■プロフィール

K-NO

Author:K-NO
千葉県在住の30代。色々と体を動かさないとムズムズしてくる性分です。主に30歳から始めた登山についてつらつらと書いていきます。

●現在の日本百名山:完登!(2017.7.20 幌尻岳)

■訪問者数

■最新記事一覧

2017/11/06
【日本百名山完登!】日高幌尻岳日帰り登山 [額平川コース] (2017.7.20) 2017/09/08
【99座目】7月 快晴のトムラウシ日帰り登山 [短縮コースより] (2017.7.19) 2017/08/15
丹沢の美渓 小川谷廊下遡行 (2017.6.3) 2017/07/21
沢登りデビュー!三ツ峠 四十八滝沢 で滝登り(2017.5.18) 2017/07/03

■カテゴリ

■最新コメント
■最新トラックバック

■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

火打山&妙高山 日帰り縦走登山(笹ヶ峰より)(2016.7.11)
DSC02881_20160723212528e53.jpg
天狗の庭から見る火打山


今回はかねてから行こうと思いつつも首都圏から距離もあり、ついついアルプスを優先してしまいなかなか来られなかった火打山・妙高山へとやってきました。

穏やかな火打山に荒々しい妙高山と対照的な山容の2山。
(これに焼山を加えて頸城三山とも呼ばれます)

両者を登る場合、距離が長く一泊が推奨されるのでできれば高谷池でのんびりとテン泊したかったんですが、雨飾山とセットということで日程的に余裕がもてなかったので日帰りで頑張ってきました!

ロングコースに加えて道間違いもあったりと、なかなかハードな一日になりましたが、高谷池に黒沢池やその他湿原や池塘もあり花も素敵な山旅になりました。


では北信越の名山を巡る旅へ!


【登山ルート】※クリックで拡大
20160711_route.jpg
笹ヶ峰から火打山→妙高山と登ります

==============================================================
■登山ルート&時間(休憩含む)
笹ヶ峰(6:30)→富士見平(7:50)→高谷池ヒュッテ(8:20-8:30)→火打山(9:40-9:50)→高谷池ヒュッテ(10:55-11:05)→黒沢池ヒュッテ(11:40)→※妙高山(14:30-15:05)→黒沢池ヒュッテ(16:25-16:40)→富士見平(17:10)→笹ヶ峰(18:25)
■所要時間:11時間55分※
■歩行時間:10時間35分※
==============================================================
※道間違い1時間含む

登山口は笹ヶ峰。マイカーで2山を登ろうとするとここから登ることになります。
参考コースタイムは14時間強、累積標高差は登り下りそれぞれ約2,200m・・・が、頑張るぞー!!

上信越自動車道、妙高高原ICから約30分、笹ヶ峰に到着ー!
すでに夜通し4時間以上運転してきたのでわりとふらふら・・・
DSC02759_201607271409008c0.jpg

一息ついて登山開始。
まずは森の中をてくてく歩いていきます。木道が整備されているので快適♪
DSC02760_201607271409026e7.jpg

しばらく歩いて黒沢出合の橋を越える。
DSC02764_20160727140906542.jpg

そこからは本格的な登りが始まります!
12個のカーブが連続する十二曲りを越えて高度を稼いでいきます。
DSC02767_20160727140906d9d.jpg

左手には後立山連峰の山々。白馬三山や不帰ノ嶮、唐松岳五竜岳が一望。
DSC02771_20160727140907acf.jpg

花もちらほら見え始めます。
ゴゼンタチバナにオオバミゾホオズキ。
DSC02776.jpgDSC02778_20160715233829e7c.jpg

ひとしきり登って富士見平に到着。ここは火打山方面と妙高山方面の分岐点です。
まずは左の火打山へ!
DSC02782_2016072714093502b.jpg

木道の緩い傾斜をてくてくと。
DSC02783_20160727140936a7d.jpg

しばらく歩くと左手の展望が開けて目指す火打山が見える!
その奥の立派な山は焼山。絶賛噴火活動中で立ち入りできないのです。
DSC02790_201607232125258cc.jpg

森の中にひっそりと佇む高谷池ヒュッテが見えてきました。
DSC02795_2016072714093810e.jpg

DSC02807_201607271409389d1.jpg

ヒュッテの前には高谷池が広がります。穏やかで静かなとってもいいところ♪
ここでテント張ったらすごく気持ちいいだろうなぁ。。。
DSC02826_20160727140941b68.jpg

ちなみにここに群生するというお目当てのハクサンコザクラはまさかの終了・・・
(例年はこの頃が見頃らしいですが今年は雪解けが早く20日程早かったらしいです)


