■プロフィール

K-NO

Author:K-NO
千葉県在住の30代。色々と体を動かさないとムズムズしてくる性分です。主に30歳から始めた登山についてつらつらと書いていきます。

●現在の日本百名山:完登!(2017.7.20 幌尻岳)

■訪問者数

■最新記事一覧

2017/11/06
【日本百名山完登!】日高幌尻岳日帰り登山 [額平川コース] (2017.7.20) 2017/09/08
【99座目】7月 快晴のトムラウシ日帰り登山 [短縮コースより] (2017.7.19) 2017/08/15
丹沢の美渓 小川谷廊下遡行 (2017.6.3) 2017/07/21
沢登りデビュー!三ツ峠 四十八滝沢 で滝登り(2017.5.18) 2017/07/03

■カテゴリ

■最新コメント
■最新トラックバック

■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

【99座目】7月 快晴のトムラウシ日帰り登山 [短縮コースより] (2017.7.19)
DSC04717E.jpg
トムラウシ公園とトムラウシ


山登りを始めてから一つの目標にしてきた日本百名山もいよいよ大詰め、北海道の残り2座を登るべく北の大地へと遠征してきました。まずは昨年台風の被害で登ることができなかったトムラウシへ!


できれば大雪山~十勝と縦走してみたかったのですが、日程の都合でトムラウシ温泉からのピストンにすることに(天気も微妙な予報だったしね)。


曇りの予報は良い意味で裏切られて、青空の下、一面の雲海に緑の美しいトムラウシ公園、大雪山や十勝の山々と素敵な展望が楽しめる気持ち良い山行になりました(^^)

では日本百名山99座目、トムラウシへ!


【登山ルート】
20170719_route.jpg
短縮コース登山口からのピストン

==============================================================
■登山ルート&時間(休憩含む)
短縮コース登山口(4:30)→カムイ天上(5:15)→前トム平(6:50)→トムラウシ(8:20-9:20)→北沼(9:30)→前トム平(10:50)→短縮コース登山口(13:00)
■所要時間:8時間30分
■歩行時間:7時間30分
==============================================================

トムラウシへ登るコースはいくつかありますが、よほどの健脚でなければ日帰りはトムラウシ温泉(or短縮コース)以外は厳しそう。。。
ということで今回は一番コースタイムの短い(翌日に幌尻登るしね!)短縮コース登山口からのピストンにしました(ちなみにそれでも往復のCTは10時間以上となかなか歩き応えのある道のり)。


前日夜に新千歳空港に到着→短縮コース登山口へと約3時間のドライブ
トムラウシ温泉までの道は整備されていたんだけど、そこから短縮コース登山口まではガタガタの狭い林道でなかなか気を遣いました(^^;)


ちょっとだけ仮眠して・・・夜が明けた直後の4:30に登山口を出発!(下山後の移動もあるので早めにね)
DSC04623_201708010850334aa.jpg

ちなみに平日にも関わらず登山口は早朝から車でいっぱいでした。さすがの人気。
DSC04622_2017080108503101e.jpg


まず緩めの傾斜の樹林帯を軽快に登って行くよー♪
DSC04626_20170801085034882.jpg

カムイ天上。この辺りから展望が開けてきます。
DSC04632_201708010850353ba.jpg

樹林の間からトムラウシ(左奥)がその姿を見せてくれます。右手前は前トムラウシ。
DSC04635_20170801085036319.jpg

青空の下、気持ちのいいトレイルが続きます♪予想外に良い天気でテンション高め・・・と行きたいところなんだけど道がどろっどろのぐちゃぐちゃで辛い(-_-)
DSC04641.jpg

中央右の鞍部(前トム平)を目指します。
DSC04651_201708010850393f0.jpg

ゆるーい尾根道をしばらく歩いた後はコマドリ沢へ標高差100m程の下り。どろっどろの急斜面なんでめっちゃ気を遣ったぞ(>_<)
DSC04656.jpg

コマドリ沢の出合まで降りてきました。
DSC04657.jpg

雪渓を登る登る。。。下りは軽アイゼンがあっても良いかもという感じでした。
DSC04663_20170801085044a88.jpg

一転ごろごろしたガレを登る登る。。。
DSC04676_201708010850451d5.jpg

振り返るとなかなかの展望
DSC04679_20170801085048f2c.jpg

前トム平に到着。展望が開けてトムラウシの山頂が間近(?)に・・・!
DSC04692.jpg

DSC04693_20170801085051510.jpg

前トム平の向こうに一面の雲海。
DSC04699_20170801085052592.jpg

雲海の向こうには東大雪の石狩岳にニペソツ山、右端にはウペペサンケ。
昨年の台風被害で林道が大きく崩壊し入山が難しい状態が続いています。ニペソツはいつか登ってみたいぞ!
DSC04703_201708010850533c1.jpg

ガレの向こうにトムラウシ。ちなみにこの辺りでナキウサギちゃんを発見!すぐ逃げられて写真は撮れなかったんだけど、丸っこいお尻がとっても可愛かった・・・(*^o^*)
DSC04708.jpg

