原山&大峰山へ向かいます!
こちら


【関連記事】

圧巻の岩峰群!大崩山登山(わく塚尾根&坊主尾根)

5月、快晴の霧島山(韓国岳)登山

海にそびえる名峰!5月の開聞岳へ

初冬の阿蘇(高岳)登山-仙酔尾根より-




スポンサーサイト
屋久島(宮之浦岳・永田岳・黒味岳) | 16:12:52 | トラックバック(0) | コメント(0)
快晴の屋久島三岳(宮之浦岳・永田岳・黒味岳)登山 [前編] (2016.4.19-20)
DSC07766.jpg
永田岳から望む宮之浦岳


一ヶ月に35日雨が降るとも言われるほど降水量の多い屋久島、今回はその屋久島にして珍しい(?)連日の好天!ということで急遽屋久島まで遠征してきました。

目的地は九州最高峰の宮之浦岳
なかなか行けない場所なので併せて屋久島三岳と呼ばれる黒味岳&永田岳にも登って縄文杉も見ちゃおうという贅沢プランです

後編[鹿之沢小屋~縄文杉~白谷雲水峡]はこちら

【登山ルート】※クリックで拡大
20160419_route.jpg
淀川登山口から屋久島三岳に登り鹿之沢小屋に宿泊。
2日目は縄文杉を経由して白谷雲水峡へと下山。

==============================================================
■登山ルート&時間
【1日目】
淀川登山口(11:40)→花之江河(13:00)→黒味岳(13:30-13:55)→宮之浦岳(15:20-15:40)→永田岳(16:40-17:15)→鹿之沢小屋(17:45)
【2日目】
鹿之沢小屋(6:30)→永田岳(7:15-7:50)→新高塚小屋(9:40)→縄文杉(10:35-10:50)→ウィルソン株(11:30)→楠川分かれ(12:35)→白谷雲水峡(14:10)

■所要時間:【1日目】6時間5分【2日目】7時間40分
■歩行時間:【1日目】4時間45分【2日目】6時間50分
==============================================================

さてさて、本文に入る前にまずは屋久島へのアクセスについて。

屋久島へのアクセスは大きく2つ。

・鹿児島港→宮之浦港への高速船(or フェリー)
・鹿児島空港→屋久島空港への飛行機

今回はお金と時間の都合から高速船を使いました(時間にゆとりがあればフェリーでのんびりも良いかと)。


宮之浦港から登山口まではバス or タクシーになります。
※ちなみに今回登った淀川登山口に向かうバスは1日2本(少なっ!)なので要注意!
(縄文杉観光で大人気の白谷雲水峡までのバスはもっとたくさん出てます)


参考に今回使った高速船&フェリーとバスの時刻表(2016年度版)を載せときますね
↓↓↓↓↓↓↓※クリックで拡大
20160419_route2.jpg


今回の旅プランですが、前日に成田→鹿児島空港へ飛んで、鹿児島港近くのホテルに宿泊。
翌日に朝一の高速船で宮之浦港 → バスで安房港へ。安房から淀川登山口まではタクシーを使いました
※安房→淀川登山口まではタクシーで45分、¥6,000でした。

ちなみに補足。元々は午後のバスで淀川へ向かい、初日はそこから徒歩30分強の淀川小屋に泊まるプランだったんですが、初日の天気がとても良く宮之浦岳まで登りたい!ということで奮発してタクシーを使ったのです

なお、今回の屋久島プランは大学時代の友人で熊本県民のやまんちゅ君のブログを参考にしました。
良かったらこちらも参考にどうぞー
http://yamannchu.blog97.fc2.com/blog-entry-117.html



というわけで長い前置きもここまでにしてようやく本編スタートだ!


