■プロフィール

K-NO

Author:K-NO
千葉県在住の30代。色々と体を動かさないとムズムズしてくる性分です。主に30歳から始めた登山についてつらつらと書いていきます。

●現在の日本百名山:完登!(2017.7.20 幌尻岳)

■訪問者数

■最新記事一覧

【99座目】7月 快晴のトムラウシ日帰り登山 [短縮コースより] (2017.7.19) 2017/08/15
丹沢の美渓 小川谷廊下遡行 (2017.6.3) 2017/07/21
沢登りデビュー!三ツ峠 四十八滝沢 で滝登り(2017.5.18) 2017/07/03
4月 北アルプス 白馬主稜 [撤退] (2017.4.13-14) 2017/06/19
4月 爺ヶ岳・鹿島槍ヶ岳日帰り登山 [爺ヶ岳東尾根→赤岩尾根] (2016.4.5) 2017/04/26

■カテゴリ

■最新コメント
■最新トラックバック

■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

湿原と池塘の楽園!草紅葉の会津駒ヶ岳&中門岳日帰り登山(2015.10.12)
DSC01755.jpg
草紅葉と池塘の広がる中門岳


燧ヶ岳、平ヶ岳と続いた紅葉の3連休連続登山、最終日は会津駒ヶ岳に登ってきましたー!

この山の魅力はなんと言っても湿原の広がる山頂~中門岳へ続く稜線!
通称、山上の庭園※と呼ばれているその景色をぜひぜひ見たいということで、駒ヶ岳から中門岳まで縦走してきました。
(※なんだか苗場山巻機山もそんな風に呼ばれてた気がするけど・・・)

というわけで快晴の空の下、会津駒ヶ岳登山スタートです

【登山ルート】※クリックで拡大
20151012_route.jpg
定番の滝沢登山口から会津駒ヶ岳→中門岳のピストンコースです。

==============================================================
■登山ルート&時間(休憩含む)
登山口(9:00)→駒ノ小屋(10:40)→会津駒ヶ岳(10:55)→中門岳(11:35-11:50)→駒ノ小屋(12:30-12:40)→登山口(13:45)
■所要時間:4時間45分
■歩行時間:4時間20分
==============================================================

前日の平ヶ岳登山から一夜明けて、天気は前日の雨がウソのような快晴

平ヶ岳近くの鷹ノ巣キャンプ場にてテントを片付けたり朝食を摂ったりまったりして・・・移動開始!

バイクで約1時間、会津駒ヶ岳の登山口に到着ー!
ちなみに連休&快晴の登山日和ということで駐車場はかなり混雑してました。
登山口付近は言うまでもなく、15分程下に歩いた場所くらいまでスペースはいっぱいでした

天気のいい日はなるべく早く到着した方が良さそうですね・・・
あ、僕はバイクなので大丈夫でしたよー(^^)v


こちらが登山口の階段。ではではストレッチをして・・・登山開始!
DSC01661_20151102210256b5b.jpg

登山道ですが、稜線の駒ノ小屋までは基本的にひたすらの登り。
標高差約1,000mを大体3時間程で一気に登ります!

傾斜はそこそこ急な感じ。
DSC01662.jpg

中腹辺りまでの広葉樹林帯は紅葉がとても綺麗でした
DSC01666.jpg

DSC01668_2015110221030005d.jpg

しばらく登ると開けた水場ポイントに到着。
ホッと一息 ここが大体登りの中間地点です
DSC01673.jpg

そこから先もひたすらの登り!

