■プロフィール

K-NO

Author:K-NO
千葉県在住の30代。色々と体を動かさないとムズムズしてくる性分です。主に30歳から始めた登山についてつらつらと書いていきます。

●現在の日本百名山:完登!(2017.7.20 幌尻岳)

■訪問者数

■最新記事一覧

2017/11/06
【日本百名山完登!】日高幌尻岳日帰り登山 [額平川コース] (2017.7.20) 2017/09/08
【99座目】7月 快晴のトムラウシ日帰り登山 [短縮コースより] (2017.7.19) 2017/08/15
丹沢の美渓 小川谷廊下遡行 (2017.6.3) 2017/07/21
沢登りデビュー!三ツ峠 四十八滝沢 で滝登り(2017.5.18) 2017/07/03

■カテゴリ

■最新コメント
■最新トラックバック

■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

晴天の南アルプス南部縦走!(光岳・聖岳・赤石岳・悪沢岳)その1[畑薙~光岳~聖平]
DSC00200_201607271444533a5.jpg
南アルプス最南端の百名山、光岳 ※クリックで拡大


その2[聖平~聖岳~百間洞山の家]はこちら
その3[百閒洞山の家~赤石岳~悪沢岳~椹島]はこちら


今年のシルバーウィークはなんと5連休(!!)ということで今回は普段なかなか行けない
南アルプス南部の山々を一気に踏破する計画を立てて行ってきちゃいました!

3泊4日(+移動日)の長い旅になったけど、天気も良くて、迫力の山々有り、最高の御来光有り、美味しいご飯ありとすごく充実した山行でしたー\(^o^)/

そんなわけでちょっと長くなりますが南ア南部の縦走記録を3回に分けてお届けしますー

まったく・・・南ア南部はハードだぜ・・・(´・ω・`)

【登山ルート】※クリックで拡大
20150919_route.jpg
沼平にバイクを停めて茶臼小屋へ向けて登ります。
そこからは光岳→聖岳→赤石岳→悪沢岳と縦走し椹島へ下山。

==============================================================
■登山ルート&時間
【1日目】沼平(8:30)→畑薙大吊橋(9:00)→横窪沢小屋(11:15-11:25)→茶臼小屋(13:15-13:35)→茶臼岳(14:05-14:50)→茶臼小屋(15:20)
【2日目】茶臼小屋(5:35)→易老岳(7:25)→光岳&光石(9:15-9:40)→光小屋(9:50-10:10)→易老岳(11:30)→茶臼岳(13:15-13:50)→上河内岳(15:30)→聖平小屋(17:10)
【3日目】聖平小屋(6:00)→聖岳&奥聖岳(7:50-9:00)→兎岳(10:20-10:30)→百間洞山の家(12:50)
【4日目】百間洞山の家(4:00)→赤石岳(5:45-7:05)→荒川小屋(8:25-8:40)→荒川中岳&前岳(9:50-10:10)→悪沢岳(11:15-11:25)→千枚小屋(12:50-13:40)→椹島(16:50)
■所要時間:【1日目】6時間50分【2日目】11時間35分【3日目】6時間50分【4日目】12時間50分
■歩行時間:【1日目】5時間35分【2日目】10時間15分【3日目】5時間30分【4日目】9時間55分
==============================================================

【1日目】 [沼平~茶臼小屋]

南アルプス南部と言えば、北岳甲斐駒ヶ岳仙丈ヶ岳などなど人気の山を擁する北部と違いとっても静かな山域。
その大きな理由は・・・なんと言ってもアクセスの不便さ!

それを感じさせるように深夜に首都高に乗り新東名高速の新静岡ICから山道を走ること2時間・・・
ようやく登山口行きのバス乗り場に到着です。。。早くもへろへろ(ここから登山基地の椹島までさらにバスで1時間)

なんですが・・・

DSC00041_201607271443240f3.jpg

DSC00044_201607271443266a0.jpg


なんじゃこりゃーーー!!

臨時の駐車場は朝7時過ぎには既に満車でバス停には長蛇の列・・・(200人くらいは並んでたかな?)

