■プロフィール

K-NO

Author:K-NO
千葉県在住の30代。色々と体を動かさないとムズムズしてくる性分です。主に30歳から始めた登山についてつらつらと書いていきます。

●現在の日本百名山:完登!(2017.7.20 幌尻岳)

■訪問者数

■最新記事一覧

2017/11/06
【日本百名山完登!】日高幌尻岳日帰り登山 [額平川コース] (2017.7.20) 2017/09/08
【99座目】7月 快晴のトムラウシ日帰り登山 [短縮コースより] (2017.7.19) 2017/08/15
丹沢の美渓 小川谷廊下遡行 (2017.6.3) 2017/07/21
沢登りデビュー!三ツ峠 四十八滝沢 で滝登り(2017.5.18) 2017/07/03

■カテゴリ

■最新コメント
■最新トラックバック

■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

快晴の大展望!11月 初冬の立山(雄山)登山 (2016.11.26)
DSC01033.jpg
雄山から見下ろす室堂と大日三山

高峰に雪がだいぶ付いてきたこの季節、いよいよ今シーズンの雪山デビュー!
ということで11月いっぱいで閉鎖されるアルペンルートを使って初冬の立山へ登ってきました。

昨年と同様に雪の少ない状態が続いていましたが、週中に多少の降雪があり雪もだいぶ積もってきている&天気も快晴の予報とのことで素敵な景色を期待しての遠征。


アルペンルートで到着した室堂では期待に十二分に応えてくれる素晴らしい景色が待っていました・・・!

ではいざ、初冬の立山の旅へ!

==============================================================
■登山ルート&時間(休憩含む)
室堂(10:20)→一ノ越(11:20-11:40)→雄山(12:35-13:30)→一ノ越(14:00-14:10)→室堂(14:45)
■所要時間:4時間25分
■歩行時間:3時間00分
==============================================================

扇沢始発(8:30)のトロリーバスに乗り込み室堂へと向かいます。
閉鎖前最後の週末&晴れ予報ということで沢山のスキー&ボード&登山客でいっぱい!
DSC00690_20161128003727ac3.jpg

うっすらと積雪したダムの上を歩く。
DSC00694.jpg

ダム湖の向こうには真っ白な赤牛岳!
DSC00699_201611280037307df.jpg

赤沢岳や黒部湖を見ながらロープウェイで大観峰へ。
DSC00716_20161128003731e05.jpg

そして室堂へ到着。雪の状態を案内センターで聞いて登山届けを記入。テント道具をコインロッカーに預けて軽荷物に。
※ちなみにこの時期の入山にはビーコンの携帯が必須になっています。室堂でのレンタルも可。

そして外へ出ると・・・


一面に広がる大展望・・・!!

思わず声を上げてしまいます!(というより奇声を発していた
DSC00717.jpg

2ヶ月前に来た時とは全く別の景色が広がっていてびっくり!
一面の雪原の向こうには立山~別山へと連なる真っ白な稜線
DSC00734_20161128003740068.jpg

大迫力の立山。雪山はそれなりに登ってきて綺麗な景色もたくさん見てきたつもりですがこれはすごい・・・!
しかもキツイ思いをせずにこの景色が見られるとはなんて贅沢・・・
DSC00748.jpg

雪原の上に室堂ターミナル。
DSC00751.jpg

この時期限定のテント村ができています。大日三山もとても綺麗。
DSC00751A.jpg

あまりに景色が素敵すぎて完全に語彙力が低下 "パネェ~"とか"神~" 等とひたすらぼやき続け時間が経っていきます( ̄∇ ̄;)

