■プロフィール

K-NO

Author:K-NO
千葉県在住の30代。色々と体を動かさないとムズムズしてくる性分です。主に30歳から始めた登山についてつらつらと書いていきます。

●現在の日本百名山:完登!(2017.7.20 幌尻岳)

■訪問者数

■最新記事一覧

【99座目】7月 快晴のトムラウシ日帰り登山 [短縮コースより] (2017.7.19) 2017/08/15
丹沢の美渓 小川谷廊下遡行 (2017.6.3) 2017/07/21
沢登りデビュー!三ツ峠 四十八滝沢 で滝登り(2017.5.18) 2017/07/03
4月 北アルプス 白馬主稜 [撤退] (2017.4.13-14) 2017/06/19
4月 爺ヶ岳・鹿島槍ヶ岳日帰り登山 [爺ヶ岳東尾根→赤岩尾根] (2016.4.5) 2017/04/26

■カテゴリ

■最新コメント
■最新トラックバック

■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

1月 冬期空木岳&南駒ヶ岳縦走 [千畳敷→池山尾根] (2017.1.6-7) 【後編】
DSC02372.jpg
南駒ヶ岳から望む中央アルプス北部の峰々


前編 [千畳敷~檜尾岳~木曽殿山荘]はこちら

中央アルプス北部縦走は2日目!宿泊地の木曽殿山荘から空木岳⇔南駒ヶ岳と縦走し長い池山尾根を地上まで下ります。
初日に比べて長い歩行距離&危険箇所も多くタフな一日が始まる・・・!


【2日目】[木曽殿山荘~空木岳~南駒ヶ岳~菅ノ台]

夜明けちょっと前の6:30頃に小屋を出発。まずは空木岳山頂へ標高差400m程の登り。

黎明の中央アルプス主稜。前日に歩いた極楽平~東川岳まで綺麗に見えます
DSC02227.jpg

DSC02241.jpg

朝焼けに染まる御嶽山。空気が澄んでいて遠くには加賀の白山も見えます。
DSC02242.jpg

山の上で迎える夜明けはとても静かで心が落ち着く素敵な時間。
DSC02250_201701181903326e8.jpg

と、まったりしたいところですが相変わらず登山道は凍結のスケートリンク状態 気を緩めずに慎重に・・・
DSC02251_20170118190333942.jpg

広い雪の斜面を登って・・・
DSC02260.jpg

第一ピークに到着!
DSC02261.jpg

中ア北部がとっても綺麗に見えます
DSC02264_201701181903584ab.jpg

さて、ここまで来れば山頂はあと少しなんですがここからが本縦走路の核心。

この岩峰を越えて行きます。
DSC02272_201701181904008b3.jpg

直登するか夏道に沿って右側から巻いて行くか考えましたが巻いて行くことに。

夏道は完全に雪に埋まっていてこんな感じの急斜面を進みます。
DSC02274.jpg

そこから岩の合間をよじ登る!
DSC02281.jpg

山頂(中央右奥)が見えて来ました・・・が、見ての通り気は抜けない道が続きます。
DSC02282.jpg

岩稜を超えると続いては高度感のあるリッジ!雪が硬くほとんど沈まないのでこれまた慎重に・・・
DSC02290_20170118190406d38.jpg

核心部を越えると山頂は目の前。
DSC02299.jpg

DSC02313_20170118190409b86.jpg

空木岳、登頂!紺碧の空と白い雪、静寂に包まれた山頂は夏に来た時とは全く異なる趣です
DSC02318.jpg


山頂直下は難所が続いたのでここでようやくほっと一息
風を避けられる場所がなくあまり長居はできませんが、天気はばっちりなので景色を堪能しちゃいました。

中央アルプス北部の稜線。出発地点の千畳敷カールもしっかりと見えます。なかなか遠かったぞ・・・
DSC02318A.jpg

西には御嶽山がすぐ近くに。白山もとっても綺麗。
DSC02318B.jpg

眼下には駒峰ヒュッテと雪たっぷりの池山尾根。この後遥か遠くに見える駒ヶ根市まで降りるんだよね・・・
DSC02318C.jpg

次なる目的地は稜線の向こうに見える南駒ヶ岳!一休みして出発します。
DSC02321_20170118190416cef.jpg

痩せたリッジを歩く。空木-南駒ヶ岳間の稜線も全く気を抜けません。
DSC02324.jpg

まずは写真中央の赤梛岳を目指します。
DSC02326.jpg

一旦高度を下げて緩い傾斜のトラバース。
DSC02331.jpg

ちなみにこの辺でモナカを踏み抜いて派手に転倒するというね。。。
傾斜が緩いので少しスピードを出していたのもありますがモナカは見極めが難しい(>_<)

