■プロフィール

K-NO

Author:K-NO
千葉県在住の30代。色々と体を動かさないとムズムズしてくる性分です。主に30歳から始めた登山についてつらつらと書いていきます。

●現在の日本百名山:完登!(2017.7.20 幌尻岳)

■訪問者数

■最新記事一覧

2017/10/07
【日本百名山完登!】日高幌尻岳日帰り登山 [額平川コース] (2017.7.20) 2017/09/08
【99座目】7月 快晴のトムラウシ日帰り登山 [短縮コースより] (2017.7.19) 2017/08/15
丹沢の美渓 小川谷廊下遡行 (2017.6.3) 2017/07/21
沢登りデビュー!三ツ峠 四十八滝沢 で滝登り(2017.5.18) 2017/07/03

■カテゴリ

■最新コメント
■最新トラックバック

■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

6月 越後三山(越後駒ヶ岳・中ノ岳・八海山)縦走 (2016.6.3-4) [後編]
DSC01522_20161028005447885.jpg
八海山から中ノ岳へと続く険しい稜線

前編 [越後三山森林公園~越後駒ヶ岳~中ノ岳]はこちら


【2日目】 [中ノ岳避難小屋~八海山~越後三山森林公園]

2日目は今回の縦走のメインイベント(?)中ノ岳~八海山へ繋がる稜線を越えていきます。

このルートは中ノ岳2,085mから最鞍部のオカメノゾキ1,200m辺りまで下降するというなかなか激しい標高差。。。
加えて一般ルートではなく地図上の破線ルートになっていて道もそこそこ荒れているのです。


中ノ岳避難小屋を出発し、まずは眼前の御月山を目指します。
DSC01385_20161028005406304.jpg

急な雪の斜面を一気に下降!早朝で雪が締まっていてつるつる滑りまくり
アイゼン持って来た方が良かった(>_<)
DSC01386_20161028005407ee5.jpg

そこから登り返してまずは御月山へ!
DSC01389_20161028005409d3b.jpg

御月山から見る八海山。ここからは鞍部へ向けてひたすらの下降が続きます。
DSC01398_2016102800541068f.jpg

右手を見ると地上から駒ヶ岳へと続く急な尾根。
前日はあそこをひたすら登ってきたのです。
DSC01407_20161028005412d81.jpg

破線ルートだけあってところどころ藪の中を通ったり
全体を通して急傾斜なので気が抜けません。
DSC01408_2016102800542086b.jpg

竜の背中のようにぐねぐねと曲がった稜線。見るからに険しそう・・・
DSC01417_201610280054217d4.jpg

最鞍部のオカメノゾキ付近は岩場が続きます。
難易度はそれ程高くはないですが、気は抜けないポイントが連続します
DSC01433_20161028005423695.jpg

鞍部から見上げる八海山方面。ここから標高差約500mの登り返し・・・!
DSC01444_20161028005424581.jpg

左手の渓谷にぽつんと見えるのは十字峡。中ノ岳の登山口です。
DSC01453_20161028005426b32.jpg

なんとか五竜岳まで登ってきました
八海山の最高点、入道岳がようやく眼前に!
DSC01454_20161028005433220.jpg

道中にちらほら見えたお花たち

大きな花びらがとても良く目立つシラネアオイ(左)にミヤマキンポウゲ(右)
DSC01490.jpgDSC01489_201606242138448f8.jpg

ウラジロヨウラク(左)にツマトリソウ(右)
DSC01506_20160624213856678.jpgDSC01507.jpg

入道岳に登頂ー!1,778mは八海山の最高点(八ツ峰の最高峰、大日岳が山頂との説もあるらしいです)。
DSC01509_201610280054357d0.jpg
写真に映ってるお二人になんとグレープフルーツをいただきましたありがとうございますー


