■プロフィール

K-NO

Author:K-NO
千葉県在住の30代。色々と体を動かさないとムズムズしてくる性分です。主に30歳から始めた登山についてつらつらと書いていきます。

●現在の日本百名山:完登!(2017.7.20 幌尻岳)

■訪問者数

■最新記事一覧

2017/11/06
【日本百名山完登!】日高幌尻岳日帰り登山 [額平川コース] (2017.7.20) 2017/09/08
【99座目】7月 快晴のトムラウシ日帰り登山 [短縮コースより] (2017.7.19) 2017/08/15
丹沢の美渓 小川谷廊下遡行 (2017.6.3) 2017/07/21
沢登りデビュー!三ツ峠 四十八滝沢 で滝登り(2017.5.18) 2017/07/03

■カテゴリ

■最新コメント
■最新トラックバック

■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

【厳冬期】白峰三山(北岳・間ノ岳・農鳥岳)縦走登山 その2[北岳山荘~奈良田] (2016.1.8-10)
DSC03830_20160729194024819.jpg
モルゲンロートの北岳(中白峰山より)

その1[奈良田~北岳~北岳山荘]はこちら


【3日目】 [北岳山荘~間ノ岳~農鳥岳~奈良田]

3日目は北岳山荘から間ノ岳・農鳥岳を越えて一気に奈良田まで下山します。
間ノ岳、農鳥岳に加えて、中白峰山、西農鳥岳の3,000m越え4座を踏む日本最高所の縦走!

ちなみに参考コースタイムは約13時間…!が、頑張るぞー


ロングコースと言うことで夜明け前に山荘を出発。
しばらく登ったところで夜明けを迎えます。

富士山の脇から陽が昇ります。美しい夜明け・・・。
DSC03825_20160729194019d99.jpg

中白峰山3,055mに到着。朝焼けにほんのり染まる山頂。
DSC03829_201607291940214be.jpg

均整の取れた北岳を望みます。素敵な景色に思わずため息・・・
DSC03830_20160729194024819.jpg

中白峰から先は間ノ岳を目指して緩めの稜線を登っていきます!
DSC03837_20160729194025fc6.jpg

しばらく登ると標柱が。お、思った以上に早く着いたな!とホッとしていると・・・
DSC03838_201607291940269e9.jpg

偽者かよ!(/´Д`)/
DSC03839_201607291940358d3.jpg

その先のピークが間ノ岳でした
DSC03843_201607291940383c3.jpg

朝陽を浴びて赤く染まる中央アルプスがとても綺麗です
DSC03840_201607291940359b0.jpg


ちなみにこの日の稜線は風速20m/sを越える暴風が常に吹き荒れる過酷な天候・・・
寒い!痛い!体が持っていかれそう!と厳しいコンディションの中の縦走になりました・・・(ToT)

そんな天候を現すかのように稜線上にはシュカブラ(風紋)が至るところに。
DSC03842_20160729194036250.jpg

そして間ノ岳に到着ー!!
標高3,190mは北アルプスの奥穂高岳と並んで堂々の日本第三位!
DSC03847_20160729194040bcb.jpg
ちなみにこれで南アルプスの日本百名山は全て登頂となりましたー\(^o^)/


もちろん山頂からは遮るもののない360度の大展望!

・・・なのですが先ほども書いた通り暴風が吹き荒れていてのんびりする余裕がなかったので写真はちょっとだけ(>_<)

山頂から望む南アルプス南部の山々。
DSC03856_20160729194048e3a.jpg

続けては最後のピーク、西農鳥岳&農鳥岳を目指します!
DSC03858_20160729194049698.jpg
まずは鞍部の農鳥小屋2,800m地点まで一気の下り。

棚田のようなシュカブラ
DSC03863_20160729194050d46.jpg

農鳥小屋に到着ー!ってほとんど埋まってるやん
DSC03867_201607291940523d5.jpg

ありゃ・・・(苦笑)
DSC03869_201607291940539e5.jpg

ちなみに簡単に覗いてみましたが冬期小屋はないようです。
色々話題になる小屋ですが冬はとっても静かでした(^^;)


さて、ここからは一気の登りが始まります!
急な雪面を登っていきます
DSC03878_20160729194103fd4.jpg

振り返ると雄大な間ノ岳。
DSC03880_20160729194104941.jpg

少し緊張する場面も。
でもそれほど危険箇所はない感じかな。
DSC03882_2016072919410604f.jpg

ひとしきり登ると左前方にピークが見えてきました!
DSC03888_20160729194107c8a.jpg

西農鳥岳3,051m、登頂!
背後にはビッグな山、間ノ岳
DSC03894_201607291941092ce.jpg

ここまで来れば稜線散歩はあと少し!
眼前の農鳥岳の上には富士山。
DSC03898_20160729194117a94.jpg

ただしここからの稜線はなかなかの曲者。
いくつかの岩場を越えるので要注意なのです!
DSC03900_201607291941199f0.jpg

こんな箇所も。。。
DSC03901_201607291941206e5.jpg

ちょっと危険な岩場を越えるとあと一息!
DSC03903_2016072919412227e.jpg

白峰三山最後のピーク、農鳥岳3,026m、登頂です!\(^o^)/
DSC03905_2016072919412493a.jpg

山頂からはこれまで歩いてきた稜線が一望できます
鋭角にそびえる北岳に雄大な山容の間ノ岳、対照的な山容が印象的
DSC03910_20160729194137faf.jpg

左手には今日の縦走をずっと見守ってくれた富士山
DSC03908_20160729194135e69.jpg

そして南アルプス南部の山々もとても近い!

