■プロフィール

K-NO

Author:K-NO
千葉県在住の30代。色々と体を動かさないとムズムズしてくる性分です。主に30歳から始めた登山についてつらつらと書いていきます。

●現在の日本百名山:完登!(2017.7.20 幌尻岳)

■訪問者数

■最新記事一覧

【99座目】7月 快晴のトムラウシ日帰り登山 [短縮コースより] (2017.7.19) 2017/08/15
丹沢の美渓 小川谷廊下遡行 (2017.6.3) 2017/07/21
沢登りデビュー!三ツ峠 四十八滝沢 で滝登り(2017.5.18) 2017/07/03
4月 北アルプス 白馬主稜 [撤退] (2017.4.13-14) 2017/06/19
4月 爺ヶ岳・鹿島槍ヶ岳日帰り登山 [爺ヶ岳東尾根→赤岩尾根] (2016.4.5) 2017/04/26

■カテゴリ

■最新コメント
■最新トラックバック

■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

5月 快晴の磐梯山登山!(八方台登山口より)(2015.5.11)
DSC07335.jpg
山頂から猪苗代湖を見下ろす ※クリックで拡大

==============================================================
■登山ルート&時間(休憩含む)
八方台登山口(6:50)→弘法清水(7:50)→山頂(8:10-8:40)→弘法清水(8:55)→八方台登山口(10:10)
■所要時間:3時間20分
■歩行時間:【登り】1時間20分【下り】1時間30分
==============================================================

【登山ルート】※クリックで拡大
20150511_route.jpg
八方台登山口から山頂のピストンです


前日の西吾妻山に続いての連続登山ということで会津の百名山、磐梯山に登ってきました。

磐梯山といえば表側(猪苗代湖側です)と裏側で全く別の顔を見せる山、ということでまずは登る前に両面からの写真を
DSC07263_20150525001032ddf.jpg

こちら↑は表側。会津富士と呼ばれているだけあって円錐型の綺麗な形
これだけかっこいいとそりゃ観光名所にもなるよねぇ。。と納得の風格!

それに対して↓が裏磐梯。
DSC07264.jpg

表側の優しい感じとは一転、二股に分かれていて山肌には火口の荒々しい感じが出ています。
こっちもこっちでとてもカッコいい…!


という感じで今回はどこから見ても様になる磐梯山にアタック!期待に胸を膨らませながらね


登山コースは表口や裏口とたくさんあるのですが、今回は最短で登れる人気の八方台からのルートにしました。
連日の登山なのでちょっと楽しちゃおうと思いまして・・・

磐梯山ゴールドラインを通り早朝の八方台駐車場へ。平日ということもあり車はポツポツという感じです。
ちなみに磐梯山ゴールドライン、有料かと思っていたら2013年に無料となったみたいです。
なお、4月下旬まで冬季通行止めなので注意!
DSC07265.jpg

6:50 八方台登山口をスタート!熊の看板がやたら迫力があります。。。熊鈴もってないけど大丈夫かな…?
DSC07267.jpg

しばらくは広いブナ林の中を歩いていきます。かなり緩~い登りなのでとても気持ちがよい感じ
DSC07270.jpg

しばらくすると中ノ湯跡に到着 硫黄の臭いがぷんぷん立ち込めています。
DSC07276.jpg

中ノ湯跡から見上げる山頂。まだまだ先は長い!
DSC07275.jpg

中ノ湯を過ぎると徐々に傾斜が出てきます。
登ってトラバースして登って、という感じ。特に危険箇所はないので初心者でも安心な道です。
DSC07286_201505250010571d0.jpg

時折景色が開けてご褒美のような景色が広がります 眼下に見えるのは桧原湖。
DSC07287.jpg


しばらくすると後ろからハイペースなお兄さんの熊鈴の音がチリンチリンと近づいてきます。
熊鈴の音を聞くとなぜか追い立てられるように逃げてしまう習性をもつ僕もあわててハイペースに…!(熊かよ!)

そんな感じで早足で分岐点に到着!左はお花畑の迂回路、右は山頂への直通ルート。
早く山頂の景色が見たかったので登りは右の道へ!
DSC07291.jpg

この辺りから景色が開けてくるので気持ちよく登れます。
DSC07294.jpg

弘法清水に到着!ここは裏磐梯側のルートが合流するポイントです。
DSC07297.jpg

弘法清水には山小屋有り。でも平日だからか時間が早いからなのか残念ながら閉まっていました。。。
登山バッジが欲しかったのに…!

