■プロフィール

K-NO

Author:K-NO
千葉県在住の30代。色々と体を動かさないとムズムズしてくる性分です。主に30歳から始めた登山についてつらつらと書いていきます。

●現在の日本百名山:完登!(2017.7.20 幌尻岳)

■訪問者数

■最新記事一覧

3月 冬期(残雪期)槍ヶ岳登山~南岳西尾根より~ その1(2018.3.27-28) 2018/07/02
奥秩父の癒し沢♪ 笛吹川東沢 釜ノ沢東俣 遡行 (2018.6.4-5) 2018/06/20
奥多摩 川苔谷本谷遡行 聖滝へ挑戦! (2018.5.22) 2018/05/24
2月 冬の平標山&仙ノ倉山でスノーシュートレッキング♪(2018.2.22) 2018/04/15
11月 初冬の笠ヶ岳登山 [笠新道ピストン&冬季小屋泊](2017.11.1-2) 2017/11/30

■カテゴリ

■最新コメント
■最新トラックバック

■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

うっすらと雪の積もる金時山登山(2014.1.18)
DSC08642.jpg
雲の切れ間から光差す仙石原、芦ノ湖、箱根外輪山

==============================================================
■登山ルート&時間(休憩含む)
【登り】登山口(8:55)→長尾山(10:00)→金時山(10:45-12:30)
【下り】金時山(12:30)→公時神社(14:10)
■所要時間:5時間15分
■歩行時間:[登り]1時間50分[下り]1時間40分
==============================================================

20140118_route.jpg
登山ルート。乙女峠バス停から金時山に登り公時神社に下ります

新年2回目の山登り。友人達と富士山の眺望が有名な箱根の金時山に登ってきました!
新宿よりバスで約2時間、登山口の乙女峠バス停に到着。早速富士山がお出迎え!この時は山頂でも綺麗な富士様を拝むことができると信じて疑わなかったんですよ・・・この時は・・・
DSC08529.jpg

登山道は薄くですが雪が積もっています。念のため軽アイゼンを装着しましたがこのレベルだとあまり必要ないかも。
DSC08534.jpg

道中にある長尾山。スペースはありますが展望はありません。
DSC08544.jpg

急な傾斜もなく比較的楽な登山道。山頂付近は若干勾配があります。
DSC08557.jpg

登山開始から2時間弱(のんびりペース)山頂に到着!
DSC08563.jpg

山頂からは富士山の素晴らしい眺望・・・はありませんでした(T_T)
DSC08567.jpg

こんなのを期待してたんですがね・・・
DSC08568.jpg

天気ばかりは仕方がありません。ということで気を取り直してマサカリ担いでドヤ顔で記念撮影
DSC08572.jpg

山頂での昼食は初の試みでおでん。熱々でとても美味しかった!作るのもだしを温めるだけとラクチンなんで冬山の定番食になりそうちょっと重いけどね。
DSC08577.jpg

おでんの香りにつられてあの有名な金時娘が 猫ちゃんがやってきました可愛い・・・可愛い・・・
DSC08602.jpg

少し冷ましておでんのだしをお裾分け。
DSC08605.jpg

食後は眠そうな猫様。可愛すぎる・・・
DSC08621.jpg
DSC08623.jpg

と猫ちゃんに癒された後は下山開始。結局富士山は山頂からは拝むことができませんでした。
ちなみによく見るとゲイターの色が全員違っていてどっかの戦隊のよう。
DSC08636.jpg

山頂直下から見る東側の稜線。奥に見えるのは外輪山の明神ヶ岳かな?
DSC08640.jpg

仙石原に光が差し込んでいます。奥には芦ノ湖も。
DSC08642.jpg

こちらは下山道にある金時宿り石。でかい!なんでも金太郎と母がここで暮らしたという伝説があるとかないとか。
DSC08644.jpg

登山口付近にある公時神社。金時(金太郎さん)を祀っているそう。
DSC08648.jpg

下山後は箱根と言えば!いうことで温泉にゆっくり浸かって帰路へ。
登った感想としては、コースは長くなく急勾配もほとんどないので初心者でも楽しめる山だったかな、という印象です。観光地なのでアクセスがしっかりしている&温泉が豊富なのもとても良いです
ただ楽しみにしていた富士山が見られなかったのは残念でしたいつかリベンジを!

最後に・・・金太郎といえばこれ!
DSC08649.jpg


スポンサーサイト
金時山 | 22:44:38 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad

まとめ