■プロフィール

K-NO

Author:K-NO
千葉県在住の30代。色々と体を動かさないとムズムズしてくる性分です。主に30歳から始めた登山についてつらつらと書いていきます。

●現在の日本百名山:完登!(2017.7.20 幌尻岳)

■訪問者数

■最新記事一覧

2017/10/07
【日本百名山完登!】日高幌尻岳日帰り登山 [額平川コース] (2017.7.20) 2017/09/08
【99座目】7月 快晴のトムラウシ日帰り登山 [短縮コースより] (2017.7.19) 2017/08/15
丹沢の美渓 小川谷廊下遡行 (2017.6.3) 2017/07/21
沢登りデビュー!三ツ峠 四十八滝沢 で滝登り(2017.5.18) 2017/07/03

■カテゴリ

■最新コメント
■最新トラックバック

■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

南八ヶ岳縦走(硫黄岳~横岳~赤岳~阿弥陀岳)その3
その1はこちら
その2はこちら

DSC06741.jpg
赤岳山頂より富士山を望む

赤岳山頂へアタックします。山頂にある赤岳山頂荘を目標に。
DSC06712.jpg

ひたすら岩&鎖の連続。トレッキングポールをしまい三点支持での登り。かなり足にきます・・・
DSC06715.jpg

登ること1時間弱。山頂に到着!
DSC06716.jpg

さすが八ヶ岳最高峰というだけあって山頂からは360度のパノラマが広がっています!
西を見ると眼前に阿弥陀岳、そしてずっと奥には右から乗鞍岳、御嶽山、木曽駒ケ岳と3000m級の山々!
DSC06718.jpg

北を見ると眼下に赤岳展望荘、そして八ヶ岳の山々が一望できます。手前から横岳、硫黄岳、天狗岳(西天狗、東天狗)、さらに奥には蓼科山。
DSC06720.jpg

南を見ると南八ヶ岳の山々&雲の向こうには南アルプス!つい先日登った北岳もしっかり見えます。
DSC06740.jpg

富士山もはっきりと見えます。何度見ても癒されますね・・・
DSC06741.jpg

山頂での景色を満喫(他の登山者の方と降りるのがもったいないですねえなどとお話したり)した後は、少し後ろ髪を引かれながら本日最後の目的地、阿弥陀岳へ。
登りと同じく岩&鎖の連続。こっちの登りもかなりきつそう・・・ちなみに阿弥陀岳に向かわない場合はここから文三郎尾根を下って行者小屋に向かうというルートもあります。
DSC06754.jpg

赤岳へ向かう人々。皆さんかなり息が上がっていました。この傾斜、やっぱりキツイですよね・・・
DSC06763.jpg

30分ほどで中岳のコルの分岐に到着。これから正面の阿弥陀岳にアタック!この周辺にはザックがたくさん転がってました。近くの人に話を聞くと、ここからはかなりハードな岩場なので、ザックを置いて往復する登山者が多いみたいです。
DSC06780.jpg

岩場をひたすら登り続けます。話に聞いていた通り、かなり厳しい傾斜・・・さらに浮いている石が多く、前の人からの落石もしばしばあるので距離を空けて進みます。
DSC06781.jpg

山頂に到着!八ヶ岳で三番目に高い山です。山頂は広く、赤岳同様に360度の展望が開けています。
DSC06792.jpg

阿弥陀岳から見る赤岳。相変わらず迫力あります。
DSC06785.jpg

槍ヶ岳&穂高連峰。眼下には茅野市。右手前にはこの前行ったビーナスラインの霧ヶ峰辺りも見えます。
DSC06791.jpg

ここで少し遅めの昼食に。今回はミネストローネとカレーうどんをチョイス。ふぅ・・・山頂で飲む暖かいスープは格別ですねぇ・・・シンミリ。カレーも最高!
DSC06802.jpg

最後に今日通ってきた道を眺めます。左から硫黄岳→横岳→赤岳、そして手前に折れてここ、阿弥陀岳までやってきました。よくもまあこんなに歩いてきたもんだよ。。。シンミリ
DSC06803.jpg

さて、下山するか・・・としんみりとした気持ちがいきなり吹き飛ぶこの勾配・・・阿弥陀岳は下山時がとても高度感がありデンジャラスですね・・・
DSC06807.jpg

