■プロフィール

K-NO

Author:K-NO
千葉県在住の30代。色々と体を動かさないとムズムズしてくる性分です。主に30歳から始めた登山についてつらつらと書いていきます。

●現在の日本百名山:完登!(2017.7.20 幌尻岳)

■訪問者数

■最新記事一覧

【99座目】7月 快晴のトムラウシ日帰り登山 [短縮コースより] (2017.7.19) 2017/08/15
丹沢の美渓 小川谷廊下遡行 (2017.6.3) 2017/07/21
沢登りデビュー!三ツ峠 四十八滝沢 で滝登り(2017.5.18) 2017/07/03
4月 北アルプス 白馬主稜 [撤退] (2017.4.13-14) 2017/06/19
4月 爺ヶ岳・鹿島槍ヶ岳日帰り登山 [爺ヶ岳東尾根→赤岩尾根] (2016.4.5) 2017/04/26

■カテゴリ

■最新コメント
■最新トラックバック

■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

笠ヶ岳&雲ノ平周遊縦走(黒部五郎岳・鷲羽岳・水晶岳・薬師岳) その1 (2016.8.6-10)
DSC04686.jpg
端正な山容の笠ヶ岳。抜戸岳直下より。


今回は本州最後の百名山を登る!ということで北アルプスの深部へとチャレンジ!

目的は黒部源流の百名山4座(黒部五郎・鷲羽・水晶・薬師)と笠ヶ岳。
そして日本最後の秘境とも呼ばれる雲ノ平にもぜひぜひ泊まってみたい!ということでその辺りをぐるっと縦走してきました(^^)

脚の怪我などなどいくつかハプニングはあったけど、4泊5日の行程はほぼ快晴でいずれの山頂からもとびっきりの景色が待っていました


その1では[新穂高温泉-笠ヶ岳-双六小屋]
その2では[双六小屋-黒部五郎岳-三俣山荘]
その3では[三俣山荘-鷲羽岳-水晶岳-雲ノ平]
その4では[雲ノ平-太郎平小屋-薬師岳-折立]

と4回に分けて書いていきます。


ではいざ、北アルプスの深部を巡る山旅へ!


【登山ルート】※クリックで拡大
20160807_route.jpg
新穂高温泉から笠ヶ岳へ登り双六小屋へ。
その後は黒部五郎→鷲羽→水晶→雲ノ平と巡り、最後は薬師岳へ登り折立へと下山します。


==============================================================
■登山ルート&時間
【1日目】
笠新道登山口(5:30)→杓子平(8:00)→笠ヶ岳(10:30-10:50)→笠ヶ岳山荘(11:00-11:30)→弓折岳(14:50)→双六小屋(16:00)
【2日目】
双六小屋(6:00)→双六岳(6:40-6:55)→三俣蓮華岳(7:45-8:00)→黒部五郎小屋(9:00)→黒部五郎岳(10:35-11:10)→黒部五郎小屋(12:20-13:00)→三俣小屋(15:00)
【3日目】
三俣小屋(5:50)→鷲羽岳(6:50-7:30)→水晶小屋(8:40)→水晶岳(9:10-10:10)→水晶小屋(10:30-11:10)→祖父岳(12:20-13:00)→雲ノ平テント場(13:45)
【4日目】
雲ノ平テント場(6:00)→アラスカ庭園(6:45)→薬師沢小屋(8:55-9:25)→太郎平小屋(11:30)
【5日目】
太郎平小屋(5:05)→薬師小屋(5:55)→薬師岳(6:30-7:20)→薬師小屋(7:45-8:10)→太郎平小屋(8:50-11:00)→折立(12:50)
■所要時間:【1日目】10時間30分【2日目】9時間00分【3日目】7時間55分【4日目】5時間30分【5日目】7時間45分
■歩行時間:【1日目】9時間40分【2日目】7時間15分【3日目】4時間55分【4日目】5時間00分【5日目】4時間10分
==============================================================

【前日】[新穂高温泉~わさび平小屋]

まずは1日かけて登山口まで移動。新宿から高速バスで平湯温泉へ。そこからバスを乗り換え1時間程で新穂高温泉へと到着!

新穂高温泉のバス停から笠ヶ岳から北へと延びる稜線を見上げます。
DSC04594_20160820131512fc7.jpg

新穂高温泉から少し歩いたところにある概念図。
まずはこの日の目的地、わさび平小屋へと向かいます。
DSC04599_20160820131513d88.jpg

てくてくと林道を歩くこと約1時間、わさび平小屋へ到着ー!
DSC04615_20160820131514026.jpg

この小屋は前泊に使われることが多いらしく、この日は金曜日ということで賑わってました。
DSC04616_201608201315142cc.jpg


【初日】[わさび平小屋~笠ヶ岳~双六小屋]

初日は笠新道を一気に上がり笠ヶ岳へ登頂、そこから双六小屋まで縦走するなかなかタフな道のり。
笠ヶ岳へのキツイ登りにそこから意外と長い稜線歩きと盛りだくさんの内容でお届けしますー(^^;)


