■プロフィール

K-NO

Author:K-NO
千葉県在住の30代。色々と体を動かさないとムズムズしてくる性分です。主に30歳から始めた登山についてつらつらと書いていきます。

●現在の日本百名山:完登!(2017.7.20 幌尻岳)

■訪問者数

■最新記事一覧

2017/10/07
【日本百名山完登!】日高幌尻岳日帰り登山 [額平川コース] (2017.7.20) 2017/09/08
【99座目】7月 快晴のトムラウシ日帰り登山 [短縮コースより] (2017.7.19) 2017/08/15
丹沢の美渓 小川谷廊下遡行 (2017.6.3) 2017/07/21
沢登りデビュー!三ツ峠 四十八滝沢 で滝登り(2017.5.18) 2017/07/03

■カテゴリ

■最新コメント
■最新トラックバック

■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

【北アルプス】五竜岳・鹿島槍ヶ岳 縦走 -八峰キレットを越えて- その2(八峰キレット~鹿島槍ヶ岳~扇沢)
DSC08772.jpg
雲上にそびえたつ鹿島槍ヶ岳南峰


その1[遠見尾根~五竜岳~キレット小屋]はこちら


【3日目】
3日目は難所、八峰キレットを越えていよいよ鹿島槍ヶ岳の頂に立ちます!

この日は行程が長いので朝5時過ぎに山荘を出発
天気はまずまずキレット小屋の前から剱岳が見えています
DSC08710.jpg

前日はガスであまり感じなかったのですが改めて見るとこの小屋、すごいところに建ってます・・・
DSC08713.jpg


さて、のんびりと登山開始・・・と行きたいところですが小屋を出ると早速キレットの核心部が待ち受けています!!

道幅が狭く、木材で補強された道・・・あそこに足を置くのはちょっと不安・・・
DSC08716.jpg

切り立った岩壁をトラバースして進みます。
DSC08720.jpg

なかなかスリリングな場面が続きますよ…!
慎重に三点支持で進みます。
DSC08721.jpg


そしてさらに緊張感の続く岩場が・・・!


と思いきや危険箇所はすぐ終わっちゃいます。
八峰キレットの核心部は緊張するポイントがかなり短くてあっという間、という印象でした

うーむ、個人的には大キレット不帰ノ嶮の方が断然厳しかった気が・・・(あくまで個人の感想です!)


ここからは鹿島槍ヶ岳に向けてひたすら登りが続きます。
DSC08724.jpg

うーむ、何やらガスが出てきました 嫌な予感…
DSC08730.jpg
しかしこれが後程素敵な光景を見せてくれることになるとは、この時の僕には思いもよらなかったのです…(意味深)

ひとしきり登ると(省略したけどけっこうハードです)吊尾根の分岐に到着!
DSC08759.jpg

まずは北峰に向かいます!分岐から10分程の道のり(ひたすらの登り
DSC08762.jpg

北峰に到着ー!憧れの鹿島槍ヶ岳の一角は雲上の世界でした
DSC08763.jpg

下を覗き込むと、カクネ里の雪渓
なんでもその昔平家の残党がここに隠れ住んだのだとかなんとか・・・
DSC08764_20150806192430aac.jpg


そしてそして・・・先ほどから周囲を覆い始めていたガスが素敵な光景を見せてくれました!

霧の中に輝く光の環、ブロッケン現象です
DSC08771.jpg
初めて見るその光景に感動です・・・
ガスでもたまにはいいこともあるんですね

ちなみにこのブロッケン現象、昔は阿弥陀如来の顕現と言われていたとかなんとか(ウンチク)


さて、テンションが上がったあとはいよいよ眼前にそびえる鹿島槍ヶ岳最高峰、南峰に向かいます!
DSC08772.jpg

吊尾根分岐からはひたすらの岩場の登り。
ここの岩場も実は意外と険しいので注意です。
DSC08777.jpg

岩場にひっそりと咲くウスユキソウ(左)にイワオウギ(右)
DSC08779.jpgDSC08780_20150806192454a90.jpg

そしてここで本日二度目のブロッケン
僕の影に光の環ができてなんだか仏様気分(笑)
DSC08782.jpg


鹿島槍ヶ岳南峰に到着です!2,889mの頂上は一面の雲海を見渡す絶景
DSC08783.jpg


というわけで山頂からの景色をいくつか

まずは鹿島槍ヶ岳の北峰。
DSC08784.jpg

こちらは北方面。雲の上に見えるピークは手前が五竜岳、奥が白馬岳
DSC08785.jpg

西側には同じく雲上に顔を出す立山(左)に剱岳(右)!
この後登りに行くよ!
DSC08792.jpg

雲を被る道はこれから歩く爺ヶ岳への稜線。
DSC08794.jpg

その奥には槍ヶ岳穂高連峰も!
DSC08795.jpg


とこんな感じで最高の景色が見られて・・・テンションが上がっちゃいますよね!

