■プロフィール

K-NO

Author:K-NO
千葉県在住の30代。色々と体を動かさないとムズムズしてくる性分です。主に30歳から始めた登山についてつらつらと書いていきます。

●現在の日本百名山:完登!(2017.7.20 幌尻岳)

■訪問者数

■最新記事一覧

2017/10/07
【日本百名山完登!】日高幌尻岳日帰り登山 [額平川コース] (2017.7.20) 2017/09/08
【99座目】7月 快晴のトムラウシ日帰り登山 [短縮コースより] (2017.7.19) 2017/08/15
丹沢の美渓 小川谷廊下遡行 (2017.6.3) 2017/07/21
沢登りデビュー!三ツ峠 四十八滝沢 で滝登り(2017.5.18) 2017/07/03

■カテゴリ

■最新コメント
■最新トラックバック

■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

【北アルプス】白馬三山&唐松岳縦走(大雪渓、白馬岳、不帰キレット) その2
DSC02069.jpg
唐松岳から振り返る不帰ノ嶮(かえらずのけん) ※クリックで拡大

その1(白馬三山)はこちら

【3日目】

3日目はいよいよ難所、不帰ノ嶮を越えて唐松岳へと縦走します!


早朝のテント場からの景色。夜中はかなり雨が降っていましたが朝方には降り止んでいました。これならなんとか岩場にも挑戦できそうです!
DSC01969.jpg

曇り空の中、天狗山荘を出発します。
DSC01970.jpg

しばらくは緩やかなアップダウンの繰り返し。
DSC01984.jpg

時折ガスが晴れて景色が開けます。写真は西側の剱岳・立山方面(剱・立山は写真には入っていません!)。
DSC01986.jpg

天狗の大下りに到着。ここから一気に300m差を下ります!
DSC01990.jpg

こんな急な坂(ほぼ崖・・・)を鎖を頼りにくだります。
ここで哀しい別れが・・・転倒した際に携帯電話が岩に激突し天へと旅立ちます。サヨナラ・・・(この二日後に新品になって復活です)
DSC01993.jpg

眼下の鞍部までひたすら下りが続きます
DSC01995.jpg

最鞍部より。ここからいよいよ不帰ノ嶮です。まずは前方の一峰を目指します。
DSC02006.jpg

一峰への道は岩場&ハイマツ帯で、アップダウンはありますが危険はない道です。
DSC02010.jpg

一峰から振り返ると切り立った稜線が。ガスが一段と稜線の鋭さを際立たせています。
DSC02014.jpg

眼前には二峰北峰。ここからが不帰ノ嶮唯一にして最大の難所です!
DSC02022.jpg

のっけから鎖場の連続。切り立った稜線を登ります。
DSC02027.jpg

鎖を頼りに岩場をトラバース。
DSC02028.jpg

トラバースは続きます。痩せた稜線でスリル満点
DSC02030.jpg

急斜面(ほぼ崖・・・?)の登り。テント装備が若干重くのしかかってきます・・・
DSC02033.jpg

さらに鎖場やはしごを越えて一息つきます。二峰北峰まではまだまだあるかな・・・
DSC02035.jpg

またまたスリル満点のトラバース!岩に"キケン"と書かれていますが、書かれるまでもなく誰がどう見ても危険ですよね
DSC02038.jpg

こんなところにも高山植物。
食虫植物のムシトリスミレ(左)にエーデルワイスの仲間のウスユキソウ(右)
DSC02040.jpgDSC02042.jpg

鎖場を巻いて登って。。。
DSC02043.jpg

ピークまであと少し!
DSC02048.jpg

二峰北峰に到着です!鎖場の連続で急登ありトラバースありとなかなかスリリングな道のりでした!
DSC02050.jpg

天狗の大下りからここまでの道のりを振り返ります。
DSC02052.jpg

さてさて、ここまでくればもう危険箇所は終わりです。眼前の二峰南峰までテクテク進みます。
DSC02054.jpg

二峰南峰に到着。
DSC02058.jpg

三峰と唐松岳を目指して引き続き稜線を進みます。危険箇所はありませんがアップダウンが激しくなかなか足に堪える道のり。
DSC02061.jpg

そして唐松岳に到着!(三峰はどうやら巻いて通らなかった模様・・・)
DSC02064.jpg
 
なかなかタフな稜線歩きでした・・・振り返り不帰ノ嶮の全容を眺めてホッと一息
DSC02069.jpg

唐松岳山頂は展望が開けていて、晴れていれば素敵な景色が見られます!(と思います)こちらは剱岳・立山。山頂部分は残念ながら雲に隠れていて拝むことができませんでした・・・
DSC02071.jpg

山頂で一息ついた後は山頂直下にある唐松岳頂上山荘に向かいます。
DSC02078.jpg

山荘前から望む五竜岳。本で読んだ通りとてもゴツゴツしていて男性的な山容です。
DSC02080.jpg

こちらは山荘前から見る唐松岳。頂上部分は綺麗な三角形をしています。
DSC02084.jpg

頂上山荘でのんびり昼食タイム♪

山荘では初日からルート、テント場とずっと一緒だったコロ助さんとその友人の力さんと楽しく食事を取らせていただきました♪
お二人ともありがとうございました!いつかまたアルプス登りたいですね
DSC02087.jpg