というわけでわさび平小屋から歩いてちょっとの笠新道の登山口へ。クライムオン!
DSC04617_2016082013152337d.jpg

稜線までの標高差は約1,500m!急登で知られる笠新道を重いテント装備を背負ってぜえぜえ言いながら登っていきます。。。
DSC04631.jpg


しばらく登り続けて・・・振り返ると素敵な景色が広がります

快晴の空の下にそそり立つのは焼岳乗鞍岳
DSC04632.jpg

槍ヶ岳~穂高連峰の稜線も一望♪
DSC04649.jpg

ひたすら続く急登を越えて杓子平へと到着。
ここで一気に展望が開けて笠ヶ岳が初めてその姿を見せます!
DSC04650_201608201317504fe.jpg

うおぉぉ、想像以上にカッコイイぞ・・・
DSC04651.jpg

ここからは緑が気持ちいいカール状の地形を稜線目指して登っていきます。眼前のピークは抜戸岳。
DSC04652.jpg

DSC04671.jpg

そしてそして・・・稜線へ上がるとそこに待っているのは笠ヶ岳の端正で美しいお姿!
想像以上の綺麗さに思わずふぉぉ・・・と感嘆の声が漏れてしまうほどでした・・・(>_<)
DSC04686.jpg
実はこの山、近くに有名どころの穂高や槍ヶ岳があることもあってかなーり地味なイメージだったんですが、それを一瞬で覆すほどのインパクトでした・・・!

稜線に出るとそこからはこれまでとうって変わってとっても楽ちん♪
緩やかなハイマツの稜線を歩いて行きます。
DSC04706_20160820131822e95.jpg

抜戸岩の間を通る。
DSC04707.jpg

眼前に笠の先が迫ってきました。
DSC04717.jpg

山頂と笠ヶ岳山荘。
DSC04718_201608201318303c3.jpg

山荘へ向けたガレ場の登り。
DSC04721_20160820131830275.jpg

笠ヶ岳山荘へ到着ー。まだまだ元気いっぱいなので休憩は後にしてまずは山頂へと向かいます。
DSC04725_20160820131855efb.jpg

そして山荘から約15分、ようやく山頂へ!一面に広がる青空
DSC04734.jpg

奥飛騨の秀峰、笠ヶ岳登頂ー!
そんでもって日本百名山はこれで90座目!いよいよカウントダウンです(^^)v
DSC04735.jpg

満面の笑顔で・・・やったぜ!(^^)b
DSC04736_20160820131902c79.jpg

この日は天気もすごく良く、山頂からは素敵な展望が広がります。
というわけで写真をいくつか!

なんと言ってもまず目に付くのは穂高連峰~槍ヶ岳へと続く稜線。
西穂高~奥穂高への険しい稜線や切れ落ちた大キレットがはっきりと見えます。
西穂高~奥穂高間はまだ歩いたことがないので近いうちに行ってみたいところ!
DSC04737_20160820131903563.jpg

左から北穂高岳に涸沢岳、奥穂高岳。その右には一際鋭く尖ったジャンダルム!
DSC04738.jpg

ちなみに逆に穂高の稜線から見た笠ヶ岳はこんな感じ。
うーん、派手さはないですがピンと突き出た山頂がとても渋いです(^^)
DSC04738A.jpg

北側を見ると抜戸岳から続く歩いてきた稜線。
左奥にはこれから目指す黒部源流の山々が見える!
DSC04739.jpg

拡大。左端が黒部五郎岳。その右奥には巨大な山容の薬師岳。
その他、剱岳・立山連峰に水晶、鷲羽や野口五郎岳もバッチリと!
DSC04740.jpg

西側。中央奥にうっすらと加賀の霊峰、白山がそびえています
DSC04745.jpg

南側。焼岳に乗鞍岳、右奥には御嶽山。左奥には薄っすらと中央アルプスの峰々も!
DSC04751.jpg

槍ヶ岳を撮影するおじちゃん。絵になる男・・・
DSC04759_201608201321036fb.jpg

こんな写真が撮れたのかな!?
DSC04762.jpg

うーん、想像以上に素敵な景色に大満足!(^^)

大パノラマを堪能したあとは笠ヶ岳山荘へと下ります。
DSC04765.jpg

お昼ご飯は播隆ラーメン!
笠ヶ岳を開山した播隆上人にちなんで名付けられたという看板ラーメンだけあって美味しいぜ!(^o^)
DSC04771.jpg

ちなみに山荘の前にあるこの双眼鏡、なんと覗いて見ると槍ヶ岳や穂高連峰に登っている人がはっきりと見えるんですよ!
この日もそれぞれのピークにたくさんの人がいました(^^) ジャンダルムも大賑わいだったみたい!
笠ヶ岳山荘に来た際には是非覗いてみてください♪
DSC04774.jpg

