■プロフィール

K-NO

Author:K-NO
千葉県在住の30代。色々と体を動かさないとムズムズしてくる性分です。主に30歳から始めた登山についてつらつらと書いていきます。

●現在の日本百名山:完登!(2017.7.20 幌尻岳)

■訪問者数

■最新記事一覧

2017/11/06
【日本百名山完登!】日高幌尻岳日帰り登山 [額平川コース] (2017.7.20) 2017/09/08
【99座目】7月 快晴のトムラウシ日帰り登山 [短縮コースより] (2017.7.19) 2017/08/15
丹沢の美渓 小川谷廊下遡行 (2017.6.3) 2017/07/21
沢登りデビュー!三ツ峠 四十八滝沢 で滝登り(2017.5.18) 2017/07/03

■カテゴリ

■最新コメント
■最新トラックバック

■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

冬期南八ヶ岳縦走(権現岳・赤岳・阿弥陀岳・硫黄岳・横岳) その1[権現岳→赤岳→阿弥陀岳](2016.3.20-22)
DSC05881_20161130175828672.jpg
快晴の阿弥陀岳山頂にて!

その2[横岳~硫黄岳~美濃戸]はこちら


3月に入りだいぶ雪も締まり始めたこの時期、今回は1月の白峰三山以来久しぶりに数泊の雪山登山にチャレンジしてみよう!

ということで南八ヶ岳の主要な山々を縦走してきました!(^^)


同じ八ヶ岳でも人気のある赤岳や隣接するピークとは違い、今回の権現岳→赤岳間は人の少ないルート。
理由としては技術的な難易度ももちろんですが、それ以上に営業小屋がなくテント装備を担いでいかないといけないのがハードルが高いのです。。。

僕が愛読している「新版・日本雪山ルート集」にも他のルートに比べ"ワンランク上"とされています。

しかしそんな風に書かれたら逆に燃える性分、これは是非行ってみねばなるまい・・・!
ついでにせっかくだし冬は未踏の阿弥陀岳・横岳・硫黄岳にも行ってみるぞ!


そんなわけで2回に分けての冬の南八ヶ岳縦走記、始まります!

【登山ルート】※クリックで拡大
20160320_route.jpg
天女山に前泊し、権現岳→赤岳→阿弥陀岳へ。
赤岳鉱泉で1泊して横岳→硫黄岳を周回して美濃戸へ下山。

==============================================================
■登山ルート&時間
【1日目】
天女山(7:10)→三ツ頭(10:25)→権現岳(11:25-11:55)→ツルネ(13:20)→幕営地(キレット小屋)(14:00)
【2日目】
幕営地(8:40)→赤岳(10:40-11:00)→阿弥陀岳(12:25-12:50)→文三郎分岐(13:50)→行者小屋(14:35)→赤岳鉱泉(14:55)
【3日目】
赤岳鉱泉(7:20)→地蔵ノ頭(8:40)→横岳(奥ノ院)(9:55-10:05)→硫黄岳(10:55-11:05)→赤岳鉱泉(11:45-12:35)→美濃戸(13:30)→美濃戸口(14:15)

■所要時間:【1日目】6時間50分【2日目】6時間15分【3日目】6時間55分
■歩行時間:【1日目】6時間20分【2日目】5時間30分【3日目】5時間45分
==============================================================

さてさて、まずは登山口なんですが・・・
今回の縦走は登山口と下山口が違うので車はちょっと厳しい・・・
ということで前日に電車&タクシーで移動して天女山まで入りました。


こちらが天女山入口。甲斐大泉駅からタクシーで1,000円程でした。
DSC05346_2016113017550017b.jpg
※ちなみに小淵沢→甲斐大泉への小梅線ですが、1時間に1本くらいしか電車がないので注意です
小淵沢からタクシーでも良いかもしれません。

天女山までは冬は車両通行止めなのでえっちらおっちら15分程歩いていきます
DSC05349_20161130175502e7f.jpg

天女山の駐車場に到着ー!ここをキャンプ地とする!( ・`ω・´)
DSC05358_20161130175503eb4.jpg


【1日目】 [天女山~権現岳~キレット小屋]

駐車場脇の登山口から登山開始ー。ポストに計画書を出してね
DSC05362_20161130175505773.jpg

15分程登って賽の河原に到着。

ここからは眼前に前三ツ頭&三ツ頭が見えます。
その右奥に見えるのが権現岳
DSC05372_201611301755066ad.jpg

そこからはひたすらの登りが続きます・・・

歩き始めてそんな時間も経ってないのでテント装備が重くのしかかってなかなか辛い感じ
(ちなみに実は病み上がりだったのでそれも辛かった原因かも・・・

標高2,000m辺りから雪道になってきました
DSC05390_2016113017551650e.jpg

前三ツ頭までもう少し。はぁはぁ言いながら、とりあえずはあそこまで頑張ろう!と自分を励ましながら歩きます。
DSC05397_20161130175517458.jpg

前三ツ頭に到着ー!
DSC05404_201611301755204d9.jpg

ここからは南アルプスが綺麗に見えます
なかなかの景色に早くも感動
DSC05403_201611301755199e2.jpg

少し休んで三ツ頭へ向かいます。
道はこんな感じの緩めの登り
DSC05407_201611301755224f1.jpg


だがしかし!
こんな景色はまだまだ序の口でした・・・!