山頂は展望も抜群

水無渓谷を挟んで対峙する駒ヶ岳。
DSC01512_20161028005436ac8.jpg

南には巻機山が眼前に。
DSC01518_20161028005438243.jpg

駒ヶ岳~中ノ岳と今回の縦走路を一望
DSC01521_20161028005439b29.jpg

本日歩いてきた中ノ岳から続く稜線。なかなかきつかったー!
DSC01522_20161028005447885.jpg

続いては八海山の名所、岩峰八ツ峰へと向かいます。
DSC01524_201610280054480a3.jpg

うーん、何度見てもものすごい存在感!
DSC01531_20161028005450fab.jpg

左手には地上へと続く新開道の尾根道。
DSC01532_2016102800545195b.jpg

八ツ峰の麓まできたぞ!今回は縦走はせずに最高点の大日岳にちょっと寄るだけ
(八ツ峰の縦走についてはこちらを見てくださいなー)
DSC01533_20161028005453bf9.jpg

はい、体力消耗者なので大人しく迂回路を通ります・・・
DSC01535_20161028005500fe2.jpg

まずは手前の岩をひと登りすると・・・空に突き出す大日岳が登場!
DSC01536_201610280055022a6.jpg

こんな感じの岩をよじ登り。。。
DSC01538_20161028005504712.jpg

大日岳へ到着!ここが八海山の山頂という説もあるよ。
DSC01539_20161028005505635.jpg

八海山は信仰の山。そんなわけで神様(八海山大神)が祀られております。
DSC01541_201610280055066d4.jpg

ちなみに八ツ峰の一つ、不動岳には不動明王の立派な像が置かれています。こちらも必見!
↓これね↓
DSC03820_2016102800561088b.jpg


八ツ峰の最高峰も踏んだということで後は下るだけ!
まずは大日岳から迂回路への分岐点へ戻ります。

こーんな感じのスリリングな岩を下るよ
DSC01550_2016102800551480f.jpg

そこからは迂回路を通ります。
迂回路と言ってもこんな感じでけっこう危険なのよね
DSC01561_20161028005516c2a.jpg

細いトラバース道に岩場の下り。。。高度感があります
DSC01563_201610280055179c8.jpg
ちなみにすれ違った方が、例年のこの時期は雪が付いていてアイゼンが必要だと言っていました。

千本檜小屋とその向こうに薬師岳。ここまで来ればようやく危険地帯は終了!
DSC01565_201610280055193e0.jpg

後はのんびりと下るだけだー
六合目の女人堂が見えます。
DSC01577_20161028005520a77.jpg

道中には水場もあり!冷たい水が疲れた体に染みるぜ・・・(´;ω;`)
DSC01578_20161028005528953.jpg

さて、残る課題は見落としやすいと言われる大倉口への分岐点を見落とさないこと!

右手に注意しながら歩きます。
こんな道に間違って入ってしまいだいぶ時間をロスしたり( ̄∇ ̄;)
DSC01587_2016102800552984b.jpg

四合目半の標柱。このすぐ先に分岐点がありました!
DSC01588_201610280055311a2.jpg

大倉口への分岐点。
って全然見落としやすくないじゃねーか! しっかりと道が分かれているのですぐにわかります。
DSC01590_20161028005532b7b.jpg

そこからはひたすらの樹林帯の下り。標高差約1,000mを一気に下ります。
DSC01597_20161028005534401.jpg

途中には森のシルバードラゴンこと銀竜草の群れを発見!
DSC01606_2016102800555241b.jpg

ところどころに信仰の跡もあり。
DSC01611_20161028005554dde.jpg

水・・・場?これはさすがに飲めん
DSC01613_20161028005555107.jpg

登山口の八海山坂本神社に無事到着ー。
写真のお店、丸山屋食堂に寄ったところ、なんと先客の方々や店主さんに山菜のてんぷらやそば等々たくさんごちそうになっちゃいました
本当にありがとうございました
DSC01624_20161028005557554.jpg