※ちなみに登山バッジは色々な人に聞きまわった結果、なんとか猪苗代観光協会(猪苗代駅前)で無事GETできました!
DSC07298_20150525001125818.jpg

ここからは山頂に向けてガレ場の急登を一気にあがります。
いよいよ山頂アタック開始!ということでテンションも上がってきました
DSC07299.jpg

景色もどんどん開けてきます。写真は櫛ヶ峰。裏磐梯側から見たときに磐梯山は双耳峰に見えますが、その一角がこちらね。

火山らしい荒涼とした景色、とてもいいですね
DSC07300.jpg
DSC07304.jpg

山頂が見えてきました!
DSC07318.jpg


磐梯山山頂、到着です!41座目の百名山

奥に見える雪を被った山は飯豊連峰。
DSC07319_20150525001149460.jpg

山頂には岡部小屋。こちらも残念ながら開いておらず オープン準備中でございました。
DSC07320.jpg

山頂は少し広めの岩場になっていて、てっぺんには磐梯明神の祠。
DSC07321.jpg

祠は猪苗代湖を見守るように鎮座しています。
DSC07335.jpg

広がる青空と湖を背に・・・登頂したぜーー!(^^)/
(例の熊鈴のお兄さんに撮ってもらいました)
DSC07336.jpg


さてさて、お待ちかねの眺望ですが・・・素晴らしいの一言
さえぎるもののない360度の展望が広がっているんです!

そんなわけで山頂からぐるっと一回りしてみます。

まずは何と言っても一番目につくのが猪苗代湖。奥に見えるのは那須岳…かな?
DSC07337.jpg

南東方面には会津若松の町並みが一望
DSC07338.jpg

東にそびえるのは日本百名山、飯豊連峰。かなりタフな山らしいですがいつか行ってみたいなー
DSC07339.jpg

眼下には裏磐梯の桧原湖。奥にうっすらと見えるのはこちらも百名山の朝日連峰。
ここも日帰りが難しいタフな山のようです。いつかレベルアップしてチャレンジしなきゃ!
DSC07340.jpg

中央いっぱいに広がる吾妻連峰。前日に登った西吾妻山(一番左です)もバッチリです。
DSC07358.jpg

中央奥は1月に登った安達太良山。暴風の中、恐ろしい登山でした…
DSC07359.jpg


眼下には火山らしい荒れた山肌が望めます。

ちなみに昔はこの辺りにもう一つ小磐梯というピークがあったらしいですが、なんと爆発で吹き飛んだとのこと!火山恐ろしい…
DSC07361.jpg

なんとなく三角点もパシャ
DSC07362.jpg


雲一つない青空の下、山頂からの絶景を堪能したあとはもちろん昼寝!・・・ではなく下山にかかります。

景色のいい山から下りる時はいつも名残惜しい気持ちになって寂しいね


下山は弘法清水から少し遠回りしてお花畑ルートを通ります。
こちらのコースは火口が間近に見えてド迫力!
DSC07366.jpg

荒涼とした景色を見ながらお花畑をお散歩

とは言ってもさすがにこの時期に咲いている花はほとんどなく草っぱら状態。

ちなみに6、7月に来るとバンダイクワガタという磐梯山固有種の花が見られるそうですよ
DSC07368.jpg

かろうじてこの花だけは咲いていました
ハート型で鮮やかな黄色の花びら、ミヤマキンバイかな?
DSC07379.jpg

樹林帯に咲いていたスミレの一種。淡い紫が綺麗です。
DSC07383.jpg

気持ちのいい新緑のブナ林を進みます
DSC07405.jpg

無事に下山、お疲れ様でしたー!
DSC07407.jpg


というわけで八方台からの磐梯山登山でした。

さてさて、登ってみた感想を・・・

山頂の景色最高!!それに尽きる!晴れの日に来られて本当に良かったです


比較的簡単に登れるし特に危険なところもないので初心者にもオススメできる素敵な山でした。

機会があれば登ってみてね、っていうか是非登ってみてほしい!!晴れの日を狙ってね。


【おまけ】
磐梯山を望むMyバイク

見習いライダーといいつつバイク要素が一切ない!乗ってないんじゃないの?という誤解を払しょくするため、バイク写真を載せてみました(笑)
冬は寒さ&路面凍結で出番がありませんでしたが、これからの季節はまた活躍してくれそうです!
DSC07412.jpg


さてさて、これにて南東北遠征は無事終了!

次回は八ヶ岳最北部の百名山、蓼科山にアタックします!(こちら


スポンサーサイト
磐梯山 | 18:30:00 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad

まとめ