三ツ頭に登って来るとそれはそれはすごい景色が待っていたのです!

どーーーん!!
DSC05419_20161130175528a40.jpg
権現岳に阿弥陀岳、そして主峰の赤岳と、八ヶ岳の名だたるピークがずらり


権現岳。鋭く尖った岩峰は槍ヶ岳を彷彿とさせます・・・!
DSC05423_20161130175530274.jpg

そして八ヶ岳の主峰、赤岳
南側から見るのは始めてですが、他の角度から見るのと比べてすっと尖ったシャープな姿が印象的
DSC05432_20161130175531a12.jpg

東を見ると真ん丸の編笠山。その右奥は西岳かな?
DSC05433_201611301755333b5.jpg

うーむ、早くも素敵な景色を堪能して大満足!さて、十分楽しんだし下山・・・


ではなく!ここからが権現岳登山の本番、核心部ですよー。

右手の雪庇に注意しながら進みます。上部はなかなか険しそう・・・
DSC05443_20161130175534338.jpg

そして核心部、山頂直下の岩場です!
DSC05451_20161130175543e01.jpg

さて、ルートは岩をトラバースで巻いていくようなのですが・・・

どうも雪が急斜面になっていて先に進めない様子。。。先行パーティがスコップで足場を作ってくれていました。
DSC05452_20161130175544d32.jpg

岩場を登るという選択肢もあったのですが、それだとどうやら下山時が厳しそうと心配していたようでトラバースルートを作ってくれていた模様。

ちょっと心苦しいですが僕はピストンではないので岩場を登り先に進ませていただきました。


山頂の岩場が見えてきましたー!
DSC05456_201611301755466fd.jpg

権現岳、登頂!まずは第一のピークv(^^)v
DSC05457_20161130175547f30.jpg

山頂からはもちろん素敵な景色が待ってますよー!

南側には編笠山。
DSC05460_20161130175549c85.jpg

そして北側には阿弥陀岳(左)に赤岳(右)のダブルピークがそびえ立ちます!
その間には硫黄岳や横岳もちらっと見えるよ
DSC05462_201611301755572d7.jpg

山頂直下の権現小屋。冬期開放はしていないので使えませんよ!
奥に見えるピークはギボシ。
DSC05481_201611301755593b9.jpg


さて、ここから先が今回の縦走のメインイベント・・・キレット越えです!
痩せた稜線歩きにトラバース、岩場の登りとバラエティに富んだ道が待っているのです。
DSC05486_20161130175600b42.jpg

まずは急な下りからスタート。
DSC05487_2016113017560290a.jpg

振り返る権現岳。天に向かって突き出すその雄姿・・・!
DSC05493_201611301756030f1.jpg

一気に高度を下げていきます。
DSC05499_20161130175611852.jpg

とっても長ーいハシゴ!アイゼンを引っ掛けないように慎重に・・・
DSC05504_20161130175613435.jpg

ハシゴの下部は雪に埋もれていてそこからはトラバースがあります。
こんな感じの深い雪の急斜面を歩く。
DSC05510_20161130175613a5a.jpg

振り返り見上げるギボシ。
こんなにカッコイイピークだとは知りませんでした
今回の一番の発見かも
DSC05513_201611301756158f0.jpg

次に待ち受けるのは要注意ポイント。旭岳のトラバース。
かなりの急斜面なのでしっかりアイゼンの爪を刺して進みます。
装備の重さもありバランスを崩すと一気に持っていかれるので慎重に。。。
DSC05518_20161130175616938.jpg

トラバースを越えるとしばらくは稜線歩き。
右手の雪庇に注意です。
DSC05530_201611301756279e0.jpg

高度感のある下り。
DSC05535_2016113017562807c.jpg

そしてまた急斜面のトラバース。
DSC05541_20161130175630ddb.jpg

ちなみにこのルートですがとにかくトラバースが多い!という印象でした。
さらに雪が締まっていたかと思うと次のトラバースではぐずついていたりと箇所によって雪質も違っていたので、トラバースの歩行に慣れておくのと、雪質に応じた歩き方ができるようにしておいた方がよいと思いました。


稜線を進みます。こちらも右手の雪庇に注意!
DSC05543_20161130175631d05.jpg

ツルネに到着ー。広々としていて休憩スポットに最適
DSC05553_20161130175633734.jpg

眼下にはキレット最鞍部。写真ではわかりにくいですが稜線の右側にはキレット小屋があります。
DSC05554_2016113017564084b.jpg

振り返り見上げる権現岳。風格のある山容です
DSC05559_20161130175641699.jpg

そしてそして・・・ここまで来ると眼前に赤岳や阿弥陀岳が圧倒的迫力で間近に迫ります!

