■プロフィール

K-NO

Author:K-NO
千葉県在住の30代。色々と体を動かさないとムズムズしてくる性分です。主に30歳から始めた登山についてつらつらと書いていきます。

●現在の日本百名山:完登!(2017.7.20 幌尻岳)

■訪問者数

■最新記事一覧

2017/11/06
【日本百名山完登!】日高幌尻岳日帰り登山 [額平川コース] (2017.7.20) 2017/09/08
【99座目】7月 快晴のトムラウシ日帰り登山 [短縮コースより] (2017.7.19) 2017/08/15
丹沢の美渓 小川谷廊下遡行 (2017.6.3) 2017/07/21
沢登りデビュー!三ツ峠 四十八滝沢 で滝登り(2017.5.18) 2017/07/03

■カテゴリ

■最新コメント
■最新トラックバック

■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

晴天の南アルプス南部縦走!(光岳・聖岳・赤石岳・悪沢岳)その2[聖平~聖岳~百閒洞山の家]
DSC00409_20160726150609bf8.jpg
日本アルプス最南端の3,000m峰、聖岳

その1[畑薙~光岳~聖平]はこちら
その3[百閒洞山の家~赤石岳~悪沢岳~椹島]はこちら


【3日目】 [聖平~聖岳~百閒洞山の家]
3日目はいよいよ3,000m峰の一角、聖岳にアタック!
前日までの光岳周辺はとっても地味な感じだったんですがここからは南アルプスの迫力の山々が間近に迫ってきますよー!


この日は前日の疲れもあったので少し行程を短く設定。
(とは言ってもコースタイム8時間ありますが・・・
しっかり朝食を食べて朝6時に山荘を出発

ガスに包まれた聖平を歩いていきます
うーん、天気は大丈夫かな・・・
DSC00335.jpg

聖平から聖岳は標高差が大体700mくらい。
ということでひたすら登りが続きます。
DSC00341.jpg

標高を上げていくとガスが晴れてきました!
どっしりと風格のある聖岳がそびえています
DSC00343_20160726150509295.jpg

森林限界を超えてガレ場を登る登る。。。
DSC00355_20160726150512f33.jpg

なかなかタフな登りですが、おフジ様も見えて俄然やる気が湧いてくる!
DSC00360_20160726150513dc3.jpg

小聖岳に到着。どっしりとした山容の聖岳が眼前にそびえる迫力の景観
聖岳、風格があってとてもカッコイイです・・・
DSC00366_2016072615051568f.jpg

テンションが上がって来て早く登りたい!って気持ちに駆られるんだけど・・・
ここからはけっこうハードな登りが続くのです。
DSC00377_20160726150517ba1.jpg

振り返り。こんな痩せ尾根を登りますよー。
DSC00389_20160726150551a8b.jpg

そこからは最後の急登!ザレ場をジグザグに登っていきます。ハァハァ・・・
DSC00397_201607261505538f1.jpg

振り返ると前日に登った上河内岳が雲の上にそびえています。
こちらもなかなかの風格…!
DSC00398_20160726150554e63.jpg

そして…山頂に到着です!
DSC00407_20160726150556e08.jpg

日本百名山、聖岳3,013m、登頂ー!\(^^)/
山頂はもちろん雲上の世界
DSC00408_20160726150557a7a.jpg

青空が広がってとても気持ちいいです。
後方に見える圧倒的な存在感の山は赤石岳
DSC00409_20160726150609bf8.jpg

さて、山頂からの景色ですが。。。
もちろん360度の展望が広がります!これがまた絶景…!!

まずはこれから進んでいく稜線。
地図ではわからなかったですがなかなか手強そうなアップダウンが続きます
DSC00410_2016072615061045c.jpg

そこから少し右の鞍部には本日の宿泊地、百閒洞山の家(写真じゃ見えないかな?)
DSC00411_201607261506122bd.jpg

南を向くと上河内岳がそびえたっています。
さらに奥には前日に登った光岳もうっすらと見えるよ!
DSC00412_20160726150613c2d.jpg

そしてそして・・・

一番圧巻だったのは何と言っても目の前にどっしりと構える南アルプスの主峰、赤石岳!

こんなに大きくて存在感のある山は初めてです。。。
圧倒されそうな迫力の山容はまさに赤石山脈の名を冠するにふさわしいお姿・・・!
しばらく見入ってしまいました
DSC00413_20160726150615ec2.jpg

ちなみに山頂から東に10分ほど進むと奥聖岳のピークがあります。
せっかくいい天気なので向かうことに
DSC00434_2016072615062636f.jpg

奥聖岳に到着!
DSC00465_20160726150628836.jpg

こちらは富士山の絶好の展望台
DSC00473_20160726150629733.jpg

沸き立つ雲の上に顔を出す富士山。
DSC00474_2016072615063135a.jpg

さらに拡大
DSC00475_2016072615063293c.jpg


山頂でしばらく景色を楽しんでぼやーっとした後は、名残惜しい気持ちを残しながらも次なる目的地へ!