とはいえ周辺は他の花がいっぱいでした。

アザミ(オニアザミ?)にミヤマキンポウゲ
DSC02808_20160715233847c6e.jpgDSC02814.jpg

そこからは花に囲まれた木道歩き♪
DSC02837_20160727141008243.jpg

ヨツバシオガマにハクサンチドリ
DSC02849.jpgDSC02850.jpg

鮮やかなクルマユリには蝶が止まっていました。
DSC02855_20160723212528ca2.jpg

天狗の庭に到着。ここがまたとってもいいところなんです!
DSC02858_20160727141009a06.jpg

湿原に池塘が広がるまさに楽園のような場所。そしてたなびくワタスゲの花。
DSC02865_20160727141011ced.jpg

DSC02866_20160727141012ee6.jpg

池塘の向こうには火打山!穏やかな山容が湿原にすごくマッチしていてとても癒される光景でした。
うーん、この山、すごく好きかも・・・!
DSC02881_20160723212528e53.jpg

池に映る逆さ火打。
DSC02882_20160727141014054.jpg

天狗の庭を過ぎるとそこからは山頂に向けて緩やかに登っていきます。
DSC02892_201607271410295ba.jpg

花も盛りだくさん

ハクサンシャクナゲにヤマオダマキの群れ。
DSC02895.jpgDSC02906.jpg

テガタチドリにオタカラコウ。
DSC02908_201607152339325bb.jpgDSC02911_201607152339419db.jpg

ライチョウ平。名前からすると例の可愛い鳥がいそうだけど、この辺りはハイマツがほとんどないのでもうちょっと上に行かないと会えなさそう。
DSC02916_20160727141030a2d.jpg
※ちなみに火打山にはライチョウが生息していますよ

穏やかな山頂へ向かいます。少し傾斜が出てきますがそれほどキツくはないよ!
DSC02930_20160727141032d26.jpg

ミヤマタンポポ&ウサギギク
DSC02934_20160715233945067.jpgDSC02939.jpg

アオノツガザクラとようやく出会えたハクサンコザクラちゃん!(ほぼ終わりかけ・・・)
DSC02945.jpgDSC02946_20160715233955ff9.jpg

火打山山頂、到着ー!
DSC02951_201607271410336a9.jpg

ガスが広がってアルプスは見えませんでしたが、展望はまずまず!

西には焼山がどーんと構えています!
さらにその奥には翌日に登る雨飾山も。
DSC02953_2016072714103590b.jpg

眼下には天狗の庭の湿原が広がります。
そして奥にはこれから向かう妙高山。うーん、遠いな・・・
DSC02954_20160723212531752.jpg

さて、と。まだまだ妙高山へ向けた長い道のりが待っているので、一息ついたら山行再開!

木道を下っていきます。今回のルートは傾斜が緩いところにはほとんど木道が整備されているのでとても歩きやすい感じでしたよー。整備してくださった方々に感謝です(^^)
DSC02962_201607271410436ff.jpg

眼下には天狗の庭。
DSC02974_2016072714104554f.jpg

高谷池のほとりに佇むヒュッテは絵になります。
DSC03013_20160723212532898.jpg

ヒュッテでバッジを購入して(火打は売り切れだったのでとりあえず妙高だけ。黒沢池ヒュッテで火打はゲット!)、コーラ休憩!

エネルギーをチャージして黒沢池へと向かいます


高谷池~黒沢池間は標高差100mくらいの緩いアップダウンの道。
DSC03021_20160727141046c43.jpg

相変わらず花もいっぱい!

ヤマハハコにハナニガナの群生。
DSC03023_20160715234013c90.jpgDSC03027.jpg

純白の大輪の花を咲かせるキヌガサソウ
なんと大きいのは花の直径が15cmくらいありました
右の写真はゴゼンタチバナ&ツマトリソウ。
DSC03028.jpgDSC03030.jpg

中間点の茶臼山。なんか変な奴がいるぞ・・・
DSC03033_201607152340278d7.jpg

眼下の黒沢池に向かって下っていきますー。奥には外輪山の向こうに妙高山がぴょこっと。
DSC03034_2016072714104835d.jpg

池の脇にひっそりと立つ黒沢池ヒュッテ。
DSC03037_2016072714104937a.jpg

なんか面白い形してるな!(笑)
DSC03042_201607271411001ef.jpg


さて、予定よりちょっと時間が押してたんで急ぐよー!
というあせりからここで痛恨のミス。

道を間違えて笹ヶ峰方向(下山道)へと向かってしまいます(>_<)