さてさて、実は当初はここからさらに2泊して五竜岳・鹿島槍ヶ岳まで縦走する計画だったのですが、天気がずっと悪いみたいですので縦走計画は断念。唐松岳の八方尾根を通り下山することにしました。

こちらは道中の丸山ケルン。
DSC02090.jpg

観光名所の八方池です。この池に映る白馬三山はとても綺麗らしいです!(この日は雲で見えませんでしたが)
DSC02103.jpg

八方池周辺は花が咲き乱れています
ハクサンシャジン(左)にニッコウキスゲ(右)
DSC02104.jpgDSC02107.jpg

こちらは八方ケルン。このデザインは・・・
DSC02113.jpg

八方池から先は歩道がきれいに整備されています。
DSC02114.jpg

白馬の村を眼下に見下ろしながらの下山路。
DSC02117.jpg

こちらはコバギボウシ。
DSC02119.jpg

下山道からは新潟県の山々が一望できます。山頂部分は雲に隠れていますが中央には百名山の高妻山、左には妙高山や火打山も。
DSC02120.jpg

最後はロープウェイを使ってまったりと下山です
DSC02127.jpg

下山後は温泉に浸かり高速バスで新宿へ。北アルプスは交通手段が整備されていてとても便利ですね


ということで三日目の白馬→唐松岳縦走でした!三大キレットの不帰ノ嶮を越えるということでかなり緊張していましたが、終わってみれば適度にスリルがあり楽しい道のりでした
岩場の縦走がクセになりそう・・・(笑)


スポンサーサイト
白馬岳・唐松岳 | 01:15:44 | トラックバック(0) | コメント(2)
【北アルプス】白馬三山&唐松岳縦走(大雪渓、白馬岳、不帰キレット) その1
DSC01866.jpg
白馬山荘から望む白馬三山。左が杓子岳、中央奥が白馬鑓ヶ岳です。 ※クリックで拡大

==============================================================
■登山ルート&時間(休憩含む)
【1日目】猿倉(12:30)→白馬尻小屋(13:20)
【2日目】白馬尻小屋(5:30)→葱平(7:20)→白馬山荘(9:25-9:55)→白馬岳(10:10-10:25)→白馬山荘(10:40-11:40)→杓子岳(13:00)→鑓ヶ岳(14:10)→天狗山荘(14:55)
【3日目】天狗山荘(6:30)→不帰キレット(7:50)→唐松岳(10:00-10:15)→唐松岳頂上山荘(10:25-12:10)→八方池山荘(14:00)
■所要時間:【1日目】50分【2日目】9時間25分【3日目】7時間30分
■歩行時間:【1日目】50分【2日目】7時間40分【3日目】5時間30分
==============================================================

20140803_route.jpg
登山ルート。猿倉から名物の大雪渓を通り白馬岳へ。三山縦走後、三大キレットの一つ不帰ノ嶮(かえらずのけん)を通り唐松岳へ。 ※クリックで拡大

梅雨も明けていよいよ北アルプスに遠征!ということでまずは花の名山、白馬岳に登ってきました!せっかくですので名物の大雪渓を登ります。さらにもう一足頑張ってみよう!ということで三大キレットの一つ不帰ノ嶮(かえらずのけん)を縦走して唐松岳まで向かいます!

今回は花の名山ということで道中はお花畑がたくさん!そんな訳でたくさん花の写真も撮ってきました(名前が間違っていたらすみません


【1日目】
早朝から千葉発のあずさに乗ってお昼に白馬へ!その後、バスで登山口の猿倉に到着です。こちらは猿倉荘。
DSC01756.jpg

早速登山開始です!本日は大雪渓手前の白馬尻小屋のテント場を目指します。
DSC01758.jpg

草木の生い茂る緩やかな傾斜を登っていきます。
DSC01767.jpg

一時間ほどで白馬尻小屋へ到着!ようこそ大雪渓への文字がテンションを上げてくれます
DSC01776.jpg

山荘周辺の花。
オタカラコウ(左)キヌガサソウ(右)
DSC01779.jpgDSC01780.jpg


【2日目】
2日目はいよいよ大雪渓の登り&白馬三山縦走です!

