■プロフィール

K-NO

Author:K-NO
千葉県在住の30代。色々と体を動かさないとムズムズしてくる性分です。主に30歳から始めた登山についてつらつらと書いていきます。

●現在の日本百名山:完登!(2017.7.20 幌尻岳)

■訪問者数

■最新記事一覧

2017/10/07
【日本百名山完登!】日高幌尻岳日帰り登山 [額平川コース] (2017.7.20) 2017/09/08
【99座目】7月 快晴のトムラウシ日帰り登山 [短縮コースより] (2017.7.19) 2017/08/15
丹沢の美渓 小川谷廊下遡行 (2017.6.3) 2017/07/21
沢登りデビュー!三ツ峠 四十八滝沢 で滝登り(2017.5.18) 2017/07/03

■カテゴリ

■最新コメント
■最新トラックバック

■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

【奥秩父】鶏冠山(山梨百名山)&木賊山(2014.11.15)
DSC04159_20160801101437e02.jpg
第2、第3岩峰へと続く断崖絶壁の稜線 ※クリックで拡大

==============================================================
■登山ルート&時間(休憩含む)
西沢渓谷駐車場(6:45)→鶏冠谷出合(7:25)→鶏冠山山頂標柱(10:15)→鶏冠山山頂(10:45-10:50)→※木賊山(14:00-14:20)→徳ちゃん新道分岐(15:15)→登山口(西沢山荘)(16:10)→西沢渓谷駐車場(16:30)
※長時間の道迷いを含む!
■所要時間:9時間45分
■歩行時間:9時間20分
==============================================================

【登山ルート】
20141115_route.jpg
鶏冠山から鶏冠尾根を通り木賊山へ向かいます。木賊山からは戸渡尾根&徳ちゃん新道を使っての下山です。※クリックで拡大
(注)鶏冠山の位置はざっくりです。また、鶏冠山-木賊山間はかなり道に迷ったのでこの通りには進んでいません


今回は山梨百名山でも最難関の一つと言われる奥秩父の鶏冠(とさか)山にチャレンジしてきました!
越後の八海山、秩父の二子山に続き今回も険しい岩場が待ち構えています。


早朝の西沢渓谷駐車場にバイクを停めて登山開始です。

登山口となる鶏冠谷出合までの道が少しわかりにくいので、写真でちょっと詳しく説明します。
しばらくは西沢渓谷のハイキングコースを進みます。写真は西沢山荘。
DSC04101_2016080110135800d.jpg

山荘から少し歩くと吊り橋が。
DSC04104_20160801101400983.jpg

吊り橋から望む鶏冠山。うーん、ギザギザのてっぺんがその名の通りにわとりの鶏冠みたいですね。ワクワクします!
DSC04105_20160801101403748.jpg

吊り橋を渡ると西沢渓谷の看板。ここに鶏冠山の標識がありますので、それに従い右手へ進みます。
DSC04107_20160801101404be2.jpg

これが標識ですね。
DSC04108.jpg

しばらくは沢沿いの道をアップダウンしながら進んでいきます。
DSC04109_201608011014051ea.jpg

すると右手に鶏冠谷出合の看板がありますので、ここで渡渉です。
ここからまでくればひとまず大丈夫!
DSC04110_20160801101419995.jpg

尾根道をひたすら登っていきます。のっけからなかなかの傾斜…!
DSC04113_20160801101419d75.jpg

シャクナゲのトンネル(もちろん花は咲いていませんが)をくぐります。
DSC04119_2016080110142003f.jpg

ところどころに青い看板が設置されています。キツネさんが可愛いです
DSC04126_20160801101421c89.jpg

さらに登ると岩場に取り付きます。おお、ここが第一岩峰か!(実際は違っていました)ということで早速取り付いたのですが…
DSC04134_2016080110142324f.jpg

その先は藪の中 どうやら岩に登ってはいけなかった模様・・・途中で90度以上の岩登りもあったしおかしいと思ったんだ!!(>_<)
ともかくなんとか通れそうなスペースを見つけては藪こぎしながら進みます
DSC04138_20160801101431ec9.jpg

藪の中で古びた目印を発見。昔はここが道だったのかな・・・?
DSC04141_20160801101433889.jpg

こんなハプニングに見舞われつつもなんとか正規の登山道に合流!ホッと一安心
DSC04144_20160801101434488.jpg

しばらく歩くと眼前に大岩が!これが第一岩峰です。鎖はかけてありましたがとっかかりがしっかりしているので使わなくても登れる感じでした。
DSC04150_20160801101435ead.jpg

第一岩峰を登りきると・・・圧巻の光景!手前の第二岩峰&奥にそびえるのは、最大の難所、第三石峰!
DSC04159_20160801101437e02.jpg

こちらが第二岩峰(かな?)。鎖を使わずに三点確保で登っていきます。
DSC04164_20160801101446362.jpg

振り返ると眼下には紅葉に染まる西沢渓谷
DSC04165_20160801101448346.jpg

残すは第三岩峰!
DSC04168_201608011014494d2.jpg

一度林の中へ下ります。
DSC04171_20160801101451ca8.jpg

そして第三岩峰に到着。第一、第二とは比べ物にならない高さと迫力 登れるかな・・・
DSC04173_20160801101452b0c.jpg

ここの登攀はかなり危険度が高いようなので、迂回路もちゃんと用意されています。
DSC04174_2016080110150381e.jpg

さて、早速岩峰にアタック!まずは岩の左側に回りこんでから登り始めます。
そこからはこんな岩壁を登ります。ホールドが少なく&鎖もない(!)のでさすがにちょっと苦戦しました。。。
DSC04178_201608011015041dd.jpg