平坦な木道をしばらく歩いていて "あれ、一向に登りがない、おかしいぞ・・・" と気づいた時には富士見平の近くまで歩いてました
慌てて引き返したんですが結局これで1時間のロス・・・精神的ダメージが・・・


なんとかヒュッテまで戻ってきました・・・
正しくはこの看板を真っ直ぐね!(何故か右に行ってしまったという・・・)
DSC03043_20160727141101389.jpg
ちなみにここで"もう時間なんてどーでもいいや!"と完全に開き直ります(^^;)


ここから妙高山へは外輪山を越える中々険しい道のり。
まずは150mくらい登って外輪山の大倉乗越へ!
DSC03044_20160727141103f57.jpg

ここから見る妙高山は堂々とした風格を感じさせます。
か、かっこいいじゃない・・・
DSC03061_20160723212543aba.jpg


しばらく続くトラバース道。一部斜面が崩壊しているところも。
DSC03063_20160727141104cf9.jpg

長助池分岐。ここからはいよいよ山頂へ向けて標高差400m強の険しい登りが待ち受けます!
DSC03068_20160727141106a0c.jpg

ひたすら続く岩場の急登。後半で体力的にキツく、展望もないので精神的にもなかなか堪えるぞ!(>_<)
DSC03074.jpg

なんとか登り終えると上部は気持ちのいい緑
DSC03078_2016072714111708e.jpg

妙高山北峰、到着ー!!めっちゃ疲れたーー!!
DSC03080_20160727141119ea6.jpg

またこいつか・・・(´_ゝ`) 一体何者なんだ・・・
DSC03081_20160715234105c62.jpg


山頂からは抜群の展望!

雲海が広がってる!まるで宙に浮いているかのような気持ちになります。
DSC03083_20160723212545fd4.jpg

火打山に焼山。
DSC03082_201607232125443e5.jpg

沸き立つ雲の上に浮かび上がっているのは南峰。
こっちが最高点なのでもちろん向かいます!
DSC03088_201607271411204ab.jpg

北峰から南峰までは5分くらい。
DSC03089_20160727141122604.jpg

ピークには妙高大神が祀られています。ここは古くからの信仰の山なのですよー。
DSC03090_20160727141123ee2.jpg

雲の上に見えるのは北信越の名山、黒姫山に高妻山
DSC03098_20160727141131ca6.jpg

青空と雲海にとても癒されます。。。
DSC03120_20160727141135470.jpg

さて、ここから登山口まではまた長い道のり。

下山道は写真は省略ー。
山頂からの下りの岩場は急勾配なので要注意。あとは大倉乗越までは登り返しがあるので頑張る!


黒沢池ヒュッテからは気持ちのいい木道を歩きます♪
DSC03140_20160727141135753.jpg

ワタスゲが揺れる景色はとっても幻想的。
DSC03141_20160723212547ba3.jpg

ハクサンフウロもたくさん咲いてたよー!
DSC03142_20160727141136fec.jpg

黒沢出合で水分補給!冷たくてめっちゃ気持ちいい(>_<)
DSC03149_20160727141137905.jpg

なんとか暗くなる前に登山口へと無事帰還!疲れたー!
DSC03152_20160727141146280.jpg


下山後翌日の雨飾山の登山口までバイクで移動・・・したかったんだけど、ふらふら&暗くなる直前だったんで笹ヶ峰にテントを張ることに。

前日にほとんど寝ていないこともあり深い眠りにつくのでしたzzz


というわけで火打山&妙高山登山でした。
いずれの山も登山口からの距離が長く、なかなかタフな山でしたが火打山の穏やかな山容に妙高山の険しい山容と対象的な2山はとても楽しかったです!
DSC02881_20160723212528e53.jpg

DSC03061_20160723212543aba.jpg


そして両者に共通しているのは湿原に池と花の楽園ということ。
花の時期は素敵な光景に出会えるのでとってもオススメです(^^)

あ、日程に余裕があればのんびりと池のほとりにテントを張るのもすごく気持ち良さそうでしたよ♪



ではでは続いては同じく北信越の日本百名山、雨飾山へ。
ここのところ越後三山谷川馬蹄形北岳鋸岳と厳しめの山が続いて疲れていたので、久々にまったりとした山が楽しめました(^^)v
こちら



【関連記事】

【北信越】戸隠山・高妻山日帰り登山

【北信越】雨飾山登山~笹の稜線と岩峰と花~


スポンサーサイト


火打山・妙高山 | 15:57:58 | トラックバック(0) | コメント(0)
 
 
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