振り返るとこんな感じ!
DSC02337_201701181904222ea.jpg

続いては急斜面のトラバース。雪が硬くかなり緊張するポイントでした・・・(ちなみに復路はここは避けて稜線上を通りました)
DSC02338_20170118190424433.jpg

またまた振り返り。日陰でところどころ凍り付いている箇所がありました。
DSC02339_20170118190436c47.jpg

緊張するポイントを超えて赤梛岳に到着。山頂には古びた柱が一本。
DSC02348.jpg

そして南駒ヶ岳が眼前に。雪たっぷりの稜線を歩いていくんだけど・・・山頂直下の岩場がちょっと手強そう
DSC02355_20170118190439080.jpg

一旦鞍部へ下り、そこからは急斜面をひたすら登ります!
DSC02363_201701181904407ae.jpg

こんな感じの斜面です。斜度に加えて凍結箇所も多くダガーポジションで一歩一歩慎重に登ります。
DSC02365_20170118190442c2c.jpg

岩場をよじ登って越えると(写真取り忘れた)ようやく山頂が目の前に・・・!
あれ、なんだか最近似た光景を見たような?
DSC02368_20170118190443650.jpg

と考え込んでみたら前月に登った甲斐駒ヶ岳の山頂にそっくりだったんですね!(あれ、そうでもない?)
DSC01357.jpg

と、脱線しましたが無事に南駒ヶ岳に登頂!千畳敷から南へと下る稜線の旅もここが終点。
DSC02371.jpg

山頂からの展望も素晴らしいの一言。

中ア北部の山に御嶽山、乗鞍岳。遠くには穂高連峰に槍ヶ岳もはっきりと見えました。
DSC02371A.jpg

南から見る空木岳は初めてですが思いの外どっしりとした山容。ふむ、角度によって見え方が大きく変わりますね。
DSC02372.jpg

雪稜の向こうには御嶽山に白山、左端に小さく見えるのは伊吹山かな?
DSC02383.jpg

中央アルプス中部~南部の稜線。ここから先は未踏の峰々。地元のおじちゃんいわく無雪期はやぶこぎが厳しいけど積雪期には安平路山やその南まで縦走できるとか。遠くには横に広い恵那山も見えます。
DSC02384.jpg

駒ヶ根市の向こうには南アルプスの名峰がずらっと並ぶ素敵な景観
DSC02386.jpg

塩見岳の向こうに頭を出す富士山。
DSC02388.jpg

山頂でしばらくのんびりして空木岳へと戻ります。山頂直下の下りは急斜面なので要注意。
DSC02392_20170118190455c86.jpg

カチカチの雪面を慎重に・・・
DSC02394.jpg

赤梛岳より。
DSC02394A.jpg

帰路は急斜面のトラバースを回避して稜線上を歩きました・・・が、こちらも気は抜けない感じですね。
DSC02411_20170118190500b21.jpg

雪稜を超えて空木岳へ。
DSC02419.jpg

無事帰還しました!
DSC02419A.jpg

南駒ヶ岳を望む。景色は素晴らしいですが気の抜けない稜線でした。。。
DSC02419B.jpg

北部の峰々
DSC02426_201701181905487c8.jpg


さて、後は下りるだけ!と言っても地上まで長ーい池山尾根の下降が待っています。
菅の台まで約2,000mを一気に駆け下りるよ(>_<)

まずは山頂からたっぷりと雪の付いた道を下る。
DSC02431.jpg

山頂直下の駒峰ヒュッテ。
DSC02441_20170118190551c3d.jpg

冬期避難スペースの入口。下部が埋まっているのでスコップが必要かな(ちなみに中はめちゃくちゃ狭いみたいです)
DSC02443.jpg

稜線上とは打って変わって雪がたっぷりついた尾根道を歩きます♪
DSC02449.jpg

山頂を振り返り。
DSC02455_201701181905551f8.jpg

中ア北部の峰々にも最後のお別れ。二日間素敵な景色をありがとー!
DSC02465.jpg

池山尾根の森林限界上はこんな感じ。だだっ広いので視界不良時は難儀しそう。
DSC02466_201701181905585c3.jpg

名物の駒石。とにかく大きい!
DSC02469.jpg

南アルプスを正面に見ながらの気持ちの良い下り。
DSC02474.jpg

2,500mくらいから樹林帯に入ります。ちなみに途中のピークから右に伸びる尾根は間違い尾根なので迷い込まないようにね(分岐に看板あり)。
DSC02483_2017011819060382e.jpg