下を見るとこんな感じ
DSC04181_20160801101506032.jpg

岩峰を登りきると・・・そこには山頂の標柱が!
DSC04186_20160801101507c6f.jpg

山梨百名山、鶏冠山、登頂です!(実際はこの先が山頂なのですが…)
DSC04188_20160801101515df5.jpg

第三岩峰の上からはなかなかの景色が広がっています。中央の堂々とした容姿の山は国師ヶ岳。
DSC04187_20160801101509acc.jpg

振り返ると右側に綺麗な山容の黒金山。そして遠くには富士山も見られます
DSC04189_20160801101517b37.jpg

さて、景色を堪能した後はせっかくなので最高点まで向かいます。

しばらくはまたしても藪こぎの道を進みます…。
DSC04191_20160801101518267.jpg

30分程で山頂に到着です!標識などはありませんが、周囲より一際高くなっているので山頂とわかります。中央奥に映るのは木賊山。その左には日本百名山の甲武信ヶ岳
DSC04195_20160801101520541.jpg


さてさて、当初はここからピストンで帰る予定だったのですが、想定より早く到着したので思い切って木賊山まで向かうことにしました!
とりあえず、目的地と稜線は見えているのだから大丈夫だろう、と軽い気持ちで…(結果的にはだいぶ後悔することに・・・)
※注)ここから木賊山まではおそらく正しい道を進んでいないのであまり参考にしないでくださいね!

少し進むとすぐに道がなくなります
DSC04203_20160801101521a6d.jpg

道が全く整備されていないので、倒木越え&藪こぎがひたすら続きます…(それ以前に道が合っているのかすらわかりません)
DSC04206_20160801101529277.jpg

迷った時は藪こぎしてとりあえず稜線に出て現在地を確認

DSC04210_20160801101531740.jpg

時折思い出したように目印のテープが貼られています。
DSC04214_20160801101532750.jpg

そして道が全くわからないまま森の中を進むと…凍りついた沢に遭遇します。ここで道の間違いを確信して稜線に向けてひたすら登ることに。
DSC04216_201608011015341c7.jpg

ひたすら道なき道を登ると・・・
DSC04218_20160801101535ea2.jpg

木賊山のすぐ脇の登山道に出てきました!良かったあぁ(写真の道の脇の木の間からひょこっと出てきた感じです(笑))
DSC04224_20160801101544ccd.jpg

何はともあれ、木賊山に到着です!山頂には少しスペースがありますが展望は全くないです。
DSC04226_2016080110154546d.jpg

さて、ホッとしてしばらく休憩した後は下山にかかります。ちなみにここから30分程で甲武信ヶ岳にもいけますが、時間的に厳しそうだったので今回はこのまま下山です。

少し歩くと鶏冠尾根への分岐。よく見ると"鶏冠尾根通行止"とあります・・・僕が歩いて来た道は通行止めの道だったのか・・・!
DSC04227_20160801101547bbb.jpg

下山道から見下ろす西沢渓谷と付近の山々。遠くには富士山も綺麗に見えます
DSC04233_20160801101550837.jpg

富士山を拡大
DSC04231_201608011015482ee.jpg

下山路は人気の道だけあってとても整備されていました。整備された道を歩くのがこんなに嬉しいのは初めてです・・・
DSC04234_20160801101557d19.jpg

徳ちゃん新道と近丸新道の分岐点。徳ちゃん新道を下ります。
DSC04235_20160801101558007.jpg

徳ちゃん新道は気持ちのいい尾根歩きでした。
DSC04244_20160801101600e03.jpg

無事、登山口の西沢山荘脇に到着です!
DSC04246_2016080110160125a.jpg


というわけで鶏冠山&木賊山の縦走登山でした。

ハードな岩場を登ったり、ひたすら藪こぎしたりと色々あった一日でしたが鶏冠山はとても楽しくていい山でした!本にもほとんど載っていないようなマイナーな山ですが岩場が好きな人はぜひチャレンジしてみてほしいです

あ、ちなみにルートは鶏冠山ピストンを強くオススメします!下手すると遭難しそうだったので…



【関連記事】

【奥秩父】2月 冬の金峰山登山

【奥秩父】快晴の瑞牆山(ミズガキ山)登山

【奥秩父】奥秩父最高峰、国師ヶ岳&北奥千丈岳へ!-大弛峠より-

【奥秩父】甲武信ヶ岳登山(毛木平より周回)

【奥秩父】乾徳山日帰り登山(周回コース)

【南アルプス】鋸岳日帰り登山 (甲斐駒ヶ岳から縦走)

【秩父】二子山(東岳&西岳上級者コース)




スポンサーサイト
鶏冠山・木賊山 | 20:42:09 | トラックバック(0) | コメント(2)

FC2Ad

まとめ