無事阿弥陀岳より下山。次は眼下の行者小屋を目指します。
DSC06811.jpg

行者小屋までの道は思ったほどの傾斜はなく、他のルート(地蔵尾根や文三郎尾根)に比べて昇り降りしやすそうな印象でした。景色はイマイチかもしれませんが。
行者小屋に到着するとカラフルなテント群がお出迎えしてくれました。
DSC06818.jpg

行者小屋は大賑わい。山稜に最後のお別れを。
DSC06821.jpg

帰りは行者小屋→美濃戸への南沢ルート。森&沢沿いをひたすら歩きます。今日はずっと稜線だったので、疲れてはいるものの久々の森は気持ち良かったです。
DSC06828.jpg

美濃戸の駐車場にたどり着くと「阿弥陀岳で待ってたのになんで来てくれなかったの!」とMyバイクに張り紙が。山小屋でご一緒した方がどうやら阿弥陀岳で待っててくれた模様。一見女性っぽいですが、おじさんでしたよ(笑)

美濃戸→美濃戸口までの砂利道をバイクで慎重に下った後は(ロードバイクはダメ、絶対!)、前回に引き続き温泉→ほうとうの組み合わせで。
案の定中央自動車道で渋滞に巻き込まれ帰宅は23時過ぎに・・・登山より移動で疲れるってどうなのさ・・・


というわけで南八ヶ岳縦走でした。アルプスに比べて少し登りやすいかな~くらいの軽い気持ちで選んだのですが、最高の天気に恵まれ、最高の景色を見られました  これだから登山は止められないなぁ(登山暦半年・・・)
いずれ北八ヶ岳にもチャレンジしてみようかと思います!



スポンサーサイト
硫黄岳・横岳・赤岳・阿弥陀岳 | 10:56:24 | トラックバック(0) | コメント(0)
南八ヶ岳縦走(硫黄岳~横岳~赤岳~阿弥陀岳)その2
その1はこちら

DSC06652.jpg
横岳から望む奥秩父の山々、そして富士山

2日目の朝はご来光から始まります。
DSC06552.jpg

朝焼けの奥秩父の山々。とても幻想的な景色。登ってきて良かった・・・
DSC06584.jpg

西側を見ると、雲海の上に中央アルプスの木曽駒ヶ岳(中央左)と王冠のような形をした木曽御嶽山(右)がそびえています。
DSC06595.jpg

北を望むと穂高連峰大キレット、そして槍ヶ岳がくっきりと見えます。遠目から見ても一目でわかるその山容。早く登ってみたい・・・
DSC06606.jpg

景色を目いっぱい堪能し山荘を後にします。
DSC06602.jpg

まず目指すは横岳のピーク、奥の院!
DSC06629.jpg

道中、東側を望むと奥秩父の山並み、そして富士山が!
DSC06626.jpg

富士山のシルエットを見ていると、富士山は登ってよし眺めて良しの素晴らしい山だなぁと感動しちゃいます。。。
ちなみにこの辺から景色があまりにすごいので、「ヤバイ、まじヤバイ」とずっとブツブツ言いながら歩いてました。完全に不審者・・・
DSC06640.jpg

そうこうしている内に横岳に到着!ブツブツ言ってたのであまり覚えてないのですが、山頂付近は急な岩場や鎖場でなかなかスリルがあったような記憶が。。。
DSC06662.jpg

横岳から奥秩父、富士山を望みます!絶景!!
DSC06652.jpg

振り返り北を見ると、北八ヶ岳、蓼科山はもちろん、遠くには立山、白馬三山まで見えます!(写真だとちっちゃくてわからないですが・・・)
ちなみにこの日は地元の登山者いわくまれに見る好天だったらしく、ここまで遠くの山を見渡せることはなかなかないとのこと。最近の登山は山頂にガスが出ることが多かったので嬉しい限り・・・
DSC06656.jpg