右手のピークは前月に登った塩見岳
その左には荒川三山赤石岳も見えます
DSC03907_201607291941346df.jpg

なにはともあれ・・・冬期白峰三山縦走、達成です!
やったぜーーー!!\(^o^)/
ちょうど大門沢方面から登ってきた方に撮影してもらいました
DSC03913_20160729194138d34.jpg

ちなみに相変わらず暴風はひたすら吹き荒れていますので風の当たらない東面に避難
富士山を見ながらしばしの休憩タイム
DSC03917_20160729194140b65.jpg


さてさて、しばらく休憩したら時間も押してきているので下山にかかります。

しばらくは稜線を緩やかに下っていきます。
DSC03921_20160729194147ed8.jpg

風の当たらない東面は雪がそこそこ積もっていました
DSC03923_20160729194149981.jpg

歩くこと約30分、大門沢下降点に到着!
噂通り立派な指導標が立っているので雪が積もっていても見落とすことはなさそうです。
DSC03929_201607291941505c1.jpg

さて、ここからは急斜面を一気の下り!
眼下の沢筋目指してどんどん下ります。
DSC03930_20160729194152fe5.jpg

雪の斜面をシリセードで滑っていったり
DSC03933_2016072919415333b.jpg
ちなみに下り始め付近は雪崩注意とのことですが、今回は雪がほとんどなかったので心配なしでした。

しばらく雪面を下った後は夏道の樹林帯に入ります。
DSC03935_20160729194201145.jpg

そこからはひたすらの樹林帯の下り。

(色々省略して・・・)

大門沢小屋に到着!
冬期解放されていてなかなか立派なところでした。
この日は宿泊者が2人程いたみたい(。・ω・。)
DSC03942_201607291942037c9.jpg


さてさて、ここまでくれば奈良田まではあと少し!

・・・というわけにはいかず、3時間程のなかなか長い道のりが待っています

渡渉も数回あるよ!お手製の橋(ちょっと怖い・・・)を越えて・・・
DSC03944_201607291942041e1.jpg

細い道をトラバースしたり・・・
DSC03947_20160729194206e37.jpg

吊橋も越えたりするよ!(ここまで来ればあと少し!)
DSC03952_20160729194207a19.jpg
ちなみに吊橋が苦手な僕・・・揺れに揺れてめっちゃ怖かったです
今回の縦走で一番怖かったところは?と聞かれれば文句なしにここ!(苦笑)

最後は暗くなってきた林道を30分程歩きフィニッシュ!
DSC03955_20160729194215ad2.jpg

そんなこんなで奈良田のゲート前に着いたのは日が暮れた17:40。
日が昇る前に出発して日が暮れた後に到着というなかなかハードな一日でした



ということで冬期白峰三山縦走でしたー!

テント装備21kgを担いでの縦走に夜は寒さと不安との闘い・・・ということで肉体的にも精神的にもかなーりタフな2泊3日でした

もちろん景色は最高!の一言に尽きますが、今の自分には限界に近い山行だったので、終わった時は感動の余韻というよりも無事に降りられてホッとした、というのがすごく強かったです

日帰りだと冬期富士山(こちら)がこれまでで一番キツかったですが、トータルで見ると今回が一番キツかったかな


そんなこんなで毎回つぶやく南アの縦走後の一言。。。まったく、南アルプスは楽じゃない・・・(´・ω・`;)



【関連記事】

【南アルプス】12月 初冬の甲斐駒ヶ岳日帰り登山(黒戸尾根)

【南アルプス】12月 冬期塩見岳登山(2泊3日)

【南アルプス】鳳凰山(薬師岳) 冬山テント泊登山(夜叉神より)

【北アルプス】快晴の大展望~4月の奥穂高岳へ!

【八ヶ岳】3月 冬期南八ヶ岳縦走(権現→赤岳→阿弥陀→横岳→硫黄岳)-キレットを越えて-

【中央アルプス】12月 冬の木曽駒ヶ岳&伊那前岳登山


スポンサーサイト


白峰三山(冬) | 00:36:37 | トラックバック(0) | コメント(2)
 
 
コメント
はじめまして!
はじめまして!
信州で山登りを楽しんでいる mukuriと申します。

私も、いつか冬の白峰三山(先ずは北岳だけでも)を縦走したいと思っており、
参考山行検索していたところ辿りつきました。

厳冬期の白峰三山2泊3日テン泊縦走、お疲れさまでした!
素晴らしい景色、なにより素晴らしいガッツです。(3日目奈良田までとは!)
そして、ルート不安な場所ほど詳細なレコのおかげで、
大いにチャレンジの参考になり、妄想が膨らみました。

これからもお互い、安全第一で山を楽しみましょう!

P.S ゲートの乗り越えは気合ですね。(ありがとうございました!)
2016-01-31 日 22:52:03 | URL | mukuri [編集]
はじめましてー!
> mukuri さん

はじめまして!ブログを見ていただきありがとうございます(^^)
(先日メールいただいた方ですよね?)

ブログは記録兼登る方の参考になればと思い書いていますので、参考にしていただいて嬉しいです。

冬の北岳は標高差2,000m&宿泊装備必須なのでなかなかタフですが、晴天も多く頑張って登ればご褒美の絶景も待っていますのでお気をつけて行ってらしてくださいね!

お互い山登り楽しみましょう(^^)
2016-02-01 月 01:17:40 | URL | K-NO [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