■プロフィール

K-NO

Author:K-NO
千葉県在住の30代。色々と体を動かさないとムズムズしてくる性分です。主に30歳から始めた登山についてつらつらと書いていきます。

●現在の日本百名山:完登!(2017.7.20 幌尻岳)

■訪問者数

■最新記事一覧

【99座目】7月 快晴のトムラウシ日帰り登山 [短縮コースより] (2017.7.19) 2017/08/15
丹沢の美渓 小川谷廊下遡行 (2017.6.3) 2017/07/21
沢登りデビュー!三ツ峠 四十八滝沢 で滝登り(2017.5.18) 2017/07/03
4月 北アルプス 白馬主稜 [撤退] (2017.4.13-14) 2017/06/19
4月 爺ヶ岳・鹿島槍ヶ岳日帰り登山 [爺ヶ岳東尾根→赤岩尾根] (2016.4.5) 2017/04/26

■カテゴリ

■最新コメント
■最新トラックバック

■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

立山三山縦走&剱岳登山 その3(快晴の立山リベンジ![雄山・大汝山・富士ノ折立])
DSC09385_20160725005743453.jpg
内蔵助カールと剱岳 ※クリックで拡大

【登山ルート】※クリックで拡大
20150801_route.jpg
雷鳥沢キャンプ場を基点にした立山(雄山・大汝山・富士ノ折立)の周回コースです。

==============================================================
■登山ルート&時間(休憩含む)
雷鳥沢キャンプ場(6:55)→大走り分岐(8:05)→立山(大汝山)(8:40-9:10)→一ノ越(10:00)→雷鳥沢キャンプ場(11:00)
■所要時間:4時間5分
■歩行時間:3時間35分
==============================================================

その1[立山三山縦走] はこちら
その2[剱岳-別山尾根-]はこちら

【3日目】
5泊6日の長かった北アルプスの山旅もいよいよ最終日!
今回は前々日に三山縦走してガスガスだった立山に再度リベンジ登山してきました!

ホントはこの日は帰京するだけの予定だったんですが天気が良かったので無性に登りたくなってしまったのです・・・

テント場から立山を望みます。
前日に続き雲一つない快晴の空!
DSC09338_20160725170155ce8.jpg

登りは真砂岳直下へと続く大走りコース。

まずは雪渓を進みます。
DSC09345_20160725170159a1c.jpg

そこからは稜線までとにかくひたすらの登り!
DSC09352_201607251702011ac.jpg

振り返ると大日岳がかっこよくそびえ立っています
DSC09353_201607250057377b7.jpg

こちらは別山。どっしりとした山容が素敵ですね
DSC09362_20160725005739544.jpg

ひたすらの登りが稜線まで続いて・・・最後はちょこっとトラバース。
DSC09366_201607250057422d4.jpg

無事大走分岐まで登り切りました
背後に見えるのは真砂岳です。
DSC09369_201607251702028f0.jpg

ちなみに前々日に同じ場所を通った時はこんな感じ
何にも見えなかったんですよ・・・
DSC09370.jpg

さて、ここからはお楽しみの稜線歩き
まずは目の前にそびえる立山の一角、富士ノ折立を目指します!
DSC09374_2016072500574299c.jpg

振り返ると広大な内蔵助カールとその奥には前日に登った剱岳。
立山らしい雄大な景色に感動
DSC09385_20160725005743453.jpg

岩場を少し登って・・・富士ノ折立に到着ー!
DSC09386.jpg

次なる目的地は立山最高峰の大汝山。
岩場の稜線を進みます。
DSC09392_20160725170203546.jpg

15分くらいで(近い!)山頂に到着!
看板持って記念撮影イェイ!
DSC09393_20160725005754bb0.jpg


立山連峰の最高峰だけあって山頂からは素晴らしい景色が広がっています!

まずは北方面。。。

別山の向こうには剱岳が威厳たっぷりのお姿でそびえています
DSC09394_20160725005756270.jpg

東を見ると眼下には黒部ダム&黒部湖。
その上に立つ尖った頂は針ノ木岳です。その向こうは一面の雲海
DSC09395_20160725005757e2e.jpg

雲海の上にそびえるのは八ヶ岳連峰(左)さらに富士山も顔を出しています!(中央右)
DSC09396_201607250057571c4.jpg

続いて南を見ると・・・北アルプス南部の名峰がずらっと!