だいぶ目が慣れてきた頃にハッ!と我に返りようやく山行を始めます!
まずは立山と浄土山の鞍部の一ノ越(写真中央)を目指します。
DSC00751B.jpg

緩やかな勾配の雪原を歩く。
DSC00754_20161128003756b64.jpg

DSC00765_20161128003759431.jpg

右手には浄土山。舞い上がる雪煙が気象の激しさを物語っています。
DSC00761.jpg

雪もたっぷり付いてもっふもふ!
DSC00782.jpg

浄土山の下の斜面をトラバース。
DSC00788.jpg

余談ですがこの数日後にこの付近で雪崩による死亡事故が起きました。11月とは言え立山では例年雪崩が発生していますので、入山の際は降雪状況や雪の状態等の情報は入手しておく必要があると思います。
※僕は富山県の山岳遭対協のHP(こちら)や日本雪崩ネットワークのHP(こちら)等を見ていました。
室堂でも最新の情報を聞けるので入山の前に確認しておいた方が良いかと思います。


一ノ越へ向けて白銀の斜面を登る
DSC00825.jpg

DSC00860_2016112800381219e.jpg

この辺りからは風が徐々に吹き付けてきます。雪煙が舞い上がる・・・!
DSC00860A.jpg

まずは無事に一ノ越へ到着!この辺りは雪が飛んでカチカチの路面。
DSC00871.jpg

北アルプス南部の山が一望できます 槍や笠がくっきりと
DSC00871A.jpg

この先は急斜面&風で雪が飛ばされているのでアイゼンを装着。一息ついて雄山への登りへ取り付きます。
DSC00873_20161128003825714.jpg

岩と雪のミックス。雪のすぐ下に岩が隠れていたりするので気を遣いながら登っていきます
DSC00890.jpg

DSC00893.jpg

一ノ越を見下ろす。見ての通り急斜面なのでなかなかの緊張感・・・!
DSC00898_20161128003829f3b.jpg

先行する緑のお兄さんは今回お誘いいただいたみんみんさん。冬の鳳凰山北岳・間ノ岳でテントを張った仲です!ブログも書いてるよ(こちら
DSC00902.jpg

立ち止まって左手を見ると一面雪に埋もれた室堂!なんと言えばいいんだろう・・・綺麗すぎてちょっと言葉にならない(T_T)
DSC00913_20161128003838ced.jpg

背後には浄土山に龍王岳。こちらも見事な雪化粧。
DSC00916A.jpg

急斜面をひたすら登る。。。
DSC00923.jpg

山頂の神社が見えてきました!
DSC00939.jpg

そしてこの辺りからはひたすら強風が吹き荒れます
強風で立ち止まっては少し登るの繰り返し。そんでもって雪が顔に当たりまくって痛い(T_T)
DSC00951.jpg

DSC00983_20161128003851400.jpg

岩と雪のミックスを登って・・・
DSC00986.jpg

山頂に到着ー!
DSC00995.jpg

暴風がお迎えしてくれました!\(^^)/
DSC00997.jpg

ひたすら風が吹き続けてものすごーく寒い&痛い&歩けないということで神社の軒下に退避。
DSC00999_20161128003903907.jpg

でもせっかくなので頑張って山頂の祠まで・・・!
DSC01002.jpg

山頂碑。
DSC01007_20161128003906d9d.jpg

耐風姿勢を取りつつ風が弱まった時に前進を繰り返して行くよー
DSC01012.jpg

なんとか無事に到着!
DSC01012A.jpg

風の当たらない祠の脇に入ってようやくひと息 お待ちかねの山頂からの景色

北へ延びる立山の稜線。剱岳もバッチリ。
DSC01025_20161128003917cc0.jpg

別山の向こうに剱岳!いつか冬期に登る日はくるのだろうか・・・
DSC01028_2016112800391933c.jpg

東には後立山連峰が一望。
DSC01029A.jpg

鹿島槍ヶ岳、五竜岳に唐松岳。鹿島槍ヶ岳は今冬にチャレンジしたいところ
遠くには高妻山や火打、妙高に焼山など北信越の峰々
DSC01030_2016112800392239f.jpg

針ノ木&蓮華岳!こちらから見る針ノ木は鋭く尖った山容がかっこいい
DSC01032_20161128003923c95.jpg

遠くにはうーっすらと富士山も(わかるかな?)南アや八ヶ岳もばっちり見えました(^^)v
DSC01032A.jpg

そしてなんと言っても圧巻だったのは室堂に大日岳。
雪に覆われた真っ白な室堂とその先にそびえる大日三山は言葉にならない程美しく、鮮明に記憶に焼きついたのでした。
DSC01033.jpg
ちなみ向こうには富山湾や能登半島までくっきりと見えましたよー。

