■プロフィール

K-NO

Author:K-NO
千葉県在住の30代。色々と体を動かさないとムズムズしてくる性分です。主に30歳から始めた登山についてつらつらと書いていきます。

●現在の日本百名山:完登!(2017.7.20 幌尻岳)

■訪問者数

■最新記事一覧

2017/10/07
【日本百名山完登!】日高幌尻岳日帰り登山 [額平川コース] (2017.7.20) 2017/09/08
【99座目】7月 快晴のトムラウシ日帰り登山 [短縮コースより] (2017.7.19) 2017/08/15
丹沢の美渓 小川谷廊下遡行 (2017.6.3) 2017/07/21
沢登りデビュー!三ツ峠 四十八滝沢 で滝登り(2017.5.18) 2017/07/03

■カテゴリ

■最新コメント
■最新トラックバック

■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

6月 谷川連峰馬蹄形縦走 (日帰り・左回り) (2016.6.10)
DSC01887_201607290208511ae.jpg
谷川岳へと続く馬蹄形縦走路


さてさて、今回は前週の越後三山に続く縦走シリーズということで一人前の山ノボラーへの登竜門(?)、谷川連峰馬蹄形縦走へとチャレンジしてきました!
静かな山をのんびり歩くのも大好きですが、たまにはチャレンジ的な事もしたい!そんなわけで日帰りに挑戦。
花も沢山咲いてたので写真を載せながらお届けー(*´∇` )ノ

==============================================================
■登山ルート&時間(休憩含む)
土合橋(6:15)→白毛門(8:05-8:15)→朝日岳(10:05-10:25)→清水峠(11:45-12:00)→七ツ小屋山(12:45-12:55)→武能山(14:30-14:45)→茂倉山(16:05)→谷川岳(オキの耳)(17:15-17:20)→西黒尾根登山口(19:45)
■所要時間:13時間30分
■歩行時間:12時間15分
==============================================================

ルートは土合橋→白毛門→谷川岳へと至り、西黒尾根を下る左回り。
逆でも良かったんですが、こちらが伝統的という話を聞いて左回りにすることにしました。

コースタイムは約17時間、累積標高差は登り下りそれぞれ約2,800m・・・が、頑張るぞー!!

6時過ぎに土合橋脇の登山口を出発!
ロングコースなので当初はもうちょっと早く出発予定でしたが、天気が曇り→徐々に回復するということだったので遅めのスタート。
DSC01635_2016072902071077b.jpg

馬蹄形縦走の地図。
DSC01637_20160729020711b8e.jpg

まずは白毛門まで標高差1,000mの登り!ひたすら急登が続きます。
DSC01642_20160729020715226.jpg

白毛門、登頂!うーむ、展望は全くなし(>_<)
DSC01654_20160729020715263.jpg

続いては左奥のピーク、笠ヶ岳を目指します。
DSC01660_20160729020716af6.jpg

道中には綺麗なお花達
縦走を通してかなり花が咲いていたんで、ちょくちょく写真を載っけていきます

イワカガミ(左)にベニサラサドウダン(右)
DSC01661_201607011422432c0.jpgDSC01662_20160701142239aa3.jpg

白毛門から1時間弱、笠ヶ岳に到着ー!
うーん、まだまだガスが晴れません。。。
DSC01674_2016072902074144e.jpg

南側はバッチリ晴れてるだけどなー。
左には上州武尊山、右奥には赤城山が見えます。
DSC01680_20160729020742af8.jpg

続いてはアップダウンを繰り返しながら朝日岳を目指す!
DSC01681_20160729020744256.jpg

ゴゼンタチバナ(左)にタテヤマリンドウ(右)
青く輝くとても綺麗な花です
DSC01682.jpgDSC01683.jpg

そしてここで嬉しい出会いが・・・

草むらからキィキィと鳴き声がするんでなんだろ?と覗き込んでみると・・・
DSC01700_20160729020744b03.jpg

穴からオコジョが現れた!!!
DSC01701_2016072902074678c.jpg

穴に入ったり顔を出したりを繰り返します。か、かわいい・・・(*´ω`*)
DSC01702_20160729020755808.jpg

こっちの姿を見たためか結局穴に引っ込んでしまいましたが、とーーっても可愛かったです!!
はぁオコジョちゃん・・・(*´ω`*)