どうやらこの5連休はものすごい人出が見込まれていたらしく朝6時からバス5台がひっきりなしに往復していたようですが、それでもまだこの人波・・・
この山域は静かに歩けるという目論見は木端微塵に砕け散ったのでした・・・


僕もこの日はバスで椹島へ向かいそこから悪沢岳方面の千枚小屋に宿泊予定だったんで渋々列の最後尾に並んだのですが、列整備のおじさんいわく・・・

「ここ10年で一番の混雑…!」Σ(´Д`*)
「大抵の人は千枚小屋を目指すので今日の小屋は恐ろしいことになる…!(食堂に寝るとか)」ΣΣ(´Д`*)

とのこと。


そこで地図を見ながら寝ぼけた頭をフル回転…!
しばらく悩んだあげくやむを得ずプランBに変更!ということで予定とは逆の光岳方面から歩くことにしました。

※ちなみに今回の主目的は悪沢・赤石・聖で、光岳は元気があればくらいに考えていたのですが、
最初に光岳に行くことで、4座全てが確定!早速退路を断たれたのでした


そんなわけで最初の目的地、光岳へ向かって登山開始です!

光岳の登山口は車両通行止めゲートから30分程歩いたところにあるので、バイクをゲート前に停車します。
DSC00046_2016072714432904a.jpg

林道を歩くこと約30分、グリーンのダム湖の上にかかる大きな吊橋が現れます!
DSC00049_20160727144329b47.jpg

DSC00051_20160727144330958.jpg

おおー!めっちゃ長いぞー!!ってな感じで意気揚々と吊橋を渡りはじめますが・・・
DSC00056_20160727144340768.jpg

うぅ…ぎしぎし揺れてすごく怖い…!高いところは好きな僕ですが吊橋だけはどうも苦手。

早くも今回の山旅で一番怖いスポットが決定しました・・・(苦笑)


さて、恐怖の吊橋を越えてようやく登山開始!

ここから稜線まで標高差約1,500mの樹林帯をひたすら登ります!
DSC00062_20160727144341701.jpg

初っ端から全開の急登を10分程登りきってヤレヤレ峠に到着。やれやれだぜ…(言ってみたかっただけ
DSC00069_201607271443433d0.jpg

そこからしばらくは高度は上げずにひたすら沢沿いを歩き続けます。
渡渉はないですが、恐怖の吊橋渡り(揺れる揺れる!)が数回あります
DSC00071_2016072714434377e.jpg

ひとしきり沢沿いを歩くとシロッコ沢の避難小屋。
DSC00077_20160727144346a57.jpg


ここから一気に高度を稼ぎます!

まずは沢を越えて・・・
DSC00078_20160727144354576.jpg

はしごを登り・・・
DSC00079.jpg

一気の登りが続きます。
ところどころに応援メッセージが。頑張るよー!!
DSC00082.jpg

うぅ小屋まであと10分!頑張るよー!!
DSC00084.jpg

横窪沢小屋に到着ー!急登が続いていたので良い休憩スポットです。
ちなみに小屋自体は少し前に今年の営業を終了したみたいでした。
DSC00088_20150929103727fce.jpg

少し休憩した後もひたすらの急な傾斜を登り続けます…!

(特に景色は変わり映えしないので省略・・・)

稜線直下の茶臼小屋まであと少し!けっこうタフな登りだったけどあとちょっとや。。。
DSC00097.jpg

茶臼小屋に到着ー!
DSC00100_20160727144356516.jpg

展望のよい開けた場所に建っています。テン場もあるよ!
DSC00106_20160727144357ea0.jpg


なかなか足に堪える登りだったんでここで少し休憩

そして本日の宿泊予定地、光小屋を目指します!
※色々あって結局ここの茶臼小屋に泊まったんですけどね


茶臼小屋から10分程ハイマツ帯を登ると・・・
DSC00110_20160727144359649.jpg

南アルプスの稜線に出ましたー!!ようやく立った稜線に喜びもひとしお
まぁガスってて展望はなかったですが
DSC00111_201607271444007fd.jpg

まずは左手にそびえる茶臼岳へと向かいます。
DSC00118_20160727144408a96.jpg

今回の山旅、最初のピーク、茶臼岳に登頂です!有名なピークではないですが喜びでいっぱい!(^^)
DSC00129_201607271444098dc.jpg

よし、このまま光小屋まで遠いけど頑張るぞー!