北アルプス中部~南部の峰々。槍ヶ岳や笠ヶ岳、薬師岳を始め数多くの名峰が揃い踏み 南は御嶽山まで見えました。
DSC01033A.jpg

さて、景色もたっぷり堪能したところで神社へと戻ります!・・・がご覧の通り風雪がすごくてここからもちょっと大変(^o^;)
DSC01045_201611280039373ef.jpg

初冬の立山登頂記念!イエイ!
DSC01056.jpg

うわっち!(>o<)
DSC01057_20161128003947176.jpg

雄山からの急斜面を下るみんみんさん。慎重に!
DSC01070_20161128003948039.jpg

とにかく風が強い!
DSC01087.jpg

風を耐え凌ぐこと度々・・・みんみんさんはバラクラバ装備で防寒対策はバッチリですが、ネックウォーマーの僕は目元に雪がぺちぺち当たって地味に痛い・・・(;_;)
DSC01100.jpg

一ノ越付近は岩と固まった雪のミックスなのでアイゼンワークを確実に。。。
DSC01113.jpg

一ノ越から先は雪はふかふかで軽快なお散歩コース♪
DSC01122.jpg

DSC01126.jpg

風はこの辺りもなかなか手強いよ!雪煙が舞うこと舞うこと(^^;)
DSC01132_201611280040037ee.jpg

DSC01132A.jpg

大日三山を正面に見ながらの雪原歩き♪
DSC01141.jpg

テント村。当初はここに僕らもテントを張る予定でしたが、夜~翌日はかなり荒れる予報だったので日帰りに計画変更。
風がもろに当たる立地だけど張ってた人達は大丈夫だったのかな?
DSC01148.jpg

空には不思議な雲がかかってきました。これは・・・荒れるで・・・!(適当)
DSC01150.jpg

最終バスの30分前、余裕を持って室堂ターミナルへと帰還!
DSC01151_2016112800401637a.jpg

最高の景色をありがとうー!!(^^)
DSC01155.jpg


アルペンルートで扇沢へと戻った後は近くの大町温泉郷でぬくぬくと♪
そしてのんびりと帰京するのでした

というわけで初冬の立山でした。

うーん、一言で言うと・・・最高だった!!
今シーズンの雪山デビューにして早くも最高の景色が見られたんじゃないかと思うくらいの素晴らしい展望に大満足の山行でした


アルペンルートが開通している時期であれば体力的にも楽なので是非是非オススメ・・・
と言いたいところですが、一ノ越から先は岩と固い雪のミックスが一部あって若干危険があるのと、何よりこの時期でも雪崩がよく発生しているのでその点はリスクのある行程になります。

冒頭でも書きましたが入山の際は降雪状況や雪の状態を調べておくと良いと思います。


とは言っても晴れていればリスクを差し引いても余りある感動が得られることは間違いないかと・・・!

うーん、やっぱり冬山は当分止められそうにありません(^_^;)


では続いても雪のアルプスへ。南アルプス甲斐駒ヶ岳を目指して黒戸尾根を登ります!
こちら



【関連記事】

【中央アルプス】12月 冬の木曽駒ヶ岳&伊那前岳登山

【北アルプス】【GW】残雪の唐松岳・五竜岳縦走

【北アルプス】快晴の大展望~4月の奥穂高岳へ!(涸沢岳西尾根)

【北アルプス】穂高連峰&槍ヶ岳の大展望!冬の蝶ヶ岳日帰り登山(三股より)

【北アルプス】4月 残雪期の西穂高岳へ

【北アルプス】4月 残雪期焼岳登山 [中ノ湯ルート]

【北アルプス】立山三山縦走

【北アルプス】剱岳-北方稜線-

【北アルプス】剱岳-別山尾根-




スポンサーサイト


立山(冬) | 22:03:39 | トラックバック(0) | コメント(0)
 
 
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