■プロフィール

K-NO

Author:K-NO
千葉県在住の30代。色々と体を動かさないとムズムズしてくる性分です。主に30歳から始めた登山についてつらつらと書いていきます。

●現在の日本百名山:完登!(2017.7.20 幌尻岳)

■訪問者数

■最新記事一覧

2017/10/07
【日本百名山完登!】日高幌尻岳日帰り登山 [額平川コース] (2017.7.20) 2017/09/08
【99座目】7月 快晴のトムラウシ日帰り登山 [短縮コースより] (2017.7.19) 2017/08/15
丹沢の美渓 小川谷廊下遡行 (2017.6.3) 2017/07/21
沢登りデビュー!三ツ峠 四十八滝沢 で滝登り(2017.5.18) 2017/07/03

■カテゴリ

■最新コメント
■最新トラックバック

■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天元台から残雪の西吾妻山登山(西吾妻山&西大巓)(2015.5.10)
DSC07206_201611162059528ee.jpg
西大巓より望む磐梯山と裏磐梯

==============================================================
■登山ルート&時間(休憩含む)
リフト終点(12:00)→天狗岩(12:55)→西大巓(13:50-14:00)→西吾妻山(14:40)→天狗岩(15:10)→リフト終点(15:40)
■所要時間:3時間40分
■歩行時間:3時間30分
==============================================================

【登山ルート】※クリックで拡大
20150510_route.jpg
天元台スキー場のリフト終点から西大巓、西吾妻山に向かいます


さて、今回は少し足を伸ばして東北地方へ遠征!西吾妻山へ登ってきました
ルートは一番楽に登れる天元台スキー場を選択。ここのリフトを使うと標高1,800mまで登れちゃうんです。

本当は磐梯側からアクセスのよいグランデコスノーリゾートからのコースを考えていたのですが、今シーズンの営業が5/8までで終了していたので天元台を利用したという経緯なのです(ちなみに天元台スキー場はこの日(5/10)までの営業でした)
※夏山用のリフトは6月下旬からの運行だそうです!

■装備■
・6本爪アイゼン ←なくてもよいかもです
※ピッケルはいりません。トレッキングポールは◎

カーブいっぱいの西吾妻スカイバレーをバイクで飛ばすこと1時間、ロープウェイ山麓駅に到着!
ここからロープウェイ&リスト3つを乗り継ぎして高度を上げていきます♪
DSC07139_20161116205911823.jpg


リフトでの楽チン登り♪ ちなみにリフトの所要時間は3つ合わせて40分ほどと意外とかかるので注意です!
DSC07142_20161116205912d31.jpg

リフト終点に着くとすぐ目の前に登山口があります。
ちょっとガスってるのが気になりますが・・・登山開始!
DSC07143_20161116205914d4d.jpg

しばらくは樹林帯の中を進みます。5月とはいえ雪はたっぷりです
DSC07145_20161116205915182.jpg

上を見上げると木の間に目印がつけられているのでこれを頼りに進みます。
DSC07147_20161116205917d16.jpg

樹林帯の緩い登りを抜けると雪原に出ます。が、視界が悪くこの辺りから目印もなくなりルートがわかりません とりあえずはトレースを信じてついていきます。
DSC07151_20161116205923631.jpg

少し歩くと梵天岩が見えてきました!
DSC07158_20161116205925c4a.jpg

さらに少し歩くと岩の広場、天狗岩に到着です
まるで蓼科山山頂のような景観です!(って写真でしか見たことないですが…(苦笑))
DSC07164_20161116205926fbb.jpg

こちらは吾妻神社。
DSC07165_201611162059284e9.jpg

天狗岩からは目指す西吾妻山のピークが見えます。噂通りのっぺりとした山頂部。
DSC07166_20161116205929d12.jpg

その右手には西大巓のピーク。画面左端にはちっちゃく西吾妻小屋も見えますね。
DSC07176_20161116205938169.jpg


このまま山頂に行ってもいいのだけれど…それだけじゃ味気ない!
ということで見晴しがいいと噂の西大巓まで行くことにします!

まずは眼前の西吾妻小屋へGO!

中は広めで2階建ての避難小屋でした。
DSC07178_201611162059390a1.jpg


ここから樹林帯を通って西大巓に向かいます。トレースはなかったですがピークは見えるので適当に進みます!

