■プロフィール

K-NO

Author:K-NO
千葉県在住の30代。色々と体を動かさないとムズムズしてくる性分です。主に30歳から始めた登山についてつらつらと書いていきます。

●現在の日本百名山:完登!(2017.7.20 幌尻岳)

■訪問者数

■最新記事一覧

2017/10/07
【日本百名山完登!】日高幌尻岳日帰り登山 [額平川コース] (2017.7.20) 2017/09/08
【99座目】7月 快晴のトムラウシ日帰り登山 [短縮コースより] (2017.7.19) 2017/08/15
丹沢の美渓 小川谷廊下遡行 (2017.6.3) 2017/07/21
沢登りデビュー!三ツ峠 四十八滝沢 で滝登り(2017.5.18) 2017/07/03

■カテゴリ

■最新コメント
■最新トラックバック

■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

紅葉の祖母傾山縦走 [大障子岩~祖母山~傾山] [後編](2016.10.20-21)
DSC09829_20161109122737d9a.jpg
雲海と傾山~笠松山より~

前編 [上畑~大障子岩~祖母山~古祖母山]はこちら

祖母傾の縦走は2日目!宿泊地の古祖母山から傾山へと縦走し九折へと下山します。
雲海の広がる素敵な光景が広がるよー(^^)

【2日目】[古祖母山~傾山~上畑]

2日目は幕営地の古祖母山から長い稜線を歩いて傾山へ!
初日の行程が予定通り進まなかったのでなかなかの長丁場になるけど・・・頑張るぞー!

目覚めると雲海が広がっていました 高曇りの天気だけど今日も良い景色が見られそう(^^)
DSC09774_20161109122705502.jpg

古祖母山(1,633m)からは標高1,200m弱の鞍部まで一気に高度を落とします。

傾斜があるので下りは慎重に。。。
DSC09778_20161109122707ecd.jpg

尾根道を軽快に♪
DSC09787_20161109122708128.jpg

雲海の上にそびえる祖母山。
DSC09787A.jpg

鞍部まで下って少し登り返した地点が尾平越え。
DSC09792_201611091227118c6.jpg

さて、ここからは標高1,644mの本谷山まで下がった分の登り返し!早朝から登ったり下ったり大変(^^;)

樹林帯や開けた笹の原っぱを歩いていくよー。
DSC09803.jpg

高千穂方面の山並みが美しい・・・
DSC09803A.jpg

500m弱を登りきってようやく本谷山へ!
DSC09809.jpg

そしてここでようやく本縦走路で初めて人と遭遇!なんだか嬉しい・・・(T_T)
僕と逆のコースで祖母傾を縦走しているとのことでした。
DSC09811.jpg

本谷山の少し先には道沿いに水場がありました。今回の縦走路で道の近くにあった水場はここと祖母山9合目小屋の二箇所だったよー。
DSC09814.jpg

次なるピークは笠松山!山頂は縦走路から数分外れたところですがせっかくなので寄り道
DSC09825.jpg

振り返る本谷山。
DSC09825A.jpg

そして笠松山(正確にはそのちょっと先)からは目指す傾山がよーく見えます♪
雲海に浮かぶ険しい姿・・・カッコイイぞ!(^^)
DSC09829_20161109122737d9a.jpg

そこからは緩いアップダウンを繰り返しながら高度を下げて行きます。
DSC09836.jpg

DSC09837_201611091227404cf.jpg
ちなみにこの辺りを歩いてたら道の脇を猪数頭がすごい勢いで走り回ってました(^^;) さすがは自然がいっぱい祖母山系・・・!

鞍部の九折小屋まで降りてきた!中をちらっと見たところ10人以上は泊まれそうな小屋(無人)です。
DSC09840_201611091227475ee.jpg

この辺りは鹿がたくさん。しばらく熱く見詰め合っちゃったよ・・・(*´ω`*)
DSC09844_20161109122749703.jpg

九折のテント場。
DSC09847_201611091227502d0.jpg

余談ですが実はこの日は熊本の友人のやまんちゅさん(ブログも書いてるよー)が偶然にも逆ルートで祖母傾の縦走をやっていてすれ違うのをすごーく楽しみにしてたんだけどさ・・・
一向にすれ違わないから不思議に思ってたら、一年振りの登山ですっかり鈍ったせいで傾山だけ登ってからキツくて帰ったんだってさ!
まったく・・・わくわくした気持ちを返して!( ` ω´)


