■プロフィール

K-NO

Author:K-NO
千葉県在住の30代。色々と体を動かさないとムズムズしてくる性分です。主に30歳から始めた登山についてつらつらと書いていきます。

●現在の日本百名山:完登!(2017.7.20 幌尻岳)

■訪問者数

■最新記事一覧

【99座目】7月 快晴のトムラウシ日帰り登山 [短縮コースより] (2017.7.19) 2017/08/15
丹沢の美渓 小川谷廊下遡行 (2017.6.3) 2017/07/21
沢登りデビュー!三ツ峠 四十八滝沢 で滝登り(2017.5.18) 2017/07/03
4月 北アルプス 白馬主稜 [撤退] (2017.4.13-14) 2017/06/19
4月 爺ヶ岳・鹿島槍ヶ岳日帰り登山 [爺ヶ岳東尾根→赤岩尾根] (2016.4.5) 2017/04/26

■カテゴリ

■最新コメント
■最新トラックバック

■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

北沢峠からの甲斐駒ヶ岳&仙丈ヶ岳登山 その1~甲斐駒ヶ岳~
DSC01470.jpg
甲斐駒ヶ岳山頂からは素晴らしい景観 ※クリックで拡大

==============================================================
■登山ルート&時間(休憩含む)
登山口(4:50)→仙水峠(5:40)→駒津峰(6:40-6:45)→甲斐駒ヶ岳山頂(7:40-8:40)→摩利支天(9:20-9:30)→駒津峰(10:15)→双児山(10:40)→北沢峠(11:25)
■所要時間:6時間35分
■歩行時間:5時間20分
==============================================================

20140730_route.jpg
北沢峠を基点に仙水峠経由ルートで登り、双児山経由で下ります。 ※クリックでちょこっと拡大

前回の鳳凰三山(こちら)に続き南アルプスの山に登ろう!ということで北沢峠を基点に甲斐駒ヶ岳&仙丈ヶ岳に登ってきました!
長衛小屋にテントを張って前泊。登山初日はまず甲斐駒ヶ岳に登ります。
【注意】2014年7月末の時点で芦安-広河原間は落石によりバスが運行していません!

日が昇る頃にテント場を出発。
DSC01349.jpg

仙水峠経由の登山口。
DSC01350.jpg

しばらく歩くと仙水小屋に到着。北沢峠に比べて人も少なく物静かな雰囲気の小屋です。
DSC01355.jpg

まずは仙水峠に向けて樹林帯を進みます。
DSC01356.jpg

しばらくすると岩が堆積した斜面に出ます(ゴーロと呼ばれるらしいです)。
DSC01362.jpg

仙水峠に到着!
DSC01367.jpg

仙水峠からは駒津峰に向けて500m弱の標高差を直登りします!ここが頑張りどころ!
DSC01372.jpg

道中では時折景色が開けて疲れが少しやわらぎます。こちらは甲斐駒ヶ岳&摩利支天。
DSC01379.jpg

仙水峠からだいぶ登ってきました。はぁはぁ・・・
DSC01389.jpg

駒津峰まであと少し!
DSC01390.jpg

駒津峰に到着!
DSC01399.jpg

まだ山頂ではないですが、ここからも十分素晴らしい展望右手前に仙丈ヶ岳、左には北岳、間ノ岳や塩見岳が
DSC01403.jpg

中央手前は栗沢山という山です。左に鳳凰三山富士山、右には北岳。
DSC01404.jpg

さて、ここからは眼前にそびえる甲斐駒ヶ岳を目指します!ここからしばらくはアップダウンを繰り返して進みます。
DSC01405.jpg

最鞍部の六方石。
DSC01414.jpg

六方石の脇からは中央アルプス&御嶽山が望めます。
DSC01417.jpg

ここからはいよいよ山頂目指してアタックです!
DSC01418.jpg

少し進むとルート分岐。直登コースと巻き道コースに分かれます。直登コースはひたすら岩場の上級者向けで巻き道は主に砂場のルートです。もちろん直登コースに進みます!
DSC01419.jpg