【1日目】 [淀川登山口~屋久島三岳~鹿之沢小屋]


長ーい旅を経てようやく昼前に淀川登山口に到着・・・
時間も押しているので早速登り始めるよ!
DSC07543.jpg

気持ちのいい樹林帯を歩きます
DSC07549.jpg

30分程で淀川小屋へ到着ー。とっても綺麗な小屋です
前日の大雨でびしょ濡れになった方々がテントやウェアを干してました。
DSC07556.jpg

整備された歩きやすい道をどんどんと進んで行きます。
自然に癒されながらの道中
DSC07559_201605112246538d0.jpg

ところどころに巨大な杉が!さすが屋久島やで
DSC07562.jpg

ある程度登ると木の間から高盤岳がちらちら見えてきます。
実はこの山、山頂が面白いんです・・・!
DSC07564_20160511224656425.jpg

拡大!山頂にハムを輪切りにしたようなトーフ岩と呼ばれる奇妙な岩が見えます。
どうしてこんな形に・・・!!?
DSC07565_2016051122465718e.jpg

さらに進むと目指す屋久島三岳の一角、黒味岳が見えてきます。
DSC07567.jpg

木々の合間を抜けると・・・
DSC07570.jpg

小花之江河に到着!趣のある高層湿原
DSC07574.jpg

DSC07580.jpg

さらに少し歩いて花之江河へ。
奥の黒味岳を借景にした日本庭園風の高層湿原です(って本に書いてたぜ!)
DSC07587_2016051122471343a.jpg

ヤクシカちゃん達を発見!ちっちゃくて可愛い・・・
DSC07588.jpg

一生懸命草をむしゃむしゃ。可愛いよ可愛いよ・・・(*´ω`*)
DSC07593_20160511224725308.jpg

気持ちいい景色の中ひと休みしている人達。
DSC07591.jpg

花之江河から少し進むと黒味岳への分岐があります。
ここから黒味岳は往復1時間程度、もちろん寄って行くぜ!
DSC07597.jpg

見上げる黒味岳。左のピークね。
DSC07598.jpg

ちょっとした岩場もあるよ!(全然危険ではありません)
DSC07601.jpg

山頂が見えてきましたー!
DSC07608_20160511224740040.jpg

屋久島三岳の一角、黒味岳にまずは登頂だぜ!v(^^)v
DSC07609.jpg

この黒味岳、手軽に登れるピークですが展望は360度開けていて最高なのです・・・!

洋上のアルプス、屋久島最高峰の宮之浦岳 その左奥には永田岳。
DSC07612.jpg

太忠岳&石塚山かな。
DSC07617_20160511224744da2.jpg

眼下には花之江河がぽっかりと。
その右上に見えるのはトーフ岩の高盤岳。
DSC07620.jpg

一息ついて景色を楽しんだ後は時間も押しているので宮之浦岳へと向かいます

黒味分岐へと戻りそこからは緩やかな登り道を進むよー。
DSC07631_20160511224755f6f.jpg

DSC07638_20160511224757fb8.jpg

笹やシャクナゲに囲まれた気持ちのいい道中
道はよく整備されているので軽快に歩けるよ!
DSC07647.jpg

宮之浦岳が近づいて来ました
DSC07661.jpg

山頂へ向けた登り!眼前の岩峰は宮之浦岳の手前にある栗生岳ですよー。
DSC07670.jpg

振り返ると翁岳・安房岳・投石岳の三連ピーク
DSC07672_20160511224811970.jpg

翁岳のピークは岩が突き出してとても印象的
遠くからでもとっても目立つんですよ!
DSC07675.jpg

栗生岳まで登ってきましたー。
宮之浦岳山頂までもう少し!
DSC07678.jpg

振り返る栗生岳。まさかの人面岩・・・!(笑)
DSC07680.jpg

笹の間の道をひと登りして・・・
DSC07684.jpg

宮之浦岳、登頂ー!\(^o^)/
標高1,936mは屋久島のみならず九州の最高峰
DSC07685.jpg

この日は雲一つない快晴
そんなわけで展望も最高でした

王冠のようないびつな山容の永田岳。左奥のシルエットは国割岳・・・かな?
DSC07689_20160511224827774.jpg

南側にはこの日歩いて来た道のり。ど真ん中の岩のピークが黒味岳。
DSC07690.jpg

東方面。前岳※で人気の愛子岳が見えます
その向こうには一面に広がる海!
DSC07698.jpg
※屋久島では麓より見える山を「前岳」、見えない山を「奥岳」と呼びます