→つまり視界が悪いと迷う可能性大いに有りということなので注意です…
DSC07191_20161116205941c1a.jpg

途中の一帯は枯れ木がもの寂しい感じ。北八ヶ岳の縞枯山を彷彿とさせますね。
DSC07195_20161116205942e6b.jpg

下り&登り返しを越えて・・・西大巓に到着!
DSC07196_20161116205944426.jpg

西大巓に着くと展望が一気に開けます

まずは東にそびえる安達太良山
DSC07205_20161116205950d5d.jpg

そして南には翌日に登る磐梯山と裏磐梯の景観
DSC07206_201611162059528ee.jpg

西側にはちょっと雲で隠れていますが飯豊連峰
DSC07211_20161116205953d12.jpg


さて、景色を楽しんだ後はいよいよ西吾妻山へ向かいます!

写真の雪原の部分を通っていく感じです。写真ではかなり小さいですがその先に西吾妻小屋があります。
DSC07219_20161116205955946.jpg

途中から再びガスが立ち込めて視界が利かなくなってきます…
トレースなしでしたがところどころに目印のテープがあったのでふらふらしながらですがなんとか進みます。
DSC07229_20161116205956a86.jpg

山頂直下は笹の藪。ここまでくればあと少し!
DSC07231_201611162100077a8.jpg

吾妻連峰最高峰、西吾妻山に到着ですーー!(^^)/
DSC07233_20161116210009f7c.jpg

山頂は聞いていた通り、木に囲まれて全く展望はありません。
最高峰のわりにかなり地味なところです・・・(^_^;)
DSC07236_20161116210010e5d.jpg


さて、ここからが大変でした。。。視界が相変わらず利かないのでトレースにしたがって天狗岩を目指したのですが・・・
トレースが四方に向けて無数にあるある
その結果・・・間違ったトレースを信じて間違った方向に進むことに

僕はどこを歩いているんだ・・・
DSC07237_2016111621001226c.jpg


と苦戦したもののガスが一瞬晴れた隙に景色と地図を確認してなんとか方向修正!

無事に天狗岩方向に舵を取ることができました。ふぅ・・・
視界の先に見えるぽこっと出た岩が吾妻神社です。
DSC07239_20161116210013b48.jpg


天狗岩・梵天岩から先は登りの道と同じなので迷わずに進めます。

正面のピークは中大巓。冬道ではここは登らず左側に巻いて下ります。
DSC07250_20161116210019585.jpg

最後は樹林帯。
DSC07253_20161116210021be8.jpg

15:40、無事にリフトに到着!最終が16:00だったのでぎりぎりでした
ここに来て天気が気持ちよく晴れるというね
DSC07254_2016111621002216d.jpg

リフトに乗ってのんびりと下山。下りリフトに乗るのは前年の上州武尊山以来。
登りのスキー客にじろじろ見られるので少し恥ずかしかったり
DSC07255_2016111621002571e.jpg


そんなわけで無事に下山。お疲れさまでしたー

下山後は翌日の磐梯山登山に備えて裏磐梯に移動 → テント設営でした。


さてさて、登った感想ですが・・・とにかくルートがわかり辛いです!

登り始めの樹林帯以降はほとんど目印もない&広い雪原なので、視界が利かない時はルートファインディングにかなり苦労すると思います。
地図読みができる or GPSを持っていればよいですが、そうでなければ天気の良い日を狙った方がよいかと思います。
計画を立てるときもある程度道迷いの時間を盛り込んだ方がよいかもですね。

景色については、西吾妻山ピストンだとほとんど楽しめないと思うので、個人的には西大巓まで足を伸ばすのをオススメ


【おまけ】
西吾妻スカイバレーの展望台から見る磐梯山と桧原湖。
DSC07263_201611162100277e9.jpg


ではでは次回は付近の日本百名山、磐梯山に登ります!(こちら



【関連記事】

1月 暴風の荒れ狂う厳冬期安達太良山へ・・・!

5月 残雪期飯豊連峰(飯豊本山、大日岳)登山(川入より)

快晴の蔵王登山 -ロープウェイで熊野岳&お釜へ-

【GW】 残雪の朝日連峰(大朝日岳)日帰り登山

【GW】 残雪の鳥海山登山-鉾立より-

快晴の絶景!11月 初冬の月山

ラッセル天国・・・!2月 厳冬期の岩手山へ(馬返しより)

圧巻の樹氷!2月の八幡平

3月 冬の岩木山(嶽温泉より)

3月 快晴の冬の八甲田山へ!





スポンサーサイト
西吾妻山(冬) | 22:31:58 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad

まとめ