こんな感じで全身を使って登っていきますよ!
DSC01421.jpg

見上げるとかなりの傾斜・・・
DSC01428.jpg

振り返ると駒津峰から続く尾根筋が見えます。
DSC01445.jpg

岩場をひたすら登りもうすぐ山頂!
DSC01460.jpg

山頂に到着です!山自体が尖って見えるため狭いイメージですがとても広々としています。
DSC01461.jpg

甲斐駒ヶ岳、登頂です!
DSC01468.jpg

この日は天気にも恵まれ、山頂からは360度のまさに絶景!南側には仙丈ヶ岳や北岳から続く南アルプスの主稜線。
DSC01469.jpg

南東には先日登った鳳凰三山とその上に浮かぶ富士山の絶景
DSC01470.jpg

北岳・間ノ岳。その奥にはぽこっと突き出した塩見岳悪沢岳も見られます。
DSC01471.jpg

鳳凰三山と富士山。左の地蔵岳にはシンボルのオベリスクがはっきりと視認できます。
DSC01472.jpg

まるで天空の城のように浮かび上がる八ヶ岳連峰
DSC01475.jpg

奥秩父の山々もとても綺麗なシルエットです。
DSC01478.jpg

天気が良かったので北アルプスの全景も拝むことができました。こちらは槍ヶ岳穂高連峰
DSC01479.jpg

景色があまりに素敵だったので山頂でのんびりのんびりした後は下山。下山は巻き道ルートを辿ります。
DSC01504.jpg

白色の砂地と岩が独特の景観を作り出しています。
DSC01506.jpg

時間的に余裕もあるので摩利支天に立ち寄ります(結果的にこれがものすごく良いことに!)
DSC01508.jpg

下山ルート途中の分岐から摩利支天へ。
DSC01518.jpg

山頂直下のハイマツ帯を進んでいると・・・なんとライチョウの親子を発見!初めてのお目見えです
DSC01523.jpg

こちらは親鳥。褐色の夏毛がとても愛らしいです
DSC01524.jpg

こちらはひな鳥。もう可愛くてたまらないです・・・ぴよぴよと元気に走り回っています
DSC01536.jpg

人を全く怖がらないらしくむしろあちらから寄ってきて足元を走り回ります・・・かわいい・・・こんなに接近して写真を撮っても大丈夫!
DSC01537.jpg

登山をしばし完全に忘れて撮影会を開いてしまいました・・・さて、登山の続きを。。。摩利支天から望む甲斐駒ヶ岳。とてもカッコイイです。
DSC01560.jpg

摩利支天分岐から元の道に戻り、砂地の道を下ります。
DSC01576.jpg

巨大な六方石が見えてきました。
DSC01577.jpg

駒津峰に到着した後は双児山ルートを下山します。こちらは駒津峰からみた下山ルート。前方のピークが双児山です。
DSC01587.jpg

双児山に到着。
DSC01589.jpg

双児山から望む駒津峰と甲斐駒ケ岳。綺麗なピラミッド型の山容です。
DSC01590.jpg

ここからは登山口まで樹林帯の下り。
DSC01591.jpg

北沢峠に到着!お疲れ様でしたー
DSC01592.jpg


というわけで一日目の甲斐駒ヶ岳登山でした!この山は午前中から雲がわくことが多く展望が見られるか心配していたのですが、それも杞憂に終わりとても素晴らしい景色を見ることができました!さらに念願のライチョウも見ることができてほんとうに最高の登山になりました北沢峠からでしたらそこまできつい山ではないと思いますので是非是非登ってみてください

二日目は仙丈ヶ岳です!(こちら

スポンサーサイト
甲斐駒ヶ岳 | 13:13:59 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad

まとめ