と思ったんですが、突然のプラン変更により光小屋のことをよく調べてなかったなぁと思い、小屋に電話してみることに。

するとなんとまぁこの日は人がいっぱいで厳しいとのこと。
さらにこの小屋、食事は50歳以上かつ3名以下のパーティ限定という厳しいルールがあるとのことじゃないですか。

そんなこんなで光小屋は諦めて茶臼小屋に引き返すことに。

そんなわけで山旅初日は終わりを告げるのでした。


ちなみに茶臼小屋とても親切な山小屋でした。夕食にお刺身が出てきてびっくり!
アルプスの山中でまさか刺身が食べられるとは・・・
それ以外にもサービスのフルーツポンチ等々ももらえるよ!おすすめです

そんでもって山小屋で知り合った静岡在住のW鈴木さん、そして名も知らぬお姉さん、お世話になりましたー(^^)
またどこかの山でお会いしましょう!


【2日目】 [茶臼小屋~光岳~聖平小屋]

二日目はいよいよ山旅の目的である百名山四天王の一角、光岳にアタックします!
コースタイム約13時間の長丁場だけど…頑張るよ!

朝食をもりもり食べて出発!小屋の前からは富士山が見える
DSC00131_201607271444115e8.jpg

茶臼岳まで上がってきましたー。前日と違って景色も◎
右手前が二百名山の上河内岳、その左奥が聖岳です!
DSC00140_20160727144412719.jpg

どーんとそびえる聖岳はアルプス最南の3,000m峰。貫禄があります
DSC00143_2016072714441313e.jpg

光岳へと続く稜線を望みます。
中央奥の山が光岳(おそらく)。長い道のりになりそうだ・・・ゴクリ
DSC00144_20160727144422003.jpg

まずは第一の通過点、希望峰を目指して。

気持ちいい木道を進んでいきます。
DSC00148_20160727144424190.jpg

振り返ると貫禄のある双耳峰(?)の茶臼岳。
DSC00149_20160727144425658.jpg

希望峰に到着ー。素敵な名前だけど由来は何だろう??
ちなみに左手に15分程進むと縦走路から外れて仁田岳というピークにたどり着くそうな。
DSC00162_201607271444277ef.jpg


光岳への縦走路は緩いアップダウンをひたすら繰り返して進んでいく感じです。

台風でやられた倒木ゾーン。
DSC00166_201607271444286cf.jpg

ここが中間地点の易老岳!
長野県側の登山口、易老渡からのルートとの合流地点です。
DSC00170_20150929103842bb5.jpg

ん、展望?…ないですよ!こんな感じです。
DSC00172_201607271444356cb.jpg

光が差す暗い樹林帯を進んでいきます。
DSC00176_201607271444370ae.jpg

展望はないですが、色々な景色が見られて飽きない道です♪
でもなんだかアルプスというより奥秩父辺りを歩いてる感じ…
DSC00191_20160727144438521.jpg

易老岳からしばらく下ると最低地点に到着します。
ここの標高が大体2,200m前後なのでここから光岳まで約400mの一気の登り!

ガレ場をひたすら登っていきます。
DSC00193.jpg

ひとしきり登ると静高平に到着。ここまでくれば登りはひと段落
冷たい水場もあるので水分補給を
DSC00195_20160727144440dde.jpg

開けた木道を気持ちよく歩いていきます♪
DSC00196_2016072714444136f.jpg

光小屋に到着ー。ベンチで一息ついて山頂へ向かいます。
DSC00197_20160727144450788.jpg

小屋から森の中を登ること約10分・・・山頂碑が見えてきました!
DSC00199_20160727144451f46.jpg

日本百名山、光岳登頂だぜー!
展望なしの地味な山頂ですが山頂碑はとても立派!
DSC00200_201607271444533a5.jpg
ちなみにここは日本最南端の2,500m峰でもう南には光岳より高い山はないのだとか。
それと高山でよく見かけるハイマツの南限もここだそうです!(ウンチク)
まぁふーん、そうなんだ…という感じですが…


光岳と言えば名物の光輝く岩、その名も光石が山頂直下にあるというではないですか!
ということで徒歩10分弱、光石へレッツゴー!