特に目立つのはど真ん中の尖ったピークの笠ヶ岳、その右にある黒部五郎岳です!
乗鞍岳や御嶽山も見えるよ!
DSC09401_20160725005759890.jpg

こちらは槍&穂高連峰。槍ヶ岳はどこから見てもすぐわかりますね
DSC09402_20160725005807186.jpg

眼下に見下ろす室堂平も白のまだら模様がとっても綺麗でした
DSC09425_20160725005809085.jpg


さてと、最高の景色を楽しんで満足した後は続いてのピーク雄山へ向かいます。

眼前にそそり立つのが標高3,003m、立山の主峰、雄山です
さすが主峰だけあって威厳のあるお姿!
DSC09426_20160725005811ecb.jpg

大汝山から歩くこと約15分、雄山に到着ー
前々日も人が多かったですが土曜日ということでさらに人で溢れかえっています
DSC09436_2016072517021265c.jpg

こちらが雄山のピーク・・・なんですが鳥居から先は参拝料¥500がかかります。
うーん、あそこに登るだけで¥500はちょっと高いかなぁ。。。ということでパス
DSC09439_20160725170214125.jpg

雄山からは浄土山、五色平と薬師岳への稜線が続いています。
DSC09442_20160725005812781.jpg

雄山は人が多く落ち着かないのでそそくさと下山にかかります。
まずは一ノ越まで300mガレ場を一気にくだります!
・・・がものすごい人
DSC09443_20160725005813d66.jpg

こんな感じでひたすら行列ができています
人の歩いていない岩の上を通ったりと降りるのも一苦労でした。。。
DSC09455.jpg

眼下には一ノ越山荘。その奥には浄土山
DSC09456_201607250058236ad.jpg

渋滞!渋滞!休日は避けた方がよさそうです ウンザリ…
DSC09460_20160725005828174.jpg

ふぅ、なんとか一ノ越山荘に到着です。ここもなかなかの眺め
DSC09461_20160725170215d82.jpg

室堂~一ノ越にかけても大名行列が形成されています。。。すごい。。。
DSC09465_2016072517021742b.jpg

一ノ越を少し下ったところで右に折れて、雷鳥沢のキャンプ場へ続く道を進みます。
室堂~一ノ越の喧騒がウソのようにとっても静かな道です。
DSC09471_201607250058258c2.jpg

花も綺麗に咲いています
ハクサンイチゲ(左)にチングルマ(右)
DSC09473.jpgDSC09474.jpg

アルプスの景観をのんびり楽しみながら静かな道を進みます。
このルート、マイナーですがとってもオススメです
DSC09481_2016072517021853e.jpg

雷鳥沢のキャンプ場が見えてきましたー!
DSC09483_201607250058294cc.jpg

この後はテント場でのんびりまったりしながらご飯を食べて片づけをしたのでした


【おまけ】
最後は室堂周辺の景色をちらちらっとお届け。

赤く染まる血の池。
DSC09489_201607250058295a5.jpg

眼下に広がる地獄谷。ちなみに2015年時点で有毒ガスにより立入禁止です。。。
DSC09492_20160725005836f63.jpg

最後はみくりが池に映る立山
DSC09493_20160725005838059.jpg


これにて2泊3日の立山・剱登山は終了!
立山の素敵な景色に後ろ髪をひかれながらもアルペンルートで扇沢に戻り、バスで信濃大町+高速バスで新宿まで揺られながら帰京したのでした。


そんなわけで5泊6日の長い長い五竜・鹿島槍ヶ岳+立山・剱岳の山籠もりもこれにて終了です

とりあえず終わった時の率直な感想としては・・・地上のご飯が食べたい!!ですかね(笑)
野菜、寿司にお肉が恋しい・・・


まぁそれはさておき・・・
ガスガスの八峰キレットに雲海の鹿島槍ヶ岳、雷鳥フィーバーの立山三山縦走にピーカンの剱岳と立山リベンジ。。。
キツかったけど終わってみれば景色も最高でとてもいい思い出になりました。

北アルプス、最高です!


スポンサーサイト
立山 | 18:08:32 | トラックバック(0) | コメント(0)
立山三山縦走&剱岳登山 その1(立山三山[浄土山・立山・別山])
DSC08959_20160728022112a5c.jpg
立山はライチョウとの出会いがいっぱい!

