■プロフィール

K-NO

Author:K-NO
千葉県在住の30代。色々と体を動かさないとムズムズしてくる性分です。主に30歳から始めた登山についてつらつらと書いていきます。

●現在の日本百名山:完登!(2017.7.20 幌尻岳)

■訪問者数

■最新記事一覧

【99座目】7月 快晴のトムラウシ日帰り登山 [短縮コースより] (2017.7.19) 2017/08/15
丹沢の美渓 小川谷廊下遡行 (2017.6.3) 2017/07/21
沢登りデビュー!三ツ峠 四十八滝沢 で滝登り(2017.5.18) 2017/07/03
4月 北アルプス 白馬主稜 [撤退] (2017.4.13-14) 2017/06/19
4月 爺ヶ岳・鹿島槍ヶ岳日帰り登山 [爺ヶ岳東尾根→赤岩尾根] (2016.4.5) 2017/04/26

■カテゴリ

■最新コメント
■最新トラックバック

■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

残雪の比企三山縦走(大霧山・堂平山・笠山)(2014.3.15)
DSC08881.jpg
大霧山山頂からは上信越方面の大展望

==============================================================
■登山ルート&時間(休憩含む)
橋場バス停(10:15)→大霧山(11:40-12:25)→定峰峠(13:30)→白石峠(15:10-15:35)
→堂平山(16:00)→笠山(16:30)→???→謎の登山口(17:30)→謎の道路・・・(18:15)
■所要時間:8時間
■歩行時間:6時間50分
==============================================================

20140315_route.jpg
登山ルート。橋場バス停から大霧山→堂平山→笠山と進みます。そこからスタート地点付近に戻るはずが・・・!?


2月に関東を襲った大雪の影響で山に登れない日々が続きましたが、一ヵ月半ぶりに久々の山です!標高が高いところはまだまだ雪が多い&久々ということで今回は低山を企画。秩父の比企三山(大霧山、堂平山、笠山)を縦走してきました!

小川町駅からバスで約30分、橋場バス停を降りて登山開始。しばらく車道を進んだ後山道に入ります。久々の山道でわくわくすっぞ!登山道には先月の雪がまだたくさん残っています
DSC08854.jpg

粥新田峠に到着。ここから傾斜が始まります。
DSC08857.jpg

山頂付近の道はまだまだしっかり雪に覆われていて低山とは思えない景色。ちなみに雪はだいぶ水分を含んでシャリシャリしておりました
DSC08869.jpg

第一のピーク、大霧山に到着!登山開始から1時間半くらいであっという間。
DSC08878.jpg

この日は天気も良く山頂からは一面の大展望看板の向こうには奥多摩、奥秩父の山々。人気の山らしく人もそこそこいました。
DSC08879.jpg

上信越方面。浅間山、四阿(あずまや)山、苗場山、谷川連峰などなど有名な山々が一望できます!
DSC08881.jpg

浅間山。綺麗に冠雪していて遠目からでも相変わらずの存在感です!早く登ってみたい・・・!(一応この翌週に登る予定なのです)
DSC08882.jpg

南西方面には一際目を引くゼブラ模様の武甲山。秩父の盟主と呼ばれている山だとか。今度是非登らねば!ちなみにその奥には東京都の最高峰、雲取山があるはず(どれかわかりませんでした・・・
DSC08892.jpg

西には日本百名山の両神山。ギザギザの山容が目を引きます。ちなみにその左にちょこんと見えている雪山は八ヶ岳の赤岳&横岳です。
DSC08901.jpg

山頂の景色を十分に堪能してから(予想以上に素晴らしかった!)先へ進みます。東を望むと今回の後半の縦走コースが。中央が堂平山、左が笠山です。遠いな・・・
DSC08924.jpg

前を行くのは大霧山から途中の定峰峠まで1時間ほどご一緒した地元のおじいさん。齢70にしてバリバリの健脚ぶり!なんでも下山後に泳いでさらに翌日はまた山に登るとか。なんという若さ
DSC08926.jpg

こちらは定峰峠。ここに車を止めて大霧山を往復する方も多いようです。
DSC08929.jpg

定峰峠から堂平山、笠山を望みます。まだまだ先は長い。
DSC08930.jpg

次なる目的地の白石峠に向かいます。途中には雪崩の跡下の道路まで木が流されていました。
DSC08938.jpg

白石峠まではなかなかタフな登り。
DSC08940.jpg

手すり場・・・!?とても冷たい
DSC08945.jpg

定峰峠→白石峠の道はほとんど人が通っていないらしくほぼトレースがありませんでした。雪が固くほとんど沈み込まないのが救い。
DSC08950.jpg

白石峠に到着。なかなかしんどくて楽しい登りでした。
メンバーのAYYさんは雪の登りでかなり疲労が溜まっていたのでここでエスケープしてバス停に向けて下ります。
DSC08966.jpg

ここからはMCHOさんと二人で残りのピークを目指します。バスの時間を気にして小走りで進んでいきます。
DSC08974.jpg

堂平山に到着!右に見えるのは天文台です。山頂は一面雪に覆われています。
DSC08983.jpg

山頂は全方位に眺望がきいていてなかなかの見晴らしです。写真は南側の丹沢・富士山方面。もう16時ということもあって富士山はほとんど見えませんでした。
DSC08985.jpg

西側の展望(何故かモノクロ写真しか撮ってなかったという・・・)。ギザギザしているのは大霧山からも見た両神山。
DSC08986.jpg

山頂付近は日当たり良好ですがまだまだ一面雪に覆われていました。だいぶ陽が落ちてきたかな、急がねば・・・
DSC08987.jpg

写真をパシャパシャ撮った後は急ピッチで縦走最後のピーク、笠山に向かいます。
DSC08994.jpg

笠山直下はなかなかの急登。ここが最後の踏ん張りどころ!
DSC09000.jpg

山頂到着!比企三山制覇です
DSC09001.jpg

笠山は北側のみ展望が開けています。向こうにはぼんやりと群馬の赤城山
DSC09002.jpg

山頂で一息ついた後はバスの時間が近づいてきているので急ピッチで下山します!
と焦ったのが問題の始まり・・・雑木林を下っていくと・・・道がない!?どうやら笠山から下山ルートを間違えたらしく北に下るはずが北東方面にきてしまった模様こんなところ↓を下るハメに・・・
DSC09007.jpg

幸いしばらく下ると目印が見つかり計画とは別の登山道にぶつかります。ふぅ・・・良かった・・・
しばらく歩いて謎の登山口に到着!
DSC09010.jpg

さらにしばらく歩くとポツポツと民家が。全く場所がわからないのでとりあえず住人の方に帰路を尋ねることに。やはり計画と全然違う方向に下りてきちゃったらしく一時間ほどかけてバス停に向かうことになりました
道中から見る笠山。魔の山として深く心に刻まれたのでした・・・
DSC09015.jpg

ちなみにその後はというと、なんとしばらく歩いたところで、先ほど道を尋ねた家の方が車で駅に向かうとのことで拾って駅まで送ってくれました!!この場を借りて重ねて御礼申し上げます。ほんとうにありがとうございました と、人の優しさに触れた下山時のハプニングでした。

ということで比企三山縦走でした。低山ではありますがコースはそれなりに長くアップダウンもあるので、なかなか登り応えがあって楽しいコースでした。そんでもって大霧山からの景色、素晴らしかった!そして痛恨の道迷い・・・大いに反省です
焦りは禁物、事前調査はしっかり、あとGPS買おう!と心に決めたのでした


スポンサーサイト
比企三山(大霧山・堂平山・笠山) | 02:05:35 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad

まとめ