■プロフィール

K-NO

Author:K-NO
千葉県在住の30代。色々と体を動かさないとムズムズしてくる性分です。主に30歳から始めた登山についてつらつらと書いていきます。

●現在の日本百名山:完登!(2017.7.20 幌尻岳)

■訪問者数

■最新記事一覧

2017/11/06
【日本百名山完登!】日高幌尻岳日帰り登山 [額平川コース] (2017.7.20) 2017/09/08
【99座目】7月 快晴のトムラウシ日帰り登山 [短縮コースより] (2017.7.19) 2017/08/15
丹沢の美渓 小川谷廊下遡行 (2017.6.3) 2017/07/21
沢登りデビュー!三ツ峠 四十八滝沢 で滝登り(2017.5.18) 2017/07/03

■カテゴリ

■最新コメント
■最新トラックバック

■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

紅葉の巻機山日帰り登山(井戸尾根コース)(2015.10.3)
DSC01142_20160726232751b32.jpg
秋色に染まる巻機山山頂


夏山のアルプスシーズンもほぼ終わりが近付いた今日この頃、そろそろ待ちに待った紅葉の時期!
ということで今回は上越国境の百名山、巻機山に紅葉狩り登山に行ってきましたー

普段はソロが多い僕ですが、今回はのんびり登山を得意とする(!?)友人3人と一緒に。
頻繁には山に登らないメンバーが中心なのでちょっとハードかな?と心配しつつスタートです。


【登山ルート】※クリックで拡大
20151003_route.jpg
定番の井戸尾根のピストンです

==============================================================
■登山ルート&時間(休憩含む)
登山口(9:25)→五合目(10:30)→七合目(12:00)→ニセ巻機山(13:15-13:25)→山頂(14:15)→牛ヶ岳(14:25)
→御巻機(14:50-15:20)→七合目(16:30)→五合目(17:45)→登山口(19:25)
■所要時間:10時間00分
■歩行時間:9時間20分
==============================================================

9:00 登山口の駐車場に到着ー。

駐車場はほぼ満車に近かったですが、整備員の方が道の脇のスペースに車を停めてよいとのことだったので無事に駐車。¥500ナリ。

ストレッチをして・・・登山開始だぜー!
DSC01025.jpg

しばらくは定番の樹林帯の中を登っていきます。
ちなみに全体を通して傾斜はそれほど急ではなかった感じ。
道もきちんと整備されてるよ!
DSC01030.jpg

五合目までは写真のように五勺ずつ標柱があってとても親切です。
DSC01032.jpg

ひたすら森の中を登り続けてまずは第一のチェックポイント、五合目に到着!
DSC01035.jpg

五合目は展望が少し開けていて目指す巻機山の頂上が見えます!
・・・なんて思っていたんですが見えるピークは実はニセ巻機山なんですよね
(それに気づくのはもう少し後の話…)
DSC01036_201607262327336ab.jpg

五合目からは少し開けた樹林帯をこれまた登っていきます。

六合目に到着すると・・・
DSC01045.jpg

左手の展望がいい感じに開けます
中央左にそそり立つ天狗岩!右手の尖ったピークは割引岳でございます
DSC01047_2016072623273656a.jpg

この辺りから徐々に木々が色づき始めてきました
DSC01058.jpg

しばらく登って第二のチェックポイント、七合目に到着。
DSC01079.jpg


七合目まで来ると展望は一気に開けてとてもいい感じです

見上げるとニセ巻機山こと前巻機のピーク。
DSC01061_201607262327378d1.jpg

紅葉もとっても綺麗に色づいてますよー!
DSC01073_20160726232738ca0.jpg

山はすっかり秋の装いに
DSC01098_201607262327403ab.jpg

八合目辺りからは好展望の階段歩き。
DSC01114.jpg

右手の稜線は笹の緑と紅葉の赤がマッチしてなかなか素敵
DSC01132_201607262327492c5.jpg

そして山頂が見えてきましたー!
中央左の少しぽっこりしたところが最高点!
DSC01138_20160726232749861.jpg

山頂付近は草紅葉ですっかり秋の装いに。とても綺麗ですね
DSC01142_20160726232751b32.jpg

九合目のニセ巻機山(前巻機)に到着。
しかしニセとはまた可哀想な名前を付けられちゃって・・・
DSC01145.jpg

ニセ巻機からは少し下って登り返して行きます。
ちなみに左に見える三角形のピークは割引岳。今回は登らないよ!
DSC01147_20160726232752409.jpg