しばらく待っても出てきてくれなくなっちゃったんで、寂しいけど登山再開!
どっしりとした朝日岳を目指します。
DSC01727_20160729020756fb4.jpg

そして山頂直下には今回楽しみにしていたあの花が白く煌めいていました
DSC01730_201607290207582b4.jpg

ホソバヒナウスユキソウ。上越国境の谷川連峰&至仏山の蛇紋岩地帯に咲く固有種です。
DSC01735_20160729020759e6f.jpg

とっても可憐な姿。見られて良かったなぁ(^^)
DSC01741_20160729020801d11.jpg

チングルマもたくさん咲いていました。
DSC01750_20160729020808682.jpg

朝日岳に到着!天気もすっかり回復してきました
DSC01751_20160729020810474.jpg

縦走路の後半に待つ茂倉岳&一ノ倉岳。まだまだ遠い!
DSC01760_201607290208117af.jpg

尾瀬の燧ヶ岳至仏山
DSC01761_201607290208139da.jpg

しばらくは木道が敷かれた湿原歩き。池塘が綺麗
DSC01763_2016072902081471a.jpg

ツマトリソウ(左)にチングルマ(右)
DSC01770.jpgDSC01771.jpg

縦走路を一望。右からぐるっと回って左奥の谷川岳まで行きます!(遠い・・・)
DSC01797_20160729020825582.jpg

標高を落としながら鞍部にある清水峠の避難小屋へ。
DSC01800_201607290208260a8.jpg

うぉぉ!突然現れてびっくりデカイし!
DSC01805_201607290208285df.jpg

アカモノ(左)にジョウシュウオニアザミのつぼみ(右)
DSC01808_20160701142358249.jpgDSC01809_20160701142400652.jpg

途中の池塘から見る茂倉岳。
DSC01812_2016072902082916d.jpg

ワタスゲがちらほら咲いていました。
DSC01813_20160729020831375.jpg

赤い実のウラジロヨウラク。
DSC01818_20160729020838ff3.jpg

ようやく清水峠まで来たよ!
DSC01828_20160729020840262.jpg

避難小屋でちょっとおにぎり休憩
谷川岳を望みます。やっぱりまだまだ遠いなぁ
DSC01848_20160729020841641.jpg

さてさて、清水峠の標高は1,450m。ここからはアップダウンを繰り返しながら標高を上げていきます。

まずは七ツ小屋山まで200mの登り!
DSC01856_201607290208438d1.jpg

七ツ小屋山に到着ー!ここが時間的に縦走の中間点くらいかな。
DSC01881_2016072902084436e.jpg

谷川岳へと続く穏やかな稜線。奥には万太郎山~仙ノ倉岳へと続く連峰の主脈が並びます。
DSC01887_201607290208511ae.jpg

背後には大源太山。上越のマッターホルンとも呼ばれる山容がカッコいいです
(ただいかんせん標高が低いのがね・・・
DSC01927_20160729020852d22.jpg