と、愚痴はその辺りにして・・・

傾山へと向けて最後の登りへ!
DSC09853_20161109122752924.jpg

しばらく登ると眼前に傾山の岩峰が現れます・・・!猫耳の左が傾山、右が後傾。
DSC09865.jpg

高度を上げるにつれ傾斜がどんどんキツくなってくるよー!
DSC09878.jpg

後傾の岩峰が近づいてきました。
DSC09880_201611091228036cf.jpg

ピーク直下の岩場を登って・・・
DSC09881.jpg

後傾のピークへ!目の前には傾山の本峰。
DSC09886_2016110912280673a.jpg

右手をぐるっと回り込んで・・・山頂へ到着ー。
DSC09895.jpg

縦走路最後のピーク、傾山に登頂!\(^o^)/ ここまでとっても長かった・・・!
DSC09895A.jpg

さて、最後の頂にも無事立てたので肩の力を抜いてのんびり休憩。山頂からの展望を楽しみます♪

後傾の向こうには大崩山群。スリリングでとっても楽しい大崩山も見えるのかな?
DSC09897.jpg

一面に広がる雲海の上に今回の縦走路がずらーっと!
右端のピークが障子岩。そこから大障子岩→祖母山(写真中央奥に見える最高地点)を経由してぐるーっと回ってきました。
DSC09897A.jpg

この日歩いて来た縦走路。右奥に3つ並んだピークの左端の古祖母山からここまで歩いてきました。
DSC09901.jpg

さて、後は下山するだけ。

山頂付近は急斜面なので慎重に。
DSC09919.jpg

秋らしい装いの道をてくてくと。
DSC09923_20161109122831f12.jpg

九折付近はすっかり雲海に飲み込まれてこんな感じに。
DSC09931_201611091228325ee.jpg

DSC09934_20161109122834c2d.jpg

九折コースを下っていきます。ガスがかかって幻想的な雰囲気
DSC09936_20161109122835d8d.jpg

DSC09941_20161109124934f97.jpg

沢の渡渉もあるよ!岩の上を濡れずに渡れますが増水時には危険そう。
DSC09944.jpg

滝を見ながらの下山♪
DSC09949_20161109125211be7.jpg

九折登山口まで無事に下山!
DSC09954.jpg

駐車場はこんな感じ。
DSC09956_201611091228498b4.jpg

そこからはスタート地点の上畑まで約1時間の車道歩き
稜線上にいた時はわからなかったけど、雲海の下は雨が激しく降っていてなかなか難儀しました(^^;)

無事に到着ー。お疲れ様でしたヾ(*´∀`*)ノ
DSC09958_20161109122857f1d.jpg

下山後は温泉にでも浸かってまったりと・・・と行きたいところだったんですが福岡の親に夕方には車を返せと言われているので、山行の余韻に浸る間もなく急ピッチで帰宅することになったのでした(T_T)


というわけで祖母傾縦走でした。

人もほとんど入ってなく自然を目一杯感じながらの気持ちのいい2日間でした(^^) 珍しく猪にも会えたしね!
九重や阿蘇と比べてすごく地味な山域ですが、自分にとってはそこがいいところで実はすごく好きな山なんですよね

ルートについてはとっても長くてタフな道のりでしたが、危険箇所はなくところどころ展望も素敵です。
あ、ただ上畑~障子岩間は道がないのでそこはルート選択には要注意かと!

ちなみに累積の標高は登り下りそれぞれ4,300m程。今回は1泊2日でまとめましたが、2泊3日で歩くのも良いかなと思います♪


では続いても少し頑張る山行へ!
九重連山1,700m峰9座の縦走 "くじゅう17サミッツ" へとチャレンジしてきます
こちら



【関連記事】

12月 冬の祖母山登山(尾平からの周回コース)

圧巻の岩峰群!大崩山登山(わく塚尾根&坊主尾根)

紅葉の九重連山 "くじゅう17サミッツ" 日帰り縦走

12月 冬の九重(中岳)登山(牧ノ戸より)

2月 冬の九重(大船山)登山 -吉部ルート-

12月 冬の由布岳登山&お鉢巡り

初冬の阿蘇(高岳)登山-仙酔尾根より-

5月、快晴の霧島山(韓国岳)登山

海にそびえる名峰!5月の開聞岳へ

快晴の屋久島三岳(宮之浦岳・永田岳・黒味岳)登山




スポンサーサイト
祖母山・傾山 | 14:39:31 | トラックバック(0) | コメント(0)
紅葉の祖母傾山縦走 [大障子岩~祖母山~傾山] (2016.10.20-21)
DSC09518B.jpg
大障子岩、祖母山へと続く稜線(障子岩より)

