■プロフィール

K-NO

Author:K-NO
千葉県在住の30代。色々と体を動かさないとムズムズしてくる性分です。主に30歳から始めた登山についてつらつらと書いていきます。

●現在の日本百名山:完登!(2017.7.20 幌尻岳)

■訪問者数

■最新記事一覧

【99座目】7月 快晴のトムラウシ日帰り登山 [短縮コースより] (2017.7.19) 2017/08/15
丹沢の美渓 小川谷廊下遡行 (2017.6.3) 2017/07/21
沢登りデビュー!三ツ峠 四十八滝沢 で滝登り(2017.5.18) 2017/07/03
4月 北アルプス 白馬主稜 [撤退] (2017.4.13-14) 2017/06/19
4月 爺ヶ岳・鹿島槍ヶ岳日帰り登山 [爺ヶ岳東尾根→赤岩尾根] (2016.4.5) 2017/04/26

■カテゴリ

■最新コメント
■最新トラックバック

■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

12月、冬の富士山日帰り登山(吉田口1合目より) (2014.12.1)
DSC04366_201609301255378a3.jpg
雪に覆われた山頂の火口

==============================================================
■登山ルート&時間(休憩含む)
吉田口馬返し(1:35)→吉田口一合目登山口(1:45)→五合目(佐藤小屋)(3:35-3:45)→吉田口頂上(11:00-11:50)→五合目(佐藤小屋)(14:50)→吉田口一合目(16:30)→馬返し(16:40)
■所要時間:15時間5分
■歩行時間:14時間5分
==============================================================

11月の頭に都内から見た富士山の姿に憧れて今回は冬の富士登山に挑戦してきました!
夏季の富士山には何度か登りましたが、冬季の富士山はそれとは全くの別物。ものすごい強風とそれによるアイスバーン状の雪面がとても危険な山ですので、好天の日を狙って&準備を万端にしての挑戦です!

登山ルートは吉田口の一合目の手前、馬返し(1,450m)からのピストンです(冬季は五合目までの道はスバルラインを除き通行止めです)※スバルラインは積雪状況によっては運行可能になります
標高差2,300のチャレンジ!

深夜に登山を開始です。
DSC04292_20160930125448da2.jpg


七合目手前から雪道になってきましたので、七合目にてアイゼンを装着です。
冬の富士山から見るご来光。八合目手前にて。
DSC04302_201609301254490c6.jpg

雪面がモルゲンロートに染まります。感動の光景
DSC04311_20160930125450758.jpg

山中湖方面。空が朱色に染まります。
DSC04316_201609301254521ff.jpg

河口湖方面。手前には御坂山塊、奥には奥秩父の山々がそびえています。
DSC04320_20160930125453d6d.jpg

北東には上部が冠雪した八ヶ岳連峰が綺麗に望めます。今シーズンは雪の赤岳にも是非登ってみたいところ
(追記:この3週間後に登りました!こちら
DSC04321_20160930125508779.jpg

上部を見上げますが山頂はまだまだ!この辺りからかなりキツくなってきました
DSC04322_20160930125509127.jpg

綺麗な雪面を夏道と同じくジグザグにひたすら登ります
DSC04323_20160930125511cdd.jpg

こちらは富士山天拝宮。すっかり雪に埋もれています。
DSC04328_2016093012551245d.jpg

振り返ると一面の雲海
DSC04334_20160930125514a0e.jpg

DSC04339_2016093012552286d.jpg

足跡一つない輝く銀の雪面がとても綺麗です。
DSC04343_2016093012552479c.jpg

山頂までもう少し・・・!なんですがこの辺りに来た時は足&体力は限界かつそのせいで高山病の症状も表れ始めてほんとうに泣きそうでした・・・
数歩登っては一息つくのを繰り返して少しずつですが山頂を目指します・・・!
DSC04349_201609301255252a3.jpg

山頂の鳥居が目の前に!もう半泣き状態です(苦笑)
DSC04352_20160930125527ca7.jpg

山頂に到着です!やりましたーーー!!!
DSC04353_20160930125528626.jpg

夏はにぎわう山頂も雪に埋もれてその面影はすっかりありません。
DSC04360_20160930125535d04.jpg

そして、山頂の火口!大迫力です!この景色が見たくてここまで登ってきましたので感激 奥に見えるのは日本最高所の富士山剣ヶ峰
DSC04366_201609301255378a3.jpg

火口その2。岩肌が圧巻の迫力です!
DSC04367_201609301255386b5.jpg

冬の富士山、登頂です! 夏に五合目から登った時は3時間だったのですが、今回はその倍以上かかりました・・・雪道の厳しさを改めて実感
DSC04369_20160930125540082.jpg

この日は暴風の吹き荒れる富士山にして風の穏やかな絶好の登山日だったのですが、山頂はそれでも強風が吹きすさぶ過酷な環境
標柱のえびのしっぽも桁違いの大きさ。ちなみに雪ではなく完全に氷です。
DSC04378_20160930125541828.jpg

体力・気力・時間的に剣ヶ峰まではとてもいけません&強風で休憩すら厳しい状況ですので写真を撮ったら山頂からはすぐに退散です。

下山道は登山道と同じルートです(夏の下山道は完全に雪に埋もれていてわかりません)。
DSC04386_201609301255494c2.jpg

輝く雪面。見ての通り雪は風で飛ばされかなり固くなっていますので、下山時は特に要注意です。一度滑ってしまうと・・・一気に下山でしょうか・・・
DSC04387_20160930125550ab7.jpg

遠くには冠雪した南アルプス。尖った山容からすると甲斐駒ヶ岳でしょうか。
DSC04388_20160930125552f3b.jpg

ようやくの思いで六合目に到着。とりあえず危険地帯を抜けホッと一息です。振り返り山頂を仰ぎ見ます。
DSC04395_20160930125553c87.jpg

こちらは五合目の佐藤小屋。通年営業していて冬季富士登山の頼もしい味方です。登りの際はこちらでひと休憩させてもらいました。ちなみにこの日は天気が良かったこともあり30人ほど宿泊していたそうです(意外に多い!)
DSC04397_20160930125555966.jpg

五合目から先は危険はありませんがもう体力と足が悲鳴を上げているのでかなりきつく感じました・・・
そして・・・最後の力を振り絞ってなんとか馬の背の駐車場に到着です・・・キツかった・・・
DSC04404_2016093012560091b.jpg

ということで冬の富士登山、無事に終了です!標高差2,300m&雪道、かつ緊張感を要する行程ということでこれまでの中で一番厳しい登山になりました・・・が、無事に帰還て何より良かったです 14時間という一日の歩行時間ももちろん最長!

夏道とは足への負担が比にならないということで冬山の厳しさを再認識させられた山行でもありました。これからの冬山シーズン、気を引き締めて臨まねば!

ということで次回は・・・未定ですがまたどこかの雪山にチャレンジしたいと思います



【関連記事】

快晴の日帰り富士登山(吉田口)

冬の三ツ峠登山 -三つ峠駅から-

【南アルプス】1月 厳冬期の白峰三山縦走(2泊3日)

【南アルプス】鳳凰山(薬師岳) 冬山テント泊登山(夜叉神より)

【南アルプス】12月 冬期塩見岳登山(2泊3日)





スポンサーサイト
富士山(冬) | 23:37:37 | トラックバック(0) | コメント(2)

FC2Ad

まとめ