シラネアオイ(左)にハクサンチドリ(右)
DSC01933.jpgDSC01934.jpg

緩やかな笹の道を歩いていきます。縦走路で一番気持ちのいいところ
DSC01939_20160729020854c0a.jpg

右手には土樽駅。疲れてきたのでちょっとエスケープしたい気持ちを抑えつつ・・・(苦笑)
DSC01940_201607290208551b9.jpg

蓬峠!ヒュッテは予約制みたいです。
DSC01941_20160729020857ea7.jpg

水分補給ができますよー。テントも数張は張れるみたいでした。
DSC01944_20160729020904dc4.jpg

キンポウゲに囲まれた道を歩く
DSC01945_20160729020905471.jpg

お馴染みのミヤマキンポウゲ。とっても可憐
DSC01946_201607290209071d3.jpg

次なるピーク、武能岳へと登ります!
DSC01960_20160729020908e93.jpg

振り返る馬蹄形縦走路。右奥のとんがりが笠ヶ岳です。
あそこからぐるっと回ってきたよ!
DSC01976_20160729020910cff.jpg

武能岳に到着ー!
DSC01988_201607290209179ba.jpg

眼前には茂倉岳&一ノ倉岳。茂倉岳は縦走路の最高峰です。
DSC01992_20160729020919d69.jpg

武能岳からは一旦下り、そこから茂倉岳まで標高差約400mの登り!ここが一番の頑張りどころです

そしてこの辺りからは待望のお花畑が広がります

本日楽しみにしてた花の一つ、ユキワリソウ。
DSC02017_201607290209205d0.jpg

DSC02018_20160729020922995.jpg

ヨツバシオガマ(?)にハクサンイチゲも。
DSC02023.jpgDSC02024.jpg

振り返る武能岳。標高はそれほど高くないですが、険しい岩稜と対照的に穏やかな笹の道がミックスされた山容はとても見応えがあります。
個人的には縦走路の中で一番カッコイイと思ったピークです
DSC02029_20160729020923415.jpg

お花もたくさん!
食虫植物のムシトリスミレにジョウシュウアズマギク・・・かな?
DSC02044.jpgDSC02045_20160701142611485.jpg

武能岳から続く稜線。
DSC02054_20160729020930345.jpg

お花の共演
ホソバヒナウスユキソウ&ハクサンコザクラ&ハクサンイチゲ
DSC02062_20160729020932105.jpg

苦しい登りだけど花にとっても癒されます(^^)
DSC02063_20160729020933dc2.jpg

茂倉岳にようやく到着・・・!苦しい登りでした(^^;)
DSC02070_201607290209344ac.jpg

縦走路最高峰から望む景色はとっても素敵!
歩いてきた道が一望できます(右奥の小ピークが白毛門)。
奥には巻機山も見えます。
DSC02074_201607290209362ae.jpg

谷川岳(左端)から西へと伸びる谷川連峰主脈。
DSC02077_20160729020944bda.jpg

万太郎山から仙ノ倉岳、平標へと続くアップダウンの大きい稜線です。
DSC02086_2016072902094614f.jpg

さて、縦走の終わりが近づいてきました・・・!
まずは手前の一ノ倉岳へと向かいそこから奥の谷川岳へ!
DSC02093_20160729020947642.jpg

15分程で一ノ倉岳へ!
DSC02094_20160729020949740.jpg

谷川岳(オキの耳)までは岩場のアップダウン。
DSC02102_201607290209509e5.jpg

本日二度目の巨大カエルとの遭遇!!気づかずに踏みそうでホントにびっくりしたーー
DSC02106_201607290209576c2.jpg

ミヤマオダマキも咲き始めていました
DSC02110_2016072902095864f.jpg

岩場を越えてオキの耳へ。
DSC02119_201607290210006f3.jpg

DSC02120_20160729021001d8c.jpg

谷川岳・オキの耳に到着ー!これにて馬蹄形のピークは全て踏破!\(^o^)/
DSC02137_20160729021003f95.jpg

谷を挟んで向かいには朝日岳や白毛門。
あんなところから歩いたのかのと思うと感慨深い・・・シミジミ
DSC02138_2016072902101056a.jpg

さて、せっかくなんでのんびりしたいところなんだけど、予定よりスタートが遅らせたせいか日没が近づいてきました(>_<)
暗くなる前になんとか西黒尾根の岩場はクリアしておきたいのでそそくさと下山にかかるよ!

