■プロフィール

K-NO

Author:K-NO
千葉県在住の30代。色々と体を動かさないとムズムズしてくる性分です。主に30歳から始めた登山についてつらつらと書いていきます。

●現在の日本百名山:完登!(2017.7.20 幌尻岳)

■訪問者数

■最新記事一覧

2017/11/06
【日本百名山完登!】日高幌尻岳日帰り登山 [額平川コース] (2017.7.20) 2017/09/08
【99座目】7月 快晴のトムラウシ日帰り登山 [短縮コースより] (2017.7.19) 2017/08/15
丹沢の美渓 小川谷廊下遡行 (2017.6.3) 2017/07/21
沢登りデビュー!三ツ峠 四十八滝沢 で滝登り(2017.5.18) 2017/07/03

■カテゴリ

■最新コメント
■最新トラックバック

■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

7月の雨飾山登山 (雨飾高原キャンプ場より) (2016.7.12)
DSC03204_20160723183327940.jpg
笹平から望む山頂


前日の火打・妙高山に続く北信越の旅、2日目は雨飾山です。

標高は1,963mとこの辺りの山ではそれ程高くはないけれど、そのピラミダルな山容は下界からもとっても目立つそうです!

紅葉も有名な山ですが今回は高山植物の咲く季節に訪れてみました。


では頸城の西端、信仰の山、雨飾山へ!

【登山ルート】※クリックで拡大
20160712_route.jpg
雨飾高原キャンプ場からのピストンです

==============================================================
■登山ルート&時間(休憩含む)
雨飾高原キャンプ場(6:30)→荒菅沢出合(7:25)→笹平(8:20)→雨飾山(8:45-9:45)→荒菅沢出合(10:35)→雨飾高原キャンプ場(11:35)
■所要時間:5時間5分
■歩行時間:4時間5分
==============================================================

まずは登山口までのアクセス。
前日に火打・妙高の登山口の笹ヶ峰にテントを張り、そこから雨飾高原へと移動。

妙高と小谷をつなぐ道路で1時間弱ととても近いよ!・・・と思っていたのですが、途中の峠がトンネル工事によりまさかの通行止め!(>_<)

高速道路経由で日本海沿いをぐるっと回り大きく遠回りをしての移動になりました。やれやれ・・・


ようやく登山口の雨飾高原キャンプ場に到着。
DSC03156_20160727005030020.jpg

ここから山頂までの標高差は900m弱くらい。登山開始ですー。

しばらくは湿地帯の上の木道を歩いて行きます。
DSC03158_20160727005032fae.jpg

10分程歩くと2/11の標識。ここからが登り始め!
DSC03159_20160727005035c75.jpg

ブナ林の中を登ります。
DSC03162_201607270050363b1.jpg

緑が気持ちいい道が続きます
DSC03163_20160727005037661.jpg

道中には距離400m毎に看板が設置されている親切設計。
DSC03164_20160727005052724.jpg

ひとしきり登ると山頂部の岩峰が見えてきます!
DSC03166_20160727005055373.jpg

そこから一旦下ると休憩スポット、荒菅沢との出合い。
DSC03167_201607270050559ac.jpg

そしてここからの眺めはとっても豪快!

布団菱と呼ばれる岩峰が屹立する圧巻の光景が見られるんです!
よく本でも紹介されている景色(^^)
DSC03170_20160723183325635.jpg

出合から先は稜線に向けて本格的な急登が続きます。
ここがこの山一番の頑張りどころ。
DSC03172_201607160002295d7.jpg

稜線が近づくと一気に景色が開ける♪
DSC03179_20160727005057f94.jpg

この辺りから上は花の楽園でした 写真を一気にお届け!
※クリックで拡大できます

オオバギボウシにクガイソウ(?)がそこかしこに。
DSC03180_20160727005058938.jpg

オニアザミにクガイソウ
DSC03183.jpgDSC03184_20160716000240ff1.jpg

ヤマハハコ&イブキジャコウソウも。
DSC03187.jpgDSC03189_20160716000243319.jpg

タテヤマウツボグサにハクサンフウロ!
ハクサンフウロは至るところに咲き乱れていました
DSC03191.jpgDSC03199_201607160002468eb.jpg

登り切って笹平に到着ー。
DSC03201_20160727005104328.jpg

この辺りもずっと花の楽園状態!色とりどりですごく見応えがありました(^^)
DSC03202_20160727005106abc.jpg

そして笹平と言えば何と言ってもこの景色!
ここから見る山頂は穏やかな稜線と荒々しい山肌の対照的な景観がとても素敵なんです。
DSC03204_20160723183327940.jpg
ちなみに紅葉の時期は一面真紅の世界になるとか 是非一度見てみたいものです。


ここからは笹の中の穏やかな道を歩きます。
道の脇には花がいっぱい!

