■プロフィール

K-NO

Author:K-NO
千葉県在住の30代。色々と体を動かさないとムズムズしてくる性分です。主に30歳から始めた登山についてつらつらと書いていきます。

●現在の日本百名山:完登!(2017.7.20 幌尻岳)

■訪問者数

■最新記事一覧

2017/10/07
【日本百名山完登!】日高幌尻岳日帰り登山 [額平川コース] (2017.7.20) 2017/09/08
【99座目】7月 快晴のトムラウシ日帰り登山 [短縮コースより] (2017.7.19) 2017/08/15
丹沢の美渓 小川谷廊下遡行 (2017.6.3) 2017/07/21
沢登りデビュー!三ツ峠 四十八滝沢 で滝登り(2017.5.18) 2017/07/03

■カテゴリ

■最新コメント
■最新トラックバック

■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

【GW】 期間限定!残雪の至仏山登山(2015.4.25)
DSC06430.jpg
山頂から見下ろす雪に覆われた尾瀬ヶ原と燧ヶ岳 ※クリックで拡大

==============================================================
■登山ルート&時間(休憩含む)
鳩待峠(10:10)→至仏山(12:55-14:15)→鳩待峠(15:20)
■所要時間:5時間10分
■歩行時間:【登り】2時間45分【下り】1時間 5分
==============================================================

【登山ルート】※クリックで拡大
20150425_route.jpg
鳩待峠起点の周回コース。下山は急斜面を滑り降ります



3月の谷川岳以来久々の登山!ということで尾瀬の日本百名山、至仏山に登ってきました

実はこの山、雪の季節は鳩待峠までの道路が開通する4月下旬~GW最終日頃※までの2週間程度しか登れない期間限定のレアな冬山なのです! ※詳しい期間は調べてね!
(ちなみに冬の間は環境保護&遭難対策で入山自粛、GW後から6月いっぱいは植生保護のため入山禁止)


そう言われると是が非でも登りたくなるのが人の性・・・そんなわけで友人2人と一緒に山頂アタックです!



都内から車を飛ばし10時前に鳩待峠の駐車場に到着・・・なのですが既に駐車場は満車
管理人のおじさんに聞いたところ、なんでも朝6:30頃に満車になったとか さすが期間限定・・・

こうなると手前の戸倉に駐車してそこからバスor乗合タクシーを使うしかなかったのですが、今回は一つだけスペースがあったということでなんとか停めさせてもらえました!良かった・・・
DSC06305.jpg

こちらは鳩待山荘、駐車場の端にある登山口からスタートです!
DSC06306.jpg

しばらくは樹林帯のゆるい傾斜を登っていきます。
雪は水分を含んでだいぶ腐ってる感じです
DSC06309.jpg

DSC06311.jpg

右手には目指す山頂が見えます。待っててねー!
DSC06315.jpg

日光方面の山々を背にえんやこら登っていきます!ちなみに傾斜は終始緩い感じでした。
DSC06332.jpg

尾根の東側をトラバース。ちなみに夏道は尾根の上まで上がるみたいです
DSC06346.jpg

背中には日光白根山&日光男体山
DSC06356.jpg

樹林帯を抜けると雪原が広がります。手間のピークは小至仏山。
DSC06365.jpg

右手にそびえるのは夏の観光名所で有名な尾瀬ヶ原&尾瀬の日本百名山、燧ヶ岳!
DSC06373.jpg

今回のメンバーの一人、センパイは体調不良によりこの辺で意識が飛びかけてたとか・・・足取りがおぼついてませんね
DSC06375.jpg

小至仏山はピークを通らずトラバース。雪面についたトレースが綺麗ですね
DSC06382.jpg

陽光でキラキラ輝く雪面
DSC06393.jpg

小至仏山を越えるといよいよ山頂へ最後の登り!
DSC06402.jpg

背後には小至仏山のピーク&その向こうに上州武尊山がそびえています
DSC06416.jpg

雪の急斜面を登ってくる人も!キツそう
DSC06421_2015042701244702b.jpg

山頂は目の前!
DSC06427.jpg

山頂に到着です 今年は雪が少ないらしく山頂は岩が露出していました。
DSC06428.jpg

山頂碑と一緒に・・・ドヤァ!
DSC06429_201504270125080f9.jpg


さて、と。お待ちかねの景色ですが・・・山頂からは想像以上の絶景が広がります
実を言うと景色はそんなに期待してなかったんですが登ってビックリ!

ということで山頂からの景色をいくつか


雪に覆われた尾瀬ヶ原とその向こうには燧ヶ岳
DSC06430.jpg

こちらは日光方面。うっすらとですが左から日光白根山日光男体山皇海山の三つのピークが見えます。
DSC06431.jpg

なだらかな山容とは裏腹に山頂付近は岩場のゴツゴツした景観。
DSC06432.jpg


そしてそして、本日一番のビックリ!登山中は全く見えなかった西側の景色が広がります!!

谷川連峰や遠くには越後三山など上越の山々が広がります・・・絶景
DSC06439.jpg

絶景を背にポーズをキメる僕。(ブログのプロフィール画像になりました(笑))
DSC06440.jpg

景色を楽しみながらお昼タイム!
DSC06500.jpg


山頂の景色を堪能した後はこちらもお待ちかねの急斜面の下り!

バックカントリーのボーダーやスキーヤーが颯爽と滑り降りていきます。ちなみにほとんどの人がバックカントリー目的でした。
DSC06501.jpg


僕らも負けじと(?)シリセードで滑走!楽しいぜー!!ヾ(*´∀`*)ノ
(この後お尻はびしょびしょになりました
DSC06512.jpg

斜面には縦横無尽にシュプールの跡がついています。
DSC06518_20150427012555925.jpg

シリセード&雪面ダッシュであっという間に樹林帯まで降りてきちゃいました
DSC06523.jpg

ここからは緩やかな樹林帯のくだり。
DSC06525_201504270125580b1.jpg

最後は鳩待峠に向けて少しばかり登ります。ついさっきまでいた山頂を背に。
DSC06530.jpg

鳩待峠に到着ー!お疲れ様ー!下りはわずか1時間程のスピード下山でした
DSC06538.jpg


というわけで雪の至仏山でした!比較的短い行程&緩めの傾斜ということで割りと楽に登れるのですが、そのくせに景色は素晴らしい!という素敵な山でした。
期間限定なのがもったいないくらいの景色なので、GWに登る山が決まっていない人は是非是非行ってみてください

ちなみに装備は天気が良ければ本格的な雪山のものでなくても大丈夫かと思います。
今回僕は防水性の夏靴&6本爪アイゼンでしたがそれで十分でした。雪質的にノーアイゼンでもなんとかなるレベルかと思います。

あ、あとヒップソリがあるとより楽しめるかと!


【おまけ】
帰る途中で寄り道した東洋のナイアガラこと吹割の滝。なかなかの迫力でした
DSC06544.jpg




スポンサーサイト
至仏山(冬) | 14:02:36 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad

まとめ