岩稜の赤岳。
これからどこを登っていけば良いのかわからないくらいの険しい岩場。。。
DSC05561_20161130175643cc4.jpg

そしてドキっとするほどに端正で美しい山容の阿弥陀岳!
この角度から見る阿弥陀岳はこんなに綺麗なのかと感動を覚えるほどでした・・・!
DSC05564_20161130175644a15.jpg
ハァ素敵・・・( ´q`)


赤岳&阿弥陀岳。
DSC05568_20161130175646a19.jpg

ツルネから先はかなり雪が深くなってきます。
DSC05569_20161130175653205.jpg

眼下にキレット小屋が見えてきました。あと少し!
DSC05571_2016113017565559c.jpg

主稜線から少し右手に下りキレット小屋へ。この日はここに幕営。
DSC05579_20161130175656492.jpg


・・・と思ったんですが、キレット小屋周辺は雪がものすごく深かったので稜線脇に幕営することに。
こんな感じで太ももの上まで沈むほどでした
DSC05585_20161130175658889.jpg

本日のお宿を設営!赤岳を眼前に望む絶好のロケーションです
整地をサボって斜めになってるのは気にしないぞ!(苦笑)
DSC05589_20161130175659980.jpg



【2日目】 [キレット~赤岳~阿弥陀岳~赤岳鉱泉]

2日目はキレットから赤岳への登り返し!
そのまま阿弥陀岳にも登頂して赤岳鉱泉まで下るプランです。


天気は生憎のガス模様 予報では晴れだったんだけどなぁ・・・
DSC05603_20161130175707c4c.jpg


天気の回復をしばらく待ってみたものの当分は晴れそうにないんで出発。

少し平坦な道を進んでからは赤岳へ向けて標高差約400mを一気に登ります!
こんな感じの雪面を登ります。雪質によっては雪崩に注意かもです。
DSC05614_20161130175708253.jpg

岩場を登ります。
岩が露出していたり雪が付いていたりとなかなか歩きづらい・・・
DSC05630_20161130175710f3a.jpg

ひたすら続く岩場の登り・・・
DSC05639_20161130175711961.jpg

DSC05642_20161130175713c03.jpg

岩場のトラバース。こんな細い道を鎖を頼りに通過します。
崖になっているので落ちるともちろんアウト。緊張する場面でした・・・
DSC05658_2016113017572396d.jpg

ひとしきり登ると階段で稜線の東側→西側へ移動。
そこからは岩場&トラバースが続きます。
DSC05667_201611301757247cf.jpg

DSC05673_20161130175726e88.jpg

真教寺分岐の手前に到着。ここまでくればもう一息!
DSC05676_20161130175727172.jpg

岩場を登り・・・
DSC05683_201611301757291ff.jpg

雪稜を越えて・・・
DSC05688_20161130175737713.jpg

最後は竜頭峰と呼ばれる岩をトラバースすると。。。
DSC05698_20161130175739a28.jpg

文三郎道と合流!そして合流した途端にまさかの行列だーー!
ま、まぁ三連休ですしね ここまでのルートは数パーティしか会わなかったのであまりのギャップに驚きました
DSC05703_201611301757404d7.jpg

そこから一登りして・・・赤岳山頂に到着ー!!
束の間の晴れ間がお祝いしてくれました
DSC05725_201611301757429a3.jpg

まるで空中に浮かんでいるかのような景色
雲で展望はなかったけど、これはこれでなかなか見られない景色なので大満足
DSC05726_20161130175743d4d.jpg


ここでちょっと寄り道!
赤岳は前年の冬に登っていて景色もバッチリだったんで参考にその時の写真を

①権現岳方面。奥には南アルプス。
DSC04500_20160801160612246.jpg

②北方面。蓼科山まで八ヶ岳が一望!
奥には浅間山や四阿山。北アルプスも見えるよ!
DSC04486_20160801160548316.jpg

③阿弥陀岳。奥には中央アルプスに御嶽山、乗鞍岳に北アルプス南部も。
槍の穂先までしっかりと見えるんです
DSC04502_201608011606158f0.jpg


とこんな感じの景色ですよー。

と、こんなところで寄り道は終了して山行の続きを!



