■プロフィール

K-NO

Author:K-NO
千葉県在住の30代。色々と体を動かさないとムズムズしてくる性分です。主に30歳から始めた登山についてつらつらと書いていきます。

●現在の日本百名山:完登!(2017.7.20 幌尻岳)

■訪問者数

■最新記事一覧

2017/10/07
【日本百名山完登!】日高幌尻岳日帰り登山 [額平川コース] (2017.7.20) 2017/09/08
【99座目】7月 快晴のトムラウシ日帰り登山 [短縮コースより] (2017.7.19) 2017/08/15
丹沢の美渓 小川谷廊下遡行 (2017.6.3) 2017/07/21
沢登りデビュー!三ツ峠 四十八滝沢 で滝登り(2017.5.18) 2017/07/03

■カテゴリ

■最新コメント
■最新トラックバック

■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

5月、快晴の瑞牆山(ミズガキ山)登山(2014.5.18)
DSC00498.jpg
登山道から望む瑞牆山。岩峰が屹立した独特の山容です。

==============================================================
■登山ルート&時間(休憩含む)
瑞牆山荘(6:00)→富士見平小屋(6:35)→瑞牆山山頂(8:10-9:45)→富士見平小屋(11:05-11:15)→瑞牆山荘(12:00)
■所要時間:6時間
■歩行時間:【登り】2時間10分【下り】2時間5分
==============================================================

20140508_route.jpg
登山ルート。ほぼ瑞牆山荘からのピストンですが帰りは林道を通って寄り道してます。

さて、今回は独特の山容に憧れてかねてより行ってみたいと思っていた瑞牆山にAYYさん、MCHOさんの三人で登ってきました!

深夜から車を飛ばし登山口の瑞牆山荘へ。まずは富士見平を目指します。
DSC00378.jpg

歩くこと30分強、富士見平小屋に到着。瑞牆山へは左奥、金峰山へは右奥に進みます。
DSC00384.jpg

道中から瑞牆山頂を見上げます。あんなとこ登れるのだろうか・・・!?
DSC00387.jpg

富士見平からしばらくは樹林帯をしばらく登りその後は天鳥川まで一気に下ります。
DSC00389.jpg

天鳥川を過ぎると脇に巨大な岩石!あまりの大きさにビックリ&木で支えられているのがちょっと可愛い・・・ちなみに桃太郎岩というらしいです。山頂に向けてここから急登が始まります!
DSC00393.jpg

岩や倒木の道を登っていきます。鎖場もあるよ!
DSC00398.jpg

道中にはこんな大岩がちらほら。木の支えをはずしたら大変なことに・・・!?
DSC00400.jpg

こんな狭いスペースを通ったりもします
DSC00408.jpg

小鳥さん発見
DSC00411.jpg

しばらく登ると眼前に巨大な岩峰の大ヤスリ岩が姿を現します。かなりの迫力!
DSC00410.jpg

山頂直下は岩登り。
DSC00415.jpg

山頂直下は日陰になっていて凍結しているので十分注意です!安全に行くならばアイゼンがあってもよいかもしれません。
DSC00421.jpg

いよいよ山頂に到着!
DSC00423.jpg

山頂は広々とした岩場で北の一部を除いて景色はほぼ360開けています。
DSC00425.jpg

日本百名山、瑞牆山、登頂です!
DSC00424.jpg

道中に見た大ヤスリ岩が眼下に。上から見ても迫力あります。クライマーの方は登ったりもするみたいですね。
DSC00427.jpg

この日は快晴&空気が澄んでいて景色がとても綺麗でしたということで山頂からの写真をたくさん並べてみます。

まずは南東方面。左手前には五丈岩が目を引く奥秩父の盟主、金峰山(2月に登りました(こちら))。中央には富士山が綺麗です
DSC00428.jpg

富士山~南アルプス。
DSC00429.jpg

南アルプスと左には八ヶ岳。中央の奥には中央アルプスと御嶽山も見えます
DSC00430.jpg

中央アルプス&御嶽山をちょっと拡大。
DSC00434.jpg

こちらは金峰山&富士山
DSC00435.jpg

こんなに綺麗に富士山が見えるとは・・・最高の天気です
DSC00436.jpg

感動のあまりテンションがおかしくなり謎の写真がちらほら(笑)MCHOさんが富士山に向かいスタンドを解き放ちます!!
DSC00454.jpg

こちらは南アルプス。もうすっかり見慣れた甲斐駒ケ岳、仙丈ケ岳や白峰三山(北岳・間ノ岳・農鳥岳)が見られます。
DSC00472.jpg

八ヶ岳連峰。距離が近いため迫力があります。今年の冬は赤岳に登りたい!
DSC00473.jpg

北方面には中央に浅間山。雪はほぼなくなっていますね。
DSC00475.jpg

景色を十分に堪能して食事を摂った後は(1時間半もいちゃいました)、名残惜しい気持ちを抑えつつ山頂を後にします。登りが急だった分下りは慎重に。

富士見平に到着。テントが点在していますね。一泊して瑞牆山と金峰山の2つにチャレンジするのでしょうか。うらやましい!
DSC00487.jpg

富士見平からは少しルートを外れて林道を通ります。何故かというと・・・ちょっとした展望スポットがありこんな写真が撮れるからです

道中からは木が遮って綺麗に見えなかった瑞牆山の山容。中央が山頂&大ヤスリ岩。
DSC00498.jpg

八ヶ岳も綺麗に見えます。
DSC00495.jpg

撮影会終了後は駐車場に向かい林道をのんびりと。緑がとても気持ちいいです
DSC00506.jpg

駐車場に無事帰還!お疲れ様でした~それにしてもすごい車の数(道端にもたくさん停まってました)
DSC00508.jpg

下山後は近くの増富ラジウム温泉に浸かりほうとう食べてのんびり帰京といきたいところでしたが中央道の渋滞に巻き込まれて悲惨な目に・・・休日の渋滞なんとかならないものでしょうか


ということで瑞牆山登山でした。山容を見て、ひたすら岩登りが続くのではと不安に思うかもしれませんが、見た目ほど危険な箇所はなく時間もそんなにかからず登れて楽しい山でした。なにより山頂からの眺めが素晴らしいオススメの山です

スポンサーサイト
瑞牆山 | 02:29:12 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad

まとめ