手前が下山路の西黒尾根。奥には天神平のロープウェイ駅も見えるぞ。
DSC02139_20160729021012291.jpg
※ちなみにロープウェイは6月いっぱい点検で運休でしたよ。例年6月は運休みたいなので使う場合は情報を確認してね。


山頂から見る主脈の稜線はとっても綺麗。
谷川岳へ登るのは4回目ですが、毎回この稜線に見とれます(*´ω`*)
DSC02140_2016072902101455b.jpg

もう一方のピーク、トマの耳にも寄りますよー。
DSC02145_201607290210150ab.jpg

ピーク間にはお花畑ができていました。
ハクサンイチゲがとても綺麗
DSC02146_20160729021016304.jpg

トマの耳ー!
DSC02153_20160729021023989.jpg

連峰主脈。
DSC02158_2016072902102576a.jpg

肩の小屋。時間があれば寄って一息つこうと思ってましたが、日が暮れてきたのでスルー。
DSC02162_2016072902102619b.jpg

険しい西黒尾根を下ります。
DSC02177_2016072902102867d.jpg

岩場が続くので急いでいても決して焦らないように・・・!
DSC02184_20160729021029023.jpg

キャーーーー!!
DSC02187_20160729021036ab4.jpg

ラクダの背まで下降!
DSC02200_201607290210385e8.jpg

ここから見上げる谷川岳は迫力があってとっても好き(^^)
DSC02202_201607290210390b8.jpg

日が暮れる前になんとか樹林帯へ。
DSC02210_20160729021041f31.jpg

登山口に到着するころにはすっかり真っ暗に。
何はともあれ無事に下山できましたー(^^)v
DSC02216_2016072902104288a.jpg


というわけで谷川連峰馬蹄形縦走でした。
日帰りで行ったよ~という声をちらほら聞いていたので、わりと難なく行けるのかな?と思っていましたが、とんでもない!
かなりタフな道のりでした(^^;)

これまでの日帰り登山の中だと冬の富士山に次ぐ疲労度だったかな・・・

とは言え苦労する分見返りもバッチリ!
景色はもちろんのこと、ウスユキソウやハクサンコザクラを始め、花もとっても綺麗なんで楽しい山旅になると思います
一泊でも是非歩いてみて欲しいところ(^^)



ではでは続いては梅雨の南アルプス、北岳へ。
特産種のキタダケソウとお花畑を見に行ってきます(^^)
こちら



【関連記事】

西黒尾根からの谷川連峰主脈ちょこっと縦走(万太郎山で敗退!)

紅葉の谷川岳登山(天神尾根→西黒尾根)

3月 冬の谷川岳登山 ~天神尾根ピストン~

谷川連峰の絶景!~ 12月 快晴の冬の白毛門

6月 越後三山縦走(越後駒ヶ岳・中ノ岳・八海山)




スポンサーサイト
谷川岳 | 21:21:11 | トラックバック(0) | コメント(0)
紅葉の谷川岳登山(天神尾根→西黒尾根)(2014.10.12)
DSC03665.jpg
陽光に輝く谷川連峰主稜線 ※クリックで拡大

==============================================================
■登山ルート&時間(休憩含む)
【登り(天神尾根)】天神平(9:40)→熊穴沢避難小屋(10:25)→肩ノ小屋(11:45)→トマノ耳(12:00-12:15)→オキノ耳(12:40-13:45)
【下り(西黒尾根)】オキノ耳(13:45)→肩ノ小屋(14:05)→ガレ沢のコル(15:40)→西黒尾根登山口(17:30)
■所要時間:7時間50分
■歩行時間:6時間30分
==============================================================

20141012_route.jpg
登山ルート。ロープウェイ天神平から天神尾根を登り、西黒尾根で下山です ※クリックで拡大


今回は那須岳に続く紅葉登山ということで、6月にも登った谷川岳に再度登ってきました。
以前登った際は急登の西黒尾根を登りましたが、今回は紅葉目的なのでロープウェイを使っての少しだけ楽をしちゃう感じです