【登山ルート】※クリックで拡大
20150730_route.jpg
1日目は室堂から立山三山を縦走。2日目は剱沢キャンプ場から剱岳を往復!

==============================================================
■登山ルート&時間(休憩含む)
【1日目】室堂(9:10)→浄土山(10:45)→立山[雄山](11:55-12:05)→立山[大汝山](12:30-13:00)→別山(14:40)→剱沢キャンプ場(15:40)
【2日目】剱沢キャンプ場(4:55)→前剱(6:05)→剱岳(7:15-7:45)→前剱(8:30)→剱沢小屋(9:50-10:10)→剱沢キャンプ場(10:20-12:50)→剱御前小屋(13:40-14:00)→雷鳥沢キャンプ場(14:55)
■所要時間:【1日目】6時間30分【2日目】10時間
■歩行時間:【1日目】5時間50分【2日目】6時間20分
==============================================================

その2[剱岳-別山尾根-]はこちら
その3[快晴の立山リベンジ] はこちら


北アルプス5泊6日の山旅後半は、前回の五竜岳・鹿島槍ヶ岳から続けて立山・剱岳へ登ってきました!

まずは初日の立山三山縦走編です。
残念ながらガスガスで終始真っ白な一日でしたがその分ライチョウさんと沢山の出会いが

そんなわけでスタートです!


まずは鹿島槍ヶ岳から扇沢に下山してそこからアルペンルートで室堂へ向かいます。

ちなみに扇沢-室堂間の往復チケットは¥9,200(10kg以上の荷物代含む)でした。。。
なかなかの出費…

途中の黒部ダムは観光放水中!すごい迫力!
DSC08916_20160728022053301.jpg

覗き込むと綺麗な虹が
DSC08922_20160728022054f34.jpg

ケーブルカーやロープウェイ、トロリーバスを乗り継ぎようやく室堂に到着!
眼前に立山がそびえています
DSC08924_20160728022059e89.jpg


室堂周辺は雄大な景色にお花畑とまさに楽園のようなところです


遊歩道を歩くこと30分程で眼下に本日のお宿、雷鳥沢キャンプ場が見えてきました。
DSC08949_20160728022059d7c.jpg

この日の家は立山を見上げる絶好のロケーション
DSC08951_20160728022101f77.jpg


【1日目】

さて、いよいよ立山三山縦走開始!
この日から九州の友人やまんちゅさんが合流して二人での山行になります。

ということでまずは合流地点の室堂まで向かうのですが・・・


なんと途中の遊歩道でライチョウさんの親子連れと遭遇!
雛を見るのは昨年の甲斐駒ヶ岳以来ですが、とーーーっても可愛いです
それにしても普通に遊歩道をライチョウが歩いているとは…さすが立山…!!
DSC08959_20160728022112a5c.jpg


無事やまんちゅさんと合流して早速登山開始!
まずは三山の一つ、浄土山へ向かいます。

久々の山で張り切るやまんちゅさん。
DSC08969_20160728022115990.jpg

石畳の道をしばらく登ると浄土山登山口の標柱があります。
DSC08971_2016072802211579f.jpg

九州にはない雪渓ではしゃぐやまんちゅさん。
でも彼のこの元気が最後まで続くことはありませんでした・・・
DSC08975_201607280221163fc.jpg


天気は生憎のガスガス・・・なんですがガスと言えば彼らが姿を現す絶好のコンディション!

というわけで早速本日二度目のライチョウさんに遭遇
DSC08980_20160728022118ac1.jpg

またまた遭遇!!
DSC08987_20160728022125bf2.jpg

さらには4羽の集団にも遭遇!ホントにびっくりするくらい出会いました
DSC08998_20160728022127a3b.jpg
ふぅ・・・何度見てもとっても可愛くて癒されます


