■プロフィール

K-NO

Author:K-NO
千葉県在住の30代。色々と体を動かさないとムズムズしてくる性分です。主に30歳から始めた登山についてつらつらと書いていきます。

●現在の日本百名山:完登!(2017.7.20 幌尻岳)

■訪問者数

■最新記事一覧

【99座目】7月 快晴のトムラウシ日帰り登山 [短縮コースより] (2017.7.19) 2017/08/15
丹沢の美渓 小川谷廊下遡行 (2017.6.3) 2017/07/21
沢登りデビュー!三ツ峠 四十八滝沢 で滝登り(2017.5.18) 2017/07/03
4月 北アルプス 白馬主稜 [撤退] (2017.4.13-14) 2017/06/19
4月 爺ヶ岳・鹿島槍ヶ岳日帰り登山 [爺ヶ岳東尾根→赤岩尾根] (2016.4.5) 2017/04/26

■カテゴリ

■最新コメント
■最新トラックバック

■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

【冬の中国四国遠征その1】 積雪の石鎚山登山(2015.3.12)
DSC05758_201610020118317cd.jpg
夜明峠から望む石鎚山。中央上部にうっすらと見えるのが山頂です。

==============================================================
■登山ルート&時間(休憩含む)
ロープウェイ山頂駅(10:55)→成就(11:10)→夜明峠(12:20)→弥山(13:30)→天狗岳(13:50)→弥山(14:10)→二ノ鎖元小屋(14:35-14:55)→成就(16:00)→ロープウェイ山頂駅(16:10)
■所要時間:5時間15分
■歩行時間:4時間55分
==============================================================

【登山ルート】※クリックで拡大
20150312_route.jpg
ロープウェイ山頂駅から山頂(天狗岳)へのピストンです!

中国四国遠征第二弾(伯耆大山)はこちら


雪山の本を見ながら冬の中国・四国地方に行ってみたいなぁ、と思うこと約1ヶ月(大して長くはない・・・)。思い切って中国四国遠征に行っちゃいました!
ということで遠征第一弾は西日本最高峰、四国の日本百名山、石鎚山です!

成田発の早朝の便で松山空港に到着し、そこからレンタカーで約1時間半、ロープウェイ駅に到着です。
※ちなみにロープウェイの山麓駅は標高400m程度ということで積雪や路面の凍結は一切ありませんでした。

11時ちょい前ということで出発が遅くなったけど・・・さっそく山頂駅を出発です!
(ちなみにロープウェイ下り最終便は17時なので若干あせり気味
DSC05642_201610020117292be.jpg

まずは成就神社を目指し樹林帯を登っていきます。
DSC05643_201610020117310d9.jpg

15分程で成就神社に到着!神社の他に通年営業の旅館等もありますよー。
DSC05644_20161002011733a5f.jpg

ここからいよいよ登山道の始まり!まずは鞍部の八丁まで100m程下ります。
DSC05651_20161002011734ecf.jpg

八丁からは下った分の上り返し!最初は緩やかですが徐々に傾斜が急になっていく感じです。
DSC05661_2016100201173675f.jpg

霧氷がとても綺麗です 天気が良かったらなお良かったんだけどなぁ・・・( ´・ω・` )
DSC05663_201610020117445cf.jpg

若干緊張するトラバースも有り!アイゼン必須です。
DSC05665_2016100201174544d.jpg

こちらは一軒茶屋。中継地点の夜明峠まではもう少し!
DSC05667_20161002011747363.jpg

再び少し緊張するトラバースを超えて・・・
DSC05668_201610020117481e4.jpg

夜明峠に到着です!ここからは写真のように山頂と北壁が綺麗に見えるんです【理想】
DSC05669.jpg

【現実】何にも見えねぇよ・・・(´TωT`) 無念です・・・
DSC05670_20161002011750ebe.jpg

気を取り直して、視界の利かない中を進みます。
DSC05674_20161002011758667.jpg

さて、ここからがこの山の本番、約300mの急傾斜の登りです!
※注)以降は危険なトラバースがあるので雪山初心者の方はここから先は止めておいた方がよいです!
DSC05680_20161002011759345.jpg