ガスに包まれたロープウェイ終着点の天神平を出発です!
DSC03565.jpg

しばらくは整備された道を進みます。
DSC03568.jpg

紅葉に囲まれた道を進みます。いつの間にか天気は快晴に
DSC03579.jpg

熊穴沢避難小屋を超えると傾斜が一気に急になってきました。岩場もあるよ!
DSC03589.jpg

振り返ると紅葉の天神尾根
DSC03592.jpg

こちらはザンゲ岩。景色も開けていて絶好の休憩スポット。
DSC03595.jpg

てっぺんに見える(写真じゃ厳しいかな?)指導標を目指して笹に囲まれた尾根道を進みます!
DSC03605.jpg

左手には急峻な中ゴー尾根と険しい様相のピーク(名前はわかりません
DSC03607.jpg

ひとしきり登るとそこは雲上の世界 陽を浴びて輝く笹の緑が綺麗です
DSC03608.jpg

DSC03612.jpg

肩ノ小屋に到着です!
DSC03620.jpg

肩ノ小屋から望む谷川連峰主稜線。前回来た時も感じましたがまるでアルプスのような景観!
DSC03622.jpg

肩ノ小屋から10分ほど登り、トマの耳に到着です。
DSC03623.jpg

紅葉シーズン&この天気ということで山頂は人で溢れかえっていました
DSC03624.jpg

続いてはもう一方のピーク、オキの耳を目指します。トマの耳からは15分ほど。
DSC03625.jpg

オキの耳に到着です!
DSC03640.jpg

この日はほんとうに天気が良く、山頂からは素敵な景色が一望できます

雲の上にそびえたつトマの耳。
DSC03642.jpg

紅葉真っ盛りの朝日岳&白毛門
DSC03661.jpg

そしてこの日一番感動した景色!陽光を浴びて光り輝く谷川主稜線 天気が良く遠く苗場岳も見られます。
DSC03665.jpg

まるで水彩画のような山並み。
DSC03677.jpg

こちらは下山路の西黒尾根。日本三大急登に数えられる急峻な道です。
雲海にぽっかり浮かぶのは赤城山…かな?
DSC03682.jpg

左から赤城山の最高峰の黒檜山、駒ヶ岳、鍋割山かな?
DSC03683.jpg

肩ノ小屋前ではなんと式を挙げている夫婦が!山での挙式…初めてみました。ここが思い出の山なのでしょうか?とても素敵です
DSC03685.jpg

最高の景色に囲まれた挙式。忘れられない思い出になりそうですね!
DSC03686.jpg

幸せを分けてもらった後は下山です。西黒尾根は険しいコースなので気を引き締めて!

と、その前にもう少しだけ景色を堪能
DSC03695.jpg

見下ろす西黒尾根。険しい様子がうかがえます。
DSC03698.jpg

早速岩場が待ち構えています!
DSC03710.jpg

岩場に慣れない今日のメンバーは四苦八苦
DSC03711.jpg

顔を上げると紅葉の朝日岳&白毛門(少し霞んでいますが)
DSC03712.jpg

ひたすら岩場が続きます。
DSC03736.jpg

なかなかタフな鎖場。こんな箇所がたくさんあります
DSC03737.jpg

しばらく下ると厳剛新道との分岐点、ガレ沢の頭に到着。
DSC03742.jpg

右手には武尊山、左手には至仏山を望みます。
DSC03743.jpg

写真上部のトマの耳からだいぶ下ってきました。緊張感のある岩場が続いたためかメンバーにも疲労の色が・・・
DSC03745.jpg

最後にはこんな鎖場が待ち構えています。あとひと頑張り!
DSC03753.jpg

無事に岩場を抜け樹林帯に入りました。ここからは特に危険のない山道の下りです。
DSC03773.jpg

この後は岩場で時間がかかったこともあり暗くなった頃に登山口に到着しました。
前回登った時にも感じましたが、西黒尾根・・・険しい道でした

ということで紅葉の谷川岳登山でした!今回は天気に恵まれたこともあり、素晴らしい景色を堪能できました・・・!
紅葉も綺麗でしたしスリルのある岩場も堪能できましたし大満足です!


