■プロフィール

K-NO

Author:K-NO
千葉県在住の30代。色々と体を動かさないとムズムズしてくる性分です。主に30歳から始めた登山についてつらつらと書いていきます。

●現在の日本百名山:完登!(2017.7.20 幌尻岳)

■訪問者数

■最新記事一覧

2017/11/06
【日本百名山完登!】日高幌尻岳日帰り登山 [額平川コース] (2017.7.20) 2017/09/08
【99座目】7月 快晴のトムラウシ日帰り登山 [短縮コースより] (2017.7.19) 2017/08/15
丹沢の美渓 小川谷廊下遡行 (2017.6.3) 2017/07/21
沢登りデビュー!三ツ峠 四十八滝沢 で滝登り(2017.5.18) 2017/07/03

■カテゴリ

■最新コメント
■最新トラックバック

■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

梅雨の北岳日帰り登山~キタダケソウに会いに~ (2016.6.26)
DSC02412.jpg
梅雨間に咲く北岳の特産種、キタダケソウ


6/25(土)から広河原へのバスが運行開始ということで、早速南アルプスの北岳へと行ってきました!

これまでに夏、冬と登り今回で3度目の北岳。
お目当てはお花畑 特に梅雨の一時期(6月中旬~7月初旬)の北岳にのみ咲く、キタダケソウに会いたいぞ!

そんなわけで晴れ間をなかなか望めないこの時期ですが、たくさんの花たちに会うために日本第二位の高峰へと登ってきました(^^)


ちょっといつもと趣向を変えて、花の写真を中心にお届けしますー。
※ちなみに花の名前は間違っていたらごめんなさい・・・

【登山ルート】※クリックで拡大
20160626_route.jpg
広河原から右俣コースを登り山頂へ。下りは左俣コース。
キタダケソウは北岳山荘~八本歯の巻き道に!

==============================================================
■登山ルート&時間(休憩含む)
広河原(5:00)→大樺沢二俣(6:20)→肩ノ小屋(8:30-9:30)→北岳(10:05-10:20)→八本歯巻道分岐付近(10:40-11:20)→大樺沢二俣(12:30)→広河原(13:40)
■所要時間:8時間40分
■歩行時間:6時間45分
==============================================================