北側は明日歩いていく稜線が続いています。
その向こうはやっぱり海!海!
DSC07699_201605112248424ce.jpg

ふぅ・・・絶景を堪能(*´ω`*) とっても満足だぜ・・・


では続いては本日最後のピーク、屋久島第二の高峰、永田岳へと向かいます。
DSC07702_20160511224843d70.jpg

山頂から少し下ると分岐があるのでそこを永田岳方面へ。
DSC07707_201605112248459c4.jpg

笹の気持ちいい緩やかな道を歩いていきます
屋久島の山岳部はこんな感じで終始気持ちのいい道なんですよね
DSC07714.jpg

大ボスの様な風格をかもし出す永田岳!
なんだかとっても強そうだぜ・・・
DSC07725.jpg

水の流れる湿地を越えて。。。
DSC07730.jpg

木道を登り。。。
DSC07738_20160511224859836.jpg

巨岩がニョキニョキ生えた山頂部へ!
DSC07744.jpg

永田岳登頂ー!
DSC07748.jpg

山頂からの景色はこちらも宮之浦岳に負けず劣らず素晴らしいです

険しい岩場が連なる北尾根。左のピークは障子岳かな?
DSC07752.jpg

巨岩が点在する山頂部。珍しい光景になんだかわくわくします
DSC07755_201605112249195e5.jpg

だいぶ陽も沈んで来たので、眼下には影永田岳が!
すっごくいびつな形ですな・・・
DSC07761_2016051122492073d.jpg

西側に連なる峰々。奥には国割岳。
DSC07765.jpg

そしてなんと言っても美しいのはここから見る宮之浦岳!
綺麗な三角錐のピークと山肌にちりばめられた岩がまるで宝石のよう(大げさ?)

永田岳を始め、岩のごつごつしたピークが多いなか、穏やかなその姿はまるで女王様のようですね(^^)
DSC07766.jpg
ちなみに永田岳から見たこの景色、この数日前に発売された山と渓谷2016年5月号の見開きになっているんですよー。


さて、またまた絶景を堪能して癒された後は本日のお宿へ!
西側へと約300m下ったところにある鹿之沢小屋を目指します。


緑の道を下っていくよー。
DSC07769.jpg

DSC07770_20160511224935cc4.jpg

道中には展望スポットがあります。
そこから振り返ると名所の一つ、ローソク岩!
DSC07780.jpg

拡大。これねこれ!
DSC07781_20160511224938e64.jpg

北側には障子岳の岩峰。
DSC07782_20160511224939c4a.jpg

迫力ある岩峰は宮崎の大崩山の景観を彷彿とさせます。
DSC07783_201605112249412d3.jpg

木のトンネルを進み。。。
DSC07789_20160511224950ecd.jpg

鹿之沢小屋へ到着ー!
うん、人の少ないルートの小屋だけあって他の小屋に比べてだいぶ年季のある(要するにボロイ!)感じですね
DSC07792.jpg


という感じで屋久島登山(前編)でしたー。

屋久島というと縄文杉を始めとする屋久杉や苔むす森がクローズアップされがちですが、山岳部の景色はそれに負けず劣らず、いや、それ以上にとっても素敵でした・・・!

森林限界を超えてからの笹に覆われた気持ちの良い道、そしてなんと言っても山頂から見る景色は最高の一言・・・!

雨の日が多くなかなか晴れ間にめぐり合うのは難しいですが是非晴れた日に見てほしい!という言えるくらいに素敵な景色がいっぱいでした


ちなみにルートは世界遺産の島だけあってものすごく整備されていてとても歩きやすいです。(永田岳→鹿之沢小屋は少しだけ荒れてたかな)


ではでは後編では稜線を下り、縄文杉やウィルソン株、苔むす森を通って白谷雲水峡へと下山しますー
こちら


【関連記事】

圧巻の岩峰群!大崩山登山(わく塚尾根&坊主尾根)

5月、快晴の霧島山(韓国岳)登山

海にそびえる名峰!5月の開聞岳へ

初冬の阿蘇(高岳)登山-仙酔尾根より-




屋久島(宮之浦岳・永田岳・黒味岳) | 13:56:25 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad

まとめ