樹林帯の尾根を下る。上部もラッセルはほとんどありませんでした。
DSC02484.jpg

下山中に池山尾根ピストンの数パーティとすれ違い。いずれも森林限界下のスペースにテントを張っていました。
DSC02487.jpg

ヨナ沢の頭からは夏道通り巻いて下ります(積雪が多い場合は尾根を真っ直ぐ下るのも有りとか)。
迷い尾根の看板。間違えて入り込まないように!
DSC02490.jpg

トラバースが続きます。トレースがない場合、雪質によっては注意かも。
DSC02491.jpg

大地獄の下り。ここも慎重に!
DSC02495.jpg

大地獄から先は特に危険箇所はないのでひたすら歩くだけ!
DSC02500.jpg

木の間からは伊那前岳や檜尾岳が見える。
DSC02502.jpg

暗くなる前になんとか登山口に帰還!疲れたー(^^;)
DSC02505.jpg

とは言っても冬は林道が閉鎖されているのでここから菅の台までさらに1時間程の下り

ヘッデンは確定なので後はのんびりと歩いて菅の台へ無事に戻ってきました。
DSC02510_20170118190616a30.jpg


下山後は菅の台近くの喫茶店ガロでビッグなソースカツ丼を食べて元気回復(^^)
なおのんびりし過ぎて温泉は閉まってしまったという(T_T)


というわけで冬の中央アルプス北部縦走でした。

核心部は空木岳直下の岩場ですが(南駒ヶ岳直下もなかなか・・・)カチカチの雪面に終始続いたトラバースとそれ以外もほとんど気の抜けないルートでした。
安易にはオススメできませんが、個人的には緊張感があってとても充実していたかな、と。

ちなみに下山後に話した地元のおじちゃんによると、降雪があると雪は適度に締まっていてもう少し歩きやすいそうな。

展望は改めて言うまでもなく抜群でした
紺碧の空に白い稜線、ずらっと並ぶ南アルプスの峰々・・・稜線上は結局終始誰とも会わず素敵な景色を独り占めというちょっと贅沢な思いを味わえたかな(^^)


では続いては久々にまったりのんびりの雪山。冬の大菩薩嶺を歩いてきます。
こちら



【関連記事】

【中央アルプス】千畳敷からの空木岳日帰り登山

【中央アルプス】12月 冬の木曽駒ヶ岳&伊那前岳登山

【中央アルプス】南アルプスの大展望! 2月 冬の恵那山登山

【南アルプス】1月 厳冬期の白峰三山縦走(2泊3日)

【南アルプス】12月 冬期塩見岳登山(2泊3日)

【八ヶ岳】3月 冬期南八ヶ岳縦走(権現→赤岳→阿弥陀→横岳→硫黄岳)-キレットを越えて-




スポンサーサイト
空木岳・南駒ヶ岳(冬) | 15:43:09 | トラックバック(0) | コメント(0)
1月 冬期空木岳&南駒ヶ岳縦走 [千畳敷→池山尾根] (2017.1.6-7) 【前編】
DSC02141.jpg
熊沢岳付近から望む空木岳、南駒ヶ岳

後編 [木曽殿山荘~空木岳~南駒ヶ岳~菅ノ台]はこちら

2017年の初登り、中央アルプス空木岳&南駒ヶ岳に登ってきました。

冬に登ってみようとかねがね思っていた空木岳、池山尾根を登るルートが比較的安全ですが(高低差は大きい)
ひたすらの樹林帯を2,000m近く登るのは気持ち的にとても辛い・・・ということで千畳敷から稜線を歩いて来ました。

併せて未踏の南駒ヶ岳へも縦走。


ちなみに冬期の中央アルプスですが、晴れる日が多いものの風が強く、稜線は西からの強風が常に吹いています。
平均風速が20m/sを超える日も珍しくなく歩くにはなかなか過酷な環境の日が多いです。

今回は高気圧に覆われて比較的風が穏やか(10m/sくらい)な日を狙って行ってきました。

年明けから降雪がなかったので稜線上のコンディションを懸念していましたが、案の定カッチカチになっていてかなり気を遣いました。
が、天気は終始晴れてくれて景色は最高の一言!厳しくも楽しい縦走路でした。


というわけで冬期中央アルプス主稜の旅へ!