続いては文三郎道を下り阿弥陀岳へ向かいます。
赤岳山頂直下は急峻な岩場なので注意して慎重に下りますよー。
DSC05730_201611301757526eb.jpg

振り返り見上げる赤岳!ガスをまとい幽玄な雰囲気
DSC05745_20161130175753c5c.jpg
ちなみにこの写真、左下をよく見るとなんとわんこが歩いています・・・!すごい・・・!
後にヤマレコで見つけましたが無事登頂したみたいでした!わんこ様お疲れ様です(^^)


文三郎分岐から下ってから中間の中岳への登り返し。
地味にちょっとキツイ・・・
DSC05761_20161130175755a1c.jpg

中岳のピーク。うん、残念ながら展望はないぞ・・・(´-ω-`*)
DSC05764_2016113017575620f.jpg

中岳から先はリッジが続きます。
それほど危険ではないですが気を抜いて落ちないように注意!
DSC05767_20161130175758152.jpg

DSC05775_20161130175806cc6.jpg

阿弥陀岳主稜に取り付いてからはひたすら雪の急斜面を登ります
夏はひたすらの岩場なんですが、冬は打って変わって終始雪稜の登り
DSC05787_20161130175808a3a.jpg

ピッケルのピックをこんな感じで刺しながら登ります
DSC05790_20161130175809cf3.jpg

さてさて時間は正午丁度くらいなんだけど・・・
なんとここに来て急激に天気が回復してきました・・・!

振り返るとあんなに真っ白だった赤岳が
DSC05799_20161130175811826.jpg

晴れたーーーー!!\(^o^)/
DSC05808_2016113017581286e.jpg
大好きな西側からの赤岳がバッチリ見えます


本日登ってきた赤岳南側の稜線。うーん、険しい・・・
DSC05811_20161130175822c7c.jpg

下を見るとこんな急斜面になっています。かなりの高度感
DSC05815_20161130175823382.jpg

山頂が見えてきましたー。
DSC05843_20161130175825b3f.jpg

阿弥陀岳山頂に到着ー!
DSC05865_201611301758262a2.jpg

しばらく休憩していると、北稜や北西稜から続々とクライマーの皆さんが登ってきました
DSC05900_20161130175837e8d.jpg
三連休ということで八ヶ岳にはアルパインクライマーの方々がかなり集まっていたようです。
それにしても皆さんすごいなー!
(ちなみに通常ルートを登ってきたのは僕だけでした。なんだかちょっと肩身が狭い・・・


何はともあれ・・・冬期阿弥陀岳初登頂ー!!
ピッケルを高々と掲げて・・・やったぜ!
DSC05881_20161130175828672.jpg


天気もすっかり回復して山頂からは素敵な展望が広がっていました

まずはなんと言っても迫力の赤岳ですよね!
DSC05882_20161130175836cb5.jpg
阿弥陀岳から望む赤岳はどっしりとしていて最高(^^)
前日に権現岳から見たスッと伸びた姿もよいけどやはりこの重厚な山容が大好きです


キレット~権現岳。
改めて見るとなかなか険しい道です。
DSC05908_2016113017583975e.jpg

横岳&硫黄岳。岩の突き出た異様な山容の横岳と、それと対照的に穏やかな硫黄岳。
この稜線は翌日に歩いてきますー。
DSC05911_201611301758409b7.jpg



という感じで南八ヶ岳縦走その1でしたー。

テント装備は重いわ病み上がりで鼻水は垂れ放題だわ(汚い・・・)となかなかタフな道のりでしたが、無事念願のキレット越えを果たしました

天気も概ね晴れていて素敵な景色も楽しめたし大満足(^^)

ルートですが、急斜面のトラバースや岩登りなどところどころ危険箇所があるので、テント装備を担いで安定して歩ける体力が必要かな、と感じました。
ちなみに軽荷で日帰りでキレット越えしている猛者も数名いました



ではではその2では3日目の赤岳鉱泉→横岳・硫黄岳→美濃戸について書いていきますー(^^)
こちら



【関連記事】

【八ヶ岳】紺碧の空へ!12月 冬期赤岳日帰り登山

【北アルプス】快晴の大展望~4月の奥穂高岳へ!(涸沢岳西尾根)

【南アルプス】1月 厳冬期の白峰三山縦走(2泊3日)

【南アルプス】12月 冬期塩見岳登山(2泊3日)

【北アルプス】穂高連峰&槍ヶ岳の大展望!冬の蝶ヶ岳日帰り登山(三股より)

【北アルプス】4月 残雪期の西穂高岳へ

【北アルプス】4月 残雪期焼岳登山 [中ノ湯ルート]

【北アルプス】【GW】残雪の唐松岳・五竜岳縦走

初めての八ヶ岳!晩夏の南八ヶ岳縦走(硫黄岳・横岳・赤岳・阿弥陀岳)




スポンサーサイト


権現岳・赤岳・阿弥陀岳・横岳・硫黄岳(冬) | 18:42:06 | トラックバック(0) | コメント(0)
 
 
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