そんなわけで登頂記念、ネコ耳のポーズ…!!ニャー!!
DSC08800.jpg
あ…一応鹿島槍ヶ岳は双耳峰なのでネコ耳ということで許してね・・・(苦笑)


さて、と。気を取り直して・・・思う存分景色を堪能した後は、下山開始!


緩やかな稜線を雲の中へ向かって進みます。
DSC08805_20150806192529381.jpg
ちなみにここまでの岩場とは打って変わって、以降の稜線は穏やかでとても歩きやすい感じでしたよ。

少し下って布引岳のピーク。
DSC08806.jpg

稜線は色々な高山植物が咲き乱れていました
というわけでちょっとだけ紹介。

いい香りがする(らしい)イブキジャコウソウ(左)に、こちらもほのかに甘い香りがするらしいタカネバラ(右)
DSC08810.jpgDSC08812.jpg

ハイマツの実を一心不乱に食べるお猿さん。
DSC08831.jpg

しばらく歩いて冷池山荘のテント場に到着。
爺ヶ岳を正面に見据えます。
DSC08840.jpg

剱岳も見渡せる素敵なロケーション
DSC08842.jpg

テント場から5分程歩いたところにある(意外と遠い)冷池山荘。
DSC08843.jpg

ヘリで荷物の輸送中でした
DSC08849.jpg

振り返り見る冷池山荘。
よく見たら崖の手前の結構危ないところに建ってます。。。
DSC08853.jpg

山荘からは爺ヶ岳に向けて緩めの登り返し。
DSC08855.jpg

気持ちのいいハイマツ帯を進んでいきます。
DSC08856.jpg

爺ヶ岳の中峰の分岐。今回はスルーで!
ちなみに爺ヶ岳は北峰、中峰、南峰の3つのピークがあります(中峰が最高峰)。
DSC08862.jpg

爺ヶ岳南峰が見えてきました!
DSC08868.jpg

山頂脇に咲いていたコマクサ 何度見ても癒されます(^^)
DSC08869_20150806192646e8f.jpg

今回の旅の最後のピーク、爺ヶ岳南峰に登頂!
DSC08874.jpg

ここからは鹿島槍ヶ岳の姿とそこに続く稜線がとても素敵なんですが・・・残念ながらガスの中
DSC08875.jpg

爺ヶ岳を少し下ると林の中にオシャレなペンションのような種池山荘。
DSC08891.jpg

本では外装がはげていると読んだのですが塗り直したのかな?
DSC08895.jpg

山荘の前にはコバイケソウが一面に咲いていてとても綺麗です
DSC08898.jpg

ここからは扇沢に向けて柏原新道を下ります。
DSC08906.jpg
ちなみにこの柏原新道、キツイ急勾配はほとんどなく、道もしっかり整備されていてとても歩きやすかったです。
整備してくださった柏原さんに感謝です。


眼下には一大観光地、立山黒部アルペンルートへの入口、扇沢がちらちら見えます。
DSC08910.jpg


無事に下山!お疲れ様でしたー!(/^^)/
DSC08914.jpg


というわけで2泊3日の五竜・鹿島槍ヶ岳の旅でした

天気になかなか恵まれず一時はどうなることかと思いましたが、最終日の鹿島槍ヶ岳は晴れて良かったです
珍しいブロッケン現象にも出会えましたしね

ちなみに鹿島槍ヶ岳~柏原新道の道はとても歩きやすく危険箇所もほとんどないので、鹿島槍ヶ岳に登られる方は定番ですがこのルートがやっぱりオススメです


ではこれにて今回の山行は終わり・・・

とは行かず北アルプスの旅はまだまだ続きます!
この後は扇沢から立山黒部アルペンルート経由で立山&剱岳にチャレンジしますのでお楽しみに!(こちら


スポンサーサイト
鹿島槍ヶ岳・五竜岳 | 18:30:17 | トラックバック(0) | コメント(0)
【北アルプス】五竜岳・鹿島槍ヶ岳 縦走 -八峰キレットを越えて- その1(遠見尾根~五竜岳~キレット小屋)
DSC08592.jpg
五竜岳を望むMyテント ※クリックで拡大