鞍部まで下ると避難小屋があるのでひと休憩
なお、使用したメンバーによるとトイレがものすごい臭いのもよう・・・
DSC01160_2015101507084496c.jpg

小屋からは見晴のいい道をゆるやか~に登っていくよー!
DSC01162_2016072623275500e.jpg

稜線に到着!ここは御機屋(おはたや)と呼ばれる分岐点。
その昔ここで機織りをする美女がいたという伝説があるらしいです。
ん、鶴の恩返しかな?
DSC01170.jpg

御機屋には山頂の標柱があります。
一応宗教上はここが山頂とされてたみたい。
でも本当の最高点はここから10分程歩いたところなのです。
DSC01174.jpg

展望はなかなか!写真を撮るメンバーの夢千代君
DSC01173_20151015070905d1f.jpg

さて、疲れたメンバーからは"もうここでいいんじゃない…?"とぐったりとした意見が出始めますが
ここまで来たからには最高点まで行かなきゃ!ということで最高点を目指すことに!

写真の小高い丘が最高点ですよ。
僕はまだまだ元気だったんで走って行きます!(子供か)
DSC01177_20160726232805619.jpg

最高点に到着ー!!って予想以上にショボい
見落としがちなので要注意です
DSC01205.jpg

その先には牛ヶ岳のピーク。
実は僕は先ほどの最高点をバッチリ見落としていて牛ヶ岳まで走って行ってしまったのでした・・・
DSC01188_20160726232805ace.jpg

とはいえ牛ヶ岳からはなかなかの好展望だったんで、まあ行って良かったかな、と。。。
視界の先には越後三山(越後駒ヶ岳、中ノ岳、八海山)が見えます
なかなかハードな山ですが三山縦走にぜひチャレンジしてみたいところ!
※翌年に縦走しました♪(こちら
DSC01189_20160726232807643.jpg

こちらは南東方面の展望。
左右に見えるのは至仏山上州武尊山かな?
DSC01191_2016072623280880c.jpg

綺麗な三角形のピークは割引岳
DSC01197_201607262328105c6.jpg

景色を楽しんだ後は池塘の点在する気持ちいい山頂湿原を戻ります
DSC01208_201607262328173cb.jpg

そして山頂の標柱でとりあえずポーズをキメてみました!
何を思ったかアヒル口に挑戦しようとして憎たらしい顔になってますが許してください・・・
ちなみに気付いてくれたでしょうか?実はおニューの靴なんですよ!(¥48,000…)
DSC01211.jpg

御機屋でしばらく休憩して昼食を摂った後は、ピストンで井戸尾根を下っていきます。

七合目付近は紅葉が相変わらず綺麗です
DSC01233_2016072623281937a.jpg

六合目から望む天狗岩&割引岳。
夕陽を浴びて朱く染まります。
DSC01253_20160726232820ba5.jpg

足を痛めているメンバーがいたこともあり、下山はかなりのゆっくりペースに。
陽が沈んできました。
DSC01254.jpg

五合目より。
中央右にやけに目を引く尖ったピークが。。。気になります!
上越のマッターホルンと称される大源太山でしょうか?
DSC01258.jpg

五合目から先は完全に日が落ちてヘッドランプのお世話に。
かなり遅くなったけどなんとか登山口に到着ですー!
DSC01260.jpg

下山後は恒例の温泉は時間が遅かったので諦めて、そのまま帰京

登山バッジは少し下ったところにある旅館おのづかさんで購入しましたー
ちなみにここのバッジはかなりカッコイイ感じ…!
DSC01839.jpg


ということで紅葉の巻機山登山でしたー。
少し見頃には早かったようでしたがそれでも七合目付近の紅葉は見事でした
人も思ったより少なく、なかなか穴場の山という感じなので、興味がある人はぜひぜひ(^-^)/


次回は三連休をめいっぱい使っての上越&福島国境の紅葉の山巡り!
ということで燧ヶ岳平ヶ岳会津駒ヶ岳に登ってきます!


【関連記事】

紅葉の八海山 ~恐怖の岩峰八ツ峰縦走!~

真紅の紅葉!平ヶ岳日帰り登山

紅葉の谷川岳登山(天神尾根→西黒尾根)

6月 越後三山縦走(越後駒ヶ岳・中ノ岳・八海山)

西黒尾根からの谷川連峰主脈ちょこっと縦走(万太郎山で敗退!)



スポンサーサイト


巻機山 | 18:32:59 | トラックバック(0) | コメント(0)
 
 
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