天気はあいにくの曇り模様ですが、空には虹がかかっていてとても綺麗
DSC01781.jpg

少し進むといよいよ大雪渓に取り付きます。ここでアイゼン装着&トレッキングポールのキャップを外します。
DSC01785.jpg

ひんやりとして風が吹く中ひたすらの直登。これがなかなかどうして・・・キツイです
DSC01788.jpg

小雨にも降られてふらふらになりながら登っていきます。半分観光名所のような気持ちで来ちゃいましたがとんでもなかったです!とてもハード(>_<)
ちなみに雪は固まっていて足が埋まる心配はないのでスパッツは要らないです。
DSC01792.jpg

大雪渓を登りきり葱平に到着。ここからはいよいよお花が一面に咲き誇る中を登ります。
DSC01794.jpg

オレンジや黄色、白、紫と色とりどりの花が咲き乱れています
DSC01797.jpg

クルマユリ(左)トリカブト(ミヤマトリカブトでしょうか?)(右)
DSC01798.jpgDSC01803.jpg

タカネナデシコ(左)にミヤマオダマキ(右)どの花もとても可憐です。
DSC01804.jpgDSC01807.jpg

花に癒されてはいるんですが大雪渓に続きここもかなりの急登・・・体力が削られます・・・
DSC01808.jpg

岩場を登ると再び雪渓(小雪渓)を横切ります。
DSC01809.jpg

この辺りも高山植物の宝庫です
ハクサンフウロ(左)にハクサンイチゲ(右)
DSC01811.jpgDSC01812.jpg

こちらはミヤマダイコンソウ(左)でしょうか。右はシナノキンバイ。
DSC01813.jpgDSC01814.jpg

まだまだ急登は続きます。ガスで先が見えないこともあいまってかなり疲れてきました・・・
DSC01820.jpg

花に癒されながら進みます。中心のねこじゃらしの様な花はウルップソウ。
DSC01821.jpg

はぁはぁ・・・ようやく稜線の建物が見えてきました!
DSC01827.jpg

こちらは村営の白馬岳頂上宿舎。テント場もありますよ。
DSC01828.jpg

ここからは白馬岳山頂に向けて稜線を歩きます。
DSC01830.jpg

岩間にミヤマシオガマを発見。
DSC01833.jpg

山頂直下の白馬山荘に到着です。ここはなんと収容人数800人という日本最大の山小屋なんです!
DSC01836.jpg

少し歩き山頂へ。ものすごい混雑具合・・・
DSC01841.jpg

今回はかなり辛い登りでしたが・・・白馬岳、登頂です!
一面ガスっていて残念ながら景色は見られませんでした。
DSC01846.jpg

だいぶ疲れたので一休憩、ということで白馬山荘のレストランへ(こんなのがあるんですね!)
DSC01864.jpg

とても3000m級の稜線にいるとは思えない店内。ケーキセットを注文
DSC01865.jpg

休憩後は白馬三山を縦走します。ガスが少し晴れて三山が望めます。左が杓子岳、その奥が白馬鑓ヶ岳です。
DSC01866.jpg

こちらは北東方面。手前の山は旭岳。その奥には富山湾や能登半島まで見えます。
DSC01867.jpg

アップダウンを繰り返して杓子岳へ。アルプスの稜線歩きは気持ちいいです
DSC01873.jpg

カラフルな花達が道沿いを彩っています。
DSC01874.jpg

イブキジャコウソウ(左)とチシマギキョウ(右)
DSC01876.jpgDSC01877.jpg

そしてなんと!杓子岳付近でコマクサと初めてのご対面!高山植物の女王と呼ばれていて憧れの花でしたピンクの花びらがとても可憐で可愛いですね
DSC01894.jpg

杓子岳下の分岐。せっかくなので三山を登りたい!ということで山頂方面に向かいます。
DSC01902.jpg

ひたすらガレ場を登ります。なかなか足にきます・・・
DSC01903.jpg

杓子岳に登頂!視界は・・・えっと、見たままです
DSC01907.jpg

三山最後のピークは白馬鑓ヶ岳。振り返り杓子岳を望みます。
DSC01913.jpg

ねこじゃらしのようなウルップソウが群生しています。ちなみにこの花は限られた地域にしか咲いていない珍しい花だそうですよ。
DSC01916.jpg

左はミヤマアズマギクでしょうか?右は葱平でも見かけたミヤマオダマキ。
DSC01931.jpgDSC01932.jpg

ミヤマアケボノソウ(左)にミヤマムラサキ(右)
DSC01935.jpgDSC01938.jpg

三山最後のピーク、白馬鑓ヶ岳に登頂!相変わらず視界は真っ白です・・・
DSC01953.jpg

次なる目的地は本日のテント場のある天狗山荘です。南へ向かい稜線を進みます。
DSC01958.jpg

天狗の分岐点。三山縦走のみの場合は鑓温泉方面に下ります。
DSC01963.jpg

この付近にはコマクサが群生しています(左)お馴染みのチングルマ(右)
DSC01965.jpgDSC01966.jpg

雪渓を横切ります。
DSC01967.jpg

本日の宿泊場所、天狗山荘に到着です!お疲れ様でしたー
DSC01968.jpg


ということで1日目、2日目は白馬三山縦走でした。
天気には恵まれませんでしたが憧れの大雪渓や綺麗な高山植物を堪能できてとても楽しかったです
とは言ったものの・・・登りは急登続きでめっちゃきつかった!

ということでゆっくり休んで翌日はいよいよ三大キレットの一つ、不帰ノ嶮(かえらずのけん)に挑戦です!(こちら



白馬岳・唐松岳 | 23:04:56 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad

まとめ