横岳を後にし、いよいよ八ヶ岳の主峰、赤岳を目指します。
DSC06654.jpg

鎖場、はしごが多いので慎重に進みます。一度だけいったボルダリングジムで覚えた三点支持を駆使しながらね(苦笑)
DSC06698.jpg

地蔵の頭に到着。ここを下ると地蔵尾根を通り、行者小屋に到着します。
DSC06699.jpg

地蔵の頭を越えると眼前には赤岳が!さすがの迫力。雲の向こうには南アルプス(右から仙丈ヶ岳甲斐駒ヶ岳)が見えます。
DSC06690.jpg

赤岳展望荘に到着。この山小屋にはなんでも五右衛門風呂があるとか。宿泊したご年配の登山者の方がとっても気持ちいいと言っていました。
DSC06709.jpg

さて、いよいよここから赤岳登頂に向けた最後の急登が始まります。

その3へ続く



硫黄岳・横岳・赤岳・阿弥陀岳 | 02:02:49 | トラックバック(0) | コメント(0)
南八ヶ岳縦走(硫黄岳~横岳~赤岳~阿弥陀岳)その1

硫黄岳から見る夕日に染まる南八ヶ岳

ふと山に登りたい衝動にかられ、以前から登ってみたいと思っていた八ヶ岳にいってきました!
思いつき登山ではあるものの行くならせっかくだし縦走したい!ということで硫黄岳~横岳~赤岳~阿弥陀岳の縦走コースへ。

================================================
■登山ルート&時間(休憩含む)
【1日目】
美濃戸(9:00)→赤岳鉱泉(11:00)→硫黄岳(13:20)→硫黄岳山荘(14:00)
【2日目】
硫黄岳山荘発(7:00)→横岳(7:40)→赤岳(10:00)→中岳(11:40)→阿弥陀岳&昼食(12:40)→行者小屋(14:40)→美濃戸(16:30)
================================================
route2.jpg
登山ルート(赤字が1日目、青字が2日目)

早朝からバイクを飛ばし登山口の美濃戸口へ。そこからバイクで約15分で美濃戸へ到着。
ちなみに美濃戸口→美濃戸の道は未舗装の道路(ほぼ砂利道)なので、ロードバイクは止めておいた方がいいです。途中何度タイヤが滑って泣きそうになったことか・・・案の定駐車場のおじちゃんに「バイクは無茶だよと驚かれました。ロードバイクは美濃戸口から歩きましょう!

美濃戸から数分歩くと北沢と南沢の分岐があります。赤岳方面は南沢、硫黄岳方面は北沢に進みます。
DSC06271.jpg

しばらくは森の中&沢沿いを歩きます。傾斜もきつくなく気持ちいい道中!
DSC06275.jpg

2時間ほどで赤岳鉱泉に到着!天気も良く稜線がきれいに見えます。
DSC06292.jpg

赤岳鉱泉からは傾斜が急になります。少しきついですがちょくちょく見える稜線が後押ししてくれます。
DSC06308.jpg

おお、硫黄岳山頂がもう少し・・・
DSC06320.jpg

そして稜線へ!一気に景色が広がります!写真は八ヶ岳最高峰の赤岳(中央)、阿弥陀岳(右)。
DSC06324.jpg

それにしてもホントいい天気・・・
DSC06348.jpg

目指す硫黄岳まであと少し!
DSC06341.jpg

山頂に到着!かなり広々としています。
DSC06368.jpg

横岳~赤岳へと続く稜線。美しい・・・
DSC06363.jpg

そして硫黄岳名物の爆裂火口。近くで見るとものすごい迫力!
DSC06396.jpg

北八ヶ岳の山々も綺麗に見えます。中央の左右のピークが西、東の天狗岳。さらに奥には蓼科山も見えます。
DSC06397.jpg

奥秩父の山々。中央右の岩肌が露出した山が日本百名山の瑞牆(みずがき)山、その奥には金峰山も。
DSC06421.jpg

山頂から約10分、宿泊地の硫黄岳山荘に到着。
DSC06423.jpg

南へ続く稜線が夕日に染まります。美しかばい・・・
DSC06429.jpg

夕日に染まる阿弥陀岳。
DSC06434.jpg

硫黄岳山頂から見るサンセット。紅と青のコントラストがとても綺麗。
DSC06459.jpg

夕日が沈んだ後は夕食&ビールで乾杯!山小屋泊の皆さんと話していると関東を始め、静岡や高知(!!)など色々なところから来ているようでした。ふむふむ、八ヶ岳の人気の高さを改めて実感。

せっかくなんで星空も見たい!ということで深夜に起きて星空をのんびり撮影。
僕が知っている数少ない星座、オリオン座。
DSC06505.jpg

DSC06518.jpg

おお、まさに満天の星空・・・
DSC06525.jpg

ということで1日目は終了。2日目はいよいよ縦走にチャレンジします!

その2 に続く。



硫黄岳・横岳・赤岳・阿弥陀岳 | 01:02:16 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad

まとめ