==============================================================
■登山ルート&時間(休憩含む)
【1日目】アルプス平(12:05)→小遠見山(13:20)→大遠見山(14:30)→西遠見山(15:00)→五竜山荘(16:20)
【2日目】五竜山荘(11:55)→五竜岳(12:40-12:45)→口ノ沢のコル(14:25)→キレット小屋(15:10)
【3日目】キレット小屋(5:20)→鹿島槍ヶ岳北峰(6:25-6:30)→鹿島槍ヶ岳南峰(7:05-7:35)→冷池山荘(8:45-9:00)→爺ヶ岳南峰(10:10-10:25)→種池山荘(10:55-11:10)→柏原新道登山口(13:10)
■所要時間:【1日目】4時間15分【2日目】3時間15分【3日目】7時間50分
■歩行時間:【1日目】4時間15分【2日目】3時間10分【3日目】6時間30分
==============================================================

【登山ルート】※クリックで拡大
20150727_route.jpg
遠見尾根から五竜岳に登り、難所・八峰キレットを越えて鹿島槍ヶ岳へ。
下山は柏原新道です。 ※クリックで拡大

その2[八峰キレット~鹿島槍ヶ岳~扇沢]はこちら


いよいよ梅雨も明けてお待ちかねのアルプスシーズンの開幕!!
早速ですが5泊6日で北アルプスにアタックしてきました

前半3日は五竜岳・鹿島槍ヶ岳、後半3日は立山・剱岳でございます(^^)

全部記事にするのは時間がかかりそうなので、まずは前半戦をお届け

後立山連峰の日本百名山、五竜岳と鹿島槍ヶ岳を縦走します!
ちなみにこのルート、三大キレットの一つ、八峰キレットが待ち受けているので、登山初心者の方は経験者と同行してくださいね。


【1日目】

DSC08506.jpg
白馬五竜のテレキャビンに乗って登山口のアルプス平に到着です。
初日の目的地は五竜岳山荘ということでのんびり昼頃のスタートです。


本日登る遠見尾根はアップダウンの繰り返す長大な尾根道(なかなかダルいんです…)。
まずは最初のピーク、小遠見山を目指します!


DSC08522.jpg
少し歩いて地蔵の頭に到着ー。
後方には唐松岳が見えるのですが・・・すっかり雲がかかってますね

DSC08524.jpg
まずは小遠見山までひたすらの登り。
急登もさることながら5泊分のテント装備が足にのしかかって辛いです・・・

DSC08529_20150806185204792.jpg
ひとしきり登ると小遠見山が見えてきます!(中央左のピークですよ)

DSC08532.jpg
まずは最初の目的地、小遠見山に到着!
ここは晴れていれば360度の展望が開けてとってもいいところ

まぁこの日は雲がかかってたんですけど・・・

DSC08533.jpg
ちなみにGWに五竜に登った時(こちら)はこんな景色が見られました
背後の鹿島槍ヶ岳が見事!

ってわずか3か月で緑が茂って全然別物の景色なのに驚き


DSC08534_20150806185228425.jpg
これから歩く遠見尾根。
中央右の雪渓の上が五竜山荘なのでそこを目指して…行くぞー!

DSC08539.jpg
下って登り返してあっという間に中遠見山に到着。

DSC08543.jpg
しばらくは緩い傾斜のアップダウンが続きます。

DSC08549.jpg
大遠見山に到着!

DSC08555.jpg
続けて歩くこと30分、西遠見山に到着です。
名所の西遠見池はこの時期でもまだ雪に埋もれているんですね…!


さて、ここからが遠見尾根最後の頑張りどころ!
西遠見山から一旦下って雪渓脇の尾根道を約400m登りっていきます!
DSC08560.jpg

DSC08561.jpg
傾斜はこんな感じ。意外とあります。。。

DSC08570.jpg
岩場も少しあるよ!ちなみに写っているのは後で山荘で知り合いになるお姉さま方。

DSC08574.jpg
遠見尾根はほとんど花はなかったのですが、ここに来てようやくお花畑が登場

というわけで恒例の(?)高山植物紹介!

