■プロフィール

K-NO

Author:K-NO
千葉県在住の30代。色々と体を動かさないとムズムズしてくる性分です。主に30歳から始めた登山についてつらつらと書いていきます。

●現在の日本百名山:完登!(2017.7.20 幌尻岳)

■訪問者数

■最新記事一覧

【99座目】7月 快晴のトムラウシ日帰り登山 [短縮コースより] (2017.7.19) 2017/08/15
丹沢の美渓 小川谷廊下遡行 (2017.6.3) 2017/07/21
沢登りデビュー!三ツ峠 四十八滝沢 で滝登り(2017.5.18) 2017/07/03
4月 北アルプス 白馬主稜 [撤退] (2017.4.13-14) 2017/06/19
4月 爺ヶ岳・鹿島槍ヶ岳日帰り登山 [爺ヶ岳東尾根→赤岩尾根] (2016.4.5) 2017/04/26

■カテゴリ

■最新コメント
■最新トラックバック

■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

丹沢の美渓 小川谷廊下遡行 (2017.6.3)
0063_xlarge.jpg
緑が綺麗なゴルジュを進む


前回の三ツ峠四十八滝沢に続いて、今回も沢登り第二弾。
西丹沢の美渓、小川谷廊下を遡行してきました!

メンバーは前回に引き続き沢登りベテランのONDY先輩&OSMさん、そんでもって若さ溢れるTKSさん、GZBさんに
初対面のBNさんの計6人。

グレード2級の沢ということで色々とハラハラする箇所もありましたが美しい渓谷の景観に滝登り、泳ぎに飛び込み有りと
色々と楽しめる素敵な遡行になりました(^^)


玄倉駐車場をスタート。駐車場はユーシン渓谷目的のハイカーでいっぱいよー。ここから先はゲートがあって車両通行止めでした。
0000_xlarge.jpg

車道&林道を1時間くらい(確か)歩きます。ちなみにほぼ徹夜の僕は半分寝ながら歩いていたという(-_-)zzz
0001_xlarge_201707020024548f6.jpg

入渓地点へ下る斜面はちょっと注意。ロープが張られていたので利用させてもらいます。
0008_xlarge_201707020024558e7.jpg

入渓地点。いざ!
0010_xlarge.jpg

最初の滝!
0011_xlarge_201707020024587ed.jpg

ヒールをかけてどっせい!と。
0011_xlarge1.jpg

大岩の右手にF2。今回一番大変だったポイント。
0013_xlarge.jpg

昨年は倒木があって踏み台にできたらしいのですが、流されてしまったみたいでちょっと危なそう。。。
ということで残置ピトンにアブミをかけ始めるONDY先輩。とっても頼れる・・・(アブミ使うとこ初めて見た(^^;))
0019_xlarge.jpg

上からロープで確保してくれて最後にアブミ回収。ありがとうございました!
0018_xlarge_2017070200250338d.jpg

透き通った水がとっても綺麗
0021_xlarge_20170702002506593.jpg

泳ぎも楽しめる(^^)v
0022_xlarge_20170702002507d3d.jpg

滝登り中のTKSさん。
0034_xlarge (2)

気持ちのいい沢歩き♪
0034_xlarge.jpg

高さ数mの滝が連続します。
0035_xlarge.jpg

こんな感じで登っていくよー。クライミングで鍛えた(?)ステミングがここで活かされる・・・!
0040_xlarge1.jpg

0040_xlarge2.jpg

オギャーーー!!(>_<)
0040_xlarge3.jpg

上から。
0039_xlarge.jpg

なんとか手を伸ばして突破(^^;)
0040_xlarge.jpg

軽快に登っていきます♪
0041_xlarge.jpg

ちょっと落差のある滝。
0033_xlarge.jpg

ONDY先輩が後続を確保してくれます。って肩絡みビレイ・・・!!(初めて見た)
0043_xlarge.jpg

のぼるGZBさん。肩絡みビレイにしっかり助けられたそうな。
0044_xlarge.jpg

滝がどんどんと現れます。
0046_xlarge.jpg

滝行もできる!!(めっちゃ重い。辛い。)
0050_xlarge.jpg

大岩をフィックスロープを頼りに登ります。かなり滑るのでロープがなければ要注意。
0051_xlarge.jpg

大岩の右側も通れましたので僕はこっちから。水量が多い時はこっちは通れないみたい。
0052_xlarge.jpg

エメラルドグリーンの美しい渓谷が続きます。
0059_xlarge.jpg

変な人がいました。
0060_xlarge_201707020026085b3.jpg

丹沢随一の美渓と呼ばれるのもうなずけるとって素敵な景観(とか言ってまだ沢登り2回目だけどね・・・)
0063_xlarge.jpg

滝つぼに鹿の骨。ちょっと肉も付いてるよ・・・
0065_xlarge.jpg

ホールドを確かめながら慎重に・・・
0068_xlarge.jpg

寒くて苦笑い(^^;)
0069_xlarge.jpg

大物の滝。上部はひょんぐっていて滝の裏側を通れるとかなんとか。
0074_xlarge.jpg

のぼるBNさん。途中で墜ちてヒヤっとしました・・・(大きな怪我がなくてよかった)
0076_xlarge.jpg

わいわいしながら続く遡行。
0078_xlarge.jpg

途中一箇所大きく巻いて行きます。足場も小さくかなりデンジャラス。
0080_xlarge.jpg

とっても楽しいぞー!(^^)b
0080_xlarge2.jpg

透明で綺麗な釜。
0085_xlarge.jpg

小さめの滝が次々と。
0088_xlarge.jpg

水線突破!
0089_xlarge.jpg

僕も負けじと!(楽しい・・・)
0095_xlarge.jpg

別角度から。
0095_xlarge1.jpg

透き通った深い釜。
0100_xlarge1.jpg

泳ぎも楽しめるよ♪(めっちゃ寒い)
0101_xlarge.jpg

飛び込みもあるよ♪(めっちゃ怖い)
0113_xlarge.jpg

0113_xlarge1.jpg

フォトグラファーTKS氏による一枚
0106_xlarge.jpg

最後の滝。皆が左側を巻いて登る中ONDY先輩は水線の右側を突破(強い・・・)。
0107_xlarge.jpg

壊れた堰。
0109_xlarge.jpg

快適なフィナーレ♪
0111_xlarge.jpg

脱渓後はよく踏まれた道を軽快に下山。
0114_xlarge.jpg

ダイナミック下山部。
0150_xlarge.jpg


その後は再び林道&車道を歩いて駐車場へと帰還するのでした。僕は疲労と寝不足でまたしても半分寝ながらの車道歩きzzz


というわけで西丹沢・小川谷廊下でした。

初っ端からアブミ登場という感じでどうなることかと思いましたが、ほどほどに登りやすい滝に泳ぎ&飛び込みと
とっても楽しい遡行でした(^^)

何より景観がまた素敵でね・・・一般登山では綺麗な渓谷を目にする機会は少ないのですごく新鮮だったよ


そんなこんなで沢の世界にもっと浸かってみたいなぁと思うのでした。


スポンサーサイト
小川谷廊下(西丹沢) | 18:38:52 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad

まとめ