しばらく登ると右手に山頂が見えてきます
よし、もう少しやー!
DSC01677.jpg

稜線直下の休憩スペースから山頂を望みます。
DSC01679_2015110221032060f.jpg

樹林帯を越えるとそこは一面の湿原地帯!
草紅葉に囲まれた木道を眼前の駒ノ小屋へ向かって進みます。
DSC01687.jpg

左手には堂々とそびえる尾瀬の百名山、燧ヶ岳
その右奥には同じく百名山の至仏山
DSC01691.jpg

駒ノ小屋に到着ー!
山頂の見える絶好のロケーション。
DSC01694_20151102210342101.jpg

小屋の前には濃紺の駒ノ池が広がっています。

水面に映りこむ逆さ駒ヶ岳
DSC01700_20151102210343fa9.jpg

空を映す駒ノ池のほとりを歩いていきます。
まるで鏡のようでとても幻想的
DSC01703.jpg

ここから山頂へはあと少し!
湿原の中を進んでいきますー。
DSC01709.jpg

山頂直下から左手を見ると・・・

少しぽっこりとした山が見えます。
とっても目立たないけどあれは前日に登った平ヶ岳
うん、やっぱり地味だぜ・・・(でも登るのはキツイという・・・!)
DSC01713.jpg

小屋から大体15分、会津駒ヶ岳の山頂に到着ー!
さすが百名山、立派な標柱が立ってます!
左奥に見えるのはお馴染みの燧ヶ岳。
DSC01721.jpg

ちなみに山頂は木に囲まれた狭い場所で、南方面のみ展望がある感じでした。
あまり休憩できそうな場所はないのでそそくさと次なるピーク、中門岳に向かいます。


山頂から少し下ったところからは越後三山の中ノ岳と越後駒ヶ岳の両雄がそびえてました!
ちなみにもう一つの八海山は中ノ岳の左にちょこんと・・・
越後三山もいつか縦走したい山
DSC01724.jpg

さてさて、ここからはいよいよお待ちかね!
本日のメインイベント、山上の庭園と呼ばれる湿原歩きです!
DSC01725.jpg

草紅葉で黄金色に染まる湿原を気持ちよく歩いていきます
DSC01741.jpg

ところどころに散りばめられる池塘。
DSC01749.jpg

中門池に到着ー。湿原に池が広がる楽園のような(大げさ?)光景です
ちなみに中門岳の標柱がありますが山頂はもうちょっと先なのです。
DSC01755.jpg

濃いブルーの水面に空が映ります。綺麗やなー
DSC01758_20151102210432212.jpg

池から少し進んだこちらが中門岳山頂!
平坦な湿原にこれまた池塘が広がっています。
DSC01762.jpg

DSC01763.jpg

中門岳でのんびりした後は来た道を戻っていきます。
天気も景色も良くて気持ちいいお散歩気分
DSC01774.jpg

吸い込まれそうな色の池塘
DSC01780_20151102210453f0b.jpg

日光方面の展望。
中央に日光白根山、左手には日光男体山
DSC01792_201511022104546b3.jpg

池のほとりを空中散歩。
DSC01808_20151102210456303.jpg

駒ノ小屋まで戻ってきました。ここでひと休憩
ちなみにこの小屋ではレトルト食品(カレーやカップ麺)やジュース等が売っています。
食事はないので泊まる際は注意です。
登山バッジもここで購入!
DSC01816.jpg


そこから先はひたすらの樹林帯の下り。

紅葉が綺麗な道を進むよー
DSC01827_2015110221045930d.jpg

DSC01831.jpg

小屋から1時間ほどで(早い!)登山口に到着ー!
靴が新しくなって(¥48,000・・・)下りが早くなったかもです
DSC01837.jpg


下山後は恒例の温泉・・・には入らずに今回は家まで距離があるので早目に帰京しましたー(三連休ってことで高速道路は大渋滞だったけどね・・・(つД`))

※ちなみに麓の桧枝岐村には駒ノ湯、燧ノ湯、アルザ温泉郷という3つの温泉があるんで時間のある人はぜひぜひ行ってみてくださいなー。


というわけで会津駒ヶ岳登山でしたー。

噂に聞いていた通り稜線の湿原がとても素敵ですごくよい山でした
時間的にもそこまでかからないで登れるのも魅力

夏はハクサンコザクラの群生が見事らしいので、いつかその時期にも来てみたいものです(^-^)


ではではこれにて長かった3連休の連続登山も終了!
ふぅ、なかなかタフな3日間だったぜ・・・

次回は少し間を空けて、足尾の日本百名山、皇海山へアタックします!
こちら


スポンサーサイト
会津駒ヶ岳 | 18:55:12 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad

まとめ