後編 [古祖母山~傾山~上畑]はこちら


今回の山行は福岡に帰省中ということもあり九州の山をがっつり登ろう!ということで祖母・傾山の縦走です。

以前祖母山には登りましたが(こちら)、その際に傾山へと続く稜線を見て、いつかここを歩いてみたいなぁという思いを持っていたのでこの度満を辞して挑戦してきました

このコースやるならがっつりやろう!ということで祖母・傾山に加えて大障子岩も通る周回ルートにしてみました。車での周回もやりやすいしね(^^)

前編では1日目の上畑~大障子岩~祖母山~古祖母山の記録を書いていきますー。


いざ、九州有数の縦走路、祖母・傾山の旅へ!

【登山ルート】
20161020_route.jpg
上畑から大障子岩→祖母山へと進み古祖母山で一泊。
2日目は傾山へ登り九折コースで下山。最後は1時間の車道歩き!

==============================================================
■登山ルート&時間
【1日目】
上畑(6:40)→障子岩(9:25)→大障子岩(10:45-11:00)→宮原(12:20)→祖母山(13:30-14:00)→障子岳(15:40-15:50)→古祖母山(16:45)
【2日目】
古祖母山(6:50)→本谷山(9:05)→笠松山(9:55)→九折越(10:40-11:00)→傾山(12:00-12:40)→九折越(13:20)→九折登山口(14:50)→上畑(15:50)
■所要時間:【1日目】10時間05分【2日目】9時間00分
■歩行時間:【1日目】9時間10分【2日目】8時間00分
==============================================================

【初日】[上畑~大障子岩~祖母山~古祖母山]

この日はまず障子岩まで標高差1,000mを上がり、そこからはアップダウンを繰り返して1,756mの祖母山へ。
その後障子山、古祖母山を越えて尾平越えまで向かうロングルート!(結局古祖母山でタイムアップ・・・)

陽が昇って少し経った頃に上畑の登山口を出発!
DSC09465_2016110912233568a.jpg

登山届もちゃんと書いてね。
DSC09469.jpg

さて、上畑からの登山道ですが・・・

道がねぇ・・・!Σ(´Д`*)
DSC09470.jpg

DSC09471_20161109122340ee2.jpg

まさかの目印&踏み跡もほとんどない状態でした 全然人入ってないのね・・・(^^;)