ひとしきり登るとトムラウシ公園とトムラウシの景観。緑と池塘の広がる穏やかさと岩の荒々しさが対照的でとても印象に残ります。
DSC04717E.jpg

穏やかなトムラウシ公園。
DSC04718A.jpg

雪渓を抱くトムラウシ。
DSC04719E.jpg

一旦下ってトムラウシ公園へ。
DSC04720.jpg

岩と池塘が独特の景観を作っている園内を歩いていきます♪
DSC04721_20170801085129e4c.jpg

DSC04728.jpg

お花畑もいっぱい

エゾコザクラ。(※北海道の花は馴染みがないので名前間違っていたらすみません)
DSC04725_20170801085130d4f.jpg

ハクサンイチゲ。
DSC04733.jpg

エゾフウロ・・・かな?
DSC04734_201708010851351e0.jpg

青空と色鮮やかなお花たち
DSC04738_20170801085136564.jpg

エゾノツガザクラ(多分)
DSC04739_20170801085138e42.jpg

キバナシャクナゲ・・・っぽいけど北海道にも分布してるのかな?
DSC04740_2017080108513924b.jpg

可愛いチングルマ。
DSC04741.jpg

シオガマちゃん(ヨツバシオガマでいいのかな?)
DSC04746.jpg

キオンっぽいけど・・・なんだろ?
DSC04751_201708010851446f9.jpg

公園を越え山頂を目指して登る。
DSC04753.jpg

DSC04760.jpg

周辺は相変わらず花がとても綺麗。
DSC04754.jpg

DSC04755.jpg

可愛らしいピンクのコマクサもたくさん咲いていました。
DSC04765_201708010851510f3.jpg

南沼周辺まで登ってくると十勝の峰々が雲海の上にそびえています。
DSC04768_20170801085153ed9.jpg

心やすらぐお花畑(^^)
DSC04771_201708010851540de.jpg

南沼の分岐。
DSC04773_20170801085156c7b.jpg

広い台地にテン場が点在しています。この日も数張り見かけました。
DSC04775_201708010852451ef.jpg

十勝へと続く雲上の縦走路。オプタテシケに美瑛岳、十勝岳、いつか歩いてみたいなぁ(^^)
DSC04785_2017080108524761e.jpg

分岐から山頂まではあと一息!岩場の急斜面を頑張って登るよー。
DSC04787.jpg

トムラウシ、登頂!\(^^)/
DSC04790_20170801085250983.jpg


青空の広がる山頂からは360度の展望

大雪山へと続く縦走路。
DSC04791A.jpg

最高峰の旭岳に北鎮岳、白雲岳と2,200mを越えるピークが目立ちます。
DSC04791B.jpg

広大な平原の広がる景観はカムイミンタラ(神遊びの庭)と呼ばれます。うーん、歩きたい、歩きたいぞ・・・!
DSC04791C.jpg

南沼と十勝連峰へと続く縦走路。うーん、歩きたい、歩きたいぞ・・・!(二回目)
DSC04794_20170801085256c34.jpg

眼下の大平原は黄金ヶ原。北を見ても南を見てもスケールの大きさに圧倒されます・・・
DSC04794A.jpg

西側には東大雪の鋭峰ニペソツ山にウペペサンケ山。
DSC04800.jpg

せっかくなので記念撮影 日本百名山99座目、トムラウシです(^^)v
DSC04808.jpg

到着時刻は8:30前、時間的にたっぷり余裕があるので山頂で気持ちよくお昼寝タイムzzz

せっかくなので北沼にも寄り道していきます。

空を映す鏡のような穏やかで綺麗な北沼。
DSC04820.jpg

濃紺の水面の周囲には雪がたっぷりと。
DSC04831.jpg

沼の周辺のお花畑をのんびりと散策♪
DSC04837.jpg


下山は思いっきり省略して・・・(コマドリ沢からの登り返しとカムイ天上までのどろどろの道が辛かった)


登山口へ到着~。お疲れ様でした(^^)
DSC04867_20170801085306849.jpg


下山後はトムラウシ温泉・東大雪荘でのんびりと温泉に浸かって爆睡するのでした(ほぼ徹夜だったのよ・・・)


というわけでトムラウシ登山でした。


予想外の好天に恵まれ山頂からは素晴らしい大展望。
そんでもって樹林帯から始まり雪渓に岩、お花畑に囲まれた道とバラエティに富んだ行程は長いながらも飽きずに歩くことができました。
ナキウサギにも会えたし文句なしの充実した山行だったかな(^^)

次は大雪山~十勝への縦走でまたピークを踏みに来たいなぁと思うのでした。


ちなみに道は全体的に整備されて歩きやすいですが、上部はガレや広い平原になっている箇所が多く、ガスに覆われている時は道に迷うリスクがあるように感じました。地図やコンパスはしっかり準備してね。



ではでは続いては日本百名山のフィナーレ、日高の幌尻岳へと向かいます。
長い林道歩きに渡渉の連続とタフな道のりが待ち受けていました・・・!
(近日更新予定)



【関連記事】

憧れの百名山最北の山へ!青空と雲海の利尻岳登山(鴛泊ルート)

知床富士、羅臼岳登山 (岩尾別温泉より)

渡渉の連続!増水の斜里岳登山(清岳荘から新道コース)

雲海と迫力の火口!雌阿寒岳&阿寒富士登山


スポンサーサイト


トムラウシ | 18:00:13 | トラックバック(0) | コメント(0)
 
 
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