そこからは出発地点の越後三山森林公園に向けて1時間程の車道歩きー。
DSC01626_201610280055587c8.jpg

キャーーーー!!(>_<)
DSC01627_201610280056079b8.jpg

公園のベースキャンプへ無事帰還!お疲れ様でしたー
DSC01632_20161028005608bed.jpg


下山後は道中で地元のおじさんにオススメされた五十沢温泉の「さくり温泉健康旅館」でまったり
六日町ICから関越道で帰京するのでしたー


というわけで越後三山縦走でした。

体力的になかなかタフな行程&中ノ岳~八海山の稜線を始め難所もいくつかありと歩きごたえのある山行になりました。
ですがその分展望は素晴らしく、晴れた日は上越の山々だけでなく北アルプスまで見えるよ

あと、駒ヶ岳に中ノ岳は人も少なく静かな山歩きができたんで、とても良かったです(八海山は人は多め)。
個人的にはかなり好きな山域かな


では続いてはこの前日に雨天により撤退した谷川連峰の馬蹄形縦走へと再チャレンジしてきます!
頑張って日帰りしてきました!なんとオコジョにも会えたよー(^^)
こちら



【関連記事】

10月 紅葉の裏越後三山縦走(荒沢岳・中ノ岳・越後駒ヶ岳)

4月 残雪期越後駒ヶ岳 日帰り登山

紅葉の八海山 ~恐怖の岩峰八ツ峰縦走!~

紅葉の巻機山登山

真紅の紅葉!平ヶ岳日帰り登山

草紅葉の会津駒ヶ岳&中門岳日帰り登山

谷川連峰馬蹄形縦走 (日帰り・左回り)




スポンサーサイト
越後三山 | 14:01:12 | トラックバック(0) | コメント(0)
6月 越後三山(越後駒ヶ岳・中ノ岳・八海山)縦走 (2016.6.3-4) [前編]
DSC01301_20161028003004d0b.jpg
中ノ岳から望む越後駒ヶ岳

後編 [中ノ岳~八海山~越後三山森林公園]はこちら


今回は越後三山縦走へチャレンジ!

越後三山と言えば日本百名山の駒ヶ岳に、中ノ岳、八海山の三つのピークの総称。
信仰の山としても有名で今でも白装束の方がたまに三山を歩いているのだとか。

以前紅葉の時期に八海山を登ったんですが、その時に見た見た中ノ岳へと続く険しい稜線がとても美しく、これは絶対いつか歩こう!と思っていたんですがようやく実現

↓↓八海山から見た中ノ岳へと続く稜線↓↓
DSC03905_20161028003038ef2.jpg

ルートは唯一の周回コースを取れる越後三山森林公園を基点に。

森林公園~駒ヶ岳の標高差は約1,650m、三山縦走の累積標高差は登り&下りがそれぞれ約3,500mとなかなかタフな道のりですが、天気にも恵まれて
充実した2日間になりました(^^)

前編では初日の登山口→駒ヶ岳→中ノ岳を書いていきます。

ではいざ、信仰の山、越後三山へ!

【登山ルート】※クリックで拡大
20160603_route.jpg
越後三山森林公園から駒ヶ岳→中ノ岳→八海山へ縦走。
大倉登山口へ下りそこから車道歩きで森林公園へと戻ります。

==============================================================
■登山ルート&時間
【1日目】
越後三山森林公園(6:00)→十二平(6:35)→グシガハナ(9:30-9:45)→越後駒ヶ岳(10:40-11:10)→駒ノ小屋(11:20-11:40)→越後駒ヶ岳(12:05-12:35)→中ノ岳(15:55)
【2日目】
中ノ岳避難小屋(5:30)→オカメノゾキ(7:50)→入道岳(10:25-10:50)→大日岳(11:20-11:40)→千本檜小屋(12:25)→大倉口分岐(13:30)
→八海山坂本神社(14:40-15:05)→越後三山森林公園(16:05)
■所要時間:【1日目】9時間55分【2日目】10時間35分
■歩行時間:【1日目】8時間20分【2日目】9時間25分
==============================================================