こちらがその光石。聞いていた通り真っ白
DSC00203_20160727144454404.jpg

陽を浴びると輝くらしいですが・・・輝けっ!
DSC00204_20160727144456471.jpg

光石の上からは南西方向の山々の展望がです。
残念ながら山の名前は全然わからないけど・・・
DSC00207_20160727144503e07.jpg

下山後は光小屋でひと休憩♪
DSC00217_201607271445052bd.jpg


ひと休みした後は茶臼岳まで来た道を引き返します。

かなり距離があるので少しおっくうですが…頑張るぞー!

森の中をえんやこら・・・
DSC00236_201607271445072c5.jpg

草原をえんやこら・・・
DSC00259_20160727144508160.jpg

色々省略して希望峰まで戻ってきました!

長い道のりでだいぶ疲れましたがここまでくればあと少し・・・と希望が湧いてきます…!
(ハッ!もしやこれが名前の由来なのか!!?)
DSC00267_20160727144510898.jpg

希望峰からは目指す茶臼岳がピンと突き立っています
DSC00269_20160727144518a6c.jpg

紅葉も始まり気味
DSC00275_2016072714452083d.jpg

やっとの思いで茶臼岳まで戻ってきましたー!
アップダウンの少ない道と聞いていましたが、計ってみるとなんだかんだで累積の登り下りがそれぞれ約1,500m!
なかなか足に堪える道のりでした。。。
DSC00280_20160727144521392.jpg


茶臼岳でデポしていた荷物を回収し、昼食を食べた後は次なる目的地上河内岳へ!

ちなみに茶臼小屋⇔光岳は往復のコースタイムが10時間なので、茶臼小屋から光岳を往復してまた茶臼小屋に泊まるという方が多かったです。

小ピークを巻いて広い平原を進みますー。
DSC00284_201607271445234c0.jpg

目指す上河内岳!
DSC00299_20160727144524e79.jpg

上河内岳直下の分岐点。
ここに荷物をデポして15分程で山頂へ。
DSC00304_201607271445336a7.jpg

日本二百名山、上河内岳、登頂です!
ちなみにこの2日後にグレートトラバースの田中陽希さんがここを登頂したとかなんとか
DSC00307.jpg

上河内岳山頂は聖岳、赤石岳や悪沢岳を望む南アルプス南部で有数の好展望!!

・・・とのことですが真っ白なんだぜ( ノД`)
DSC00310_20160727144534a60.jpg

デポした荷物を回収して、ここから先は本日のお宿、聖平小屋を目指してひたすらの下り。
DSC00313_201607271445360cf.jpg

ひとしきり下ってトラバースして・・・
DSC00314_2016072714453782a.jpg

南岳のピーク。
DSC00316_20160727144539a31.jpg

そこからは樹林帯をひたすら下る下る。。。
DSC00320_20160727144547819.jpg

広い原っぱに出ます。
台風による倒木の跡が痛ましいです
DSC00325_201607271445489f7.jpg

木道を少し歩くと山小屋が
うぅ、ようやく着きました・・・
DSC00334_20160727144553f3b.jpg

普段は静かであろう小屋前のテント場も連休だけあっていっぱい!
DSC00327_2016072714455090c.jpg

小屋にはウェルカムフルーツのフルーツポンチが用意されていました!
疲れた体には嬉しいサービスです
DSC00330_201607271445510a7.jpg


ちなみにこの日は山小屋は超満員でぎゅうぎゅう詰め・・・
手を横に置けないくらいの密着具合(もちろん寝返りも打てないよ!)であまり寝られませんでしたとさ(;д;)


そんなわけで南アルプス南部縦走の初日&2日目でしたー。
光岳までの縦走路は展望もほとんどなく、なんだかとっても地味な感じになってしまいましたが、翌日からはこれぞ南アルプス!という感じの絶景の連続!!なのでお楽しみにー
(続きはこちら
スポンサーサイト


悪沢岳・赤石岳・聖岳・光岳 | 22:56:40 | トラックバック(0) | コメント(0)
 
 
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