次回はスリリングな岩場に挑戦してみよう!ということでデンジャラスな岩峰、八ツ峰を擁する越後の八海山に挑戦します!(こちら


谷川岳 | 21:07:22 | トラックバック(0) | コメント(0)
西黒尾根からの谷川岳登山&主脈ちょこっと縦走(谷川岳→万太郎山)(2014.6.20)
DSC00770.jpg
谷川岳山頂直下から望む谷川連峰主稜線。まるでアルプスのような景観!

==============================================================
■登山ルート&時間(休憩含む)
西黒尾根登山口(3:50)→ガレ沢の頭(5:30)→トマの耳(6:40)→オキの耳(7:00-7:40)→トマの耳(7:50)→オジカ沢の頭(8:40)→万太郎山(10:30-11:20)→五作新道登山口(13:40)→土樽駅(14:20)
■所要時間:10時間30分
■歩行時間:9時間00分
==============================================================

20140620_route.jpg
西黒尾根を登りトマの耳とオキの耳を往復。谷川連峰主脈を万太郎山まで縦走し、吾作新道を土樽駅に下ります。

晴れの日の少ない梅雨の季節、天気が若干良さそうとの予報を受けて谷川岳に登ってきました。知人から谷川連峰主脈の景色が素晴らしいよ!との情報をいただいたのでせっかくなので縦走にもチャレンジ!

長い道程になるのでまだ暗い内に登山口に到着。日本三大急登の一つ、西黒尾根での登りです!
※ちなみに他の二つは南アルプス甲斐駒ケ岳の黒戸尾根と北アルプス烏帽子岳のブナ立尾根です。
DSC00676.jpg

まずは樹林帯の中をひたすら登ります。なかなかの傾斜で日が昇っていないにも関わらず早くも汗びっしょり
DSC00678.jpg

1時間程登ると視界が開けます。雲海の遠く向こうには上州武尊山(おそらくです)
DSC00686.jpg

左手にはロープウェイの天神平駅が見えます。
DSC00685.jpg

視界の先には目指す谷川岳の山頂!でもまだまだ先は長い・・・
DSC00687.jpg

ここからは岩稜帯の登りが続きます。こんな岩場が盛りだくさん。
DSC00688.jpg

前日の雨粒が朝日で輝いています。
DSC00690.jpg

山頂を見ながらの岩登り。眼前には手ごわそうな鎖場が
DSC00699.jpg

ラクダの背に到着。迫力のある岩壁が印象的。
DSC00708.jpg

背後には白毛門や朝日岳がそびえています。
DSC00711.jpg

ラクダの背から少し進むと厳剛新道との合流点、ガレ沢の頭に到着。
DSC00715.jpg

しばらくはガレ場の登りが続きます。この辺りからちょっと息が切れ始めます・・・実はこの辺りまでは「日本三大急登っていっても大したことないじゃん♪」なんて思っていたのですが・・・ごめんなさい
DSC00716.jpg

とは言っても視界が開けていて山頂が近づいてくるのがわかるので気持ちは楽です。ちなみに中央の丸いピークがトマの耳、その右にピークが最高点のオキの耳です。
DSC00720.jpg