前日の最終バスで広河原に入り、広河原山荘でテント泊。
早朝から登り始めます


まずは広河原から沢沿いを二俣分岐目指して歩いていきます。
雪渓の脇をてくてくと。
DSC02229_201607021311473d6.jpg

二俣分岐付近からは徐々に花が咲き始めていました!
そこから右俣コースを登っていきます。

タカネグンナイフウロ。
DSC02230.jpg

ツマトリソウ。
DSC02233.jpg

岩場にびっしりと生えているのは・・・?
DSC02244.jpg

ミヤママンネングサです
DSC02245_20160702131208dd7.jpg

このもふもふは・・・?うーん、イブキトラノオかな?
DSC02248.jpg

ハクサンチドリちゃん。
DSC02251.jpg

キバナコマノツメ!(スミレかもしれません)
DSC02255_201607021312139eb.jpg

色々な山でよく見かけるこの子はミヤマキンポウゲ。
小ぶりな黄色の花が可愛らしい。
DSC02266.jpg

ウサギギクです。
DSC02267_2016070213123179f.jpg

バイカオウレン・・・かな?ヘビイチゴの花かもしれません(^^;)
DSC02273_20160702131232f3e.jpg

この日の北岳は予報では晴れ間が見えそうだったんですが、結局終始ガスに包まれた一日に。
鳳凰三山はなんとか見えました。
DSC02279.jpg

鳳凰山のシンボル、地蔵岳のオベリスクもはっきりと
DSC02280_20160702131235555.jpg

登るにつれて花がどんどん増えていきます

ウラジロナナカマド。
DSC02283.jpg

お馴染みのハクサンイチゲ。
DSC02305.jpg

純白の花びらがとっても綺麗
DSC02306_20160702131256abf.jpg

草すべりにはシナノキンバイが一面に咲いていました!
DSC02310.jpg

大輪の花を咲かせるシナノキンバイの中にちらほらつつましいミヤマキンポウゲも混じってたり。
DSC02311_201607021312591c8.jpg

強風の稜線へと上がってきました。ここからもお花の楽園
DSC02313.jpg

岩場に咲くミヤマキンバイ。まだ咲き始めって感じかな?
DSC02325_2016070213131667a.jpg

花に囲まれた稜線を歩く
DSC02333_20160702131318e13.jpg

イワベンケイにオヤマノエンドウ
DSC02335_20160702131319204.jpg

ミヤマシオガマ。
DSC02338_20160702131321247.jpg

肩ノ小屋へ到着ー!風がかなり強いのでここでひと休憩
DSC02346_20160702131338bb2.jpg

天気の回復を願って1時間程待ってみたんだけど一向に好転の兆しを見せず・・・バスの時間もあるので再び強風の中を出発

キバナシャクナゲが至るところに咲いていました。
DSC02351.jpg

イワウメちゃん。
DSC02358.jpg

ハクサンイチゲもたくさん咲いてたよー。
DSC02363_2016070213134318c.jpg

こちらはチョウノスケソウ。
小判みたいな可愛らしい葉っぱが特徴。
DSC02364.jpg

北岳山頂に到着ー!ん、展望?そんなものはないよ!(^^)
DSC02369_20160702131401619.jpg

ちなみに山頂で前日のバス&テントで仲良くさせてもらったお姉さんとまさかの再会!
日本百名山や百高山ハントをやっているそう。またどこかでお会いしましょー(^^)/


続いては目的のキタダケソウに会いに八本歯へ!

岩場にはハハコヨモギがきらきらと輝いています
DSC02376_20160702131403204.jpg

オヤマノエンドウの鮮やかな紫。
DSC02390.jpg

イワベンケイも至るところに。
DSC02397_20160702131406f2e.jpg

巻き道分岐点に到着。
キタダケソウが付近に咲いているとのことで人もいっぱいいました。
DSC02402.jpg

そこから巻き道方面へ。お花畑
DSC02403.jpg

ミヤマオダマキも咲き始めていました
DSC02406_20160702131428484.jpg

はしごのかかった岩場。ここで右手を見てみると・・・
DSC02407_20160702131429809.jpg

キタダケソウです!とうとう念願のご対面\(^o^)/
DSC02409.jpg

雨に濡れて薄く透ける花びらがとても可愛いです
可憐だなぁ・・・(*´ω`*)
DSC02412.jpg


ちなみに周りにはハクサンイチゲがたくさん咲いています。
キタダケソウと似ているので見分けるのがちょっと大変!
DSC02414.jpg
※ハクサンイチゲの方が花びらがつんつん尖っている感じです。
一番簡単なのは葉っぱを見ること。イチゲはキザキザしていますがキタダケソウは丸みを帯びてもじゃもじゃしてるんですよ!


お目当てのキタダケソウにも出会えて大満足
目的も達成!ということで後は無事に下山するだけ。


八本歯からの急な下り。木道が濡れている時はスリップに要注意!
DSC02416.jpg

大樺沢の雪渓を下っていきます。
今年は雪がかなり少なくところどころクレバスもあったので注意しながら・・・
DSC02418_2016070213145651e.jpg

無事広河原へと帰還!
DSC02420.jpg

この後はのんびりテントを片付けて、次なる目的地、北沢峠行きの最終バスに乗り込むのでした


ということで梅雨間の北岳登山でしたー。

雪解けが例年より早く6月上旬にキタダケソウが咲き始めていたということで、見られるか少し心配していたんですが、ちゃんと待っていてくれて無事に会うことができました(^^)

お花畑もたくさん広がっていてとっても癒されたよ

これからいよいよアルプスの花の季節も本番を迎えるので、色々な花に会えるのが楽しみです


ちなみに装備ですが、もし大樺沢の雪渓上を歩くなら軽アイゼンを持っていくとより安全かと思います(なくても大丈夫でした)。


ではでは続いては北沢峠から甲斐駒ヶ岳を経て、ギザギザの稜線が待つ鋸山への縦走にチャレンジ!
こちら



【関連記事】

【南アルプス】1月 厳冬期の白峰三山縦走(2泊3日)

【南アルプス】青木鉱泉からの鳳凰三山縦走

【南アルプス】甲斐駒ヶ岳~北沢峠より~

【南アルプス】仙丈ヶ岳~北沢峠より~

【南アルプス】12月 冬期塩見岳登山(2泊3日)

晴天の南アルプス南部縦走!(光岳・聖岳・赤石岳・悪沢岳)


スポンサーサイト


北岳 | 17:36:06 | トラックバック(0) | コメント(0)
 
 
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