藪や倒木に四苦八苦しつつも地形図を頼りにまずは尾根を目指して登っていきます。

とりあえず道なき林の中を登っていくぜ!
DSC09484.jpg

尾根道まで上がってきましたー。
ここまで来れば後は一本道なので問題なし(^^)
DSC09486.jpg

木々の間からは九重連山が一望 右の方には由布岳や鶴見岳も。
DSC09492_20161109122358c08.jpg

高度を上げていくと巨岩が現れ始めます。
DSC09505_2016110912235998c.jpg

なんとか登れそうだったのでつい登っちゃう・・・こんなとこ絶対ルートじゃないのに登りたくなる衝動が・・・(^^;)
DSC09507.jpg

でも景色はOKだったのでまぁ良かったかな!向かいには縦走の最後のピーク、傾山!
DSC09509_20161109122412e5e.jpg

障子岩の直下は岩登り!
DSC09515_20161109122414cc6.jpg

障子岩(前障子岩)に到着ー。ここまで道が不明瞭でなかなか苦戦しました(^^;)
DSC09518_2016110912241504e.jpg

景色もなかなか。阿蘇山がよく見えます♪
DSC09518A.jpg

この先の稜線を眺めます。
まずは左手前の大障子岩へ。その後は右奥の祖母山→障子岳→古祖母山へと歩く長い道のり。
DSC09518B.jpg

大障子岩までは緩めのアップダウンを繰り返していきます。
ところどころ紅葉が綺麗
DSC09519_20161109122426a14.jpg

この辺りからは目印&踏み跡もバッチリです。巨岩の基部を巻いて巻いて・・・
DSC09539_20161109122428d9d.jpg

岩を越えて・・・
DSC09539A.jpg

大障子岩が見えてきます・・・!
DSC09543.jpg

振り返るとぽこっと目立つ障子岩。
DSC09543A.jpg

大障子岩に到着-。
DSC09548_20161109122440577.jpg

DSC09548A.jpg

突き出した岩ということもあり展望はとっても良いです

九重連山を一望!1,700m峰が連なる九州本土最高峰の山群。中でも大船山のどっしりとした山容が見事
DSC09554.jpg

阿蘇山もばっちり。ここのところ地震に噴火と続き登れないのが寂しいところ・・・
DSC09555.jpg

続いての目的地は右奥に見える祖母山。見ての通りアップダウンを繰り返して1,756mの山頂まで高度を上げる意外とタフな道のり。
DSC09556.jpg

ちなみにここまでの所要時間はヤマケイアルペンガイドのCTは4時間半に対して約4時間。
あれ、全然巻けてないぞ!!?確かにちょくちょく岩に登って遊んでたけどもさ・・(^^;)

※この区間を始め、今回の縦走ではちょくちょく実情と大きく異なるCTの箇所があったので注意かと思います。
(既に変更されていたらすみません)

予定よりだいぶ遅れていますが、まあいいやという感じでのんびりして出発

見上げる大迫力の大障子岩。
DSC09563.jpg
ちなみに山頂から一旦戻って岩の基部へと下るのですが、最初は稜線上をそのまま進もうとしてこの岩を下りかけるところだったぜ・・・(^o^;)

森の中を歩く歩く。
DSC09576.jpg

おや、新しい感じのフンを発見。もしかしてクマさん・・・?
DSC09576A.jpg
※九州にクマはいないとされていますが、祖母山系ではちらちら目撃情報があり少数生息していると言われています。

道中の池原展望所。
DSC09579.jpg

展望所より。祖母山がだいぶ近づいてきました。
DSC09579A.jpg

宮原の分岐へ到着!ここは尾平からの登山道との合流地点。
ここからは以前一度通っているので気が楽なもんです(^^)
DSC09586.jpg

ここからは山頂までひたすら登る!

意外と岩岩してる祖母山。
DSC09587.jpg

リンドウが咲いていました こんな時期にも咲くのね。
DSC09596.jpg

山頂のすぐ下にある9合目小屋。
DSC09613_201611091225146a4.jpg

小屋の近くには水場有り。

実は水場が涸れているんじゃないかと思い水を沢山背負ってきたんですが、その必要はなかったようだ!(>_<)
DSC09613A.jpg

小屋からひと登りして・・・
DSC09616.jpg

祖母山登頂!2014年の年末以来2年ぶり2度目。山頂は広々として開けた感じです。
DSC09640.jpg

障子岳へと続く稜線はほのかに色づいています。
DSC09640A.jpg

左奥に見えるギザギザの山が最終目的地の傾山!遠いなー(^^;)
ちなみに眼下に見えるのは祖母山登山口の旧尾平鉱山。
DSC09640B.jpg

ここまで歩いてきた道のり。中央左のぽこっと突き出たのが障子岩でその右手前が大障子岩ね。
DSC09640C.jpg

いつの間にか高曇りの天気になりましたが遠望もなかなか。
九重連山に由布岳、鶴見岳。
DSC09640D.jpg

こっちは阿蘇山!最高峰の高岳にギザギザの根子岳が目を引きます。
DSC09640E.jpg

こっちは九州脊梁の山々。この辺りはまだ登ったことがないんだけど、国見岳や市房山辺りが見えてるのかな?
DSC09640F.jpg


予定より時間がだいぶ押していますが、まあ行けるところまで行こうかなと開き直って山頂でのんびりトカゲを決めますzzz(昼寝をしたりするの意味の山用語らしいです。最近知った!)

続いては稜線を辿り右奥の障子岳へ!
DSC09643.jpg

山頂直下は岩の下りなので慎重に・・・
DSC09645.jpg

ところどころ紅葉が綺麗
DSC09657.jpg

山頂直下は険しい岩場になっているんですが・・・設置されてるハシゴがぐらぐら揺れて怖い怖い(^^;)
DSC09659_20161109122556c4e.jpg

道中の展望ポイントから振り返る祖母山。よく祖母山の写真で見かける光景です。
DSC09674.jpg

天狗ノ分れの分岐点。尾平からの黒金山尾根との合流地点です。前回はこの尾根を登って宮原から下山する周回ルートでした。
DSC09678.jpg

天狗ノ分れからひと登りすると天狗岩への看板が。せっかくなので寄り道していきます!
DSC09679.jpg

ちなみに天狗岩は下界の尾平からも良く見える程の巨大な岩峰。
下の写真の中央左の尖ったやつです!その左にある烏帽子岩も有名ね
DSC04703_20161028183204c24.jpg

