■プロフィール

K-NO

Author:K-NO
千葉県在住の30代。色々と体を動かさないとムズムズしてくる性分です。主に30歳から始めた登山についてつらつらと書いていきます。

●現在の日本百名山:完登!(2017.7.20 幌尻岳)

■訪問者数

■最新記事一覧

【99座目】7月 快晴のトムラウシ日帰り登山 [短縮コースより] (2017.7.19) 2017/08/15
丹沢の美渓 小川谷廊下遡行 (2017.6.3) 2017/07/21
沢登りデビュー!三ツ峠 四十八滝沢 で滝登り(2017.5.18) 2017/07/03
4月 北アルプス 白馬主稜 [撤退] (2017.4.13-14) 2017/06/19
4月 爺ヶ岳・鹿島槍ヶ岳日帰り登山 [爺ヶ岳東尾根→赤岩尾根] (2016.4.5) 2017/04/26

■カテゴリ

■最新コメント
■最新トラックバック

■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

快晴の蔵王登山 -ロープウェイで熊野岳&お釜へ- (2015.11.5)
DSC02325_20151125195740948.jpg
刈田岳から望む最高峰の熊野岳と御釜


前日の月山に続いてのプチ東北遠征第二弾ということで今回は蔵王に登ってきました!
蔵王と言えば何と言っても冬のスノーモンスター樹氷群が有名ですが、それ以外にも名物の御釜など見どころがたくさん!

そんなわけで今回はピークハント&名物の御釜を見たい!と思いレッツゴーです

【登山ルート】※クリックで拡大
20151105_route.jpg
ロープウェイ山頂駅~熊野岳~刈田岳のピストンです。

==============================================================
■登山ルート&時間(休憩含む)
ロープウェイ山頂駅(9:05)→熊野岳(9:40)→刈田岳(10:15)→熊野岳(10:45)→地蔵山(11:05)→ロープウェイ山頂駅(11:10)
■所要時間:2時間5分
■歩行時間:2時間5分
==============================================================

蔵王へのアクセスと言えば主に2つ
①山麓からのロープウェイ
②蔵王エコーラインで刈田岳直下まで車で

なんですが②の蔵王エコーラインはちょうど11/5で冬季通行止めに・・・
なので①のロープウェイを使うことに決定です!(おかげですごく楽ちんに・・・

始発8:30のロープウェイに乗り込むべく車で山麓駅へ

平日ということもあり混雑なくロープウェイに乗り込みます!
DSC02228.jpg

ロープウェイを2本乗り継いで山頂駅に到着ー。

駅を出ると目の前の地蔵尊がお迎えしてくれます。でかい・・・!
ちなみに冬はこの地蔵尊が肩くらいまで雪に埋もれるとか。。。すごい積雪量です
DSC02236_20151125195627504.jpg


お地蔵さまに山行の無事をお祈りして登山(というより散策に近いかも・・・)開始!
目の前の地蔵山は帰路に寄ることにして、まずは最高峰の熊野岳を目指します。

観光地だけあって綺麗に整備された木道を進みます
DSC02243_20151125195629253.jpg

火山らしい荒涼とした道中。
DSC02249.jpg

わずか30分程で熊野岳の稜線に出ます。
青空が広がっていてとても晴れ晴れとした気分でお散歩
DSC02267.jpg

山頂の神社が見えてきましたー!
DSC02273.jpg

蔵王最高峰、熊野岳登頂です!ヽ(≧∀≦)ノ
まあ楽ちんなので登頂!という感じは正直あまりありませんでしたがたまには良いかな・・・(^^;)
DSC02276.jpg


とは言え蔵王連峰の最高峰ということで景色は素晴らしいのです!

そんなわけで恒例の山頂からの展望を

まずは北西方面。眼下には雲海が広がっていて山形市を包み込んでいます。
左奥の雪化粧をした山は前日に登った月山。右奥にはうっすらと鳥海山も望めます。
DSC02286.jpg

こちらは西側。冠雪した朝日連峰がそびえます!
DSC02287.jpg

そして南西方面!雲の海に浮かびあがるのは飯豊連峰
堂々としたその姿はまるでアルプスのようですね!
うーん、登頂意欲をそそられます・・・!!
DSC02288.jpg

一通り景色を楽しんだあとは次なる目的地、刈田岳へ向けて早速移動移動!(実は時間がなくて焦っていたのです

写真右手前の小ピークが刈田岳なのです
DSC02289_20151125195714ff3.jpg

そして刈田岳への道中にてお待ちかね・・・・・・

御釜の登場ですー!!!

DSC02298.jpg
おお・・・美しいエメラルドグリーンの湖面。まるで宝石のようです・・・!(大げさ?)


別角度から。こちら側は陽が反射してこないので深い緑色をしています。
吸い込まれそうな色だぜ・・・
DSC02309.jpg

御釜をひとしきり覗いて満足した後は刈田岳へ!

こちらが山頂。
DSC02320.jpg

東側の展望。こちらも雲海が広がっています
山並みのシルエットもとってもグッド
DSC02322_20151125195736fa1.jpg

さらに南側の展望。南蔵王の山々が連なっています。
DSC02323.jpg

そして今回のハイライト!
蔵王連峰最高峰の熊野岳&名物の御釜のコンビネーション!

荒涼とした山肌が火山の荒々しさを伝えてきます。
DSC02325_20151125195740948.jpg


そこからはピストンで来た道を往復しましたー。

こちらは地蔵山。
DSC02344.jpg

眼下に見えるのはロープウェイ山頂駅。奥には雪化粧の月山も。
うーん、それにしても雲海が見事・・・!
DSC02345.jpg

ロープウェイにて山麓駅へ。これにて約2時間(短い!)の山旅は終了ですー。。
DSC02352_20151125195759ceb.jpg


さて、下山後ですが、蔵王と言えばもちろん名物の蔵王温泉!
・・・にすごく入りたかったんですがこの後関東で予定が入っていたので泣く泣く帰路に着いたのでした


というわけでプチ東北遠征第二弾、蔵王山でしたー!

前日の月山と違って雪は全くなかったですが、相変わらず天気も最高で素敵な景色が楽しめました!
観光地化してる山だけあって荒涼とした景色や名物の御釜は一見の価値ありです!

ロープウェイや高山道路も整備されていて楽に登れるのも魅力の一つでしょうか(反面物足りないかも!)
たまには軽い山散歩をしたいなぁ、という気分の時にはおすすめです

次回はスノーモンスターを見に冬に来ようかな(* ´ ▽ ` *)


さて、続いては東北から打って変わって九州へ飛びます。
ということで次回は九州最難関とも言われる秘境、大崩山(おおくえやま)へアタックです!
こちら


スポンサーサイト
蔵王 | 21:44:57 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad

まとめ