【登山ルート】
20170106_route.jpg
千畳敷から主稜を南下して木曽殿山荘の冬期小屋で一泊。2日目は空木岳→南駒ヶ岳へと縦走し池山尾根を2,000m下降して菅ノ台へ帰還。

==============================================================
■登山ルート&時間
【1日目】
千畳敷(9:45)→極楽平(10:15)→檜尾岳(12:30-13:00)→熊沢岳(14:20)→東川岳(15:50-16:00)→木曽殿山荘(16:35)
【2日目】
木曽殿山荘(6:30)→空木岳(8:30-8:45)→赤梛岳(9:55)→南駒ヶ岳(10:50-11:15)
→空木岳(12:50-13:15)→池山小屋分岐(16:20)→空木岳登山口(17:00-17:30)→菅の台(18:10)
■所要時間:【1日目】6時間50分【2日目】11時間40分
■歩行時間:【1日目】6時間10分【2日目】10時間05分
==============================================================

【初日】[千畳敷~檜尾岳~木曽殿山荘]

始発のロープウェイに乗って標高2,600mの千畳敷へ。お馴染みの千畳敷カール。
DSC01912.jpg

駒ヶ岳へ向かう人の列から離れて極楽平方面の稜線へ向けて直登していきます。
DSC01917.jpg

一週間程雪が降っていなかったこともあり雪面はかちかち!
DSC01919.jpg

30分程で稜線へ。いつも思うんですがこんな短時間でアルプスの稜線に上がれるなんてなんと贅沢(^^)
DSC01927_2017011819012811c.jpg

稜線は予想通りかなり硬くなっています。しまっていてアイゼンがよく効く箇所もあれば、かちかちに凍結していて全く爪が刺さらない箇所もあるのでなかなか気を遣います。。。
DSC01940_20170118190129cec.jpg

DSC01940A.jpg

島田娘より振り返ると宝剣岳と駒ヶ岳!
DSC01941_20170118190132d74.jpg

こちらは三ノ沢岳。雪がたっぷりと付いていてカッコイイな!
DSC01941A.jpg

今回歩く南駒ヶ岳まで続く稜線を一望。中央奥のピークが空木岳&南駒ヶ岳。遠いぞ!
DSC01945_201701181901355e9.jpg

まずは写真中央の檜尾岳を目指すよー。
DSC01956.jpg

カチカチの道を慎重に下る・・・
DSC01960_20170118190140198.jpg

東側にはところどころ雪庇が出ているので注意。
DSC01983.jpg

登り返してまずは濁沢大峰へ到着!
DSC01986_20170118190143947.jpg

夏道はすっかり埋まっていてこの辺りから急斜面のトラバースが出てきます。
DSC01992_201701181901449b5.jpg

振り返り。斜度もさることながら雪がかなり硬くなっていて爪が刺さりにくい箇所がところどころあって要注意でした。
DSC01994.jpg
※ちなみに今回の縦走ではこんな感じのトラバースがひたすら続きます

痩せたリッジを進む。
DSC01999.jpg

檜尾岳の手前は急斜面のアップダウン。まずは硬い斜面を慎重に下降。
DSC02008.jpg

続いてこれまたカチカチの雪面を登り返し!
DSC02016_2017011819015027e.jpg

山頂が見えてきましたー。
DSC02020.jpg

檜尾岳、登頂!背後には三ノ沢岳に御嶽山。
DSC02020A.jpg

檜尾岳は距離的には極楽平~空木岳の大体中間点くらい(時間的にはまだまだ半分もたっていませんが・・・)。
風の当たらない稜線の伊那側で一息つきます

眼下には檜尾岳避難小屋。その向こうには南アルプスを一望
DSC02035_201701181902074ca.jpg
ちなみにここに営業小屋&テン場を作る計画が進んでいるみたいです。夏に歩いた時もほとんど人に会わなかったような稜線も少しは賑わうようになるのかな?