鳥居がこんなに埋まる程の積雪
DSC05683_20161002011801d73.jpg

鳥居を過ぎるといよいよルート中の核心部、二ノ鎖の迂回路に取り付きます!
締まった雪の急斜面をトラバース!
DSC05690_20161002011803d8f.jpg

前爪とピッケルを使ってかにの様に横歩きをします。距離は長くはないのですが、正直なところ予想以上にかなり緊張するルートでした
DSC05692_2016100201180426c.jpg

ニノ鎖を超えると最後は三ノ鎖の迂回路。ここも緊張しますが二ノ鎖に比べると少し楽でした。
DSC05697_20161002011811554.jpg

弥山に到着--! 束の間の晴れ間が祝福してくれました!
DSC05706_2016100201181397b.jpg

ちなみに・・・二ノ鎖を超えたところで地元の(?)おじさんに、二ノ鎖以降はピッケルは2本必要だとか雪崩の危険が高いだとかラッセルが待っている、難易度は八ヶ岳の比ではない等といった事を言われかなり緊張していたのですが、いずれもそんなことはありませんでした。後で他の方と話したところ、よくいるおじさんで大げさなことを言う人なのだとか。登山道の状況を教えていただけるのはありがたいのですが、過度に不安を煽るのは止めてほしいと後で振り返って少しイライラしてしまいました・・・


気を取り直して・・・山頂神社!
DSC05710_20161002011814dbe.jpg

DSC05711_20161002011816be6.jpg


さて、ここまで来れば最高峰の天狗岳まであと少し!ただし岩場&痩せた稜線なので慎重に慎重に・・・
DSC05720_20161002011817c25.jpg

北壁側(左手)は雪屁が発達しているのでルート選択は慎重に・・・
トレースがなく視界も悪かったので緊張です
DSC05721_20161002011825ddf.jpg

天狗岳に登頂です!西日本の最高峰に来たよーーー!!

・・・と言っても視界は全くないのでとりあえず山頂の石碑を一枚
DSC05731_2016100201182782c.jpg


西日本で一番高い場所!ということで登頂の余韻に浸りたいところだけど・・・山頂の稜線は強風だったので視界も悪いしそそくさと下山開始です。

下山時も気を抜けません。二ノ鎖のトラバースは慎重に。
DSC05754_20161002011828cc7.jpg

二ノ鎖を超えた所にある休憩所(トイレもあるよ!)で一息つきます
DSC05757_20161002011830b73.jpg

夜明峠付近から振り返る石鎚山。だいぶ天気が回復してきました
DSC05758_201610020118317cd.jpg

DSC05764_20161002011838004.jpg

夜明峠。山頂&北壁も一応ちゃんと見えました!
DSC05773_20161002011840a32.jpg

青空と霧氷のコントラストが綺麗
DSC05778_201610020118415b0.jpg

成就神社で無事下山の報告を。
DSC05785_20161002011843b69.jpg


成就からロープウェイ山頂駅までは下り約10分、なんとか最終のロープウェイにも間に合い無事下山しました。

ということで雪たっぷりの石鎚山登山でした!率直な感想としては・・・思った以上に危険でびっくりしました
今回もすれ違った登山者の半数近くは二ノ鎖前で引き返していたようですが、ある程度の経験と技術がないと危険だなと感じました。

ただ、体力的にはそれ程きつくなく晴れた日の景色はかなり良いみたいですので、ある程度雪山に慣れたら是非チャレンジしてみてください
成田-松山空港のLCCを使えば割と安く関東から土日で往復もできますよー


さて、続いては中国四国遠征第二弾、鳥取の伯耆大山にチャレンジです!(こちら




【関連記事】

緑の稜線♪ 剣山&次郎笈登山

3月 冬の伯耆大山登山

12月 冬の九重(中岳)登山(牧ノ戸より)

2月 冬の九重(大船山)登山 -吉部ルート-

12月 冬の祖母山登山(尾平からの周回コース)

2月 冬の伊吹山登山

2月 白銀の荒島岳登山





スポンサーサイト
石鎚山(冬) | 19:19:39 | トラックバック(0) | コメント(2)

FC2Ad

まとめ