タカネナデシコが咲き乱れます
DSC03227_20160716000301c9b.jpgDSC03228_20160716000302e75.jpg

色鮮やかなニッコウキスゲもちらほらと。右はマルバダケブキ
DSC03229_20160716000310177.jpgDSC03230.jpg

最後は山頂へ向けて100m程のちょっとした登り。
DSC03232_20160727005107074.jpg

グンナイフウロに右は・・・なんだろ?
DSC03236_20160716000315008.jpgDSC03238_2016071600031630c.jpg

ウスユキソウにイワオウギも咲いてたよー。
DSC03242_2016071600032417c.jpgDSC03244_20160716000325048.jpg

雨飾山、登頂ー!\(^^)/ 一面に青空が広がります。
DSC03245_201607270051091ee.jpg

糸魚川が日本海まで続いています。この日は遠望は効きませんでしたが条件次第では佐渡まで見渡せるとか。
DSC03249_201607270051105b6.jpg

一際厳しい岩肌が目を引きます。鋸岳に鬼ヶ面山という山だそう。
DSC03251_2016072700511823f.jpg

東を見ると奥に焼山、さらに向こうには火打山もうっすらと見えます。
DSC03252_201607270051199ca.jpg

ちなみに雨飾山から金山→焼山→火打山という縦走もできるみたいですよ。
(現在は焼山周辺が噴火活動で立ち入り禁止なので通れないですが)


西側にはうーっすらと白馬岳や雪倉岳も見えた!・・・けど写真だと厳しいかな(^^;)
DSC03254_2016072700512216e.jpg

高妻山&戸隠連峰も見えたぞ!
DSC03253_20160727005121c47.jpg

山頂にはヒメシャジンが咲いていました。
DSC03258_20160727005124140.jpg

天気が良くとっても気持ちよかったんで山頂でついついお昼寝タイム♪
1時間程のんびりして下山にかかりますー。


まずは穏やかな笹の道を歩くよ。
DSC03272_20160727005131b87.jpg

荒菅沢を見下ろす。ちなみに後で下からこちらを見上げるよ!
DSC03273_2016072700513306f.jpg

笹平にて山頂とお別れを。
DSC03279_20160727005134945.jpg

急な尾根道を下る。
DSC03284_20160727005136f6d.jpg

右手をちらっと。ぽっかりと開けたところが登山口の雨飾高原です。
DSC03285_20160727005137a2c.jpg

荒菅沢まで下降!冷たい水を飲んでリフレッシュしながら山頂部を見上げます。
DSC03287_20160727005144e39.jpg

最後は湿原の木道を歩いて・・・
DSC03292_201607270051450e9.jpg

無事帰還!お疲れ様でしたー(^^)
DSC03294_20160727005147606.jpg

下山後はお楽しみの温泉へ
登山口近くにある雨飾荘で内湯&露天風呂を貸切状態!とっても気持ちよかったです(^^)

あ、ちなみに登山バッジはキャンプ場の受付で購入しました(雨飾荘にも売ってました)。



というわけで雨飾山登山でした!

楽しみにしてた荒菅沢からの景色に笹平から見る山頂もバッチリ見られて大満足(^^)
花も想像以上にたくさん咲いていて、色とりどりの稜線歩きもとても気持ちよかったです。

行程も4時間と適度な感じで、特に危険箇所もないので気軽に行けるよい山でした(^^)

次回はいつか紅葉の時期に訪れてみたいな!



【関連記事】

【北信越】火打山&妙高山 日帰り登山

【北信越】戸隠山・高妻山日帰り登山


スポンサーサイト


雨飾山 | 11:55:38 | トラックバック(0) | コメント(0)
 
 
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