八ヶ岳も北~南までずらっと。遠くには浅間山も見える。
DSC02038_20170118190210987.jpg

中ア北部の峰々。
DSC02046.jpg

これから歩く稜線。まずは右手のピーク、熊沢岳を目指します!
DSC02046A.jpg

檜尾岳から見る空木岳は翼を広げたように左右に尾根が伸びています。この角度から見る空木岳はけっこう好きだったり。
DSC02054_201701181902157a4.jpg

30分ほどのんびり休憩して登山再開!
ここからも気を抜けない道が続くので気を引き締めて。
DSC02059.jpg

岩が屹立する山頂へ向けて見るからに険しいリッジが続きます。。。
DSC02084_20170118190218ca2.jpg

右側へ滑落しないのはもちろん左手の雪庇を踏まないように慎重に。
DSC02088.jpg

こんなところを伊那側→木曽側へ乗越えたり・・・
DSC02090_20170118190221a9a.jpg

カチカチの急斜面のトラバースもあるよ!
DSC02099.jpg

無事に乗越えて熊沢岳へ。
DSC02112.jpg

熊沢岳、登頂!輝く雪面
DSC02114_201701181902256ce.jpg

北部を望むと中央の宝剣岳がとっても目立つ。右端が檜尾岳ね。
DSC02114A.jpg

三ノ沢岳の向こうには純白の3,000m峰、乗鞍岳
DSC02114B.jpg

同じく3,000m峰の御嶽山もばっちり。
DSC02114C.jpg

輝く雪面を歩いて行きます。
DSC02118.jpg

アイゼンもほとんど刺さらずもはや半分スケートリンク状態なんだよね・・・(^^;)
DSC02123.jpg

中央右手の東川岳を目指して、熊沢五峰と呼ばれる小ピークを越えていきます。
ほとんどアップダウンはないのでとにかく滑落にだけ注意かな。
DSC02126.jpg

空木岳に南駒ヶ岳が迫ってきました。うーん、険しいアップダウンが見て取れるぞ。。。
DSC02141.jpg

こんな感じでトラバースしてきました。相変わらずカチカチの箇所が多いので斜度と雪質に応じてアイゼンの使い方を変えつつ、ということでなかなか神経をすり減らす歩行が続きます。
DSC02144_20170118190306ba3.jpg

こんな登りも。完全に凍っていてピッケルもアイゼンも刺さらなかったので手前側の草付きを登ってきました。
DSC02147.jpg

最後はようやく気の休まるハイマツ帯を通って・・・
DSC02154.jpg

本日最後のピーク、東川岳登頂!
DSC02157.jpg

だいぶ太陽も傾いてきたので休憩は短めに。

空木岳に南駒ヶ岳がとても大きい。
DSC02167_2017011819031269c.jpg

ここから見る空木岳は鋭い稜線が印象的。檜尾岳から見たのとは違った趣があってこれもまたとっても良いよね(^^)
DSC02169.jpg

斜陽の御嶽山と乗鞍岳。
DSC02169A.jpg

さて、後は鞍部の木曽殿山荘へと下るだけ!

・・・なんですがここからの斜面はかなりの急勾配なので要注意。
DSC02177_20170118190317b9d.jpg

テカってます・・・
DSC02180_20170118190318e66.jpg

吸い込まれそうな青空の空木&南駒。
DSC02189.jpg

木曽殿山荘が見えてきました!
DSC02198_20170118190321f23.jpg

こちらが冬期小屋。扉の下部が埋まっていたので掘り返してね。
DSC02210_20170118190323b48.jpg

ちなみにこの冬期小屋、密閉性が高いおかげなのか夜も全然寒くなくとっても快適に過ごせました。
テントで凍える夜を過ごすのに比べてなんと楽だったことか・・・感謝感謝です(^^)

日没間際。濃紺の空木岳。
DSC02212_20170118190324971.jpg

西の空へ陽が沈んで行きます。今日も良い一日だった。。。
DSC02216_2017011819032661d.jpg


というわけで中央アルプス北部縦走[前編]でした。


適度な緊張感に加えて、終日好天に恵まれ素敵な景色を満喫できたしとても充実した一日になりました!

風は中アの稜線としては比較的穏やか(10m/sくらい)で良かったのですが、とにかくカチカチに凍結した雪面とひたすら続くトラバースに神経を擦り減らす一日だったかな(^^;)


2日目は本縦走路の核心部を越えて空木岳→南駒ヶ岳へ。これまた素晴らしい大展望がお迎えしてくれました。
こちら



【関連記事】

【中央アルプス】千畳敷からの空木岳日帰り登山

【中央アルプス】12月 冬の木曽駒ヶ岳&伊那前岳登山

【中央アルプス】南アルプスの大展望! 2月 冬の恵那山登山

【南アルプス】1月 厳冬期の白峰三山縦走(2泊3日)

【南アルプス】12月 冬期塩見岳登山(2泊3日)

【八ヶ岳】3月 冬期南八ヶ岳縦走(権現→赤岳→阿弥陀→横岳→硫黄岳)-キレットを越えて-




空木岳・南駒ヶ岳(冬) | 18:30:36 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad

まとめ