【初日】

この日は駒ヶ岳まで1,600mを一気に上がり、そこから中ノ岳まで縦走するなかなか長い道のり。

越後三山森林公園の駐車場に前日入り&テント泊して、早朝に出発です。
DSC00999_20161028002830554.jpg

登山口の十二平までは平地歩き。水無川沿いを歩いていきます。
DSC01003_20161028002832cf5.jpg

道中にはボックスカルバート。潰れていて中は通れないよ!
DSC01009_20161028002833802.jpg

30分程で十二平へ到着。草が茂っていて看板がないとわからないような登山口へと入っていきますー。
DSC01017_20161028002835d4c.jpg


あまり人気のないルートなのかな?という具合に草が生えまくった道を登ります。
DSC01021_20161028002836fc4.jpg

しばらく歩くとわかりやすい尾根道へ。
ここから標高1,800mのグシガハナのピークまでひたすら急登が続きます
DSC01027_20161028002843fd9.jpg

見上げるグシガハナ。
DSC01061_201610280028458b0.jpg

水無川の渓谷。けっこう登ってきたぞ。
DSC01070_201610280028469e3.jpg

振り返ると八海山が堂々とそびえ立っています
DSC01081_20161028002848f5c.jpg

白にピンクとカラフルなシャクナゲも
DSC01090_2016062421362186d.jpgDSC01097.jpg

そしてなんとか急な尾根を登りきってグシガハナへ!

右手には三山の最高峰、中ノ岳のどっしりとしたお姿
DSC01115_20161028002849ae3.jpg

眼前には主峰、駒ヶ岳!
DSC01117_20161028002903e8b.jpg

休憩していると可愛い虫さんに懐かれちゃいました(*´∀`*)
DSC01120_20161028002905b12.jpg

グシガハナからアップダウンを経て駒ヶ岳へと向かいます。
綺麗なタテヤマリンドウが至るところに咲いていました
DSC01140_20161028002907513.jpg

駒ヶ岳へ到着ー!4月に登ったんでたったの2ヶ月ぶりですが、ガスガスだった前回と違って大展望が広がります
DSC01174_20161028002908e13.jpg

渓谷を挟んで向かいの八海山。中央部の岩峰八ツ峰のギザギザが目立ちます。
遠くは北アルプスが見えます。なんと肉眼では穂高連峰まで見えた!
DSC01175_20161028002910163.jpg

南は眼前に中ノ岳。その向こうには上越の名山が盛りだくさん!
燧ヶ岳平ヶ岳至仏山などなど。。。
DSC01177_20161028002917307.jpg

東には鋭角のピーク、荒沢岳がカッコイイ!
その向こうの平な山は会津駒ヶ岳
DSC01179_20161028002919312.jpg

眼下には銀山平や奥只見湖。
DSC01180_20161028002920df8.jpg

さてここでちょっと寄り道。
宿泊予定の中ノ岳避難小屋には水がないとのことだったので、駒ノ小屋へ寄って水を補給。

雪渓を10分程くだります。
DSC01184_201610280029223a2.jpg

駒ノ小屋!営業はまだみたいでしたが、管理人さんが準備で入っていて色々話しこんじゃいました。
DSC01185_20161028002923302.jpg

小屋前の広場から北の景色。左手の守門岳に右奥には浅草岳。
さらに遠くには肉眼では先日登った飯豊連峰も見えたよ!
DSC01198_201610280029332ea.jpg

小倉山~道行山へと続く稜線。駒ヶ岳に登るだけなら枝折峠からこの稜線を歩いて来るのが一番楽なルートです。
DSC01203_20161028002935cb2.jpg

ちなみに2ヶ月前に登った時はこんな景色 すごく綺麗でした(^^)(こちら
DSC01204_20161028002936a81.jpg

お目当ての水の補給も完了!冷たくて最高に美味しい!
DSC01205_20161028002938889.jpg

ちなみに今年は雪が例年に比べてかなり少なく、7月上旬くらいでこの水はなくなるんじゃないかと管理人さんが言ってました。
駒ノ小屋を使う際は水の状況を問い合わせておいた方が良いかもですね。


