■プロフィール

K-NO

Author:K-NO
千葉県在住の30代。色々と体を動かさないとムズムズしてくる性分です。主に30歳から始めた登山についてつらつらと書いていきます。

●現在の日本百名山:完登!(2017.7.20 幌尻岳)

■訪問者数

■最新記事一覧

2017/10/07
【日本百名山完登!】日高幌尻岳日帰り登山 [額平川コース] (2017.7.20) 2017/09/08
【99座目】7月 快晴のトムラウシ日帰り登山 [短縮コースより] (2017.7.19) 2017/08/15
丹沢の美渓 小川谷廊下遡行 (2017.6.3) 2017/07/21
沢登りデビュー!三ツ峠 四十八滝沢 で滝登り(2017.5.18) 2017/07/03

■カテゴリ

■最新コメント
■最新トラックバック

■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アルプストレーニング登山第二弾~秩父 武甲山周遊コース登山(武甲山・小持山・大持山)
DSC00954.jpg
秩父市内から見上げる武甲山。堂々とした山容です! ※クリックでちょこっと拡大

==============================================================
■登山ルート&時間(休憩含む)
一の鳥居(8:30)→武甲山(10:10-10:40)→シラジクボ(10:55)→小持山(11:30-11:40)→大持山(12:10-12:35)→妻坂峠(13:15)→一の鳥居(13:40)
■所要時間:5時間10分
■歩行時間:4時間5分
==============================================================

20140716_route.jpg
登山ルート。一の鳥居を起点にした武甲山→小持山→大持山の周遊コースです ※クリックでちょこっと拡大


前回の筑波山(こちら)に続いて、梅雨明けのアルプス挑戦に向けたトレーニング第二弾!ということでザックにテント装備一式を詰め込んで秩父の盟主、武甲山に登ってきました。※総重量16kg
写真は3月に大霧山(こちら)から見た武甲山。雪がゼブラ模様を作っていてとても目を引きます!
DSC00899.jpg

登山道の一の鳥居。車が30台ほど停められるくらいの広さです。
DSC00900_201407230215105eb.jpg

登山開始からしばらくは沢沿いの舗装された道を進みます。落石が!
DSC00903.jpg

しばらく進むと不動の滝。
DSC00906.jpg

樹林帯を登っていくと大杉の広場に着きます。ここが大体中間地点。
DSC00908.jpg

登山道には現在地を示す標石が立っていてとても便利。ちなみにここは四十丁目で山頂は五十二丁目です。もうすぐです!
DSC00910.jpg

山頂の御嶽神社に到着!登山道はそれほど急勾配もなくペースを上げすぎなければそこまで疲れずにいける感じでした。
DSC00914.jpg

こちらは神社の裏手にある展望台。山頂の標識があります。
DSC00915.jpg

展望台からは秩父市を見下ろ・・・ってあれ?・・・この日は終始ガスで真っ白でした・・・ちなみに石灰岩採掘の機械音や発破音がけっこううるさい感じです
DSC00917.jpg

山頂で一休憩した後は小持山・大持山に向かいます。まずは尾根道を一気の下り!
DSC00919.jpg

約200m一気に下り鞍部のシラジクボに到着。
DSC00920.jpg

ここから小持山への登り返し。なかなかの急登です。。。
DSC00926.jpg

小持山に到着。山頂付近からは武甲山を眺めることができるらしいのですが残念ながら真っ白でしたぜ!
DSC00929.jpg

次なる目的地は大持山。先ほどと比べて緩やか目のアップダウンの道を進みます。
DSC00933.jpg

大持山に到着。展望はありませぬ!
DSC00940.jpg

ここからはずっと下りの道になります。気持ちのいい林の道を進みます。
DSC00942.jpg

緩やかな下り→急な下りと進み妻坂峠に到着です。
DSC00944.jpg

沢沿いの道を下って一の鳥居に戻ります。
DSC00947.jpg

帰路から振り返ると堂々として武甲山の山容!
DSC00954.jpg

ということで秩父の武甲山登山でした!梅雨の時期ということで展望はさっぱりでしたが、きつ過ぎずやさし過ぎずという感じでなかなかの歩き応えだったかな、と。
テントの重さにも慣れてきて目的のトレーニングの効果あり!という感じでした。

さあ、次回はいよいよ梅雨も明けてアルプス挑戦、かな?

スポンサーサイト
武甲山 | 02:24:08 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad

まとめ