さて、当初の計画ではここでテン泊するつもりだったんですが、想定よりだいぶ早く到着したので予定を変更。
双六小屋まで向かうことにしました。

北へ向かい稜線を引き返していきますー。
DSC04775.jpg

中央右下の鞍部に見えるのが双六小屋!
この時は一見近そうに思えたんだけど歩いてみるとけっこう遠い(>_<)
DSC04776_20160820132119bf4.jpg

抜戸岳直下の分岐まで帰還!
DSC04793.jpg

しばらくは平坦で歩きやすい道が続きます♪
振り返る笠ヶ岳。正午を過ぎたくらいから雲がかかってきました
DSC04806.jpg

稜線散歩中は右手に槍ヶ岳の雄姿をずっと楽しめます。
DSC04807.jpg

拡大。うーん、北鎌尾根がすごく険しい・・・!こちらも近いうちに挑戦したいルート。
DSC04809_201608201321470eb.jpg

平坦な道をしばらく歩いていくといよいよアップダウンが始まります。。。
双六小屋は近そうに見えますがここからが時間がかかるのだ!
DSC04823.jpg

まずはカールの脇を一気に下りますー。
DSC04833.jpg

下りきった秩父平より振り返り。とっても緑が綺麗
DSC04840.jpg

切り立った険しい岩が一際目を引きます!秩父岩と呼ばれるらしいです。
DSC04848.jpg

いよいよ双六小屋が近づいてきました!
・・・と見せかけてここからぐるっと回るのでまだまだ遠いのよね。。。
DSC04853.jpg

アップダウンを繰り返します。
DSC04857.jpg

ぜぇぜぇ息を切らしながら弓折岳へ到着
平で開けた場所なのでここいらでひと休憩。
DSC04864.jpg

そんなこんなでのんびりくつろいでいると・・・
ライチョウさんを発見!
DSC04866.jpg

今夏初めてのライチョウさんとの出会い
うーん、やっぱりすごく可愛いなぁ可愛いなぁ・・・(^^)
DSC04870.jpg

ゆっくりじっくり眺めていようと近づいてみると・・・こちらに気付いた途端にまさかの猛ダッシュ!!
めっちゃ警戒されてる・・・(^^;) そして意外と足が速い!(笑)
DSC04872_20160820132234239.jpg

もうちょっとじっくり見ていたかったんだけど、すごい勢いで逃げられちゃったんで残念ながら登山再開(>_<)

山頂からしばらく下ると弓折乗越。ここは鏡平方面からの合流地点。
DSC04877.jpg

眼下に見えるのが鏡平山荘。
山荘脇の鏡池は槍ヶ岳が映る有名スポット。一度見てみたいなあ(^^)
DSC04880.jpg

平らな道をてくてくと。。。
DSC04884.jpg

花見平。お花畑が綺麗・・・らしいですが今年は早くも花は散っていました(T_T)
DSC04886.jpg

そしてようやく双六小屋が目の前に迫ります!
近いようでだいぶ遠い道のりでした・・・
DSC04892.jpg

双六小屋とテント群。背後にそびえるのは鷲羽岳。
それにしてもすごいテントの数・・・(^^;)
DSC04897.jpg

小屋に到着ー。新穂高温泉から一日で来られるちょうど良い距離ということもあり、土曜のこの日は大混雑
DSC04901.jpg

サービスの良さに定評のあるこの小屋。
メニューも充実!なんとケーキもあるんだぜ!
DSC04902.jpg

小屋前の広場は鷲羽岳の絶好の展望台 とても風格を感じさせる山容・・・!
DSC04903.jpg

広大なテント場にのんびりとテントを張って長い一日の行程を終えるのでしたー
DSC04910.jpg


というわけで笠ヶ岳~黒部源流の旅、1日目でした。

笠新道のひたすら続く急登に意外と長いアップダウンが続く稜線となかなかタフな1日でした
でも天気にも恵まれて景色は申し分ない&人も少なく静かに歩けて充実の1日目でした(^^)


続いては2日目、双六岳→三俣蓮華岳から黒部五郎岳を往復して三俣小屋まで歩きます。
またまた快晴の空の下、素晴らしい景色が待っていました(^^)
こちら



【関連記事】

【北アルプス】穂高連峰~槍ヶ岳縦走(前穂・奥穂・ジャンダルム・北穂・槍ヶ岳)

剱岳-別山尾根-

白馬岳・唐松岳縦走 ~不帰ノ嶮を超えて~

五竜岳・鹿島槍ヶ岳縦走 ~八峰キレット超え~

【北アルプス】快晴の大展望~4月の奥穂高岳へ!(涸沢岳西尾根)

【北アルプス】4月 残雪期の西穂高岳へ

【北アルプス】4月 残雪期焼岳登山 [中ノ湯ルート]

【北アルプス】穂高連峰&槍ヶ岳の大展望!冬の蝶ヶ岳日帰り登山(三股より)




スポンサーサイト
笠ヶ岳 | 10:57:58 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad

まとめ