そうこうしてる内に浄土山山頂(南峰)に到着!
えっと、道はそれほど険しくもなく割とあっという間という感じでした。

1座目登頂のポーズをキメる僕
DSC09003.jpg

ここが本当に山頂なのか不安でしたが、よく見るとちーーっちゃく浄土山と書かれていました(笑)
DSC09004.jpg


ここからは一ノ越に向けて標高差200m程の下り。

綺麗なお花畑を眺めながらてくてくと下っていきます
DSC09007_20160728022128f0c.jpg

一ノ越に到着!静かな浄土山とは対照的に、ここは立山[雄山]へ登る人達で溢れかえっています。
DSC09008_2016072802213088f.jpg


ここから雄山までは標高差約300mのひたすらのガレ場&岩場の登りです。
人がかなり多く、浮石もたくさんあるので、落石には特に注意!!
DSC09010_20160728022131294.jpg

雄山に到着!大半の人はここを目的に登ってくるのでかなりの人で賑わっています。
神社で登山バッジを買ってそそくさと次へ!
DSC09011_20160728022137f5f.jpg


ここからはお楽しみの稜線歩き・・・なんですが残念ながら視界は全く回復せず

立山の稜線はひたすらの岩場。ここを20分程歩いて・・・
DSC09016_201607280221392ca.jpg

立山最高峰の大汝山に到着!
笑顔で記念撮影
DSC09017_2016072802214160c.jpg


ちなみに今更ですが、立山は雄山、大汝山、富士ノ折立の3つのピークの総称なのです。
最高峰は大汝山3,015mなんですが、一般的には雄山を登ることを立山登山というらしいとか。

そんでもって立山三山というのは立山に浄土山、別山を加えた3つの山のことです(豆知識)


さてさて、話を戻して・・・
ピークハントの後は山頂直下の休憩所でしばしの休憩。
DSC09021_2016072802214288c.jpg

3,000mの稜線で飲むコーヒー&ココアはとっても贅沢な気分になります
DSC09022_20160728022143f66.jpg


さて、ホッと一息ついて登山再開です。

少し歩いて立山3つ目のピーク富士ノ折立へ。
これで一応立山は歩ききったよ!
DSC09023_201607280221510ed.jpg


続いては三山最後のピーク、別山を目指します。

立山から岩場を一気に下り、そこからは途中の真砂岳のピークを目指してザレ場の緩い登り返しです。
DSC09026_20160728022153ee3.jpg


そして真砂岳?らしきピークに到着したのですが・・・標柱もなく本当にピークなのかわからない・・・
近くにいた方がGPSで調べてくれて、ここがピークという結論に!
DSC09031_20160728022155ec1.jpg

なんだかすっきりしないけど真砂岳、登頂だよ!
DSC09033_201607280221562aa.jpg

ちなみに真砂岳付近にはこんな看板がところどころに設置されています。
DSC09034_2016072802215797c.jpg

そこから少し下って登り返して別山に到着です!
こちらは南峰。
DSC09043_20160728022206fac.jpg

そこから5分程北に歩いてより高い北峰に到着!
ここも標柱がショボすぎてピークかよくわからない・・・
DSC09044_20160728022207935.jpg

立山三山縦走完了!ドヤァポーズを決める僕
DSC09045_201607280222096f0.jpg

そして疲れから不思議な踊りを踊りだすやまんちゅさん。。。
も、もう少しだから頑張れ!!
DSC09051_201607280222106f3.jpg

後は本日のお宿、剱沢キャンプ場までの下り道。

少し歩くと剱沢への分岐看板があります。
まっすぐ進んで別山乗越まで行ってから曲がっても剱沢へは行けますがここを曲がった方が近道なんです。
DSC09053_20160728022212c02.jpg

急な傾斜をしばらく下り・・・
DSC09057_201607280222194d3.jpg

剱沢キャンプ場が見えてきました!
DSC09061_201607280222206da.jpg

眼前には剱岳・・・が雲に隠れてますね
DSC09067_20160728022222414.jpg


というわけで1日目の立山三山縦走でした!

乗鞍岳に次いで登りやすい3,000m峰と呼ばれているだけあって、縦走とはいえ体力的にはそれほどキツくはない感じでした。

まあただ天気がガスガスで景色を全く楽しめなかったのが残念
その分ライチョウさんにはたくさん会えたのですが。。。

※ちなみに翌日からは天気は一気に回復します


ではその2ではいよいよ剱岳へ山頂アタック!
そしてその3では快晴の立山リベンジをお届けしますのでお楽しみにー(^^)/

その2[剱岳-別山尾根-]はこちら
その3[快晴の立山リベンジ] はこちら


立山 | 21:45:30 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad

まとめ