赤石岳はすごく近くに見えるんですが、そこに向かうには左側にぐるっと回り込んでいかないといけません。
まずは次なるピーク、兎岳へ。
DSC00508_20160726150641320.jpg

しばらくはひたすら下っていきます。
DSC00520_20160726150643db8.jpg

ひとしきり下ってから振り返る聖岳。
DSC00535_201607261506448e5.jpg

こちらは赤石岳。角度が変わっても存在感は抜群!
DSC00536_20160726150646401.jpg

鞍部まで下った後は登り返し!
岩場の急登で思っていた以上にタフです
DSC00542.jpg

難所を越えるとあとはピークに向けてハイマツ帯の登り。
DSC00544.jpg

兎岳に到着ー!なかなかキツイ登り返しでした。。。ハァハァ…
道中の小ピークの一つくらいに考えていると痛い目を見ること間違いなし
DSC00553_201607261506474dd.jpg

聖岳-兎岳間はこんな感じ。
なかなか険しいのです!
DSC00580_20160726150658a81.jpg

さらに進んだところから振り返り見る兎岳の全容。
兎という名前から可愛い丸っこい山を想像しがちですが、全然可愛くありません。
特に左側の岩場とかごつごつです。。。(-_-)
どうしてこんな名前がついたのか…
DSC00583_20160726150700c1a.jpg

まだちょっと早いですが紅葉も徐々に始まってきていました
DSC00615_20160726150701d3b.jpg

さらに登り降りを繰り返して進んでいきます。
DSC00624_20160726150703f29.jpg

こちらは道中のピーク、中盛丸山。
午後になってすっかりガスがかかってきました。。。
DSC00629_20160726150704d1d.jpg


この辺りからハイマツの海を進んでいくのですが、ハイマツの海にガス…ということでなんだか出会いの予感がしていたら・・・

・・・予感が的中!ハイマツの中からライチョウ様達が飛び出してきましたー!!
DSC00633_20160726150713763.jpg

三羽が人目も気にせずぱたぱた走り回っています
何度見てもとっても可愛い子達です
周りの登山者の方と一緒にしばらくライチョウさん達の撮影会
DSC00640_2016072615071536e.jpg


さて、幸せな気持ちをもらった後は登山再開!

丸山を下った後はあと2つピークを越えればゴール・・・のつもりだったんですが
なんと百閒洞山の家へ続く巻き道がありました!
ガスもかかっていて景色も期待できないなぁとピークに登るのがおっくうになっていたのでこれは嬉しい誤算
DSC00641_20160726150716be7.jpg

色づき始めた道をトラバースしていきます。
DSC00643_20160726150718b32.jpg

森の中に山小屋が見えてきました!
山の家という名前だけあって森のなかにひっそりと佇んでいます
DSC00651_20160726150719fc6.jpg

13時前ということでまだ人もぽつぽついるだけでした。
お、今日はもしかしてすいているのかな?
DSC00654_20160726150727d2f.jpg

・・・と思っていたらこの張り紙を見てびっくり
定員5,60人のところに120人って・・・
ちなみに結局この日は人がいっぱいで部屋に入り切れず食堂に寝泊まりする人もでていました
DSC00656_20160726150729ec1.jpg

なにはともあれまだ10人くらいしか人がいなかったので、今のうちによい寝場所を確保!(やった!)
その後は食堂でゆっくりティータイム
DSC00658_201607261507306df.jpg
ちなみにこの山小屋、ケーキセットやチャイ、さらにはジェラードアイスなどなど、ものすごくカフェメニューが充実していました…!
女子にもおすすめの山小屋です
まぁでもこの山域に来る女子は少ないんですよね…


そして夜はお待ちかね、百閒洞山の家の名物とんかつ定食…!!
美味しいと評判で、実は今回の山旅で絶対食べたかったメニューなのです
評判通りぷりぷりでとっても美味しかったよー!
DSC00673_201607261507326a4.jpg


そんなわけで南アルプス南部縦走の3日目はこれにておしまい。
いよいよ姿を現した3,000m級の山々の迫力に圧倒されながら進む縦走路…とても充実の一日でした


続いては最終日の赤石岳&悪沢岳!
富士山&雲海の御来光に迫力の荒川三山の景色と絶景の連続なのでお楽しみにー(*´▽`*)ノシ
(続きはこちら
スポンサーサイト


悪沢岳・赤石岳・聖岳・光岳 | 21:36:28 | トラックバック(0) | コメント(0)
 
 
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