天狗岩の上より。うーんこの高度感・・・ゾクゾクする!(^^)
DSC09684.jpg

祖母山の展望もとっても素敵
DSC09695.jpg

烏帽子岩の岩壁。スケールがでかい!その奥のピークが障子岳です
DSC09704.jpg

振り返ると天狗岩が天を突く・・・!
DSC09705.jpg

しばらく登ると烏帽子岩への看板があるのでまたまた寄り道。
DSC09726.jpg

烏帽子岩からは祖母山や天狗岩の展望!祖母山って穏やかな山のイメージだけど稜線は意外と荒々しいんだよね(^^;)
DSC09726A.jpg

ルートに戻り穏やかな道をひと登りして・・・
DSC09728.jpg

障子岳に着いたよー!
DSC09729_20161109122626b5d.jpg

山頂には熊の墓があります。九州にも熊がいたんだという証になっているそう(今もこの辺で目撃証言があるらしいけど・・・)。
DSC09729A.jpg

山頂は南東~南方向の展望が開けています。まぁ山の名前あんまりわからないんだけどね・・・(^o^;)
DSC09735.jpg

遠く見えるのは霧島山かな!?
DSC09736.jpg

この辺りは紅葉がとても綺麗で癒されました 紅葉の向こうに祖母山。さらに遠くには九重も
DSC09743.jpg

さて、この時点で時間は15:50。
うーん、どうも古祖母山を越えて尾平越えまで下るのは難しそう・・・そんなわけで古祖母山までにするか!とプラン変更

次なるピークの古祖母山へと向かいます。
DSC09745_201611091226401d1.jpg

障子岳~古祖母山間はアップダウンの少ない穏やかな稜線。
宿泊道具背負って歩いてきたこともあってそれなりに疲れて来たのでちょっと嬉しい(^^;)
DSC09750.jpg

古祖母山の山肌は綺麗に色付いてます
DSC09755_2016110912264987d.jpg

この辺りもけっこう岩岩してるぞ!
DSC09756.jpg

本日最後のピーク、古祖母山に登頂!地味で味わいのある山頂。こういう場所意外と好きなんだよね
DSC09767_20161109122652e1f.jpg

展望は南側だけ開けているという感じ。高千穂方面や霧島(多分)が見えます。
DSC09767A.jpg

さてさて、陽がだいぶ傾いてきたので山頂のスペースに幕営。

今回は飛行機での移動等もあったので荷物を小さくツェルトにしてみました。
大きい石がなかったので木の枝にくくりつけるという感じで
DSC09768.jpg

ちなみにこの日歩いた標高は累計で登り2,500m、下り1,300mというところでした。うむ、なかなか歩いたぞ・・・(^^;)


というわけで祖母傾山縦走記[前編]でした。

前半の障子岩までの道なき道にはちょっと苦笑いでしたが、稜線に上がってからは気持ちのいい樹林歩きでした
なんだか奥秩父のような渋さですが、ところどころ展望も開けていて景色も十分楽しめると思います(^^)


それにしても一日歩いて誰一人遭遇しなかったぞ( ̄∇ ̄;) よくよく思い出すと前回の祖母山も誰とも会わなかったような・・・

とそんな感じであまり人気がない山域だけどその分静かな山歩きが楽しめるんで個人的にはオススメだよ!


では続いては2日目、眼下に雲海が広がる長い稜線を傾山へ縦走し九折へと下山します。
こちら



【関連記事】

12月 冬の祖母山登山(尾平からの周回コース)

圧巻の岩峰群!大崩山登山(わく塚尾根&坊主尾根)

紅葉の九重連山 "くじゅう17サミッツ" 日帰り縦走

12月 冬の九重(中岳)登山(牧ノ戸より)

2月 冬の九重(大船山)登山 -吉部ルート-

12月 冬の由布岳登山&お鉢巡り

初冬の阿蘇(高岳)登山-仙酔尾根より-

5月、快晴の霧島山(韓国岳)登山

海にそびえる名峰!5月の開聞岳へ

快晴の屋久島三岳(宮之浦岳・永田岳・黒味岳)登山




祖母山・傾山 | 20:01:53 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad

まとめ