DSC08575.jpgDSC08578.jpg
大輪の花のシナノキンバイ(左)に可憐なミヤマキンポウゲ(右)

DSC08579.jpgDSC08580.jpg
ハクサンフウロ(左)に右は・・・何だろう??

DSC08581.jpgDSC08582.jpg
お馴染みのクルマユリ(左)にチングルマ(右)


DSC08584.jpg
振り返ると長大な遠見尾根の全景。

DSC08590.jpg
五竜山荘が近づいてきました!

DSC08591.jpg
山荘付近からは五竜岳がどどーんと迫ります!
よく写真でも見かける迫力のある景色!


さて、山荘で受付した後はテントを設営!
この日は平日ということもあり僕を含めて3貼だけでした。

DSC08592.jpg
今夜の寝床は五竜岳を間近に見る絶好のロケーション

DSC08606.jpgDSC08607.jpg
五竜山荘前には綺麗な高山植物がちらほらと。
花がちっちゃくて可愛いミヤマクワガタ(左)に高山植物の女王コマクサ(右)

DSC08619.jpg
こちらは山荘で知り合いになった関西のお姉さま方!
色々な山に登っていて9月には雲の平にも行かれるとか…パワフル!


というわけで初日は遠見尾根~五竜山荘でしたー!


【2日目】

2日目は五竜岳&難所の八峰キレットを越えて鹿島槍ヶ岳へ!頑張るぞー!


・・・のつもりでしたが天気は生憎の雨模様

雨の中キレットを越えるのは危なそうなので昼前まで天気の回復を待つことに。。。

DSC08632.jpg
相変わらずガスガスですが、雨は止んだので2日目、スタートです!


山荘から五竜岳へは大体1時間ほど。
冬と比べてそんなに危険な箇所はありませんが山頂直下の岩場は少し注意です
DSC08636_201508061854406b7.jpg
こんな感じや…

DSC08637.jpg
こんな感じの岩場があります。

DSC08642_20150806185443398.jpg
3ヵ月ぶりの五竜岳に到着!
うーん、晴れていれば剱岳や鹿島槍ヶ岳がかっこよく見えるんだけど…

DSC08643.jpg
山頂付近の分岐をキレット方面に進みます。

DSC08644_20150806185446e6d.jpg
まずはひたすらの下り・・・なんだけどガスで何にも見えません

DSC08656.jpg
岩場を登ったり・・・

DSC08657_20150806185505a85.jpg
トラバースしたり・・・

DSC08658.jpg
そんなこんなでG5に到着。

五竜岳~キレット小屋の間は長いですがそこまで危険なルートではなかった印象。
G5付近の岩場だけ少し注意すれば大丈夫そうかな、と思いました。

DSC08665.jpg
岩場を下るよー。慎重に進めば大丈夫!


岩場に咲く高山植物シリーズ
DSC08668.jpgDSC08682.jpg
クモマスミレ(左)にミヤマオダマキ(右)

DSC08686.jpgDSC08687.jpg
ミヤマダイコンソウ(左)にハクサンシャクナゲ(右)

DSC08688.jpg
G7の岩峰に到着。

DSC08690.jpg
さらにアップダウンを経て北尾根ノ頭へ。
うーむ、ここまで思ったほどの難所感はあまりなし

DSC08692.jpg
しばらく下って最低鞍部の口ノ沢のコルへ。


そしてここからはいよいよお待ちかねの岩場の登りです!

DSC08699.jpg
こーんな鎖場を登り・・・

DSC08703.jpg
はしごをえんやこら・・・

DSC08704.jpg
狭い足場のトラバースを越えて・・・

DSC08707.jpg
キレット小屋に到着!


この日は雨でスタートが遅れたので、予定を変更してここで泊ることに。
(この後雨がザーザー降りだすんでナイス判断でした

というわけで2日目でした!
天気に恵まれずになかなか上手くいかない一日でしたが翌日は晴れるように祈って・・・!
(祈りはちょっぴり届きます


3日目は五竜-鹿島槍ヶ岳間の核心部、八峰キレットを越えていよいよ鹿島槍ヶ岳に登頂します!
こちら


鹿島槍ヶ岳・五竜岳 | 18:03:34 | トラックバック(0) | コメント(2)

FC2Ad

まとめ