■プロフィール

K-NO

Author:K-NO
千葉県在住の30代。色々と体を動かさないとムズムズしてくる性分です。主に30歳から始めた登山についてつらつらと書いていきます。

●現在の日本百名山:完登!(2017.7.20 幌尻岳)

■訪問者数

■最新記事一覧

2017/11/06
【日本百名山完登!】日高幌尻岳日帰り登山 [額平川コース] (2017.7.20) 2017/09/08
【99座目】7月 快晴のトムラウシ日帰り登山 [短縮コースより] (2017.7.19) 2017/08/15
丹沢の美渓 小川谷廊下遡行 (2017.6.3) 2017/07/21
沢登りデビュー!三ツ峠 四十八滝沢 で滝登り(2017.5.18) 2017/07/03

■カテゴリ

■最新コメント
■最新トラックバック

■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

10月 秋の妙義山 中間道&石門めぐり (2016.10.30)
DSC00455.jpg
鎖場を登り天狗の評定へ


だんだん風も冷たくなってきて低山歩きがはかどるこの季節、西上州の妙義山の中間道&石門巡りをしてきました。

ご存知ギザギザの山容が目を引く妙義山。
稜線上は険峻な岩場の続く難路として知られていて簡単に行けるところではありませんが、山の中腹には一般的なハイキングコースとして中間道が整備されています。

この中間道、ハイキングコースと言っても妙義らしい岩峰の屹立する景観は十分に楽しめる!

ということで今回は友人達と中間道と、石門巡り(こっちは鎖場メインで少し難易度が上がります)をしてきました。


==============================================================
■登山ルート&時間(休憩含む)
駐車場(8:05)→第2見晴(9:05)→天狗ノ評定(11:15-11:45)→第4石門(12:05-12:50)→石門巡り登山口(14:05-14:15)→駐車場(15:30)
■所要時間:7時間25分
■歩行時間:6時間00分
==============================================================

麓にあるルート図。妙義神社を出発し中間道を第4石門まで歩きます。
その後石門巡りをして車道に降り妙義神社へ帰還。
DSC00381.jpg

道の駅妙義近くの駐車場に車を停めて歩くこと約5分。中間道へ!
DSC00382.jpg

しっかりと整備された道をのんびりと♪
DSC00385.jpg

少し歩いて第一見晴らし台より。
DSC00387_201611171902378a0.jpg

第二見晴らし台直下の岩を登って・・・
DSC00401.jpg

展望が広がります!金洞山のいびつな稜線が素敵。
DSC00402.jpg

こちらは金鶏山。現在は入山禁止。
DSC00403.jpg

ところどころ色付き始めた木々の下を歩いていきます。
DSC00408_201611171902482c8.jpg

本読みの僧!
DSC00411_201611171902505bb.jpg

ハシゴの登り。ちなみに中間道は妙義神社→第四石門まで400m程高度を上げるのでけっこう登りがあります。
DSC00413_2016111719025178e.jpg

DSC00425_20161117190259274.jpg

岩のトンネルの下をくぐりーの。
DSC00428_2016111719030124b.jpg

ほえーと上を見ながらでっかい岩の基部を歩きーの。
DSC00430_2016111719030234b.jpg

第四石門の手前まで来ました!ここから少し寄り道して天狗の評定まで登ってみます!
DSC00434_20161117190304222.jpg

まずはこんな岩を巻いていくよ。
DSC00439.jpg

岩に足場が彫ってくれているので慎重に行けば大丈夫。
DSC00441.jpg

次は鎖場の登り。こちらも足場が彫ってくれて鎖もあるので問題なし。ただし高いところが苦手な人はちょっと苦戦するかも。。。
DSC00443.jpg

鎖場を登りきると目の前には奇岩群が屹立する妙義ならではの景色が広がります!
DSC00455.jpg

DSC00457.jpg

白雲山。表妙義最高峰の相馬岳が見えます。
DSC00461.jpg

名物の大砲岩。ここからだと大砲みたいには見えないかな?
DSC00471.jpg

DSC00473_201611171903262a8.jpg

独特の景色を楽しみつつもひと息ついて岩から降ります。下りは特に慎重に。
DSC00476.jpg

若干へっぴり腰の二人組
DSC00480.jpg

そこから少し歩くと第四石門。でっかい!!
DSC00484.jpg

見上げる大砲岩。下から見るとその名の通りの姿!
DSC00486.jpg

色付いた紅葉と岩峰をパシャリ
DSC00490.jpg

第四石門の下の広場でランチタイム。
DSC00495_20161117190340d09.jpg

人めっちゃ多い・・・(^^;)
DSC00497.jpg

さて、のんびりランチタイムの後はお楽しみの(?)石門巡りへ!