雪渓を登り返して再び駒ヶ岳へ。
DSC01212_20161028002939623.jpg


あまりに天気が良いので山頂で昼寝をすること30分・・・zzz

さて、それでは中ノ岳へと向かいます!
DSC01238_2016102800294823c.jpg

駒ヶ岳~中ノ岳の稜線はまずは1,700mの天狗平まで一気に下降。
そこからはアップダウンを繰り返して徐々に高度を上げていく感じです。
DSC01263_201610280029503fd.jpg

眼前に大きく迫る中ノ岳!
DSC01277_20161028002951d52.jpg

右手には中ノ岳~八海山へ続く稜線。
ちなみに最鞍部のオカメノゾキの標高は1,200mと中ノ岳からなんと800m以上下ります。もはやキレットやで
DSC01279_20161028002953fa5.jpg

雪面の向こうに荒沢岳。
DSC01283_20161028002954b3d.jpg

振り返ると駒ヶ岳の見事な山容に目を奪われます。
DSC01301_20161028003004d0b.jpg

駒ヶ岳から約3時間、本日のお宿、中ノ岳避難小屋へ到着ー!
DSC01310_20161028003005429.jpg

小屋は2階立ての広々とした作り。2、30人は泊まれそう。
DSC01312_2016102800300795d.jpg

水は・・・雨水のタンク頼みみたいでした。なお、中には沢山虫の死骸が・・・(´-ω-`*)
DSC01313_20161028003008a20.jpg
※雪の残るこの時期であれば雪を融かして水を作るのもOKでした!

小屋から山頂は目と鼻の先。
DSC01314_2016102800301085b.jpg

越後三山の最高峰、中ノ岳登頂ー!\(^o^)/ 祠や小さな鳥居が祀られています。
ちなみに写真の方は十字峡から日向山経由で登ってこられたそう。
DSC01315_20161028003017149.jpg

最高峰だけあって景色ももちろんとっても良いです

眼前には兎岳。その向こうには平ヶ岳、その左右には尾瀬の燧ヶ岳&至仏山。
さらに奥には日光白根山男体山皇海山も見えました
DSC01316_20161028003018915.jpg
※ちなみに手前の兎岳から左の稜線は荒沢岳へと続きます。
このルートは4、5年前に整備されたらしく、ここを通る荒沢岳~中ノ岳~駒ヶ岳の縦走を裏越後三山がけと言うとか。
是非チャレンジしてみたいところ!(^^)


八海山ー。
DSC01324_20161028003020644.jpg

眼下には日向山。十字峡から中ノ岳へと登るコースです。
中央奥は巻機山。その向こうには谷川連峰も見えます。
DSC01325_20161028003022dc9.jpg

上越の峰々が広がるいい景色 中央左の小ピークは丹後山。
DSC01329_2016102800302398d.jpg

アーベンロートの駒ヶ岳。
DSC01342_20161028003035495.jpg

日本海へと陽が沈みます。。。
DSC01350_20161028003037976.jpg

ちなみにこの日の小屋は十字峡から登ってきたグループと裏越後三山縦走グループと僕の計3グループ5人でした。
どのルートもなかなかハード


というわけで越後三山縦走1日目でした。

冒頭にも書きましたが、ひたすら続く急登にアップダウンの稜線となかなかタフな1日でした
でもその分景色は申し分ない&人が少ない山域で静かに歩けたということで大満足の1日目でした(^^)


続いては2日目、八海山へと続く険峻な稜線を越えていきます!
こちら



【関連記事】

10月 紅葉の裏越後三山縦走(荒沢岳・中ノ岳・越後駒ヶ岳)

4月 残雪期越後駒ヶ岳 日帰り登山

紅葉の八海山 ~恐怖の岩峰八ツ峰縦走!~

紅葉の巻機山登山

真紅の紅葉!平ヶ岳日帰り登山

草紅葉の会津駒ヶ岳&中門岳日帰り登山

谷川連峰馬蹄形縦走 (日帰り・左回り)




越後三山 | 21:23:41 | トラックバック(0) | コメント(2)

FC2Ad

まとめ