こんな岩場もたくさんあります。とっかかりが少ない・・・
DSC00723.jpg

振り返るとこれまで進んできた尾根道。
DSC00724.jpg

登山道にはイワカガミ(花の名前は間違っていたらすみません
DSC00726.jpg

山頂直下の指導標が見えてきました。あと少し!
DSC00729.jpg

トマの耳はもう目と鼻の先!
DSC00740.jpg

トマの耳に到着。雲海が広がっています。
DSC00743.jpg

一息ついて最高峰のオキの耳を目指します。大体10分くらいで着きます。
DSC00749.jpg

オキの耳直下にはお花畑がこちらはハクサンイチゲ。
DSC00753.jpg

ユキワリソウ(もしかしたらハクサンコザクラかも・・・)
DSC00754.jpg

谷川岳山頂、オキの耳に登頂です!
DSC00759.jpg

山頂からは360度の景観。奥には一ノ倉岳、茂倉岳。
DSC00765.jpg

登ってきた西黒尾根。
DSC00767.jpg

ちなみにこの日はW杯の日本-ギリシャ戦。ちょうどキックオフの時間に登頂したので山頂からエールを送ります。ブラジルまで届け!
DSC00768.jpg

山頂で朝食をとった後はトマの耳に戻り谷川連峰主脈の縦走路へ。トマの耳直下から肩の小屋と主脈を望みます。素晴らしい景色まずは手前のオジカ沢ノ頭を目指します。
DSC00770.jpg

肩の小屋直下にもお花畑。ハクサンイチゲが群生しています。
DSC00780.jpg

稜線はけっこうなアップダウンがあります。あんなところ登りたくないぞ・・・巻き道はないのか!とブツブツ言いながらの道のり
DSC00793.jpg

花を見て少し癒されます。こちらはヨツバシオガマ。
DSC00796.jpg

縦走最初のピーク、オジカ沢の頭に到着。
DSC00798.jpg

オジカ沢の頭から望む稜線。残雪がとてもいい感じアルプスにいるような景観です。右奥の万太郎山(雲がかかっている辺り)を目指し稜線を進んでいきます。
DSC00803.jpg

振り返り見る谷川岳。中央にトマの耳、その左にオキの耳が見えます。
DSC00806.jpg

アップダウンのある笹の道を進んでいきます。だんだんガスが出てきました・・・
DSC00813.jpg

次のピーク、小障子ノ頭に到着。もうガスで真っ白
DSC00815.jpg

ヘバる体に鞭をうって進みます。お花が綺麗だなぁ~(半分白目・・・)
DSC00816.jpg

こちらはチングルマ!
DSC00818.jpg

ミヤマキンポウゲ。
DSC00822.jpg

相変わらず笹の道が続きます。こんだけ笹があればパンダがいても生きていけるね~とかよくわからないことを考えながら・・・だいぶ疲れてきているようです・・・
DSC00829.jpg

次のピーク、大障子ノ頭に到着!何にも見えない!
DSC00830.jpg

次なるピークは万太郎山。一瞬ガスが晴れて山頂が見えます。けっこう登りますね
DSC00833.jpg

山頂直下の急登!踏ん張りどころです。
DSC00836.jpg

山頂手前の分岐点に着きました。当初の予定ではこのまま縦走して仙ノ倉・平標まで行こうと思っていたのですが、ガスで全く視界が利かない&疲労状態も考慮してエスケープすることにしました。
DSC00837.jpg

吾作新道を下っていきます。トラバースや傾斜のあるザレ場など、なかなか厳しいコースです。
DSC00848.jpg

途中からは樹林帯を急下降します。
DSC00850.jpg

吾作新道入口に到着。約2時間半の急な下りはなかなかハードでした
DSC00851.jpg

ここからは1時間程林道&車道を歩き土樽駅へ。その後、電車で土合駅に移動し(なんと電車は3時間に1本です!要注意!)バイクの元へ。
ちなみにバイクのバッテリーがあがっていてレッカー移動するハメになるという悲惨な事件が起こりました・・・

ということで谷川岳登山&ちょっと縦走でした。率直な感想としては登りも下りも縦走も傾斜がキツい!ですかね・・・体力に自信のない内はロープウェイで登るのがベターかもしれません。ただ、西黒尾根は登り応えあり&谷川岳の眺めも素晴らしく、縦走路も天気に恵まれれば景観は素晴らしいので体力(もしくは一泊する余裕)のある人にはオススメかと思います


谷川岳 | 22:19:22 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad

まとめ