まずは第三石門へ。岩場を巻いていきます。
DSC00503.jpg

第三石門。ちっちゃ!第四と同じような想像をしているとがっかりしちゃうぞ!(^o^;)
DSC00505.jpg

石門群案内板。石門に寄らずに道路に下ることもできますが、せっかくなので第二、第一にも寄って行くよー。
DSC00507.jpg

まずは第一の関門、片手下がり!
DSC00508_20161117190354030.jpg

DSC00508A.jpg

こんな感じで登っていきます。片手で鎖にぶら下がるのが名前の由来かな?
DSC00511.jpg

次は今回最大の山場、第二石門!石門の窓へ向けて長い鎖場を登って行くよ!
DSC00514.jpg

DSC00517.jpg

石門の下より。
DSC00521.jpg

無事に上がりきったら次は岩場の下降。こっちもちょい危険!
DSC00521A.jpg

ここの下りは足場がわかりにくいところがあるので、先に下りたメンバーが教えてあげると良いかもです。

若干びびり気味の某センパイ( ̄∇ ̄*)
DSC00527.jpg

なんとか無事に下りきって岩をトラバース。
DSC00532.jpg

続いては最後の難所(?)かにの横ばい!
DSC00535_2016111719042039d.jpg

こんな感じで岩を巻きながら下っていきます。足の置き場を見落とさなければ大丈夫!
DSC00536_20161117190421e79.jpg
ちなみに写真のAYYさんは最後の一歩を踏み外して危うく落ちるとこだったよ!油断しちゃダメよ

ここを過ぎればあとはのんびり下るだけ♪ とっても大きい第一石門。
DSC00538_20161117190423024.jpg

DSC00538A.jpg

スズメバチの巣。これは大きいぞ・・・(^^;)
DSC00540.jpg

無事に石門群登山口へと下山~!
DSC00548_20161117190433839.jpg

ここからは車道と林道を1時間程歩いて道の駅へと戻りますー。左手に妙義の岩峰を望みながら♪
DSC00552.jpg

無事に帰還!岩場にてこずって思いの外時間がかかっちゃいましたが、とりあえずお疲れ様でしたー(^^)
DSC00554.jpg

下山後はすぐ近くにある"もみじの湯"にのんびり浸かって帰京するのでした


というわけで妙義山中間道&石門巡りでした。

前半の気持ちのいいハイキングコースの中間道、後半のちょっとスリリングな石門巡りとバラエティに富んだコースでした

ちょっと歩き足りない気もするけど、天気も良く天狗の評定からは良い景色が見られたのでとっても満足(^^)

ただし天狗の評定への登りと第二、第一石門へのルートは鎖場になっていて、滑落の危険があるので岩や高いところが苦手な人は無理はしない方がよいかなという印象でした


ではでは続いては奥秩父の静かな山、御座山へと登ってくるよー!
こちら



【関連記事】

表妙義縦走(白雲山、金洞山)

裏妙義縦走&丁須の頭

両神山 鎖場全開の八丁尾根コース

5月 アカヤシオの咲き誇る両神山登山

【秩父】二子山(東岳&西岳上級者コース)

【秩父】武甲山 登山(武甲山・小持山・大持山)

【秩父】残雪の比企三山縦走(大霧山・堂平山・笠山)

【奥武蔵】棒ノ折山(棒ノ嶺)周遊コース

【奥武蔵】日和田山&物見山 ぐるっと散策



スポンサーサイト


妙義山 | 19:26:10 | トラックバック(0) | コメント(0)
 
 
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